-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-01-28 05:03 | カテゴリ:智くん素敵エピソード


おはようございま~す

ではでは『Cの嵐』最後のエピ、(5)の続きです
このエピは長いので、お時間がある時にゆっくり読んでもらえたらと思います

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



2003年1月18日から日テレ系列の土曜ドラマ枠で放送された
『よい子の味方 〜新米保育士物語〜』はタイトルの通り、保育士のお話で
翔くんにとって、連続ドラマ初主演作となりました。

潤くんの『金田一少年の事件簿』主演に続き、嵐としては2番手での連ドラ主演。

※相葉ちゃんとニノちゃんは、Jr.時代に既にドラマや映画で主演してますが
  嵐デビュー後の連ドラ主演作品は、この後になります。

嵐ちゃんもドラマに友情出演し、翔くんを盛り上げます。

第7話に相葉ちゃんが、4月に放送されるSPドラマ
『介護家族―花、咲きまっかー』俣木晃 役で出演。

第8話は、智くんが『Cの嵐』クレームエージェント嵐の社員:大野智 本人役で出演。 

最終回には潤くんが、前年2002年に出演した
『ごくせん』のSP版が3月に放送されることもあり、沢田慎 役で出演しました。

ニノちゃんは、同時期にフジテレビの連続ドラマ『熱烈的中華飯店』に出演し
スケジュールの都合で出演できませんでした。

上記内容を見て、既にお分かり頂けると思うのですが・・・
智くんだけが本人役で、他メンはドラマの役名での出演です。
こんな事も、嵐のリーダーとして色々と言われる要因になったかと思います。

連続ドラマ初主演となり、頑張る翔くん。
でも、この当時はまだ大学生で、撮影期間には期末試験もあったりと
大変な事もありました。
学生と仕事の両立で辛いときもあるだろう翔くん。
そんな翔くんが、楽屋で疲れ切って寝ているのをみたとき


「“頑張って”なんて、軽く言っちゃいけないと思った・・・」

と語る智くんです。


◆『Cの嵐』(2003年2月26日放送)

嵐ちゃんの冠番組『Cの嵐』でも、連ドラ初主演を果たした翔くんの応援企画で
番宣に一役買うため、撮影現場にお邪魔しました。

智くんと相葉ちゃんが『よい子の味方』の共演者から、翔くんに対するクレームを聞き
翔くんのドラマ撮影に役立ててもらおうと撮影現場へお邪魔します。
 


Cの嵐3☆


まずは智くんが、共演者の方からお話を聞くため
美奈子先生(吹石一恵)のところへ行くのですが・・・

「特に、会話とかないです!」と衝撃の告白をされちゃいます。

さすがの智くんも


「えっ、椅子を並べて・・・とかは!?」と聞くと、キッパリと

「ないです!」その答えに

「伝えておきます。。。」と、すごすごと帰る智くんです。

園児役の子供達のところへは、智くんと相葉ちゃん2人で向かいます。
教室に入るなり大勢の子供達に囲まれる大人気!!

園児達と一緒に♪グー、チョキ、パーで~♪と唄ったりする智くんと相葉ちゃんです。



Cの嵐5☆


そんな無邪気な子供達から翔くんへのクレームは

「調子に乗り過ぎるのをやめて欲しい!」

これには、智くんも相葉ちゃんも、そしてスタップも大爆笑です。


Cの嵐6☆


そして、共演者だけでなく
監督やブロデューサーやスタッフのところへも、ご挨拶に伺います。


「嵐、いっぱいいますので、是非使っていただけたら・・・なんて思います」


Cの嵐7☆


と相葉ちゃんがご挨拶すると、監督さんが

「あっ、売り込みもあるんですか?」と突っ込み。

改めて


「僕、大野といいます」と智くんが自己紹介し、相葉ちゃんが

「一応、嵐のリーダーです」と紹介すると、監督さんが


Cの嵐8☆


「・・・あっ、リーダーだったんですか!?」

監督のその言葉に、相葉ちゃんも大野くんも苦笑い。。。

「そんなもんですよね。ちっぽけな人間です」と言う智くんです。


Cの嵐9☆


当時の智くんは金髪で色白。
それに本当に細~いから女の子みたいで
相葉ちゃんと並ぶと年下にしか見えませんし、嵐の末っ子にしか見えません。

多分、O.A.時は失笑で終わってしまったと思うのですが
後々に、当時の智くんを取り囲む状況を知ってしまうと・・・切ないデス。

全てのクレームを纏めて、翔くんのところへお邪魔する智くんと相葉ちゃん。
ところが翔くんは、智くんと相葉ちゃんが
“クレームエージェント嵐”のお仕事で、撮影現場に来る事を知らなかったようで


「何してたのぉ~?」と突っ込む翔くんに

「今日は、翔くんのためにやったんだよぉ~!!!」


Cの嵐10☆


と、里親のような返事をする智くん。


Cの嵐11☆


そして、手帳に書いたクレームを翔くんに手渡して
撮影現場をあとにする智くんと相葉ちゃんでした。 


2008年、デビュー9年目にして連ドラ初出演にして初主演を果した『魔王』
「嵐の最終兵器!」とも言われましたが、ジャニーズ事務所内でも
(テレビを表舞台とするならば) 稀な遅咲きでした。

その反響は、今更語るまでもなく、放送終了後6年を過ぎた今も
DVDが売れ続けると云う現象を起こしてます。

翌2009年には『歌のおにいさん』と、その後は
順調にドラマ主演を果して行くのですが
2010年、日テレ系列の土曜ドラマ枠『怪物くん』の制作が発表され
主演が大野智と知ったときの反響は・・・酷かった。。。

当然の如く、アニメファンは実写化に反対であり


「子供の役を大人がやるのか!ありえない実写化!」と言われました。

そして、サトシックさん達にとっても、楽しみにしていたはずの連ドラ主演が
まさかの『怪物くん』
アニメファン同様に
「ありえない!」の声が大多数であり、中には
「罰ゲームなの!?」「絶対観ない!」と非難轟々。
荒れる日々が続きました。

でも・・・この2010年当時
7年前の↑監督と智くんのやり取りが、忘れられずにいた私にとって
日テレのドラマ初主演が、“土曜ドラマ枠”に決まったことは
「お帰りなさい」と声を掛けたくなるほど嬉しかった。。。

少し遠回りをしたかもしれないけど
その手に掴み取った主演に、ちょっぴり涙しました。

その後、ポスター撮影用の怪物くんの姿がお披露目されると一転して

「可愛い❤」「似合ってる!」「ほんとは、何歳?」と言われ
O.A.後の視聴者からの大反響はもちろん、演劇評論家なる方達の評価も高く
SP版から映画化までされ

「今後、リメイクされたとしても大野智以上の怪物くんはないだろう!」
と言われるまでに・・・
その演技力の凄さを知らしめる結果となりました。

今回、『死神くん』の制作発表がされたときは、そのタイトルのインパクトと云い
役も死神であるにも関わらず、サトシックさん達の反応は

「ドラマが待ち遠しいぃ~❤」

これは『怪物くん』の前例があるからであり
また『怪物くん』が素敵な素晴らしい作品だったからだと思います。

智くんは、私達の期待を決して裏切らない
私達が今まで観たことがないモノを魅せてくれることを確信しているから・・・
不言実行の大野智を知っているサトシックさん達です。



初主演ドラマにメンバーが、1人と言わず3人も友情出演してくれたなんて
今では考えられないと思うけど翔ちゃん、とても嬉しかったでしょうね

日テレ系土曜ドラマ枠で放送された『怪物くん』
私はちょうど、『怪物くん+嵐にしやがれ:嵐伝』の放送日から
何だか面白そうだと思い、録画するようになったので
始まる前のそういったファン内での荒れた状態など
運良く目にすることはなかったけど、この放送の『嵐伝』は私にとって
若い頃の智くんに恋した懐かしい記憶が蘇った放送でもあり
最後にお披露目となった『Monster』

えっ?この人ってあの、困ったちゃんな可愛い智くん?

TVの画面を通じて目の前で踊っている智くんは、ほんわか可愛い智くんと違って
センターでキレキレに踊っているカッコよくて美しい智くん
その姿にびっくりして当然の如く、あっという間に心を鷲掴みされて
それからは、少しでも時間があれば『Monster』をリピリピ

そして当時はまだブログも開設していなかったので
時間がある限りネットで智くんや嵐さんの情報収集に励んでてね
そんなときでした。。
ドラマ『怪物くん』に対してのファンの残念な想いだったり怒りだったりを目にして
そんな事があったんだと、お気楽ファンだった私は
かなりショックを受けたのを思い出しました。。

でも、智くんが演じた『怪物くん』、ほんと凄いよね
こんなにも子供から大人まで幅広く認知され、愛されたキャラクターって
他にはいないでしょ
だって、“嵐”としてではなく、“怪物太郎”として
『ベスア』『紅白』にまで登場して歌っちゃったもんねイェイ

それもこれも、どんな役をも真摯に受け止めて
そのキャラクターの持つ魅力を存分に発揮した演技力の素晴らしさが認められ
評価されたからなのでしょうね

智くんを知れば知るほどその魅力は無限大で
この同じ時代に出逢えたことに、感謝の想いは尽きません

役者としての智くん、今度はいつ観られるかなぁ~
ニノちゃんみたいに、主役に限らず脇役の智くんも観てみたいね

ではではまた~

しやがれ:お父さん風な智くんがめちゃめちゃ可愛過ぎる件☆の記事に
コメントを下さった皆さま、ありがとうございます
お返事が書けましたので、お時間がある時にでもお読みになって下さいね

いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきますね
感謝


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。