Cの嵐(5)アイドルでありながら世間の荒波に揉まれた貴重な体験☆




こんばんは~

ではでは(4)の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



この回が、土下座をしたが為に一部、固定カメラの枠から外れて
映らなくなるという事態にまでなってしまった衝撃の土下座事件!でした。

話始めると、ヒートアップして怒りが収まらなくなってしまった男性。
対してコレ以上の説明は、男性の気持ちを荒げるだけで
気持ちを落ち付けてもらい、自分の謝罪の気持ちを表すために
智くんが考えた最良の行動が土下座だったのだと思います。
この件に関しては、番組スタッフも


「『Cの嵐!』は正直、酷なことをしたかなと思ってます。
 大ちゃん土下座事件とか・・・。
 でも、そこから生まれたスタッフとのチームワークが
 「Dの嵐!」にいかされていると思います」


と話すほど、印象に残る事件となりました。
それでも、土下座に至った経緯は自分の態度にあると反省する智くん。
確かに、最初に男性から


「何でそういう事務的な対応しか出来ねぇのつうの?」

と指摘を受けたように
これまでのクレーム処理で良い結果を出していたこともあり、気の緩みから
大事なクレーム処理の基本を忘れてしまっていたのかもしれません。

かなり荒療療治ではありましたが、どんな仕事にも共通する
基本の“誠心誠意”を教えてもらった回だったのかもしれません。

この“誠心誠意”を教えて下さった男性は
『Cの嵐』の最終回(2003年6月18日放送)にも登場します。

最終回には、“クレームエージェント嵐”の部長:東山さんを迎えて
嵐ちゃん達が対応したクレーム処理をVTRで再確認します。
智くんのときは、この土下座事件のVTRが流れるのですが・・・


「嵐の大野だって知ってんの?」

と、少しお怒り口調の東山さん。

見終えると


「こんな人から、手紙が届いてます」

と翔くんが紹介します。

「あの時は、年甲斐もなくキレ過ぎちゃって悪かったと思ってます。
 “嵐”が俺の家に、クレーム処理に来るとは思わなかったので
 ビックリしてテンションあがっちゃいました!
 ただ、俺の中では、アイドルに土下座させたことは誇りです。
 もっともっとビックになって、俺の鼻を高くして下さい!!」


その手紙に

「ほんと、あの顔はねぇ~。あの人の顔は忘れらんないよ!!」

と答える智くんでした。

最初に男性が智くんを見たときの戸惑いや、最後の兄貴気取りは
実は嵐の大野智が自宅を訪ねて来てくれたことが理由だったようですね。
そして、ヒートアップしてしまった原因も・・・だったなんて( ̄□ ̄;)  
智くん、本当にお疲れ様でしたね。

『Cの嵐』は肉体的ではなく、精神的に辛い番組だったと思います。
アイドルが電話の窓口などではなく、一般人の元に赴き
クレーム処理をするなんて(嵐に限らず) 今では考えられない企画だと思います。

そのうえ、“突撃隣の晩ご飯”じゃないけど
アポなしで行っちゃってますからね!!
しかし、こんな突飛な企画を考えられたのも、怖いもの知らずというか
失うモノが何もない若いスタッフ達だったからだと思います。

一般的な世間の中にあって、精神的に追い詰められるということが
これほどキツイことはない!と体感させれられた嵐ちゃん。

13・14歳で事務所に入所し、Jr.となり
先輩のバックで踊り歌番組に出演し、Jr.時代に冠番組まで持ち活躍するも
それまでアルバイトなんてしたこともなく、社会経験の全くない嵐ちゃん。

どちらかと云えば世間のことには疎い環境にいた嵐ちゃんにとって、
世間の荒波に揉まれて、世の中の常識も非常識も教わる事ができた
貴重な番組だったのかな!?と思える番組だったりします。

今回、ご紹介したクレーム処理は
最後には大人な対応 (まぁ、乱暴ではありますが)をしてもらえましたが
中には最後の最後まで、苦情と云うより文句というか
ケチをつけてるとしか思えないお客様も多々いました^^;

嵐ちゃん達が孤軍奮闘する番組となった『Cの嵐!』ですが、後年


「クレーム処理の仕事を通じて、社会性を彼らがネタの中から感じて
 自分の気持ちも含めて処理をして咀嚼して、他のアイドルと差別化する上でも
 文化的社会的な事に対しての引き出しが増えたなと思うんですよね」


とスタッフが語った言葉から分かるように
嵐ちゃん達が単なるアイドルの型に嵌らず、多方面に進出し
多様性を見せる引き出しの1つになったのかもしれせん。



ブログを開設してからは、某所に行く余裕もなくなり
今では全くと言っていいほど観に行っていないので
Sさんがまとめてくださったエピ以外は
どんなクレーム処理があったのか知らないんですが
今では考えられないような、こんな凄い番組をやってたんだと、ただただびっくり
智くんはもちろんの事、翔ちゃん、相葉ちゃん、ニノちゃん、潤くん
本当に、お疲れ様でした

先日発売された
『ザテレビジョンZoom:2010年~2014年インタビュー総集☆嵐のコトバ』の中で
2011年当時、この『Cの嵐から宿題くんまで(同じスタッフさん)』の番組について
智くん、翔ちゃん、相葉ちゃんが語ってくれていたので
その部分のみ、抜き出しておきますね

※ニノちゃんと潤くんは質問上、これらの番組について
 名前を挙げて言葉にすることはしていないんですが、だからと言って
 何も感じていないわけではないと思うので誤解のないように

智くん

『Cの嵐』は本当に嫌だった。
 あれ、謎の番組だよ。
 めっちゃ怒られるから。
 おれ、絶対にサラリーマンとかできないんだろうなって分かったよ。


-精神面や話術は相当鍛えられたんじゃないですか?

いや、何も鍛えられてない(笑)
 土下座もしたなぁ~。
 意外に抵抗なくて、これは一体何だろう?って不思議だった。
 そんなクレーム、俺に言われても別に・・・って感じだから。
 でもね、『Cの嵐』も担当してくれた深夜時代のスタッフさんは
 すごく嵐のことを考えてくれて。
 こんなことをやったら、こんな見え方になるってことを必死に考えてくれてた。
 でも、その姿を見せつけるわけじゃなくて、とにかく温かな雰囲気が好きだった。
 ストッキング被ったり(笑)
 いろんなことをやらせてくれて、感謝の一言だね。


翔ちゃん

『宿題くん』のスタッフはつまり『Cの嵐』のスタッフであって
 彼らに育ててもらった意識がものすごい強いから。


-スタッフが櫻井さんの中のダメキャラを引き出してくれた?

そう、俺だけじゃなく、俺ら5人のことを一番理解してくれてたから
 5人への愛情があったというか、信頼してくれていたというか。
 5人それぞれに合ったようなコーナー、例えば相葉くんの“Aの嵐”で
 実験をやるコーナーが出来たりとか、俺らの持っているキャラクターを
 膨らませてくれて、世に出してくれたのはそのスタッフたち。
 彼らのおかげで今の俺らがあるって言うのはすごく強く思ってるし
 感謝しています。


相葉ちゃん

-これまでのバラエティで印象に残っているのは?

『真夜中の嵐』から始まって『Cの嵐』とか『嵐の宿題くん』とか
 嵐のバラエティの基盤を作っていただいたんじゃないかと。

 “こんなときはこういうふうに動いたらいいんじゃない?”
 とか、結構細かくいろいろ教えてもらったな。


Sさんからエピを頂いた後にこの雑誌で、これらの言葉を見つけた時
自然に目頭が熱くなって、そう言えば、この若いスタッフさんたちは
嵐さんが初めて24時間テレビのメインパーソナリティーに選ばれた2004年当時も
嵐さん一人一人に付いてサポートもしてくださっていたんだっけ!と思い出し
涙が止まらなくなってしまいました

2004年24時間テレビ(3)TOPになる夢、嵐さんの底力☆

ほんでもって私が嵐ファンになって、番組を録画するようになったのがちょうど
『嵐の宿題くん』が終わり、スタッフさんも総入れ替えとなった
『嵐にしやがれ』からなんですけど、それまでの冠番組を知らなかった私は
この番組改編後の『しやがれ』の内容に
“『宿題くん』の方が良かった”と嘆く方々の多かったことに
またまたびっくりしたのも思い出しました
きっと、嵐さんへのスタッフさんの愛情が感じられた番組だったんでしょうね

『Cの嵐』は精神的にとってもキツイ番組だったと思いますが
東山さんも智くんのことを絶賛してくださったように
京都での辛い経験に続き、『Cの嵐』での、アイドルには到底そぐわない経験も
智くんがニノちゃんに言った、どんなお仕事も

今、目の前にあることを頑張れないやつが何を頑張れんだ

この素晴らしい精神を引き出すことに繋がった一つではないかと
思わずにはいられません

そんな事を思うと、“可愛い子には旅をさせよ”

5人それぞれが、どんなお仕事も一生懸命に頑張ってきた結果が
花となり実となり、自分たちを育ててくれた人達へも驕ることなく
素直に感謝の気持ちを伝えられる素敵なグループに成長することが出来た嵐さんは
良いスタッフさんに恵まれ、本当に幸せな人達だなぁと思うと同時に
そんな智くんと嵐さんに出逢うことが出来た私もまた、幸せなんだな

(完)へ続きます


ではだはまた~

いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきます
感謝



関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/01/21 00:14 ] 智くん素敵エピソード | TB(-) | CM(19)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/01/21 01:58 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます♪

★なおみさん、おはようございま~す♪
映像を直に観なくても、数枚の画像と文字だけでも本当に泣けてきますよね。。
言い訳するのがいけないと言われたって智くんの
『俺に言われたって云々』、正直な気持ちだと思います。。
単に謝罪のみに徹するクレーム処理だったり
お客様の立場からはほど遠いクレーム処理を言い渡されたり
本当に理不尽で大変な番組だったんですね☆
でも、その企画自体は嫌だった!大変だったと言ってても
深夜番組でお世話になっていたスタッフさんへの感謝の気持ちを忘れていないところが、智くんだよね(´▽`
雑誌も買ったり買わなかったり、情報収集も最低限にしたことで
入ってくる情報は乏しくなったけれど、振りまわされる様な情報も入ってこなくなって
かなり気持ちが楽になって私も普通に感想は書いたけど
なおみさんが仰るその点は私も本当に嫌だし
智くんが必要以上にLOVE光線を放っている気持ちも分かるから
ほんと、ガッカリさせるような発言は控えてほしいですね(´ー`
こちらこそ、いつも読んでくださってありがとうございます☆
私たちは智くんを誇りに思う気持ちを大切にしていきましょうね☆

[ 2015/01/21 08:17 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/01/21 12:03 ] [ 編集 ]

sachiさん
こんにちは。

sachiさんSさん
いつも素敵なエピソードありがとうございます。

私も某所でCの嵐を見ました。
噂の土下座を見たくて、見たのですが、今では考えられない苛酷なロケですよね。

私も同感で、アイドルである限り体験出来ないであろう貴重な体験が出来た事は、今の嵐さん達の真摯な行動にも影響を与えているんじゃないかと思いました。

私は出来るだけ見た口なので、他メンのロケも見ましたが、個性というのか性格というのかが良く表れていて、これはもう本当にカヂなやつだなと思いました(笑)
でも皆さん素敵な対応でしたね。
大野くんは土下座の回もそうだけど、他のロケでも(花火の苦情とか)そこまでしてあげるの!と思う様な事もあって、苦情主の方の態度や表情が柔らかく変わっていく様子が本当に素敵だなと思いながら見ていました。

娘が2006年あたりからファンなので宿題くんとかは時々見ましたが、生き生きとして、楽しそうでしたね。
スタッフとの信頼も厚かったのでしょうね。

残念な事に、その頃嵐関連の色々な番組を撮りだめしていたHDDが突然再生出来なくなって新しく変えたのですが、当時は何とも思わなかったけど、今思えば…お宝映像〜
あ〜残念!
[ 2015/01/21 13:30 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/01/21 14:23 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/01/21 15:51 ] [ 編集 ]

経験というには‥

過酷すぎて番組とは言え今の自分(自分達)に何の意味があるんだろうって思った事もあったんだろうね。
直接的に関係ないし理不尽だし、おまけに先に世間にド派手なデビューを見せつけた若者には普通なら耐え難い状態なハズ‥。
これも京都で培った忍耐力と精神力が備わってた智君だからこそ自分の意志でしかも潔く自分の非を認めた上での土下座。
夜中にこのエピを読ませてもらったんだけど何ともやるせないやら、腹立たしいやら複雑になって、余計な事にわざわざ某所に観にいっちゃったもんだから切なさ倍増だし直に『俺が悪い』を聞いちゃって涙がゴォーーーーー(*o*)

無性に智君の優しい歌声が聴きたくて顔が見たくて、手に届くとこに置いてあった『LOVE』disc2♪『Tears』のソロを聴いた瞬間、穏やかな顔を見た瞬間再びゴォ~~~(ToT)
番組自体は嫌だったけど育ててもらったスタッフさんとの強い信頼と絆と感謝の思いが今も智君を支えてる一つではあるんだよね♪

以前のVSの浦和レッズに対する嵐さん達のすんなりな土下座…
あれも経験を積んだからこその素直な対応だったのかな…(^_^;)

今夜の『少年プレミアム』の録画準備はOKかな?
[ 2015/01/21 17:09 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/01/21 21:34 ] [ 編集 ]

いつも、貴重なエピソードありがとうございます。
読んでるだけで、切なくなってきました。今の大野くんは、過去のいろんな経験からできてるんですね。
それにしても、自分のミスでもないのに土下座までするって…できないですよね。もう、メンタルやられちゃうぐらいのダメージ受けちゃいます。
ますます、尊敬してしまいます。
[ 2015/01/21 21:34 ] [ 編集 ]

頑張った☆

Cの嵐ってほとんど観たことないのに、自転車と携帯とパソコンだけはうっすら記憶があるんだよね。だって土下座なんて衝撃的だったから、ここまでやる必要があるのかと番組のスタッフ何考えてんだ?と当時感じたことを思い出しました。まさか智くんだったとは。まだハマる前のことだったしね。今じゃ考えられないけど、あの頃は5人とも必死に頑張ってたんだよね。クレーム処理なんてアイドルがやる必要があったのか、やり過ぎという感じもあったけど、社会の波にもまれるという経験はある意味5人にとっては貴重な経験になったんだと思います。スタッフと一緒に成長できたんだよね。感謝の気持ちを忘れず、目の前の仕事を一生懸命に頑張っている彼らをずっとずっと応援していこうとあらためて思いました。
話はびょーんと飛んじゃうけど、
今ね、『OnceAgain』って曲にハマってます。なんでか繰り返し聴きたくなる。今夜もダーリンの歌声を聴きながら眠りにつきまーす(≧∇≦)
[ 2015/01/21 22:40 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/01/21 23:36 ] [ 編集 ]

ありがとう(^^)

sachiさん、おはようございます。

Sさん、またまた、貴重なエピソードをありがとうございます。
sachiさん、Sさんには、いつも感謝ですm(._.)m

たぶん、まだ、こちらの地方では、放送されてなかった番組で、放送されていても観てなかったかも?まだまだ、嵐さんの存在に(?_?)の頃かな?

凄い経験と言うか、まぁ、そこまでするの!!と、直接番組を観てなくても、Sさんのエピを読んでるだけでも…色々な思いが…これ、直接、映像で観たらもっとたまらない感じになりそうで…
でも、強いと言うか、相手に寄り添えると言うか←なんで自分がこんな事までと思いながらも、ちゃんとクレーム処理を全うしようとする大野くんが、素敵に見えて、ますます大好きになっちゃいました!!

時間ができたら、某所に行って観ようかな?←その前に、先週のVS、しやがれを観ないとね(+_+)

ではでは、行ってきます(^^)/
[ 2015/01/22 07:19 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/01/22 15:43 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/01/22 22:03 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます♪

★えりーさん、こんばんは~♪
そうですよね(´ー`
観たことがあると言ってらっしゃる皆さんは皆
辛かったって言ってますもんね。。
必ずということは、それだけスタッフさんの心にも
ずっしりと重く、忘れられない放送になったんでしょうね☆
こちらこそ、読んでくださってありがとうございます☆

★智子さん、こんばんは~♪
こちらこそ、読んでくださってありがとうございます☆
私ね、皆さんにご紹介しているにもかかわらず
まだ、観てないんですよ^^;なんか、怖いなぁ~^^;
やっぱりガチなんですね(◎◎;
でも、これを機会に観てみようかな。。
智くんが頑張ってきたお仕事だものね(´▽`
ありゃまぁ~お宝映像が、残念。。
でも、昔の映像って残念なことになっちゃうことが多いですよね^^;
2件目のコメントもこちらでね^^
昔の映像は本当に楽しく観れましたよね♪
智くんは嵐でいる限りはやめないと思うけど・・・
これからも前向きに応援していくうえで
距離を置くことは大事かも知れませんね(´▽`
ありがとう~☆


[ 2015/01/23 19:25 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます♪

★怪物3104さん、こんばんは~♪
神奈川は雪までは降らなかったけど冷たい雨が降ってました~(´ー`
放送を観ていなくても文章だけで大変な番組だったと言うのが
分かりますもんね☆
怪物3104さんは『宿題くん』の途中から観てたのね~♪
そっか~(´ー`
『宿題くん』は私もDVDだけはダビングしてもらって持ってるんだけど
まだ全部は観れてなくて、でも楽しい企画が多くて
結構笑ってた記憶があるなぁ(´▽`
そうだね、ファンが観たい嵐さんを分かっていたのかも知れないね♪
今はね~(-_-;
良いときと悪い時の格差が激しくて・・・
以前の時と間違いなく観方が変わったかも。。
仕方ないよね☆

★さとっちょさん、こばわんこ~♪
以前のさとっちょさんのコメントで
『俺達このままでいいのか…今を打破しないと』って言う部分ね
それが智くんの『今、目の前のことを頑張れないやつが~』に繋がったわけだけど
ちょうど2002年の9月?くらいのようなんだけど
翔ちゃんだけ行けなかった箱根旅行で出た言葉かも知れないね^^
NHKドキュメントを観る限り、翔ちゃんはその話、知らなかったようだし
智くんが土下座をした回の放送日を考えると一致するのよね^^
Kyo to Kyoで培った忍耐力と精神力と責任感を思い出させた
土下座だったのかなぁなんても思ったりもしたよ☆
それがニノちゃんに言った一言にも繋がったのかと思うと
どんなに辛いことも確実に智くんは自分の糧にしてきたんだなぁって
惚れ直しちゃったよ、私(///ε///)
まったく、泣き虫だなぁ(´▽`
って、私も実際の放送を観ちゃったら翌日、目が腫れて大変になりそう。。
この深夜時代にお世話になったスタッフさんとの出会いは
智くんや嵐メンにとって、なくてはならない時間だったのかもね(´▽`
やぁ~^^;あの土下座は、どうでっしゃろ~^^;
少年倶楽部、録画したけど感想は読んだ通りだよ(苦笑
発する言葉もないわ(-_-;
歌とダンスのパフォーマンスよりも、お金をかけた演出のほうが素晴らしいと
そういうグループになっちゃったね、ソロ曲、期待してたのになぁ。。

[ 2015/01/23 19:30 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます♪

★もるもるさん、こんばんは~♪
こちらこそ、読んでくださってありがとう~☆
ほんとにね、今では考えられないような貴重な経験だったよね(´ー`
当時は腹が立ってって、そりゃぁそうだわよ。。
何でこんなことまでしなくっちゃいけないの!が先に出てくるもん(-_-;
きっと、最初は『俺、スゲェーーーー!』だったと思うけど
BIGになるにつれてだんだん『恥ずかしくて・・・云々』になったと思うなぁ^^;
何年も前の、嫌だった番組でさえもお世話になったスタッフさんに
感謝の言葉を言えるって
それだけ愛情あるスタッフさんだった事が分かるね(´▽`
マジに今とは雲泥の差だわ(-_-;
私も最近は買ったり買わなかったりだけど
今回のZoomはデジコンの全録が書かれてあったから迷わず購入♪
参戦したにもかかわらず、どこにいたのか半分以上分からなかったから^^;
そしたら昔のお宝コメント集もついてて本当にラッキー♪
あればいいね(´▽`
ありがとう~☆

★akkoさん、こんばんは~♪
こちらこそ、読んでくださってありがとうございます☆
本当に、『Cの嵐』は酷な番組だったんですね。。
文章だけでもかなり辛いですもんね(-_-;
映像を観てしまったらどうなることやら・・・
でも、智くんが頑張ってきたお仕事だものね。。
私も、頑張って観てみようかな^^;
Kyo to Kyoから始まり、辛い経験が智くんを
どんどん大きな人間にしていってるようで
こんな経験もプラスにするかマイナスにするかは自分次第☆
本当に尊敬に値する人ですね、智くん(●´▽`●)

[ 2015/01/23 19:34 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます♪

★ドナルドさん、こんばんは~♪
そっか~。。
皆さん、観ていないようでも、薄っすらと記憶に残ってたりしてるのね(´ー`
私はその当時、夜中の番組は観てもいなかったから
薄っすらにも残ってないわ(苦笑
うん、そうだね♪
その後の彼らのコメントを読めば、これも貴重な経験だったと思えるね(´▽`
しやがれに出演してくれた東山さんの智くんへの言葉
『この子は大丈夫』ってさ
どんなに若い頃、苦労してきた人でも
それゆえに、いい気になったり我儘にふるまったりしていれば
あそこで褒めてくれてはいなかったよね。。
だから凄く嬉しかったなぁ~(´▽`
うんうん^^これからも嵐さん、応援していこうね☆
ほぅ~『OnceAgain』ね~^^;
私まだ、『Dream “A” live』だけ、アルバム持ってないんだ^^;
長女がツタヤでレンタルして録音した時に
私も録音させてもらおうと思ってついつい忘れて(苦笑
今夜も智くんの歌声を聴きながら疲れを癒してね~(´▽`

★なおみさん、こんばんは~♪
いろいろ教えてくださってありがとうございます☆
ほんでね、智くんのことを書いてたら
他のジャニーズ軍団の名前を書くのを忘れちゃいました^^;
ごめんなさい。。
で、もう一つの方ですけど
やはり情報が書かれてあるものなので
鍵にチェックを入れるのを忘れちゃったのかと思って承認していないので
それで良かったですよね(´▽`
智くん、一人でご紹介されてたみたいですもんね^^
きっと他の時間帯は都合が悪かったんでしょう~♪
いつも智ソロ曲のバックで頑張っている林くんへのご褒美かしらね(●´▽`●)
コメントのことは全然構わないですよ^^
逆に嬉しいくらいだから(´▽`
いつもありがとう~☆

[ 2015/01/23 19:37 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます♪

★りっちゃんママさん、こんばんは~♪
こちらこそ、いつも読んでくださってありがとうございます☆
私もね、この頃は嵐さんの存在も知らなくて
早寝早起きを心掛けていたので(笑
夜中の番組は嵐さんに限らず全然知らなかったです^^;
自分には関係なく、ましてやクレーム処理もそれぞれ決まってる上で
あそこまでやれるって本当に凄いですよね(´▽`
人に寄り添うことのできる智くんだから、出来たことかもしれないですね☆
私も今まで敬遠してきたけれど
時間を作って観てみようかな(´ー`

★machirinさん、こんばんは~♪
こちらこそ、読んでくださってありがとうございます☆
そうなんですよね(´ー`
楽しかったことの1年はあっという間ですけど
辛い経験の1年は本当にどんなに過酷だったかと思うと切ないですね。。
でも、その当時を振り返った智くんたちの感謝の言葉が
素敵すぎますよね♪
数年経った後でもこういう想いでいてくれるって
当時のスタッフさんも嬉しかったでしょうね(´▽`
皆さんね、『宿題くん』は楽しかったって言いますよね^^
TVの画面越しにスタッフさんと嵐メンが一緒に番組を作ってきたという
信頼関係や愛情が伝わって来てたんでしょうね(´▽`
これからのバラエティも彼らの言葉を思い出しながら観てみると
また違った観方が出来るのかも知れないですね☆

[ 2015/01/23 19:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する