-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-01-20 14:53 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



こんにちは~

ではでは(2)の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



でも、何事にも落とし穴とは付きもので・・・

ちょっとクレーム処理が上手くいって、油断しちゃったのかな!?
“智くん土下座事件!”が起こります。

◆『Cの嵐』-携帯電話ショップのクレーム処理-(2002年9月11日放送)

この日は、めずらしく嵐ちゃん5人で携帯電話ショップでのクレーム処理です。
クレーム内容は


「水に濡らした覚えはない!だから無料で修理しろ!!」というモノ。

このクレーム処理には、智くんが1人で対応することになります。
お客様の自宅付近で、なぜかカメラに向かって


「これはイヤな予感がします!」

と話す智くん。
 

Cの嵐☆


その予感が、まさか的中するとは!!

苦情主のご自宅を訪問すると
玄関先に現れたのはちょっぴりガタイのいい若い男性。


「パワーポケットから派遣された大野と申します (m _ _)m」

とご挨拶する智くん。

「何?パワーポケットって?」

と、戸惑う男性。 


Cの嵐2☆


「あの、携帯の・・・」

「あぁ・・・あの壊れたヤツ」

と、気がつく男性。

↑一見すると、ちぐはぐなやり取りです。
この原因は『Cの嵐』の最終回で判明しますので、文末に記載します。

そして、カメラに気づいた男性に撮影の許可を得て
“クレームエージェント嵐”の名刺を渡す智くん。
名刺を見ながら


「何?それで、あんたが来たの?」

と、番組と智くんが来た主旨を理解する男性。

ここで


「つまらないものですけど、これ・・・」

と言って、番組特製の菓子折りを渡す智くん。
渡された紙袋を手に取り、チラッと見て


「新しいヤツ?携帯?新しい携帯じゃないの?・・・
 ご挨拶とかってさぁ~こんなのいらねぇよ (。-`へ´-。)」


と、まくし立てる男性。
突っ返された紙袋に戸惑う智くん。


「携帯持って来いって言ったんだよ。携帯、新しいヤツ ヾ(*`ェ´*)ノ」

と喧嘩腰になる男性。
そんな男性の態度に少し怯えながらも


「携帯はありますか?壊れてしまった・・・」

と、壊れた携帯電話を見せて下さいと要求する智くん。
壊れた携帯電話を持って来て見せる男性。


「調子悪いから取り替えに行ったのよ。交換してくれってさ。
 そしたら・・・
『水につけましたか?』とか言われたんだよ (*゜ε´*)」

「水没ってことですか?」

「そんな覚えないんだよ。俺!!」

と、見に覚えがない故障であることを話す男性。

その話しを聞いて、水没マークとは
雨にあたったりシャンブー後の濡れた髪だったり
大量に汗をかいても反応することを説明すると


「汗?・・・俺が、汗っかきだからダメだって言ってんのか?」

と今度は逆ギレする男性。


Cの嵐4☆


慌てて

「僕も汗っかきなので・・・そういう場合もある
  ヽ(゜Д゜;;ヽ)ァタフタ(ノ;;゜Д゜)ノ」


と言い直し

「勝手に水没マークが赤くなったりすることは・・・」

と説明を続ける智くん。
すると


「何?水没マークって?」

と、問う男性から携帯電話を受け取り
裏蓋を開けて、水没マークを確認して男性に見せる智くん。
これで修理に出さなければならないことか判明しますが


「最初から赤くなってたかもしんねぇじゃねぇかよ!
 ○×△※○×△※○×△※ 汗がどうのこうのなんてよぉ!
 そんなの買う時に一言も聞いてねぇんだよ」


と一方的にまくし立てる男性。
それに対して


「説明書にはちゃんと書いてあるんですけどね・・・」

と冷静に答える智くん。
今度は


「お前が携帯買ったとするよ。新しいヤツ買ったとするよ。
 そしたら説明書を隅から隅まで全部見るか?あんな分厚いの!」


と、屁理屈を言い始める男性。

「まぁ、でも書いてあると言う事で・・・(-_-;;)」

と、しどろもどろになる智くん。

「書いてあるとかそんな問題しゃねぇだろう!
 何でそういう事務的な対応しか出来ねぇのつうの?」


と対応までも指摘する男性。

その後も智くんの説明には納得してもらえず
話の内容は修理代金へと移って行きます。


「これ買ったとき5千円だぞ。
 で、修理行ったら
『1万円かかります』って言われたんだよ!おかしくねぇか?」

と修理代金にも納得いかない男性。

「本当はですね。修理代っていうのは、本当は3万円くらいかかるんですよね。
 それで2万円はウチの方で払ってるんですけど・・・
 残り1万円を(お客様が)払う形になってしまうんですよね。。。」


と修理代の説明をする智くんですが、結局は男性に

「今から店に戻ってよぉ、お偉いさんに話してよぉ
 同じ番号でな!全部でタダな?タダ!・・・じゃないと話聞かねぇからな!
 お前、それまで戻ってくんなよ☆θ=(`-´#)o」


と無料修理を要求され、玄関ドアを閉められてしまいます。


(4)へ続きます


いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきます
感謝



関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。