最期まで母らしく・・・☆



こんばんは~

嵐さん15周年記念の記事にたくさんのコメントをありがとうございます
メンバー一人一人に対してもいろいろ書きたかったけど
頭が働かなくて
ただただ今の自分の気持ちを書いてしまっただけになって・・・
でも、皆さんと一緒にお祝い出来て嬉しかったです ありがとう~
そしてみなさん、優しいお言葉をありがとうございます 感謝

飛べない飛鳥さん、はじめまして♪
お声をかけてくださりありがとうございます☆
コメントを読ませていただいて涙が止まらなかったです。。
私のほうこそ、感謝します☆
これからもどうぞよろしくお願いします☆





母ですが
9月8日(月)午前2時36分、静かに天に召されました。

9月3日(水)、ブログを更新した後すぐに実家に行ったのですが
その時はまだいつもと変わらない様子だったのに
夕方になって突然37度5分ほどの熱が出て
すぐに看護師さんに来てもらって診ていただいたら
「もしかしたら腫瘍熱かも知れない。これは、下がらないんですよ。」
とにかく熱ってる体を冷やそうということで
頭と脇の下にアイスノンを入れて様子を見ながら
何かあったら連絡をするということで私は家に戻りました。

9月4日(木)、横たわる母を見てびっくり@@
あんなに妊婦さんのように張っていたお腹が凹んでる!?
普通に柔らかいお腹に戻ってる。。

「えっ!?何かの前触れ?」と一瞬思ったものの
両手を見てまたまたびっくり@@
お腹に溜まっていた腹水が両手にまわって行ったとしか思えないほど
肘から下がパンパンに浮腫んで、手はグローブのようになっていました。
それでも、お腹の張りがなくなってその苦しみからは解放されたと思うと
ホッと一安心。。
熱は37度まで下がって・・・腫瘍熱ではなかった?
が、夕方になり、それまで落ち着いていた脈が190と速くなって・・・

9月5日(金)、脈の速さは変わらず、熱も38度と再度、上がってしまい
熱が高いうえに全速力で走っている状態が前日から続き
この日から兄も会社を休んで一緒に見守ることに。。
この頃はもう既に、言葉も交わせなくなっていて
唇を保湿してあげても声が出せなくなっていました。。
前日までは保湿してあげれば何とか声を拾うことが出来たのに。
唯一、食べることができた果物も
小さく軟らかくしても飲み込むことが出来なくなっていました。
そしてこの日から異様な光景が・・・

母の部屋には父の遺影が飾ってあるのですが
それを見つめるように、「まだ来ないで!」とでも言ってるかのように
その時だけ少し目を開けて、眉間にしわを寄せて
左手を前に出して拒否る母の姿が数分毎に見られ

それを見てみんなで
「きっとおじいちゃん(父)が迎えに来てくれてるんだね。
だけど、まだ逝きたくないって追い返してるんだよ」
って。。

こんな状態が最期まで続くのかと思ったら
眉間にしわを寄せたままだなんて、あまりにも可哀想で
みんなで話し合って、とにかく寝かせてあげたいと
夜、看護師さんに連絡をし、先生に話してもらって
安定剤の注射と睡眠薬を点滴に入れてもらい、様子を見ながら
何かあったら連絡するということで、家に戻りました。

9月6日(土)、熱は下がらず脈も速いまま、血圧だけが
上が90くらいだけど、まとも。。
長女も仕事を休み、次女もバイトを休んで一緒に見守りましたが
旦那さんには申し訳ないけれど、家に残って
2匹のワンちゃんの世話を頼みました。
長い時間、家を空けていることが多くなっていたので
ワンちゃんのことも心配だったし、母のプライドを守るため。

母ね、総入れ歯だったんですよ^^
それが数日前から自分で取ってしまうようになって
くしゃおじさんみたいな顔ほんでもってオムツだし
元気なころの面影なんてこれっぽっちもなくて
もう意識もハッキリしていなくて、目も見えていなかったから
旦那さん、連れてきてもよかったんだけど
自分の意思がしっかりしていた頃は私とお義姉さん以外に
裸になって身体を拭いてもらっている姿やオムツ交換をしてもらうのも
拒むような母だったから、お布団をかけているとはいえ
きっと自分の姿、見られたくないだろうなぁなんて思って・・・

この日は、私だけ泊まることにし
何かあったら連絡するということで娘たちには帰ってもらいました。

9月7日(日)朝、熱は相変わらず下がらず、脈も速く
まともだった血圧も、とうとう60まで下がってしまいました。
半分、眠っているような状態で目も閉じたまま、口は開きっぱなし
ただ口だけで息をしている感じで、拒否っていた左手もあげなくなって
眉間にシワも寄せなくなって、そんな姿を見た看護師さんが
「夕方までは厳しいかも・・・」と。

思わず看護師さんに
「それなら点滴、取ってください。体内に入らないで浮腫むだけなら
入れる意味ないし、もう痛い思いはさせたくないから」


先生も、これ以上は何もすることがないので見守るしか、と仰っていたし
先生に一言伝えてもらってから点滴を外してもらいました。

こんな状態なのに、介護士として働いている長女が
綺麗に目ヤニをとって顔を拭いてあげると
開きっぱなしだった口をちゃんと閉じて、クシャっとした顔をしながら
気持ち良さそうにしてね
「ありゃっ?私たちが拭いてあげてもこんな顔しないのに~
やっぱりプロは違うのね」
ってみんなして頬が緩んだ瞬間でした

他にもね、白髪は嫌だからと、母の願いで
「カツラと入れ歯だけは絶対につけてね」と言われていたので
看護師さんに
「ここ数日、入れ歯は取ってしまってるんだけど
亡くなった後でもちゃんと嵌めること出来るんですか?」

なんて質問をしたりして(笑
大丈夫ということでホッと一安心。

午後になって、熱は相変わらず高いまま、血圧も下がったままだけど
この数日間ずーっと全速力で走っていたような脈が、110と下がり始めて
もう頑張れなくなったことを実感。。

「お母さん、もう頑張らなくていいんだよ。
ありがとう。。ゆっくり休んで」


が、厳しいと言われていた夕方を通り過ぎ
夜になり22時頃だったと思うけど
10秒間くらい息が止まることが何度か続いたけれど
それでも持ち直して、日付が変わった9月8日(月)2時36分
突然ではなく、20秒開き、30秒開き、50秒開きと
私たちのために覚悟の時間を与えてくれたように本当に少しずつ
最期は静かに息を引き取りました。
兄家族と、私・長女・次女とで看取りましたが
誰一人として泣き叫ぶことはなく
涙しながらも、今までありがとうの気持ちと
やっと楽になれたねと、安堵の想いでいっぱいになりました。

看護師さんに連絡をして、亡くなったことを確認してもらい
身体を綺麗に拭いて、一通り処置をしてもらい襦袢を着せ
母が初舞台で踊った時の淡いピンク色の着物を着せてあげました。
帯はお腹の上に綺麗にたたんで両手で押えるように置いてあげました。
入れ歯もOK
お化粧もみんなで分担して、血色が良くなったように見えて
生前よりも若返った感じ・・・
最後にカツラを被せて完ぺきです。
ほんと、ただ眠っているように見える。。
着物を着せたりして動かしても鼻などから何も出てこなかったため
詰め物もせず、綺麗なお顔のまま、ただ眠ってるみたい。。

お葬式に関する細かいことなどは生前に、式場はここがいいとか 
組内はこうしてほしいとか、岩手から出てくる親戚はどこどこに泊めてとか
私が着ることになるだろう喪服が一式揃えてしまってある場所まで
すべてお義姉さんに伝えてあったようで
兄やお義姉さん、私が困らないようにと、本当に最後まで母らしくて
いろんな決め事もスムーズに運びましたが
唯一、願いを叶えられなかったのが
母が選んでおいてくれた遺影にする写真が
絹目(ザラザラの写真)だったことで、引き伸ばした時の状態が
遺影には適さないということで、改めて光沢の写真を選び直しました。
気に入っていた写真を遺影に出来なくて、ごめんね。。

通夜告別式も晴天の中、無事に終わりました。

最後に、縁起が悪いと言われるかも知れないけれど
9月8日は、長女のお誕生日でした。
今まで、旅行に行っててもどこにいても
お誕生日には必ず「おめでとう」の電話をかけてきてくれた母
長女がまだ赤ちゃんだった頃、数日入院したとき
お仕事が休みではない、仕事帰りにその当時住んでいた静岡まで
お見舞いに来てくれたり
香港で次女を出産する時も、手伝いに行くからと
一人で飛行機に乗ってくるような頼もしくて温かくて優しい母だったから
きっと、みんなと一緒にお誕生日をお祝いしたかったんだね。。
長女にとって23歳のお誕生日は悲しいものになってしまったけれど
来年からはきっと
「おばあちゃんも一緒に祝ってくれてる」
温かい想いに包まれたら良いなぁ~

お母さん、私を産んでくれて、そして最期まで優しい愛をありがとう
これからはそちらの世界で、お父さんと仲良く私たちのこと
見守っていてくださいね
大好きだよ



【ご挨拶】

智くんへの溢れる想いを綴るブログに、母のことを書くのって
どうなの?と何度も思いましたが
今となっては書いて良かったと思っています。
母を介護している日常、その時の気持ちを少しずつブログに残すことで
自分の想いも整理出来たし
何と言っても、母が頑張って生きていた証がここにある。。
読者の皆様には、とんだ記事の連発だったかも知れないけれど
毎回ごめんなさい。。と思いながら、甘えさせてもらいました
読んでくださった皆様、ありがとうございます
たくさんの拍手にコメントにメール、サトシゴト・アラシゴトから離れても
皆さんと繋がっている安心感で心置きなく母の介護に専念出来ました。
支えてくれてありがとう~
これからもどうぞ、よろしくお願い致します

もう少しだけサボったら、またたくさん智愛、語ろうね

ではではまた~

前々回の記事にコメントをくださった
怪物3104さん、コッペパンさん、葵さん、yuyuさん、Doさん
りっちゃんママさん×2、おだんご♪♪さん、もるもるさん、BELLさん
けいこさん、さなさん、あおいうさぎさん、ひ~みさん、ななしさん
さとっちょさん、ようママさん、ドナルドさん、まろんうささん
machirinさん、水野さん、shiokaさん、ミキッチさん、yuriaさん
ブルー大好きさん、春ピンさん、Mikkiさん、ブルーコットンさん
renさん、イヴさん、加地さん

コメントありがとうございます☆
皆さん、いつも支えてくださってありがとう~☆感謝(#^ε^#)チュッ♪
葵さん、ブルー大好きさん、はじめまして♪
お声をかけてくださりありがとうございます☆
これからもよろしくお願いします(*^^*)
コッペパンさん、Doさん、けいこさん、あおいうさぎさん
いつもの?ななしさん、shiokaさん、yuriaさん
、お久しぶりです♪
お元気そうで良かったです(*^^*)

いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきます
感謝


関連記事
スポンサーサイト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 00:51 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 02:35 ] [ 編集 ]

わたしも…

お母様を亡くされた悲しみの中で、きめ細かい看護をなさって最後を看取られた様子を綴って下さり心に響きました。私も今、高齢の叔母の世話をしています。来るべき日に備えての心構えにさせて頂きます。お母様への愛、優しさが溢れていて涙が止まりません。お母様のご冥福を心よりお祈りいたします。2012.4に大野くんにはまり夢中でネットを巡りこちらのブログにたどり着きたくさんの情報を頂きました。智くんのヒストリーがよくわかりました。本当にありがとうございます。これからも様々な思いを聞かせて頂けたら嬉しいです。
[ 2014/09/18 02:56 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 03:19 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 05:56 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 06:49 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 07:08 ] [ 編集 ]

お悔やみ申し上げます。

ずっと、なんてお声をかけていいかわからず、ブログを見守っていました。

このたびはご愁傷様でした。
お母様、ずっと頑張られてこられてお疲れさまでしたとお声をかけてあげたいです。
看取られたご家族は本当に大変だったかと思いますが、お母様は理想的な最期を遅れたのではないかと思います。

ワタクシゴトですが、21年前、私の父は病院で息を引きとり、母ひとりで見送りました。
危篤と聞いて、3歳と3カ月の子を連れ、車で一時間半の道を駆けつけたのですが、間に合いませんでした。


sachiさんもお疲れ様でした。
でも介護・看護に悔いはきっとないかと思います。
できることはすべてして差し上げたことは、尊敬いたします。
お母様もきっと満足されているのではないでしょうか?
いえ、不遜ないい方ですね。すみません。

sachiさん、お義姉様はスゴイですね。
私はsachiさんのお義姉様のようにはできません。
今、大病をした舅と痴呆の姑を抱え、
思うようにならずついイライラしてしまい、鬼嫁と化しています。
反省しなきゃいけませんね。

まだまだ何かにつけて淋しさが襲ってくるかと思いますが、
そんなときは悲しんであげて下さい。
お母様を忘れてない証拠ですから。


季節の変わり目です。
sachiさんもお身体にお気をつけてお過ごし下さい。
[ 2014/09/18 09:21 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 09:33 ] [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして、セナと申します。
この度は、お悔やみ申し上げます。
今まで、ずっと読ませて頂いてました。私の祖母の事や介護してた母を思い出して中々コメントを書けませんでした。
今まで、介護お疲れ様でした。
大変だったと思いますが、お母様は家族に見守られて、幸せだったと思います。今は淋しいと思いますが、落ち着かれたら、又、智事を再開して下さいね。

私も、祖母のお墓参りに、行ってこようと思います。
[ 2014/09/18 09:52 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 12:59 ] [ 編集 ]

sachiさん… なんと申し上げればいいのか…
でも、sachiさん始め、お義姉様、ご家族が
一生懸命お世話をされお母様はお幸せな気持ちを胸に旅立たれたのでは無いかと思います。
皆様の愛情一杯のお姿には只々頭が下がります…

私の実父は親戚の集まった席で私達の目の前での突然死でした。あまりにも突然すぎて3年程は夢を見ている様でした。ふとゆっくり出来る時間が持てると思い出して涙がこぼれ泣いてばかりいました。その時にお腹にいた二女は18歳になりました。
昨年、同居していた義父が1年間の自宅看護の末、亡くなりました。だから皆さんの大変さも良くわかります。

お母様の事を思うと涙が止まらない日々だと思います。心ゆくまで泣いて下さい…
そして、まだまだお忙しい日々が続くかと思います。くれぐれもお身体ご自愛下さいね。

最期まで一生懸命に生きられた素敵な女性のお母様でしたね…
お母様のお冥福を心よりお祈りいたします。


[ 2014/09/18 14:22 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 15:24 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 16:38 ] [ 編集 ]

お疲れ様でした

Sachiさん、お母様。
本当に、お疲れ様でした。

Sachiさんのようなひとが、同じサトシックだということ、誇りに思います。

またさとちゃん語りできるのを、
楽しみにしていますね。
[ 2014/09/18 17:26 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 20:42 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 20:54 ] [ 編集 ]

この度はご愁傷さまでした。

お母さまのご様子はずっと読ませて頂いていましたが、なんとお声をかけていいのかと思いながら今日になってしまいました。
お母さま最後まで自分流を貫かれ、見守るご家族皆様もきめ細やかな愛情溢れる看護をされて尊敬するばかりです。
お母さまのご冥福をお祈りいたします。

Sachiさんお疲れ様でした。
愛のある介護と言葉に文字にすると簡単そうで一番難しいですね

うちの母もここしばらく痛みから来るイライラに不安定な日が続き、それに私がいちいち反応してイライラすると云う悪循環の日を過ごしていました。
その度にSachiさんの看護のことを思い出し未熟者だなと反省してました。
だからこんなことを云うと失礼かもしれませんが、お母さまは幸せな最後を過ごされ旅立たれたのだと思います。

ゆっくり心を、体を、休まれたらまた「智愛」を心ゆくまでお話してください。

季節の変わり目お体ご自愛ください。
[ 2014/09/18 21:03 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 21:12 ] [ 編集 ]

sachiさん、お母様はお父様のところへ向かわれたのですね。今頃はゆっくりお話なさっているかもしれませんね。

sachiさんのような心優しい娘さんを育てられたお母様はすばらしい方ですね。周りの方々もまた、すばらしい方ばかりだと思います。

どうかsachiさんもお体ご自愛くださいね。
平気だと思っていても、気が抜けるとどうしても体にきますから。

お母様のご冥福を心よりお祈りいたします。
[ 2014/09/18 21:14 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 22:04 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 22:32 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 22:47 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 23:01 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 23:05 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 23:13 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 23:15 ] [ 編集 ]

sachiさん、こんばんは

お母様、亡くなられてたんですね
ご愁傷様です
辛い状況を文章に記しておくのって大変ですよね
丁寧な記述、すごいなあ、と思います
しばらくはゆっくり休んでください

そして、また元気に智愛を叫んでほしいな~
[ 2014/09/18 23:16 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/18 23:22 ] [ 編集 ]

はじめまして。大野くんや嵐が大好きで、以前からブログを読ませていただいていました。コメントは初めてです。
中一と小二の息子を持つ母をしております、ジュンベリーと申します。

この度はお母様、御愁傷様です。愛情あふれる文章を読みながらずっと応援していました。

実は私にも肺や肝臓を患い、寝たきりに近い様子で介護の状態にあった80歳の父がいたのですが、今月の5日に肺炎で亡くなりました。まだまだ介護が続くものと覚悟していたのですが、肺炎が悪化したら最期はあっという間に逝ってしまいました。

母は既に8年前に他界しており、私自身一人っ子のため思いを同じくする人がいない孤独や喪失感も感じていましたが、そろそろ少しずつ前を向いていかなくてはと思っています。

お母様、出来ればあちらの世界で父とも仲良くしていただけたら嬉しいです。

お疲れも出る頃かと思いますが、どうぞお身体ご自愛くださいね。長文失礼しました。
[ 2014/09/19 03:47 ] [ 編集 ]

sachiさん本当にお疲れ様でした。読んでいて涙が溢れて来ました。お母様皆に看取られながらこの生涯幸せだったと思います。私は自分の親にここまでできるだろうか?どうか今は自分の心と身体をゆっくり休めて下さい。でも、明日からHawaiiコン、来月はアルバム、そして、5大ドームツアーあまりサトシゴトでゆっくりできないかも...sachiさんのお話待ってます。
[ 2014/09/19 03:50 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/19 09:42 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/19 10:02 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/19 16:29 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/19 17:34 ] [ 編集 ]

sachiさん、この度はご愁傷さまです。

私が智ファンになってから4年位ですが、sachiさんのブログでどれだけ勉強させてもらったか、パワーをもらったか。今更ながら感謝したくてコメントします。

サトシゴトでけでなく、母親の看護を経験した者としても、本当に尊敬します。私は、3年前に卵巣がんの母を自宅で看護、看取りました。その事を何度もコメントしようと思いましたが、看病を頑張っている最中のsachiさんにはさすがに出来ずにいました。

病人の看護は、綺麗事だけでは済みません。でも最期まで義姉さまや家族みんなでお母様をお見送り出来た事、天国でお母様とても喜んでいると思います。

お疲れ様でした。きっとまだ手続きなど(ホント人ひとり旅立つと実はやることいっぱいなんですよね。)大変かと思いますが、自身のお体も充分気をつけて下さいね。気が抜けたころにドッと疲れがきちゃいますから…

またたくさんサトシゴトを共有できるのを楽しみにしています。

不謹慎だけどもうひとこと…「今日の日はさよなら」の彼の演技がどれだけすごいか…ホント去年母を思い出して涙が止まらなかったの。
[ 2014/09/19 20:08 ] [ 編集 ]

sachiさん、立派にお母さんを送られましたね。
きっと、お母さんもとてもうれしかったと思います。
私の父は5年前になくなりましたがその時の妹とのメールのやり取りがその時の心情を垣間見れる唯一のものです。このブログがきっと懐かしく思える時があると思います。そして、これからもお兄さん、お義姉さんと仲良くいてほしいなと思いました。
[ 2014/09/19 20:26 ] [ 編集 ]

いつも、ありがとうございます

私が言うことでは無いかも知れませんが、お母様は、とっても幸せだと思っていると思います。家族が一体となって、お母様の事を一番に考えて、素敵だと思いました。気が張っていた時には何でもなかった体調と気持ち、気温の変化や気圧で崩さないようにして下さいね。いつも、ありがとうございます。
[ 2014/09/19 20:27 ] [ 編集 ]

お母様のご冥福を心よりお祈りいたします。
Sachiさん、お疲れさまでした。Sachiさんやお兄様のご家族のに看取られて、お母様とてもお幸せだったのだろうと思いました。
  Sachiさん、心と体をゆっくりと休めて下さいね。
[ 2014/09/19 21:41 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/19 22:00 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/19 22:15 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/20 00:11 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/20 00:13 ] [ 編集 ]

いつもそばに…

お母様のご冥福、心よりお祈りいたします。
何と声をかけていいか、言葉が見つからず、この数か月ブログを読ませていただきながら、心の中でずっと祈っていました。
大好きなご家族がいつもそばにいて、お幸せな人生だったことでしょう。
一緒に過ごされた時間、たくさんの思い出…、宝物ですね。
[ 2014/09/20 04:50 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/20 15:02 ] [ 編集 ]

はじめまして

2ヶ月位前から覗き見させていただいていました。智愛にあふれるsachiさんの言葉とSさんの豊富なエピソードにますます智くんが大好きな私です。このブログに出会えて感謝しています。この度はお母様の事御愁傷様でした。私も両親を亡くしましたが、二人とも呆気なく逝きましたので介護する事なく送りました。今はおつらいと思いますがお母様は悔いなく旅立たれたと思います。なぜか勝手に私の分もsachiさんが頑張って、!なんて気持ちでブログを拝見していました。心よりお悔やみ申し上げます。 sa chiさんとお母様、とても素敵です。やり遂げられ たあなたが不謹慎ながら羨ましくもあります。ごめんなさい。最愛の人を失う喪失感は期間をおいて何度も津波のように押し寄せてある時突然涙が溢れたりすると思います。今でも時々 両親を思い出して泣きたくなる と運転しながらbeautifuldaysとマイガールを流して泣いてます 。智くんは嵐さんはやっぱり私の癒しです。sachiさんもどうかお体に気をつけて、今はただお母様のご冥福をお祈りします。はじめましてなのに支離滅裂でごめんなさい。sachiさん大好きです。



[ 2014/09/20 18:47 ] [ 編集 ]

Sachiさん こんばんは~

Sachiさん、お母様が亡くなられたことは辛くて悲しいけれど、sachiさんやご家族に見守られて、お母様はとても幸せな時間を過ごせたと思います。

愛がいっぱいのsachiさんの記事を読んでいてとても感動し共感しました。

智くんを通じてsachiさんに出会えたこと本当に感謝しています。

お母様のご冥福を心からお祈りいたします。
[ 2014/09/20 19:34 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/20 22:31 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/21 00:03 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/21 01:29 ] [ 編集 ]

お疲れさまでした。

Sachiさん こんにちは
ずいぶん久しぶりにコメントさせていただきます。

お母様のこと、心からお悔やみ申しあげます。ずっと読ませていただいていました。
ご家族は大変だったと思いますが、お母様は幸せだったのではないでしょうか。
私は看護師をしています。
在宅看護のを選択されたご家族の皆さん、読んでいて、ご家族の優しさが伝わって来ました。
病院で亡くなる方がほとんどのこの頃、お家で、モニターの音など無く、大好きなご家族に囲まれての旅立ち,お母様は満足されているのではないでしょうか。

少し時間がたち、落ち着かれましたか
お体は大丈夫でしょうか

ゆっくりされて、また智くんに癒されましょう。

Sachiさん、ご家族の皆さま、そしてお母さま、お疲れさまでした。
[ 2014/09/21 07:29 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/21 07:38 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/21 10:07 ] [ 編集 ]

sachiさん
お母様、そして皆さん、すごく頑張りましたね。
誰にでも出来る事ではないと思います。
ただただ脱帽です。
お母様のご冥福をお祈りいたします。
[ 2014/09/21 13:27 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/21 16:38 ] [ 編集 ]

同じ気持ち

こんばんは。

久しぶりに訪れたら、大変なことになっていたんですね。

私も今年の5月に父を亡くしました。
ちょうど死神くんの5話放送日でした。

状況も違いますし、sachiさんの気持ちを全て感じ取ることは出来ませんが、記事を読んで父のことを思い出して涙が溢れました。

介護は大変だったと思いますが、お家で看取れたのはお母さまにとって、とても良い最期だったのではないでしょうか。

しばらくは気持ちを嵐に向けることは難しいと思いますが、嵐の存在が救いになる事もあると思います。

私も一時期は、自分のブログに嵐の事は全く書けず、お父さんのことばかり書いていました。

自分の気持ちを出せる場として、ココを活用して下さい。

これだけ長く続けられてきたブログです。
嵐とは関係無くても、sachiさんが書き続けてくれることを祈っています。

色々と自分勝手に偉そうなことを書いてすみません。
[ 2014/09/21 21:34 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/22 15:51 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/23 14:39 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/23 17:27 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/23 21:05 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/24 01:03 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/24 13:42 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/25 08:27 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/27 21:17 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/30 13:45 ] [ 編集 ]

なんと言葉を掛けていいか、分かりません。
以前にもコメントさせて頂いたのですが、私の場合は、今年、脳出血で寝たきりになった親のことで心が痛み、他人事とは思えず読ませて頂いていました。
少しでも苦痛が少なく、旅立たせてあげたいという気持ちと、喪失感への恐れは、残される人共通の思いであるかと思います。
私の場合は、心の憂いに期限がないのが苦しいところですが、日々、嵐メンや智君そしてそのファンの皆さんに癒され、励まされながら生活しています。
これからも、ブログを楽しく拝読させて頂きますね。コメントは、ありきたりなことしか書けないので、あまりしないかと思いますけど、酷いコメントを受けたときは、私たちのような控えめだけど、ブログを楽しみに待っている人たちのことだけを思い出して、嫌なコメントは削除&無視してしまって下さい。
ではでは。
[ 2014/10/03 13:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する