-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



こんにちは~

暑かった8月も終わり、涼しくなりながらの9月突入
過ごし易くもなりましたが
急激な気温の変化で体調を崩された方もいらっしゃったかもですね。。

どうぞ、くれぐれも気を付けてくださいね

前回、潤くんのお誕生日にメッセージを下さった皆さま
一緒にお祝いが出来て嬉しかったです
いつもありがとう~

続きは、母の近況です。
読んでくださる方のみ、よろしくお願いします





8月21日(木)
この日、千葉に住んでいる姉の息子(甥)が一人で逢いに来てくれて
以前、自分で排泄が出来ていたころに一度
逢いに来てくれていたんだけど
その頃よりも母の状態が悪くなっていることに
『おふくろ(姉)、頑張って連れてきたいな・・・』
なんて言うもんだから私もね、18日の日のことを話したの。
『私のことをずーっと「ユリコ」って呼んでたんだよ。
やっぱり逢いたいんだよね』
って。

私はそれ以上は何も言わなかったけど、察してくれたのね。。
再度、言ってくれたようで、8月26日(火)の夜に甥から
『明日27日(水)に妹(姪)とおふくろ、婆ちゃんに逢いに行くから』
って連絡があったようで
私もお義姉さんからそれを聞いて・・・もうもう本当に嬉しかった~

詳しくは書けないけれど、姉は外に出ることが難しい状況だったので
母も私たちも『逢いたい』とか『逢いに来て』とか
何度も煩く言えなくてね。。

母が私を『ユリコ』と認識してたのは18日のあの日だけで
逢いに来てくれた27日(水)も、ちゃんと姉だと分かって
二人して号泣で・・・・・
姉の背中を摩りながら私も泣いちゃいました

『無理してでも逢いに来て良かった』って姉も言ってくれてね
私は私で、これで逢えなかったら母も心残りだろうし
姉だって、絶対に後悔するからって、でもどうしたらいいの!?って
ずーっと考えてたから・・・本当に良かった

が、逢いたかった姉にも逢えて
母ね、これを境に旅立つ準備を始めたようです

前々回の記事に
脚先とお腹が急激に浮腫んできたと書いたんですが
「腹水」というものらしく
仰向けに寝ているのにまるで妊婦さんのよう・・・
手足は細くなってしまったのにお腹だけが硬くパンパンに張って。。

ガンによる痛みは、魔法の薬と座薬で何とか消えていたけど
今度は腹水が原因で胸が圧迫されたり
お腹が張って苦しがることが多くなっていて
水は、抜こうと思えば抜けるらしいですが、もう母のような状態だと
水を抜く=栄養分を抜くことによって
急激に血圧が下がって死に至る可能性大なんだと。。
母よりも良い状態の患者が水を抜いて一時血圧が下がっても
口から栄養を摂取することで血圧もすぐに安定するとのこと。
が、結局はまた溜まってしまうらしいです。
背中の痒みも相変わらずで、看護師さんが仰るには
肝機能が弱っているせいだろうと。

母の今の状態では、不整脈を起こす危険があるので
やっぱり点滴は止められない。
なので、500mlの点滴を24時間かけて入れながら
そこに利尿剤を入れて様子を見ているんだけど
思うほど、お腹の張り具合には変化なしで

もうね、苦しかったり痒かったりで
昼間も夜もぐっすり眠ることが出来なくて・・・
そんな眠れない状態がずーっと続いた8月30日(土)の朝
お義姉さんから電話があって
『夜中、珍しく23時過ぎから朝までぐっすり眠れたんだよ。
片言には変わりないけれど声も出てて・・・
それでね、「みんなを呼んで」って言ってるの。。
熱もないし、脈も血圧も安定してるし声も出てるから
今すぐどうこうってことはないから午後にでもゆっくり来て』
って。。

比較的近くに住んでいる父方の親戚と私。。
普段、お仕事がお休みの休日には私も実家通いをお休みしてたんだけど

行ったら綺麗にお化粧してて・・・
午後一で、親戚とも話してるからさすがに15時頃には声も出にくくなっていて
最初は何を言ってるのか全然わからなくて、間違えたら首を横に振るので
私たちが一つ一つ言葉を出しながら聞いていったら

『毎回 病院 連れてってくれて ありがと
少し 長く生きられたの サチコ おかげ
病院やめても 家庭 持ちながら よく頑張ってくれた
ありがと。』


もちろん、兄やお義姉さんにもそれぞれね。。

溢れてくる涙を必死に堪えて・・・
辛い姿をずーっと見てたから、元気付ける言葉も出ず
『うん・・・うん』としか言えなかった。。

お義姉さんが綺麗にお化粧をしてくれて
『家族で写真も撮ったよ。』と言うので私も
ここには載せられないけれど
私の手をギュッと握って笑顔のツーショット写真
長女も次女もそれぞれツーショット写真、撮らせてもらいました

30日31日と、働いていた当時のキャディ仲間や
踊りの先生とお仲間さん、それぞれお世話になった方々と言葉を交わし

9月に入って学校も新学期が始まり、週始めで兄も会社へ・・・
家にはお義姉さんしかいなくなって寂しくなったのか
朝から私を呼ぶように。。
急いで家事を済ませて行くようにしてるけど・・・

睡眠薬を飲ませて魔法の薬も貼ってあるから眠くなるのが普通なんだけど
やっぱりなかなか寝られないらしく、先生や看護師さん曰く
『自分で体調が悪いのを知ってるから、このまま寝てしまったら
死んじゃうんじゃないかと不安でいっぱいなんでしょう』
って。。

『お母さん、大丈夫だよ。ちゃんと目覚めるから。
みんなここにいるし、安心して寝るんだよ』

って、何度も声をかけるんだけど
自分で準備はしつつも死への恐怖と、半分は薬が効いているから
ほとんどポワポワしている状態で自分を指さして
『今日 お通夜』と口走ったり・・・

母のような患者を自宅で看護するのに大事なことは
痛みや苦しみを取り、十分に眠ってもらうことが大事で
母の今の状態なら、名前を呼んだときに目を開けて返事ができ
あとは寝ているのが理想らしいです。。

1日(月)の夕方から魔法の薬を少し強いものにしてみたけれど
これは効果が表れるのに時間がかかって
やっぱり眠れなかったらしく2日(火)の朝も私を呼んでと・・・

呼ばれるのは全然構わないけれど
寝られずに背中の痒みとお腹が張って苦しがってる姿を見るのは
本当につらい。。
そんなの忘れて眠るのが、母にとっても辛くないのに。。

『睡眠薬を追加すると魔法の薬も貼ってあるし
もしかしたら寝たまま逝ってしまうこともあります。』
と言われたけど
兄家族と私とで話し合って
『もしもの時は覚悟しているので・・・』

夜中、眠れたのかな?
今、連絡がないってことは眠れたのかも知れないね
そして、ちゃんと無事だってことだよね

今日もこれから、実家に行ってきます

前々回の記事にコメントを下さった
ふわもふさん、keikeiさん、果凜さん、えりーさん、さなさん
ひ~みさん、AKEMIさん、yuyuさん、水野さん、りっちゃんママさん×2
カステラ娘さん、まみさん、もるもるさん、あきえみさん
machirinさん×2、イヴさん、まみさん、ぷぺさん、みゆさん
春ピンさん、00Oceanさん×2、renさん、カナぶんさん
さとっちょさん、Mikkiさん、ミッフィーさん、おだんご♪♪さん
沈丁花さん、ブルーコットンさん

コメントありがとうございます☆
みなさん、いつも優しいお言葉をありがとう~
智語りも超癒されたよ~♪そして、智情報もありがとう~(´▽`
ぷぺさん、みゆさん、はじめまして(*^^*)
励ましのお言葉をありがとうございます☆
これからもよろしくお願いします☆
ふわもふさん、果凜さん、まみさん、あきえみさん
ミッフィーさん、沈丁花さん
、お久しぶりです(*^^*)
皆さんのこと、ちゃんと覚えていますよ~♪
温かいお言葉をありがとうございます☆
これからもいろいろあると思うし、あったと思うけど
智くんに元気をもらいながら1日1日を大切に過ごしていきましょうね☆

いつもたくさんの拍手をありがとうございます
感謝


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。