-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



こんばんは~

少し間が空いちゃいましたが皆さま、お元気ですか?
私は夏バテもせず、体調も崩さず元気にしております

今日は嵐さんが決めた『友達の日』ですね

って

あ~~~皆さんにお礼が言いたかったのに間に合わなかった~

うぅっ、仕方ないね。。

でも、平日だったら更新できなかったなぁ。。
毎日実家に行ってるから、最近はパソコンを開くこともなくなって
休日、余裕ができたときに開くくらいで
更新できただけでもラッキーでした

母のことを書いてから、皆さまの優しいお言葉に甘えて
智くんや嵐さんのこと書かずにいるのに
いつもよりも多い拍手や優しさが溢れたコメントやメールに
涙が溢れて止まりませんでした

リピする余裕はまだないけれど、いつもちゃんと番組は観れてるから
たまに無性に叫びたくなる時があるけれど
頭の中ではキャインキャイン叫んじゃってるのに
文字にしようとすると何か躊躇うというか
どうやって書けばいいのか分からなくなっちゃって・・・
母のことだとサササっと書けるのにね。。

でも私が今、母の介護に集中して頑張ってられるのも
このブログを読んでくださる皆さま方のおかげ
遣りきれなかった気持ち、どこにぶつけていいのか・・・
思い切ってブログに書いてみたら
皆さまがちゃんとガシっと受け止めてくれて
本当に嬉しかったです

改めて、いつも支えてくださってありがとう~
嵐さんが決めてくださった『友達の日』
1日遅れになっちゃったけどに
感謝の気持ちを伝えることができて良かったです

続きは、穏やかな日々を送ることになるまで。。





母ね、今現在とっても幸せそうな顔をして
残り僅かな余生を過ごしています

7月9日(水)ブログを更新したこの日
千葉に住んでいる姉の子供(姪・22歳)が
一人でお見舞いに来るという日でもあったので
最寄りの駅に迎えに行きました。

※当初は離れていることもあって心配させたくないとの母の意向で
姉のみで、家族には言わずにいました。

でも、ガンの治療を断念したときに母が悟ったのでしょうね。。
あんなに〝言わないで”って言っていたのに
〝逢いたい”って泣きながら言い出してね
ほんで9日の午後に逢いに来てくれたんだけど
何年ぶりだったのかな?
とっても嬉しそうに、顔をぐちゃぐちゃにしながらお喋りしてました
とは言っても疲れちゃうからそんなに長くは話せないんだけどね
母が満足そうな顔をしていたので安心しました

20時にもなるので、姪を駅に送りがてら私も家に戻ったんですが
少し経ってお義姉さんから電話があって
〝母が不整脈が出てしまって
 今、病院で処置(点滴)をしてもらってる”
と・・・

えっ!?さっきまで普通にしてたのに?

〝終わったらまた連絡する”と言って再び電話が来たのが22時半過ぎで
原因が水分不足からくる不整脈ということがわかって
今まで週3日の点滴だったのが翌日から
毎日打ってもらうことにしたんですが
大変な思いをして病院に行くのも母には負担が増えるだけということで
訪問看護の手続きをお願いするようになりました。

あともう少しで訪問看護師さんが来てくれるから
〝もう少しだけがんばってね”
そんな思いで毎日病院に連れて行っていたのだけど
12日(土)の夕方になって突然、何とも言えない痛みに襲われたのか
体を横に向けることはもちろんのこと
体に触っただけでも痛がるようになってしまったようで
骨のガンというのは筋肉痛とかそういう痛みではなく
内側からくる神経にズンズン突き刺さるような痛みのようで
処方されている痛みどめは全く効かず
病院に連絡をして往診に来てもらい
魔法の薬を1枚(小さな正方形の形をした張り薬)を胸に張ってもらい
それと並行して錠剤の痛みどめも飲ませたら
少しは落ち着いたようなんだけど
この、落ち着いた13日(日)、本当は更新しようと思ったの。
『音楽のちから』の智くんがとっても素敵だったから
でも、夕方に私のところに事後報告の連絡が来て
居てもたってもいられず実家に行ったら
落ち着いてはいたんだけど、もう何もできない状態になっていました。。

トイレはもちろん、喉が乾いたらすぐに飲めるようにと
枕の横に栄養も摂れるウィダーのようなゼリー状のものを
いつも置いてあるんだけど、それさえも自分で取れなくなっていて
用事があるときに携帯の1番を押すと
お義姉さんの携帯に繋がるしくみになっていたのも
押すことができなくなって
肺ガンで左の肺がつぶれてしまっているので
か細い声しか出すことができないから、これからどうしようか?
介護ベッドの柵に鈴をつけたり・・・・・

体も隅々まで拭いてあげることができなくなってしまった。。

それでも翌日の14日(月)、訪問看護師さんがいらっしゃって
やっと契約書を交わすことができ
15日(火)から家での訪問看護が始まりました。

母の状態は良いとは言えない
ガンの治療を断念した時から更に悪くなっているけれど
母を見守る環境はどんどん良くなっていて
訪問看護初日には下半身だけだけど石鹸をつけて洗ってくれたり
2日目の16日(水)には髪の毛も洗ってくれて・・・母が泣いて言うの。。

〝髪の毛、臭い汚いままで死ぬのかと思ってたから嬉しい”って(泣

体を拭くのも上手で、私たちがやると動かすと痛いって分かってるから
そろりそろりってゆっくり拭いちゃうんだけど
看護師さんは手際が良くて手早く丁寧に拭いてくれるから
少しの痛みも我慢できるようで
あっはははは(笑)やっぱりプロですね

トイレもできなくなってオムツになってしまったじゃないですか
私がいるときは大小とも、私が替えてあげるようにしてるんだけど
母が言うの

〝お母さん、赤ちゃんみたいだね”って

だから

〝本当だね”って言いながら二人で笑ったりしてました

17日(木)の夜、ゼリー状のものでも
ベッドをほんの少ししか起こせないので飲む時にむせてしまったようで
18日(金)少しずつ飲めるように
細いストローを使って吸わせてみたんだけど
これは最初のうちはよく飲めていたんだけど
かなり疲れるようでハァハァしながら頑張って飲んでいる姿を見て
先生に往診に来てもらい
自力での水分補給が難しくなった旨を伝えたら
午後には看護師さんが大量の点滴液を持ってきてくださり
翌日から点滴の量を増やすとのこと。

ホッと一安心するや、一難去ってまた一難。。
確実に母の状態は悪くなっているけれど
母の顔はとっても満足そう~

〝私もお義姉さんも兄も家族も先生も看護師さんもすごく優しくて
 今、母さん、凄く幸せだよ”
って

かすれる様なか細い声で一生懸命に言ってくれるから
泣きそうになるけれど、踏ん張らないとね。。

〝良かったね!良かったね”って私も嬉しい想いでいっぱい

そんな想いにホッとしながらも
魔法の薬は先週よりも量が多くなって
少しでも痛みを和らげることができるならと思いながらも
その分、余命が縮んでいるかと思うと
何がベストなのか、やっぱり一人になると考えてしまう自分がいる。。

だけど、母にはこれがベストなんだろうな。。
最期まで幸せな想いでいてほしい

【追記】 7/22 7:29

動かすと母が痛がるので私たちは気づかなかったんだけど
15日(火)の訪問看護初日に体のチェックをしてくださったときに
腰の部分が赤くなっているのを発見してくださって
床ずれができる前にと薬を貼ってくれて
その場ですぐに話し合ってエアマットを手配してくださり
翌日の16日(水)にはエアマットが到着しました。

除湿機能もあって、自動でポコポコと動く圧力分散型のマットで
床ずれができにくい仕組みになっているようです。

母は動けたときには自分で左右向いて頑張って調節していたから
動けなくなると、あっという間に赤くなってしまうんだなとびっくり@@
その後、赤くなっていた腰の部分もきれいに治り
看護師さんの存在の有難みを心から実感しました。

*******

と、今現在の近況でした。。
今回も読んでくださってありがとう~感謝

前回の記事にコメント&メールを下さった
ようママさん、AKEMIさん、まろんうささん、kannaさん
ぐったりぱんださん、カナぶんさん、ヨシコさん、カステラ娘さん
keikeiさん、水野さん、kotaroさん、みきさん、Aneさん
マキちゃんさん、たこさん、りっちゃんママさん、もるもるさん
おおちゃん大ちゃんさん、ドナルドさん、春ピンさん、イヴさん
ヨリリンさん、えりーさん、茜さん、あおいうさぎさん、renさん
さとっちょさん×2、ひろさん、おだんご♪♪さん、よしこさん
たんぽぽさん、machirinさん、ひなさん、Mikkiさん、ひ~みさん
ともさん、たみさん、ちーままさん、ミキッチさん、satukiさん
ちまさん、ひらめさん、Sさん、ひなままさん

コメント&メールをありがとうございます
皆さまも辛い経験をされた方が大勢いらっしゃって
いろんな経験談など、読んでいて胸が苦しくなりましたが
でも、皆さまも頑張っていた・頑張っているんだなと思うと
とっても励みになりました☆
そして、まだ経験をされていない皆さまも私の気持ちを受け止めてくださり
本当にありがとうございます☆
やさしいお友達の存在に改めて感謝します☆
kannaさん、ぐったりぱんださん、ヨシコさん、マキちゃんさん
おおちゃん大ちゃんさん、ヨリリンさん、茜さん、よしこさん
たみさん、ちーままさん

はじめまして♪コメントし辛かったと思いますが
お声をかけていただき、とっても嬉しかったです☆
茜さん、訪問看護についてのアドバイスをありがとうございます☆
ちょうどその頃、母の容体が悪くなり急いで手続きをしている最中でした☆
今回、訪問看護師さんの有難みを心から実感しました☆
教えてくださってありがとうございます(´▽`
kotaroさん、家族の声に耳を傾けてくださってありがとうございます☆
ガンの治療についての疑問は、腕のいい先生が担当医であっても
きっと、無くならないのでしょうね☆
だからこそ、本人や家族の言葉には些細なことでも
耳を傾けてほしかったです☆
疑問を抱きながらも私たちは
先生や看護師さんを信じるしかないんですものね☆
やさしいお心遣いをありがとうございます☆

いつもたくさんの拍手をありがとうございます
感謝

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。