-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-08-11 19:31 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



【HAPPYDAYS☆智☆】を愛する皆様、こんばんは。
sachiさんのブログに智くんのエピを掲載させて頂いてます
私こと“S”です。
これから先も読んでいただくにあたりまして
再びsachiさんの心が傷つき、悲しく辛い思いをしないように
私こと“S”が、エピソードを書くうえでの想いを
ここに載せさせていただきます。

【HAPPYDAYS☆智☆】を愛読して下さる皆様
sachiさんに負けず劣らず、智くんを溺愛する方達とお見受けします。
唯、智くんを想う気持ちは同じでも
考え方は皆さんそれぞれに違いがあると思います。
“十人十色”と言いますように、多少なりとも考え方とは違うものです。
それでも、智くんを想う気持ちは宇宙より大きい!!との想いは
一緒と思っております。
想いをご一緒する方達と、これからも【HAPPYDAYS☆智☆】
笑顔の絶えない場所にsachiさんと
そして皆様と一緒に作っていければと願っております。
至らぬところも多々ありますが、宜しくお願いします。


去年、いろいろな問題が起きる以前に何件かのコメントで
「“S”さんは、ブログをお持ちではないのですか?」
という内容をたまに見かけました。

私は今現在、自分のブログを持っていませんし
これからも家庭の事情等により
日々継続して書くブログを持つのは無理かと思います。
そもそもの始まりは、sachiさんとのメールでのやり取りでした。
いつもの長文メールの一部を

「ブログに載せて、皆さんに教えたいのですが?」
sachiさんから申し出があり
「そんな内容のものでよければ・・・」
ブログに載せることとなりました。

【HAPPYDAYS☆智☆】に載った自分の書いた文面を読むと
メールの一部分を載せたこともあり
sachiさんのブログなのに、中途半端な文章を載せてしまい
申し訳ない思いになりました。
その後も掲載の申し出があったことから、メールの一部ではなく
エピとして纏めたものを掲載させて頂くこととなった次第です。


そして今後、いつかは書くことになるであろう
いわゆる“嵐の低迷期”
こちらの内容に関しては
かなりナーバスなものになることは間違いないわけで
sachiさんも凄く心配しております。
唯、ご理解頂きたいのは“嵐の低迷期”とは、メディアが付けた言葉です。

デビュー10周年を迎えた2009年は、数多くの雑誌が嵐を取り上げましたが
必ずと言って良いほど“嵐の低迷期”という活字が載りました。
その事に対して、嵐ちゃん達は

「・・・そうだったんだぁ~」と人事のような発言をしてます。
突如召集された5人。
その中には新たな将来の道を考えていた数人もいてのデビュー!!
デビュー後の1・2年は個々が無我夢中だったと思います。

周りを見れる状況と個々の進学問題も落ちつき
改めてアイドルグループ“嵐”を考えることになったのは数年後のこと。
(2002年“HERE WE GO!”ツアー後のホテルでの毎晩の話しあい)
Jr.時代にグループ等として活動をしていた他のグループに比べると
デビュー時点が、マイナスからのスタートだったのでは!?と思うわけで
時間も労力も他よりも数倍かかったと思います。
その長くかかった時間の中で
「悔しい!」思いは沢山してきたと思いますが
悲観的になることなく、1つ1つの仕事を

「お馬鹿なことしてるぅ~」と笑いながら楽しく
次に繋げる一歩として歩んできたと思います。

そして、そんな時期を乗り越えられたのは

「リーダーのおかげ!」と他メン達が口を揃えて言いますが
それは、十代にして親元を離れ原くんと共に飛び込んだ京都の舞台
『Kyo to kyo』での心身共に過酷でハードな経験があったからだと
思います。
何千人収容の観客席に、わずか一桁の客。
そんな時代を経験し、事務所を去ろうとして引き戻されてのデビュー。
自分の意志とは全く関係のない事が勝手に動き出し
止めることも後戻りもできない状況。

年齢と経験値と巧さからリーダーを任され頼りにされ
Jr.時代とは違う大人の世界へ入ったことで生まれる責任感。
翔くんと智くんは、他3人がまだ高校生だったこともあり
ちょっぴり大人だったと思います。
翔くんが前に出てまとめる担当なら
智くんは後ろからシッカリと支え、押し上げる担当。


リードボーカルで、ダンスの巧さで一目置かれる存在であり
経験値も他メンよりありながら、いつも後ろで隅っこにいる智くん。
どうしても、オトボケで面白いイメージになりがちな智くんの唄やダンス
お芝居を過去に遡って知ってもらいたい!!との想いで書いてます。

その中には、色々と訳ありな過酷な状況もあるわけで・・・
その辺をカットすることも、もちろん可能なわけですが
それでは智くんの今日に至る姿が“真の姿”ではなくなります。
「あんな事があり、こんな事が起こり、結果それが今に結びついて・・」
という、智くんが歩んできた道は回り道であったかもしれませんが
着実に、確実に、誠実な一歩だったと私は想います。


だから、智くんの事に限らず、あんな事やそんな事も書いてるわけですが
“嵐の低迷期”と言われた時期の嵐ちゃん達は
五里霧中のなかで“暗中模索”し続けた時期だと思います。
辛い事も悔しい思いも沢山したと思いますが
それら全ては糧となり花開くことを信じ続けた。。。
そんな時期を経験し乗り越えたからこそ、今の嵐ちゃんが在る!!

残念ながら

「私には辛くて読めません!」と言う方もいらっしゃると思いますし
贔屓メンバーが他にいる方には
受け入れられない内容だったりするかもしれません。
私が書いてるエピは、もちろん如何しても“私心”が入りがちです。
1人の人間が、まして
“超・超・ド級の溺愛サトシック”が書いてるわけですから
偏らないわけがないと思います。
でも、書きあげる際に注意していることは
なるべく多くの情報元
(TVや雑誌、ラジオ、DVD、CD、当時を知る人たちの声等々) を参考に
書くということです。
昔のことに関しては、雑誌もなかったり
掲載されてもページが少なかったりしますが
幅広く集めることで新たな発見があったりします。


そういう想いで書いておりますが
ここに書いてあることが全てではなく、ごく一部だという事を
念頭に入れながら読んでもらえたらと思います。
それでも無理だという方は
その時は、スルーして頂きたくお願いします m(u_u)m
ここは【HAPPYDAYS☆智☆】を愛するサトシックさんが集う場所です。
そのサトシックさんの中にもこういうネガティブな部分を
受け入れられない方もいらっしゃるかと思いますが
その時にはどうぞ静かに通り過ぎていってください
よろしくお願いします。



関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。