-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-07-29 19:21 | カテゴリ:雑誌・本


こんばんは~

我が家にも届きましたよ~MORE

久々ガツンと胸に響くインタビュー内容で・・・・・
なんかね、私も智くん同様、満たされちゃった凄く嬉しかったよ

ひとりでいる時も“5人でひとつ”だなぁって実感するんだよね。
嵐だから、無責任になれない。
仕事も頑張ろうって思える。
メンバーやスタッフがいなかったら、きっと今頃ここにはいないよね

***中略***
“いつ死んでも後悔しない”って思えるようになったのは
嵐の10周年あたりかなぁ。
それまでは、ここにいていいのかなって葛藤がずっとあったけど
あの時、嵐でいられてよかったなぁって心から思えたから。
ほかには何もいらないのかも(笑


『今日の日はさようなら』の撮影中なのに
こういう言葉が出てきたのには正直びっくりしたけれど
それだけ、心が満たされるようになったんだなぁと思ったら
なんだか、ホッとしました

エピソード公開しました~
なんですが、すみません。。
本当は順番に公開すれば、智くん曰く
“葛藤がずっとあったけど”という気持ちも、その当時の一部分であっても
もう少し理解出来ると思うんですけど
先日、いろいろあったことで、このシリーズのエピは
ネガティブな部分も多々書かれてありますので
それに伴い、公開する上でいろいろ考えているところです。
なので、今はまだ公開出来ませんが
かなりすっ飛ばして最後の部分にいっちゃってますが
それでも良かったら、どうぞ

嵐デビューから1年(11)5人で選んだ10周年First曲は感謝カンゲキ雨嵐☆
嵐デビューから1年(完)僕らと一緒に☆

10周年の挨拶の言葉は、何度観ても涙が溢れてきますね
智くんの大切な涙を映像に残してくれた
DVD編集スタッフさんに感謝します

まだ、公開していないエピに

俺以外の4人はすごく光って見えて
『なんで俺が同じグループに選ばれたんだろう』って悩んだりもしたよ。
自分だってJr.として、それなりに頑張ってきたつもりだったのに・・・
積み上げてきたものがすべて振り出しに戻っちゃった気がした。
『また、イチからやり直しかぁ・・・』って思ったら切なかったね。


デビュー10周年を振り返ったインタビューに
智くんのこういった言葉があるんですが

智くんはよく、神様のようとか仙人のようとか言われるけれど
そういう風に言われるように至るまでには
やっぱりそれ相応の経験をし、どんなに辛くても後戻りせずに前を向き
乗り越えてきたからなんだろうと思います

それでも、そんな経験をしたところで、神様とか仙人とか
そういう風に例えられる方が何人いるんだろう。。

智くんの愛は

“見返りを求めない無償の愛”

ただただ、好き

この想いだけで成り立ってるんだねぇ~
褒めてもらおうとか、そんな想いはこれっぽっちもなくて
そんな欲がない謙虚な姿勢は、絵に始まり唄にしてもダンスにしても
同じことが言えると想うんです

今回は彌生ちゃんが先に描いた絵をもらって
最初は、そのまわりに絵を足そうと思ったんだけど
ふと、彌生ちゃんのドットの中に描きたくなった。
自分のタッチで細かく描いて愛を詰めたくなった。
創作って基本はひとりだし、コラボってなんなのかわからなかったけど
相手の中に自分が入る・・・・・これがコラボかもって思った(笑

“相手の中に自分が入る”


智くんの愛は、どこまで深いんだろう。。
こんなところでも決して自分を主張しない無償の愛がたくさん詰まってて
智くんの意に反してそれは、その物の価値を高めたり、輝きを見出したり
嵐さんの唄に関してもそうだと想うんですよね
特にアラシックではない方々にも馴染み深い曲がたくさんあるって言うのは
それだけ聴いて貰えているって事でもあるし、聴いてて心地が良いからで
それを支えているのはやっぱり、智くんの声だと思うんです

『よっしゃー!』って思いが沸き上がっても
自分の中に秘めておきたいんだよね。
大事な気持ちはココ(胸を指して)の中にあればいいやって


智くん、カッコ良過ぎるよ

003☆

でもね、その言葉を読んで、ちょっと悲しかったりしたのも事実。。
智くんの、Jr.時代からの歩みを知るにつれて
いろんな事を・・・・・言葉は悪いけど、我慢せざる得なかった智くん。。
Jr.時代は、実力を伴わない人気優先の扱いに疑問を抱いたり
ダンスが好きで、自分なりの拘りを持って努力し、極めてきたのに
嵐としてデビューする事により、それさえも思うように踊れなくて・・・
不安もいっぱいあっただろうし、期待せずに諦めた事って
他にもいろいろあったんじゃないのかな?って思ったりもするんです。。

それでもグループとして求められる事には応えていかなければいけないし
胸の内に秘める事で僅かな励みにし、ダンスへのその想いや情熱は
ライブでのソロに尽きると確信したり
でも、そんな想いの中でも
5人でいるときの空気感に救われてたという智くん

そんな智くんのことをちゃんと見ていてくれた4人の嵐メン
“ここまでやってこれたのはリーダーのおかげ”
4人が口を揃えての感謝の気持ちは智くん、とっても嬉しかっただろうな
愛で満たされた瞬間だったかも

先日の『あたらしあらし』での翔ちゃんの言葉もそうだよね

背中で語るではないけれど~

智くんが日々、努力していることを
いちいち言葉にしなくとも、その背中から伝わっていた事に
嵐の、リーダーとしてあるべき姿が垣間見え
そして、その姿をちゃんと見ていてくれた翔ちゃん

メンバー愛にグループ愛、凄いね!嵐さん
愛に溢れてる

今はまた、そんな我慢してきた想いの名残で

想いも情熱も愛も、胸の中に秘めることで
ひっそりと熟成されていく感じが楽しい


智くんなりの楽しみを見つけたのかな?と思わずにはいられません

考え過ぎかもしれないけどネ(笑
“生まれ持っての性格だよ!”って言われたら
あははははっって笑うだけだな(笑
でも、いいのそういう風に想っちゃうんだもんね

ではではまた~

ランキングに参加しています
良かったらポチッと応援よろしくお願いします


人気ブログランキングへ

『今日の日はさようなら』帯が・・・☆のエントリーに
コメントを下さった皆さま、ありがとうございます
お返事が書けましたのでお時間がある時にでもお読みになって下さいネ

いつも励みになるたくさんの応援ポチ&拍手を
ありがとうございます
感謝


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。