-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-02-28 05:39 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



おはようございま~す

この↓に限定記事も更新してありますので
お時間があるときにでもお読みになってくださいね

***************

ではでは(1)の続きです
順番に読んでね

Sさん、楽しいお話を教えて下さってありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのご厚意により掲載させて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
他担、他グループファンの方にはご理解頂けない文面もあるかと思いますが
ここは“サトシック”が集う場所ですので
そのまま静かにお帰り下さいますようお願いします m(u_u)m
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章はニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いします



MCも終盤となり、最後にTOKIOさんたちの広報。
松兄は舞台『TRUE WEST』について。
早速
「ドリカム!?」とか言って茶化すアニキ達。
そして、W主演の智くんのお話が・・・
先日、お仕事で智くんと一緒になった松兄。


仕事を終えて
「この後、仕事は?」「ない!」「メシでも食いに行くか?」「行く!」
話が成立して2人で出掛けようとしたところに
相葉ちゃんから電話があり(どちらの電話かは不明)
相葉ちゃんも合流することに。

3人で食事をし、その後は定番のカラオケへ。
松兄がノリノリで“PIKA☆NCHI”を唄うと
これまたノリノリで上半身裸で“花唄”を唄う相葉ちゃん♪
そんな後輩の姿に


「感動してたのに・・・このバカ!( →_→)ジロ」」
おもむろに智くんを指さす松兄。


「相葉が花唄を歌ってる横で
 “松兄ぃ、松兄ぃ!これ誰の曲?誰の曲? ( ̄¬ ̄*)ポワーン”
 間奏中に聞きに来たぁ!!」


と大暴露する松兄。
アニキ達とTOKIOファンを敵に回して絶体絶命の大ピンチな智くん 。

「だって・・・相葉ちゃんが歌ってるのが訳分からないんだもん!
 怒鳴ってるだけだったんだもん!Σ(°Д°;」


と慌てて言い訳する智くん。


「“ちゃんと教えておけ!”と相葉に蹴りを入れた(>_<☆θ=(`-´#)o」

と告白する松兄でした。チャンチャン。

余談ですが、2004年はTOKIOデビュー10周年です。
2004年9月の“TOKIO 10th anniversary LIVE 2004” には
嵐ちゃんも駆けつけ
そして、デビュー20周年も嵐ちゃん達5人揃ってお祝に駆けつけました。

こんな2004年頃の“エピ”を数年後も話して下さる松兄です。
 

◆“TOKIO LIVE TOUR 2011 +PLUS+” 2011年3月7日

血液型の話しになり

「オレ以外は、O型だからね」と松兄(A型)。

「TOKIOは偏ってる!確か、嵐もそんな感じだよね?
 相葉だけ違うんだよ」
と話し始め
「長瀬と大野は似ている!」と言い
相葉ちゃんと智くんと3人でカラオケに行った“エピ”を紹介する松兄。


「相葉が“花唄”を唄ったら大野がオレに
 “この曲、誰の曲ですか?”って純粋な目をして
 長瀬みたいに聞くんだよぉ~。ホントに知らないみたいでさぁ。
 俺どうしようもなくって・・・相葉に蹴り入れに行ったもん!」


この“エピ”を知ったニノちゃんの感想は
「松兄って・・・ホントに好きな子には絶対に手を出さないんだぁ~」とのこと。

見た目は“オラオラ”だけど面倒見の良いTOKIOアニキ達。
可愛くて素直で正直で・・・ホントは人見知りな4人+無口1人の嵐ちゃん。
バラエティー番組で一緒になれば
ひな壇に座る嵐ちゃんに必ず振ってくれて盛り上げてくれる。
ドラマでは度々共演してますが、バーター的な意味合いが強かった共演でも
ドラマ撮影のノウハウを教えてくれる。
個々の交流は、グループ間の交流となり
プライベートで一緒になることも多い先輩と後輩。

“嵐の不遇の時期”と言われる長い間、一緒に仕事をしたTOKIOアニキ達は
後輩の悩みも優しく聞いていてくれたのかもしれません。

そんな兄弟関係のTOKIOさんと嵐ちゃんですが
TOKIOさんはバンドグループのため
ライブでも、あまりバックで踊るJr.を必要としません。
そのため、嵐ちゃん達がJr.時代にTOKIOさんのバックで踊ることはなく
一緒にお仕事することもなかったかと思います。
唯一、智くんは事務所入所直後の1994年11月2日
武道館でのデビューライブ
“TOKIOと楽しい時代を”でバックで踊りました。
コレがJr.時代、唯一のTOKIOさんとのお仕事です。
そして、その時のことを克明に覚えている智くん。


智:松兄に最初に話し掛けられた時のこと覚えてるよ。
 僕がJr.として、TOKIOのライブに出た時だった

松:マジで!?∑(゚ロ゚屮)屮
智:これから踊りのコーナーって時に、ステージ袖で松兄
 “ここがシンドイんだよ~!”って言ってた
松:愚痴じゃねぇかよ ( ̄Д ̄lll)・・・・
智:でも、すごい気軽に話し掛けてくれるんだなって
 うれしくなったよ (*^▽^*)

($誌『TURE WEST』インタビューより)


TOKIO兄さんとのエピはやっぱり、面白いですね(笑
それにしても好奇心トリオの3人
嵐さんのファンではない、先輩グループのファンが大勢いる中
ラップに歌にドラムにと、みんな、心臓に毛が生えてますね(笑
毛が生えてるのは良いんだけど智くん、ドラムって
いくら松兄ぃを慕ってるからって可愛い過ぎるでしょ~
こんなんだもんね~(笑
TOKIO兄さんの大事な“花唄”、知らなくても怒れないよね、ぷぷっ

相葉ちゃん、とんだトバッチリで、ごめんよ~
智くんってほんと、愛されキャラですね(笑
またドラマ等、ご一緒出来る機会があれば良いんですけどね~
その時がくるのを楽しみに待ちたいと思います
下ろして~の困ったちゃん顏、観てみたかったなぁ~

Mステはね、ちょうど旦那さんが帰って来てトークの部分、観れてないんだ~
曲だけは、リアルで1回だけ観れたんだけどね
だけどフルだったし、桜も吹雪いてなくて前回よりも数倍見応えがあって
智くん、超素敵だった~
今からちょっと寝れるかな?後でたくさんリピしよう~

(3)へ続きます


いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきます
感謝


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。