-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-05-19 15:20 | カテゴリ:智くん素敵エピソード


こんにちは~

先ずは、ちょっとしたお知らせです
GWも終わりましたので、そろそろ今週中にでも
【第2弾ブログで智会:Popcorn篇】を開催しようと思います

内容は、書きたいことがたくさんあると思うのですが
今回は、智くんのソロ曲『two』のみにしぼって語り合いたいと思います

という事で、時間がある時にでもリピっておいて下さいね~
初めましての方も大歓迎です
たくさんのご参加お待ち致しておりま~す




『しやがれ』もおもしろかったね~
なんだけど、まだリピが出来ていないので今日は
先日の『VS嵐』での千年メドレーをお披露目してくれた
智くんとニノちゃんの“大宮SK”についてのエピをUPさせて頂きます
『しやがれ』の感想は書けたら書きます。書けなかったらごめんなさい


Sさん、貴重なお話を教えて下さってありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのご厚意により掲載させて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
他担、他グループファンの方にはご理解頂けない文面もあるかと思いますが
ここは“サトシック”が集う場所ですので
そのまま静かにお帰り下さいますようお願いします m(u_u)m
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章はニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いします。



“千年メドレー”と聞いて、サトシックさんが最初に思い出すのは
『Kyo to kyo』で東山さんのバックで踊るJr.時代の智くん。
次はアイドルグループ嵐のライブに突如として現れる
謎の隙間産業アイドル“大宮SK”ですね。

“千年メドレー”
『ジャニーズ・ファンタジー KYO TO KYO ’97夏公演』
収録されてることもあり、
『Kyo to kyo』が初お披露目のように思われてる方も多いかと思いますが
元々は『PLAYZONE'90 SHOW劇 MASK』1幕4景で踊る
東山さんのダンスナンバーです。
『VS嵐』(2013年5月2日放送)で紹介された東山さんのVTRは
この『PLAYZONE'90 SHOW劇 MASK』でのものです。


VTRをよ~く観て頂くと分かりますが
東山さんのバックで踊っているのは黒人ダンサーです。
そして、黒人ダンサーが着ている衣装は!!
そうなんです。
“大宮SK”“千年メドレー”を踊ったときと同じ衣装です。
“大宮SK”のバックで踊ったJr.達が着ていたのは
『Kyo to kyo』で智くん達が着ていた衣装ですが
“大宮SK”自身は
『PLAYZONE'90 SHOW劇 MASK』を真似たものでした。


“千年メドレー”と言うように
“千年の季節”“Ever Dream”“She's a Woman”の3曲を
メドレーとして唄ったものです。
こちらの曲は、SMAPさんに
“$10”“青いイナズマ”等々を楽曲提供している林田健司さんの曲です。
唯、“Ever Dream”“She's a Woman”
タイトルも歌詞も違ったものになってます。
林田さんの曲はV6やKinkiさんもコンで唄い
ジャニーズ事務所とは深く関わってますが
事務所が林田さんの曲を使いだしたのは
『PLAYZONE'90 SHOW劇 MASK』“千年メドレー”が最初かと思います。


その後、『MASK』は少年隊の手を離れて後輩達に引き継がれますが
“千年メドレー”『MASK』とは別に、後輩達に引き継がれていきます。
V6の坂本くんは、1998年“GENERATION GAP”冬コンで踊ってます。
それでも、“千年メドレー”のセンター
(東山さんの位置)で踊ることを許されたのは、数えるほど数人のみです。 
そして“千年メドレー”を踊る東山さんのバックを務め
(↑東山さん以外のメンバーがセンターで踊ったものは除きます)、
更にセンターとバックの両方を踊った経験を持つのは・・・
原くん、智くん。。。
と、こちらは希少価値ほどの数人となります。


なので、智くんが間違えるはずがないんです!!
そもそも、“大宮SK”“千年メドレー”の振りを教えたのは
智くんのはず。
“宮K”ことニノちゃんの立ち位置は、客席から向かって右側(舞台上手)。
智くんが『Kyo to kyo』で踊っていたのも、右側。
“大S”こと智くんは『VS嵐』では、原くんの位置(左側)で踊ってます。


そんな“大宮SK”が初登場したのは
2002年12月“新嵐 ATARASHI ARASHI”名古屋レインボーホール!!
デビュー曲“O.M.S.K.S”を披露。
以来、稀に嵐のコンサートに登場しては
ハチャメチなことを繰り返しております。
また、2003年12月“ LIVE IS HARD だから HAPPY”では、
公演前のマナーVTRにも出演したり
大阪公演のMCでは、缶蹴り中に姿を現したりと神出鬼没のユニットです。


“大宮SK”は、 嵐コンにて
二人一組で演出するという話から結成されましたが ニノちゃん曰く


大宮SKっていうか・・・
あの組み合わせは、もともとグーパーで決まったわけだけど、
結局、この2人だとマジメに踊ったり歌ったりすることができないから
・・・っていうか“俺とだと恥ずかしい”ってリーダーが言うから
ああいうことをやることにしました。


とのことで、その場 のノリで結成されたユニットでした。
ノリで結成されたユニットとはいえ
そこは大真面目な智くんとニノちゃん。
ユニット名も“ハーフ&レフト”“大宮智和”など色々と候補がありました。


Q)“ハーフ&レフト”のユニット名の由来は?
ピザじゃなかったっけ?ピザのハーフ&ハーフじゃなかったっけ?
なんでかは知らない(笑)

由来なんてあったかな?あっ!あれだ、ピザだよね!だろ?
($誌より)
※当時のコンリハを取材した$誌には
“大宮SK”ではなく“ハーフ&レフト”と紹介されてます。

そして、リハ中もお馬鹿なやり取りしてる“ハーフ&レフト”の2人です。


聞いてる?“レフト”!俺は“ハーフ”でいいから
いや“&レフト”が俺だよ!! ←も付けなきゃいけないらしい(笑
じゃ、俺は“ハーフにの”?
いや、ニューハーフにの (* ̄ー ̄)v
やだよ。そんなの ヽ(`д´;)/
じゃ、やめる!<(`^´)>
わかった・・・いいよ、それで・・・(_ _|||)」 ($誌より)

そして、最終的に“大宮SK”と智くんが命名。
“大S”が智くん、“宮K”がニノちゃんです。
その後、互いを
「タカ(智くん)」「ユウジ(ニノちゃん)」と呼ぶようになりましたが
コレは、2005年“ONE SUNNER TOUR”でサングラスを着用したことから
『あぶない刑事』の名コンビ
鷹山敏樹ことタカと、大下勇次ことユウジから由来してます。


衣装デザインも、昭和のアイドル風にと智くんがデザインしましたが、
智くん曰く


服のデザインをしたのが僕で、基本的にはランニング短パン。
シャツをしまって、靴下オールアップで、バンダナして。
僕は金で、二宮が銀で。目立ち放題の衣裳をね、絵に描いて
こんな感じってやったんですね。
そしたらその通り来て
うわあーこんな豪華に作ってくれちゃったんだぁと思って。
あのね、後で聞いたらですね、
そん時のコンサートの(嵐全員の)オープニングの衣裳より高いって言う
ほんと申し訳ないことをしてしまいまして・・・。
 ($誌より)

こんなにも気合いの入った“大宮SK”の初登場でしたが
事務所のお偉いさんから大目玉をくらうことに!!
コンサートが終わった翌日に事務所に呼ばれて、すごい偉い人に

「あれはなんなの?」「大宮SKってのは何?」と言われてしまい
智くんとニノちゃんと笑顔で

「まっ・・・ユニット?」って答えたそうです。($誌より)
このときのお叱りは、智くんの脳裏に強烈に焼き付いていたようで
「なんとか逃れようとしたんだけど、でもずーっと怒られてたの、1時間。
それからもう怖くて出来ないんだよね」
と話し
後々、すごい偉い人とは、J Stormの社長と告白してます。


確かに、初お披露目にて登場したときには、あまりのシュールさに
観客がドン引き状態に!!
が、そのシュールさとお馬鹿ぶりが逆に受けるという
摩訶不思議な現象をおこします。
そして、スタッフ達からも・・・


実はさぁ~、打ち上げでスタッフに 
“大宮SKこれからもやっていこう”とか
“続けてくれ”って言われて・・・感動しちゃった
認められたんだ?続くんですか?
と潤くんに聞かれて、不敵な笑みを返す智くんです。($誌より)

それでも、事務所からの「OK!」はなかなか出ず・・・
二宮ちゃん曰く

去年の夏も(大宮SKを)やろうと思って(コンでやりたい曲を提出)
2回目言ったら(リストから)大宮SKだけ見事に消えてた。
最初っからなかったみたいに・・・。
 ($誌より)

そんな事務所の抹殺計画!?にもめげすに頑張る“大宮SK”実際の処は
「作ってもらった衣装代が高すぎて勿体ないから・・・」
理由らしいのですが、公演前のマナーVTRにも出演したりと
地道な営業活動が陽の目をみることになります。


2005年7月 "One SUMMER”にて、“はちゃめちゃテンガロン”を披露。
翌年'06年7月“ARASHIC ARACHIC ARASICK Cool&Soul”では
冒頭に“千年メドレー”を披露しますが、
当時のファンの方達には“千年メドレー”は認知度が低かったようで
ツアー後半は、Jr.時代に踊っていた V6やKinKiの曲のイントロだけを
“千年メドレー”の間に入れて踊ってます。

ここでは、悪魔なニノちゃんが“大S”(智くん)やバックで踊るM.A.D.に
事前に曲変更などを知らせずに踊らせたりと
ドッキリを仕掛けるのですが・・・
ある日、スタッフと M.A.D.に逆ドッキリを仕掛けられて
打ち合わせにない曲をかけられて延々と踊るハメに!!
バックで踊るJr.の M.A.D.が完璧に踊る前で、あやふや踊る“大宮SK”

「スタッフなんか、絶対に信じないヽ(`д´;)/」と怒りまくるニノちゃん
・・・って、智くんは巻き添えだよね(笑)


そしてなんと、2006年9月16日
“ARASHI FIRST CONCERT 2006 in Taipei”にて
海外デビューまで果たします。
記者会見では、たった一人だけ選ばれたファンが質問したのは・・・

「大宮SKは出るんですか?」
翔くん、相葉ちゃん、潤くんは“大宮SK”を見るも
当の大宮本人は、俯いて恥ずかしそうに笑ってます。
潤くん曰く

「(台湾で)大宮SKがカッコいいって言われたのはショック。世も末だよ」
(2006年$誌より)

台湾ファンのご希望に応え
“ズキューンバズーカ”中国語ver.を披露しました。
この時、初めて事務所のお偉いさんに褒められたそうです。
因みに、今まで褒められたのは2回だけとか!?

その後も、隙間産業アイドルの名のごとく
嵐ちゃんのライブにちょいちょい登場!!
なんでも、毎年ツアー前に厳正なる“あみだくじ”によって
出演が決定されているとか!?神出鬼没の“大宮SK”です。



“大宮SK”がどのような流れでユニットが組まれたのか
その経緯が分かったエピでしたネ
凄く怒られたお話もよく話題になっていたけれど
延々1時間もブチブチ言われてたなんてネ(笑
ユニット名の由来も候補が、ピザの“ハーフ&ハーフ”からとか
その当時よく食べてたのかしら?なんて(笑
智くんに弄られて困惑してるニノちゃんがエライ可愛い
いつもツッコミ担当のニノちゃんがあたふたしてる姿はとっても新鮮
“大宮智和”も、マジにいそうな名前だなぁ~(笑

もうね、【アラフェス】でもお披露目になったし
TVにも登場しちゃったからね(笑
もう、ダメとは言わせませんよ
“あみだくじ”と言わず、これからのツアーでも顔、出して欲しいなぁ

※先日の『VS嵐』での“大宮SK”千年メドレー云々の話題は
 既に済んでいますので、ここでは控えるようお願い致します

ではではまた~

ランキングに参加しています
良かったらポチッと応援、よろしくお願いしま~す


嵐(ジャニーズ) ブログランキングへ

いつも励みになる応援ポチ&拍手
過去エントリーにも毎日たくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝

Mラバ:5人の王子様に悶絶~☆のエントリーに
拍手コメントを下さったtaeさん
VS嵐:嵐のリーダーは大野智☆のエントリーに
拍手コメントを下さったねこやなぎさん
それぞれの想い☆のエントリーに
拍手コメントを下さったdaidaiさん、たかみいさん
各エントリーにコメントを下さった皆さま、ありがとうございます
お返事を書きましたのでお時間がある時にでもお読みになって下さいネ


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。