-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-04-05 18:32 | カテゴリ:智くん素敵エピソード


こんばんは~

今日はまだ『VS嵐』のリピが出来ていないので他の話題ということで

先週の『Mステ』で明らかになりました
智くんが京都時代に住んでいましたマンションの間取りですが
コメント欄を読まれましたSさんが
新たに詳しい内容を教えて下さいましたので
こちらにUPさせて頂きます

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m


智くんの京都時代のお宿は“たき川旅館”とインプットされてる方が
多いようですが、他に事務所が用意した
“マンションでの共同生活”も、お宿となりました。
ここで、“たき川旅館”が先か、“マンションでの共同生活”が先かと
あやふやになっているようですが
下記、『duet』2004年2月号の“嵐IZM”コーナーでも話してますが
舞台が始まる前の準備期間にお世話になったのが“たき川旅館”です。
更に、智くんが『kyo to kyo』のMCで


「原くんがいなくなると(京都のマンションの)部屋が一人になるんです。
ゴキブリが出るんです。助けて下さい。」


智くん with 原くん☆分身のような特別な存在☆
(↑ここでは、寝坊の話題になっています。)

と話してます。「原くんがいなくなる」とは
原くんが別の舞台に出演することを指しています。
1998年9月17日が原くんの
『Kyo to kyo'98』TOP-Jスペシャル公演千秋楽日ですので
『Mステ』でのパネルに書いてあった“同居人”は原知宏くんのことです。


2012年5月17日付け
智くん with 町田くん☆王子と姫の関係~大切な“友”☆の中で
《京都へGO!(『duet』2004年2月号)『duet』の“嵐IZM”のコーナー》
と題し、少しふれてましたが
智くんと
町田くんが、懐かしの場所を訪れて
“たき川旅館”“マンション”の前で写真を撮ってます。
折角なので、本文一部と写真(←画質が粗いです)を掲載しますね


のぞみに乗って2時間20分。京都駅に到着!
車内の窓から劇場を見つけ

「うわっ、なつかしい!」と思わず声をあげるふたり。
新幹線の中から、すでにハイテンションなのだ。

「京都は6年ぶり。ホント、なつかしいよ」
まずは、駅付近を探索。
「あ、ここ!このラーメン屋さん、よく来たよ。うまいの」
「お-、この道もよく歩いたよね」
とひとり、大はしゃぎの大野。
「うおっっ~~!」しまいには絶叫・・・。
どれだけ、京都に来たかったがわかりました・・・。

駅前を回ったあとは、舞台が始まる前の準備期間。
稽古中の1ヶ月間、宿泊していた旅館に向かった。
大野が行きたがっていた場所だ。
道案内をしながら、目標の建物を見つけた瞬間


たきがわ旅館2☆

「あった~!」またもや絶叫。
よほど嬉しかったのか、一目散に

「こんにちは~」と旅館に入ってしまった・・・。
ここでは、お世話になった旅館の方と会うことができて、しばし歓談。
大野が当時泊っていた部屋に入れてもらい感激。

たきがわ旅館3☆

たきがわ旅館☆

つぎは、もう1カ所、行きたがっていたところへ。
そこは、町田などほかのメンバーと共同生活を送っていたマンションだ。

「お-、ここだ、ここだ」「何階にいたんだっけ?」
建物の外側から眺めてみる。

マンション☆

ザ少年倶楽部2007智くん×太一くん対談(3)~大町コンビ☆

「あのさ、大野の家から、みかんが1箱送られてきて
最初は“うまい”って1日5個とか食ってたんだけど
だんだんあきてきて・・・」
「しばらくほっておいたら、みんな傷んで青くなってたんだよね」


お、恐ろしや。ほかにも、なつかしい話題が出るわ出るわ。

「町田、クレープ焼いてくれたよね。あれ、うまかった」とか
「オレが怖がりだって知ってて、大野は、オレが風呂に入ってるときに
壁をたたいて驚かせたりしたよ」

「風呂の電球が切れたこともあったよな」
「オレ、怖くて入れなかったから
1ヶ月くらい劇場のシャワーでがまんしてたなぁ」


思い出話もつきない。
すっかり6年前のJr.時代にタイムスリップしたみたい。



智くん、本当に嬉しそうだね~
『智くん with 原くん~』のところにも
番組を忘れて、女将さんと話し込んでいる様が書いてありますが(笑
お世話になった“たき川旅館”の女将さんや従業員の方々の存在
当時、親元から離れてまだ若かった智くんにとって
どれだけ心の拠り所になっていたんだか

智くんにとっては、何年経っても第二のお母さん的存在なんでしょうね

そこにこうして、京都での日々を共に頑張ってきた町田くんと一緒に
雑誌のお仕事だったにしても、伺える事ができて本当に良かったね

若冲のお仕事で京都の美術館に訪問した時も
“たき川旅館”に顔を出す事、出来たんだろうか?
そんな時間、なかったかな?

智くんにとっては京都(たき川旅館)が第2のふるさとなんでしょうね~

素敵なお話を教えてもらって、写真だけは何度か観た事あったんだけど
詳しい内容までは分からなかったので、とっても嬉しかったです

ちょっとね、ここのところ智くん不足により
思考が荒れ狂っててヤバかったんですけど
こんなちょっとした事にテンションも上がって
ほっこり癒されました~
嬉しそうに笑っている智くんが大好きです

Sさん、教えて下さってありがとうございます

ではではまた~

ランキングに参加しています
良かったらポチッと応援、よろしくお願いしま~す


FC2 Blog Ranking

いつも励みになる応援ポチ&拍手
過去エントリーにも毎日たくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝

Mステ:智の色気がハンパないです☆のエントリーに
拍手コメントを下さったねこやなぎさん、くーママさん
改めて智くんを想う☆のエントリーに
拍手コメントを下さったゆかもなさん
コメントを下さった皆さま、ありがとうございます
お返事を書きましたのでお時間がある時にでもお読みになって下さいネ

関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。