-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-10-23 12:00 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



こんにちは~

週始めは、レギュラーの感想も書き終わってホッと一息、ふぃ~  

ほんでね、今日は先日のしやがれを観たSさんが、確か!?って
思い出してくださったエピを送ってくださったので
そちらをご紹介したいと思います
ちょっと1つにすると長かったので2回に分けてありますので宜しくです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。


まず最初に、こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
他担、他グループファンの方にはご理解頂けない文面もあるかと思いますが
ここは“サトシック”が集う場所ですので
そのまま静かにお帰り下さいますようお願いします m(u_u)m
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



冒頭の会話
「松潤、僕、大野さんで、宝塚の方々と舞台でご一緒させて頂いて。
あなた、コンサートの時のスリッパ、凄いことになってるよね!」

「宝塚の衣装さんかな!?作って下さって・・・」
「あぁ~、レースのかな、フリフリ!?」
「いまだに履いてます!」

コレは、言わずと知れた舞台『WEST SIDE STORY』での出来事ですね。
(2012年1月17日付 天国と少々地獄(苦笑)&おまけ~☆に記載)
でも『WSS』から7年も過ぎて
いまだに“ふりふりレースのスリッパ”を愛用してるなんて・・・
物もち良すぎる智くんです。

智くん『WSS』では宝塚の娘役の方達と共演しましたが
実はこの人・・・共演だけではなくて
東京宝塚劇場の舞台にも立っちゃってます!!
(↑これは共演ではありません)
なんと、あの大階段を下りてくる経験もしてるんですよぉ~
オオオ-!!w(゜o゜*)w


1997年『Kyo to kyo』を終えると、そのまま関西に残り
大阪松竹座で公演されたV6主演『MASK'97』に出演します。
年明けの1998年『MASK'97』の流れで
『V6 GENERATION GAP 宝塚劇場公演』に出演してます。

このライブは『Kyo to kyo』の色が強い内容でしたので
『Kyo to kyo』に出演した主力のJr.メンバーが出演。
大野くんをはじめとして、原くん、町田くん、小原くんも出演してます。
V6のライブなので、Jr.はバックで踊るだけですが
大野くんの出場シーンをちょこっとだけ。


◆『V6 GENERATION GAP』 東京宝塚劇場 1998年1月8日
オープニングに『Kyo to kyo』の曲が流れ
坂本くんのナレーションで始まります。
いきなり、大野くんと屋良くんの2人が着物を持って登場。
着物を広げるとV6のメンバーが、その影から登場するという演出です。
その後は、オープニング曲に合わせ大野くん達Jr.も踊ります。
途中『MASK』“MASKマジック”
『Kyo tokyo』“千年メドレー”も踊ってくれます。
坂本くんが“MASKマジック”を演じ
その下手で大野くんがソロダンスを披露してます。

“千年メドレー”は、長野くんと原くんのツートップに
脇を固めるのは大野くんと町田くんです。
他にも、V6の曲目“TAKE ME HIGHER”
“MIRACLE STARTER”でも踊っています。

V6のMCの後に“Jr.ダンス”というコーナーがあり
(V6メンバーの着替えのための時間稼ぎだと思われます)

「エントリーナンバー1、大野智」との声と共にセリが上がり
舞台に登場した大野くんは黄色いジャケットに白いパンツ。
華麗に踊り、横に飛び跳ね、そして側宙も披露してくれます。

そしてアンコールでは、あの大階段が登場!!
大階段中央にV6のメンバーが立ち
Jr.達も真ん中が小原くん、両脇が大野くんと原くんの2人
白の燕尾服で周りに位置します。
“GENERATION GAP”“愛なんだ”を唄い
幕が下ります (^-^)//""パチパチ


余談ですが、1998年に東京宝塚劇場は64年の歴史の幕を閉じ
建て替えることになり
最後にジャニーズ事務所が劇場を使用することになりました。
『V6 GENERATION GAP』は、その中の1つのライブ公演でした。
旧東京宝塚劇場の舞台に立つという貴重な経験をもしている大野くんです。

東京宝塚劇場の大階段を経験していたからなんでしょうか?
『嵐の技ありっ!』(2004.10.2 放送)に、真矢みきさんがゲスト出演し
真矢さんと潤くんと大野くんの3人で東京宝塚劇場を訪れたとき
大階段を見て

「下を見ないで下りるんですよね」と言う大野くん。
これは舞台『WSS』前の放送ですから
その時の宝塚の共演者の方から話を聞いたのではなく
Jr.の頃経験した時に、東京宝塚劇場のスタッフさん達から
話を聞いたのかもしれませんね。



『しやがれ』での大階段を使った宙組さんとのコラボ・レビュー
智くん素敵でしたよね~
もちろん嵐さんも素敵でしたが、このエピでは智くんだけネ

あのね、このエピを読んでみなさん、あっって思いませんでしたか?
しやがれの『大階段でのカッコイイ所作』
ポイントの順番が逆になるんだけど、かなめさんが
ポイント④で“下りる時は絶対に下を見ない”って言ったじゃないですか?
その後、にのちゃんが

“あぁ そうそうそう なんかそんなイメージあるわ”って
1個1個の説明に対してリアクションしてる人がいたんですよ
だから出来るんじゃないかなって思うんですけどね、ねぇ?


これって、またにのちゃんが
智くんにムチャ振りをしてるんだとばかり思ってたんだけど
もしかして、本当にリアクションしてたのかもネ

ほんでもってもう1個、ポイント②で“脇をこぶし1個分開ける”
にのちゃんと2人でやっている時の智くんの姿を観て
春日さんになりたくないの?って私、笑っちゃってたんだけど・・・
無知って怖いね
昔、宝塚をよく見に行っていたというmさんから教えて頂きました~
ありがとうございます感謝

それを教えてもらってビックリしちゃってリピしたら
あ~~~ 本当だ~って
説明をしているかなめさんと、聞いている時の5人の姿を観たら一目瞭然
智くんは春日さんになりたくなかったわけではなく
かなめさん(宝塚歌劇団)の佇まいを忠実にこなしていたんですね~

なんだかね~とっても感動しちゃいました
智くんはダンスの振り付けも覚えるのが早いって言いますが
この人の記憶力って本当に果てしなく凄い・・・・・
今回の事で言うとJr.時代に京都でジャズを学んだ経験や
宝塚の方々と共演したこと
宝塚劇場で踊った経験が大きいとは思うんだけど
なんていうんでしょうね~?
その時に体得し吸収した事や自分の目で見て感じとったものの記憶に
靄がかからないといいますか
普通こんなに年数が経ってたらなかなか思い出せないわ!ってこと
結構あると思うんですけど

智くんの場合、新しい情報を入れるが為に古い情報が
消えたままだったり薄れたままになっている事ってほとんどなく
その時に教えてもらったことを、確実にしっかりと体得し吸収し
記憶にインプットしているので、ちょっとした事でその記憶が蘇り
以前と変わらずにその覚えたままの記憶で
ステージに立つ事が出来るんでしょうね~
改めて、智くんのお仕事に対する想いや取り組み方って
素敵だなぁ~素晴らしいなぁと思いました


ではではまた~


しやがれ・さとしの全てが詰まった1時間~☆のエントリーに
拍手コメントを下さったmisaさん×2
コメントを下さったみなさま、ありがとうございます
お返事を書きましたのでお時間がある時にでもお読みになって下さいネ

いつもたくさんの拍手
過去エントリーにも毎日たくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。