智くん with 原くん☆分身のような特別な存在☆



おはようござまま~す

先ずは
嵐デビューから1年(11)5人で選んだ10周年First曲は感謝カンゲキ雨嵐☆
のエントリーに拍手コメントを下さったakoさん

エントリー違いになりますが
嵐デビューから1年(終)僕らと一緒に☆のエントリーに
コメントを下さった☆ゆう☆さん、satoさん、hdminaさん
鍵のかかった部屋・第5話感想~☆のエントリーに
拍手コメントを下さったメイさん、かおたんさん
Sさんへのお言葉をありがとうございました
拍手コメントは責任を持ってSさんへお送り致しますのでご安心ください

******************************************************

ではでは、Sさんも仰っていましたが
これから先は、智くんのソロのお仕事からまた少しずつ
エピソードをUPしていきたいと思いますが

先ず最初に、それを語るにはやっぱりこの2人の存在は必要不可欠なので
改めてご紹介です

今回も長くなりますので
お時間がある時にでもゆっくりお読みになった方がいいかもしれません

私の感想は省略させて頂きます

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用は固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMCなど
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



“嵐”のリーダー 大野智を語るうえで、嵐メン4人はもちろんですが
絶対に忘れてはいけない人たちがいます。

それはJr.時代を一緒に過ごし
あの『Kyo to kyo』の舞台に一緒に立ちつづけた

原知宏くん町田慎吾くんです。

町田くんは、現在も事務所に所属してますが
原くんは既に退所してることもあり
大野くんのJr.時代やデビュー直後をご存じの方には
馴染みのある懐かしい名前ですが
新規のファンの方にとっては
「誰?」という存在だと思います。

しかし、この2人がいなければ、もしかしたら、大野くんは
早くにJr.を辞めたかもしれないし
“嵐”でデビューすることもなかったのでは・・・



原知宏くんは2001年2月に事務所を退所し
その後は別の事務所で舞台俳優として活躍しましたが
持病の腰痛が悪化し2011年6月に引退しました。

町田慎吾くんは、2000年に一度事務所を退所しますが
その後に再入所し現在はM.A.のリーダーとして活躍してます。

3人それぞれの道を進むことになりましたが、原くんは退所するまでを
町田くんは現在に至るまでの大野くんとの交友を追ってみました。

*******************************************************

原知宏くんは、大野くんより年齢も入所日も1年上の先輩です。
大野くんがJr.となった当初の$誌には
同期のJr.達と一緒に写る姿が数多く掲載されてますが
『Kyo to kyo』公演が決定してからは、大野くん&原くんの2人が殆どです。
この舞台が2人を急接近させ、絆を深めたことは確かです。


大野のことを“努力してない”なんて言わない。

と言う原くん(←何気に深い言葉だと思います。)

原くんは、特別な存在。と言う大野くん。

お互いの姿が、頑張れる力となる!
それは、別々の場所にいる今も同じなのだと思います。


◆京都での新生活!!(『myojo』1997年9月号より一部)

7月のアタマに京都入りしたものの、ほとんど出歩いていない。

大野は
「金閣寺って、京都にあんの?」とマジ顔で言う人間だし
まったく頼りになりません。でも、仲良くやっているよ。

“お互いの部屋に勝手に入ったら罰金1万円”なんてルール作ったりして。
まぁ、大野とじゃケンカになんないけど・・・
いや、一度くらい本気でケンカしてみたいな。
自炊もしてみたい。大野の分も作ってやるからな!!


“平和主義”の大野くんとでは、誰でもケンカになりませんよね。

◆Love Love (『wink up』1997年12月号より一部)

原くんはいい人なんだけどね・・・
ボクのことジーっと見つめるのだけはやめて(笑)

楽屋とか外ではまだいいけど、この前なんか
エレベーターの中でふっと横を見たら、原くんと目が合ったのね。
目をそらそうとしたら、また視線を感じるの。
だからわざとジッ-と見たらそこに劇場のスタッフが入ってきちゃってさ


「あの2人は見つめ合ってた。あやしい~」なんて
言われちゃったじゃない!!(笑)
もう~困るよ、原くん~

取材のときにギャグで、見つめるふりとかしたんだけど
こっちに来てから更にエスカレートしてさ~
原くんも、寂しいのかな!?やっぱり(笑)

原くん見てると、身体が痛いときもがんばって舞台に立っているでしょう。
僕だけ足が痛いなんて弱音吐いちゃいけない!と思うよ。

それに、原くんの凄いところは
時間がなくても本番になれば全てこなしてしまうこと。
今回の舞台も、練習する時間が全然なかったのに
本番ではカッコ良くやってたよね。

あのころは原クン。朝の4時まで練習してたんだよ。
僕も2時までは待っててあげたんだけど
待ちきれなくて帰っちゃったことがあったなぁ~(笑)
すごい努力家だよね、原クンは。見習いたいよ!!


直ぐ近くに、お手本となる素敵な素晴らしい先輩がいる!!
充実の2年間でした。


◆原くんの手料理♪♪ (『myojo』1998年1月号より一部)

Q.原&大野&田中チームで遊ぶ事はあるんですか?仲良しですか。

A.原くんが料理を作ってくれるって言うんで3人で駅のデパートへ。
でも、俺と田中が追いかけっこしているうち、原くんとはぐれちゃってさ。
アセって携帯かけてきた原くんは
ビニール袋からネギをはみ出した姿で登場!なんか、かわいかったよ~。

 
原くんは、この道に進まなかったら料理人を目指したかも!?と言うほど
料理好きで上手です。

以前『まごまご嵐』“こどもの晩ご飯”(2007.6.20)
大野くんが“思い出の味”と、料理すると
ゲストの高田万由子さんに
「どこで食べたの?」と聞かれ
 「京都で・・・京都の・・・知り合いの・・・作ってくれた。」
口ごもる大野くん。
ジャニーズは退所したJr.の名前はタブーですからね。

『まごまご嵐』“嵐の城下町”(2006.9.30)では京都へも行き
『Kyo to kyo』時代にお世話になった“たき川旅館”を訪れ
女将さんや従業員と久しぶりの再会をしてます。

番組そっちのけで思い出話に浸る大野くん・・・
で、番組企画の任務を果たせず。
でもゲストの東ちづるさんに


「たき川旅館が一番印象に残った!」と言われてましよ。

◆『Kyo to kyo'98』TOP-Jスペシャル公演

原くんの千秋楽《挨拶》
1998年9月17日


座長という立場にありながら
途中で抜けるのは無責任なことじゃないかと悩んだりもしましたが
この後、大野や田中が力を合わせて引き継いでいってくれるだろうし
どんどん大きくなっていってもくれるだろうし
今以上の舞台を創っていってくれると思います。
 (中略)

面と向かっちゃうと言いにくいんで
この場を借りてお世話になった人に、お礼を言いたいと思います。・・・

まずは大野、田中。ちょ~照れる!
2人とは去年の,杮落しの稽古の時からずっと一緒にやってきて
1からじゃなくて、0からのスタート。
ほんとにあの辛かった時期を一緒に・・・

なんだよ!?出てくんなよぉ~~~


このとき、舞台上で原くん1人で挨拶してたのですが
舞台袖から2人お揃いの衣装で大野くんと田中くんが
チョコチョコと出て来て、照れまくる原くん。


出てくんなよぉ~と言われ、きびすを返してハケようとする2人に

おい!帰るなよ~!と言う原くん。

大野くんと田中くん
アイコンタクトで原くんを挟んで3人で舞台にいることに・・・

そんな2人に次から次へと突っ込む原くん。
無言で応える大野くんと田中くん。
その「あ、うん」の呼吸の見事なこと!!

最後に立ち位置は、センターに原くん
下手に2人ということで落ち付きます。
改めて2人に向き直り


2人共、もの凄い勢いで成長してくれて・・・
で、正直追い抜かれるんじゃないかって凄く焦ったりしたこともあって
お互い刺激があって良かったんじゃないかと。

この舞台を作り上げたって自信をもって
『Kyo to kyo』を引っ張っていって欲しいと。


何度も頷き、神妙な顔で原くんの話を聞く2人。そんな2人を見て

いや怒ってるわけじゃないんだけど・・・言う原くん

わざとらしく胸をなで下ろす2人。
そんな2人に照れまくって


もおっ!!何か・・・とにかく頑張って下さいっ!!ハイ、はけっ~!!と言う原くん。(中略)

出演者、スタッフ、お客様へ感謝の挨拶をし
そして最後にTOP-Jの新リーダー、新座長を紹介します。


リーダー大野!!そう言ってセンターを空ける原くん。
会場から歓声があがるのですが・・・

当のご本人が
「???」で、原くんを見ると
当然のように大野くんを促します。


どうも,大野リーダーです・・・原くんがいなくなって・・・

ここにはいなくなるけど
ホントにいなくなる訳じゃないんだから!!
と突っ込む原くん。

原くんがいなくなって・・・
僕はこれからどうしたらいいんでしょうか・・・朝起きるの!?


(会場大爆笑~)

家から目覚まし時計を送って貰いました。
それも1つじゃ足りないんで5つほど。

原くんの
「オイッ、行くよ!!」って声でなら起きられたんですけど。
僕・・・寝坊したら,どうしましょ~~~誰か起こして~~~
 

(会場大爆笑~)

ショータイムのことは?と次の公演のことを聞く原くん。

ショータイム,僕とサンチェさんとで考えました。
今までバックの人の立ち位置とか原くんが決めてたんですが

原くんが抜けて北山くんが入ることで、立ち位置も変わらないと思ってたんですが
牧山くんが入って4人になるので・・・
バックのダンサーさんとかの立ち位置も変更しなくちゃいけなくて・・・

今、滅茶苦茶ピンチ状態です!!
24日から新しいショータイムになりますので,皆さんまた見に来て下さい。


これからも大野・田中を支えてやって下さい。

この後、原くんは『迷宮伝説〜雨月の愛〜』
V6の坂本くんと出演するのですが、この舞台は
いわゆるジャニーズ演出の舞台ではなく、外部の演出舞台です。

色んな意味で、そんな大変な舞台に出演することになった原くんを
大野くんも田中くんも涙で見送りたくなかったのでは・・・

原くんが途中降板することで
凄く責任感じてたことも知っていただろうし・・・
『Kyo to kyo』という舞台は、主演者全てに
“心の成長”をさせた舞台でもあったと思います。


◆『PLAYZONE'99 Goodbye&Hello』(1999年7月11日~ 8月15日)

大野くん、原くん、町田くんの3人が
“Musical Academy ”の一員となり、グループ結成後の初舞台が
この『PLAYZONE'99』です。

この『PLAYZONE』が、3人一緒の最後の舞台となりました。
(舞台後にV6のコンや歌番組の仕事があります。) 


◆原くんの存在・・・

2~3日前に、すごい久し振りに原くんに会ったよ!
やっぱり原くんは、僕にとって特別な存在だよね。
嵐のメンバーとも、こんなふうに何も言わなくても気持ちが通じ合う
そんな雰囲気になれたらいいよね。これからだよね・・・

(『Wink up 』2000年2月号)

原くんの存在を言葉で表すと?うーん…兄弟?や、違うな。
分身みたいな感じだよね。でも悩み事の相談とかはしなかった。

気持ち的にすごい支えられた部分って大きくて
もし原くんがいなかったら…くらいに思うけど
そういう部分は出したことない。

(2001年$誌)

“嵐”デビュー後も、こんな風に「原くん」の名前が出て来ます。
それだけ、大野くんの中で大きな存在なんですね・・・

原くんは
松岡くん(TOKIO)より2歳年下ですが
同じ高校でドラマで共演したこともあり仲が良く
昔々、こんな話をしてます。


京都時代のことを今更語るのは、御法度かもしれないけど・・・
アイツの努力の仕方は半端なかった。

京都駅の八条口の所から ロビー見えるじゃん?
あそこでホント夜中までJACの人達と 練習してた。
大野も、田中も・・・偉いなって思ったよ。
自分よりも年下なのにさ。プロ根性ついてるなぁ~って・・・


原くんは、大野くんとは1歳しか違わないのですが
長身なこともあり大人っぽい雰囲気を漂わせてます。

『Kyo to kyo』時代は、まだ10代なのですが
既に20代のように見え、大人の貫禄さえあります。
努力することを怠らない。そして面倒身の良い原くん。

大野くんにとって、初めての1人暮らしの京都では
心強いお兄ちゃんだったと思います。
そして、一番身近にいる模範となる先輩。

感情多感な思春期の時期に出会った素敵な先輩との数多くの出来事は
その後の大野くんが試練を乗り越える、大きな心の支えになったことは
間違いありません。



ではではまた~


嵐デビューから1年(終)僕らと一緒に☆のエントリーに
拍手コメントを下さった薫さん
鍵のかかった部屋・第5話感想~☆のエントリーに
拍手コメントを下さったmisaさん×2、さとっちょさん、akoさん
はるさん、踏ん張ろうちゃんさん、ピリママさん、クローバーさん
メイさん、まいどんさん、三紀子さん、Kyoukoさん、璃々さん
かおたんさん、いくみかあちゃんさん

お返事を書きましたのでお時間がある時にでもお読みになって下さいネ



FC2 Blog Ranking

いつもたくさんの応援ポチ&拍手
過去エントリーにも毎日たくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝



関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/16 09:58 ] 智くん素敵エピソード | TB(-) | CM(30)

sachiさん、おはようございます。
京都時代の智くんと原くんは某所で観た事あります。
1才しか離れてないとは思えないぐらい落ち着いてる感じの人に見えました。とても仲が良くていい人と
仕事しているなあ~某所で観たのはほとんど、この2人でした。なので今日2人の事が詳しく解って嬉しかったです。ありがとうございました。
[ 2012/05/16 11:00 ] [ 編集 ]

Sさん、Sachiさんへ

私が知らない智くんを教えて頂き感謝の言葉もありません<m(__)m>

退所した元Jrの名前って言っちゃいけなんですね((+_+))智くん言いたかっただろうになぁ

原くん、去年引退されたんですね才能があっても続けられないって辛かったでしょうね(ToT)/~~~

それを考えると、Jr時代に大切な友と出会えて今の智くんがいるんだと思うと、原くん&町田くんに感謝です。

今、レギュラー番組で無茶ブリされても泰然としている智くんができたんですね、それと色んな云われなき中傷を受けても、人を傷つけない人柄「尊敬」の言葉をアイドルに奉るとは思いませんでした。

これからも、色んな智くん話聞かせてください<m(__)m>
[ 2012/05/16 11:38 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

はるさんへ

はるさん、こんにちは~♪

あはははは(苦笑
正直言ってコメントのお返事
何を書こうかな?と考えちゃう時もあるんですけど^^;

とりあえず、私も簡単につぶやかせて頂いてますよ(*^▽^*)
ちょっと短くなっちゃいますけどネ♪
一言二言でもお喋り出来たら嬉しいですから
またいつでも遊びにいらして下さいね~♪
お待ちいたしておりま~す☆
[ 2012/05/16 14:14 ] [ 編集 ]

ぴーちゃんさんへ

ぴーちゃんさん、こんにちは~♪

最初ね『Kyo to Kyo』で
東山さんの後ろでシンメで踊っている二人が
智くんと町田くんだとばかり思っていたんだけど
(当時、お勉強初めは智くんと仲がいいのは町田くんの印象が強くて)
それにしても町田くんって
こんなに大きくてガッチリした人だったけ?なんて思ってて
智くんファンブロガー様のところでは
智くんと似てて華奢だって書いてあったし
昔の映像を観ても小柄な感じで^^
なので、あの映像に映っているのが原くんだったんですよね♪
彼も凄いキレッキレのダンス、踊ってますよね~☆

いえいえ^^
私も、今まで細切れ程度の知識しかなかったので
教えてもらってやっと!みたいな感じです(笑
[ 2012/05/16 14:33 ] [ 編集 ]

カステラ娘さんへ

カステラ娘さん、こんにちは~♪

お名前を言えないのは仕方ないのかも知れませんね~☆
迷惑がかかってもいけないですしね~(´▽`

一般人であっても
腰は一度痛めてしまうと癖になるって聞きますから
舞台役者さんとかには結構キツかったかもですよね。。

いろんな意味で智くんにとって
模範となる尊敬する原くんと一緒のこの京都での2年間は
嵐としてデビュー当初や嵐さん低迷期においても
潰されず逃げ出さず焦らずにやってこれた
精神的にも成長出来た時間だったんだと思います☆
だから他人にも優しく出来るのでしょうね~☆
それでもこんなに人として出来ている人っていませんが(*^^*)
[ 2012/05/16 14:54 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

いくみかあちゃんさんへ

いくみかあちゃんさん、こんにちは~♪

智くんの過去って
辛い事ばかりで苦労もハンパなクしてきているんだけれど
それがすべて肥し・自分や嵐さんの糧になってる^^
京都での2年間は、智くんにとって今の嵐さんになる為には
必要な大切な時間だったのかもしれないですね~☆

ファンレターはそういう事だったんですね♪
私もライブにはまだまだ参戦する気はないです^^
逢いたいのは山々だけど、いろいろありますよね☆
[ 2012/05/16 15:11 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

かおたんさんへ

かおたんさん、こんにちは~♪

いえいえ^^とんでもないです♪
あ~@@田中くんは、関ジャニだったんですか~?
知らなかったですぅ~♪
そしたら京都でのエピソードは懐かしいですよね~(*^^*)

あっはは(笑
“原ちゃん”って言ってたんだぁ~♪
え~!?@@北山くんとは電車が一緒?
なんだか凄く近いですね~♪
と言いつつ
その当時は智くんをスルーだったなんて(笑
勿体無~~~い(*^▽^*) ←なんで笑顔?(笑

でもね、遅くても出逢えたし^^私も^^
今の智くんを精一杯応援して行きましょうね~☆
[ 2012/05/16 15:23 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/05/16 18:01 ] [ 編集 ]

鍵コメPさんへ

Pさん、こんばんは~♪

私もそれ、思いますね~^^
東京Jr.のままだったら、今頃どうなっていたのかな?って^^
東京にいたら絶対に経験出来なかった事を学べたと思うし
お客さんの入らない舞台を唯一経験しているからこそ
嵐低迷期にも落ち着いてやるべき事を地道にやりながら
メンバーに対しても広い心を持ってソロ活動を応援出来たし
どれもこれも素敵な人たちと巡り合ったから・・・
ある意味、他の誰よりも恵まれているのかも知れませんよね☆
運が強いとも言えるかも♪
運を引き寄せてる♪

あっはは(笑
同じドラマを別々のテレビで観る事自体可笑しいけど
それで、文句を言われるのも面白いですね~(笑
でも、あんな長いまつ毛を観たら叫んじゃいますよね(笑

小学校までは、運動会は秋でしたけど
中学からは春になりましたね~♪
でもこちらでは一度も嵐さんの曲、かかったことないですよ(涙
羨ましいなぁ~☆
[ 2012/05/16 21:26 ] [ 編集 ]

ありがとうございます!!

う~(T_T)やっぱり、昔のエピソード、涙なしでは拝見できませんね~(T_T)
その頃、応援してあげれなかったのが、本当に後悔です。
その時代の、智くんも見たかったです!!その分これから精一杯応援します!!
[ 2012/05/16 21:35 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

さとっちょさんへ

さとっちょさん、おばんですぅ~♪

本当だよね@@
私も自分のブログなのにエライ不思議です(笑
原くんの事はほとんど知らなかったから
顔さえも知らなくて、やっと昔のJr.番組を見せてもらって
分かったくらいだし
自分のブログにいろいろ詳しく書いてある事自体驚きだよ(笑
Sさんのおかげですね~(*^^*)

うんうん^^言ってた言ってた^^
嵐って言う別のものが出来たってね^^
でも『M.A』は短かったからどうだろう~?
私的には『京都』かな^^
でも、『大町コンビ』はいつか復活して欲しいなぁ~
毎回、きださんの事を書いているときには必ずって言うほど
その願いをシツコイほどに書いているんだけど(苦笑
願いが叶うとしたらソロコンよりは舞台かもね~♪
いつか共演出来るように願掛けよう~☆
[ 2012/05/16 21:49 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/05/16 22:02 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

rirayukiさんへ

rirayukiさん、こんばんは~♪

うふふっ♪
私も仲間です^^
私も原くんの事、知らなかったから(*^^*)

でも、こうしていろいろな事教えてもらって
分かるようになってきたけど
不思議なもんで、自分自身はリアルで観たことないのに
智くんが大切に想っている人の事
私も大切に想える♪
嵐さんを好きになったように原くんの事も・・・☆
不思議ですね~(*^^*)

私たちにとっても今の智くんがあるのは
この時に出逢った方々がいたからなんだと思うと
本当に大切に読まなきゃなって思います☆
[ 2012/05/16 22:07 ] [ 編集 ]

かねごんママさんへ

かねごんママさん、こんばんは~♪

特に京都時代のエピソードは
本人達は至って面白おかしく話しているようだけど
その節々から辛かったっていう気持ちも垣間見えて
切なくなりますね~☆

私もですよ~(≧へ≦;
当時を知る事が出来なかった分
今を精一杯応援して行きましょうね~☆
[ 2012/05/16 22:39 ] [ 編集 ]

鍵コメしほさんへ

しほさん、こんばんは~♪

いえいえ^^こちらこそ、ごめんなさいね。。
あっ、でも分かる分かる^^
私は平成何年かが分からなくなる時あるんだよね^^;
もう脳ミソがイマイチ働かなくなって
今、言おうとした事も忘れる事あるし@@;

うん。。智くんだけではなくて原くんも町田くんも
みんなそうなんだと思う。。
でもみんながいたからこそ頑張れたんだよね♪

2時とか4時って私はぐっすり夢の中だ。。
お客さんが入らないのに、いいステージを魅せようと
毎回練習も頑張っていたんだね☆
まだ10代の男の子たちが・・・まったく泣けますね☆

うんうん^^いいのいいの^^
結局は好きなんだもの♪
ますます好きになっちゃうね~☆
[ 2012/05/16 22:56 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

さとっちょさんへ

さとっちょさん、再びこんばんは~♪

あっはは(笑
いいんですよ~♪
私も最初は思ったもん^^
だけど、他のメンバーがなぁって思ったら
『M.A』ではくくれなくなっちゃって^^;
ただ、それだけの事だよ^^
言いたいことは同じ(*^^*)

健気な古少女ってなんだい?(笑
いいですって^^気にしなくっても^^
明日は待望の“姫”の登場だよ~♪
楽しみに待っててネ☆
[ 2012/05/16 23:08 ] [ 編集 ]

sachiさん こんばんわ☆

久しぶりにコメントします(毎日読んでます♡)

智くんの 過去を知るたびに 毎回胸が熱くなります。たくさん 教えてくれて ありがとうございます。

最近 よく京都に行くんです わたし。
sachiさんのブログを読ませて頂くようになってから 京都の地をふむたびに ここで智くんが…って思いながら歩きます。(観光もしますが(*^^)v)

また京都に行きたくなりました。。。

いつも 素敵なエピソードありがとうございます。
Sさんにも 感謝です。
[ 2012/05/16 23:27 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/05/16 23:33 ] [ 編集 ]

akieさんへ

akieさん、おはようございま~す♪

いえいえ^^こちらこそ、いつもありがとうございます☆
コメントはお気になさらずに(*^^*)

お~@@マジですか?
タイミングが良いといいますか^^素敵なご縁を感じますね~☆
そこに智くんがいたと思ったらジ~ンっときちゃいますよ♪

私はなかなかそういう機会に恵まれませんが(笑
京都に行くとか、そんなお話を聞くだけでも
自分が行っているような気がして
感慨に耽っちゃいます(笑 ←勝手に妄想が入ります^^;
そんな気持ちにさせて下さってありがとう☆
[ 2012/05/17 08:00 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/05/17 08:06 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

踏ん張ろうちゃんさんへ

踏ん張ろうちゃんさん、おはようございま~す♪

私も、原くんのことは知らなかったんですよ^^
ファンになった当初は
ファンブロガー様のところに情報収集に駆けずりまわっていましたが
原くんの事を書いている方がほとんどいられなくて
唯一町田君の事はキャッチ出来たんですけど^^

智くんの今が有るのは
原くんや当時出逢った方々との2年間があったからだとも言えるかもですね☆
名前は、迷惑がかかるからではないですかね~
私も良く分かりませんが・・・。

田中くんは『Kyo to Kyo』での主要メンバーです☆
智くん&原くん&田中くん(当時、関西Jr.)
この3人をTOP-Jと言ったようです☆
携帯だと上の方にカテゴリがあるんですけど
それを開くとエピソードのエントリーを全て読めますよ^^

また、何か分からない事があったらいつでもどうぞ♪
[ 2012/05/17 08:14 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

オレンジさんへ

オレンジさん、おはようございま~す♪

うふふっ♪
鍵部屋、面白かったですね~♪
ほんとですよ~^0^
チャリンコに乗ってる智くんが観れるなんてめっちゃ嬉しい~♪
でも、径くんだから異常なくらい背筋伸びちゃって
またそれが可笑しいし可愛い~(笑

うんうん^^分かります分かります^^
可哀想でうるうるではないんですよね~
いい先輩に出会えて良かったなって言う感激のほうだよね☆

ある意味、今だから言えることでもあるけれど
他のジャニーズの子よりも
良い経験が出来て素敵な出会いにも恵まれたのではって思います☆
そして、そんな智くんに出逢えた私たちは超幸せですね~☆
10数年、智くんが抱えてきたものを
今度は私たちが精一杯応援して支えていきましょうね~☆
[ 2012/05/17 08:27 ] [ 編集 ]

鍵コメKさんへ

Kさん、こんにちは~♪

もしかしたら私のブログをたまたま読んでいましたか?^^
ここでもお誕生日公演の事を書いているんですよ♪
97年、98年とどちらも舞台上で祝ってもらっています☆
リストの『Kyo to Kyo』のサブタイトルのところに載ってます♪

いえいえ^^お気になさらずに☆
関ジャニちゃんも今のグループになるのには
いろいろな経緯があったんですね~☆

あらまぁ~@@貴重なパンフレットが@@;
忘れた頃に見付かるかも知れませんから元気出して^^;
これからも一緒に応援していきましょうね~☆
[ 2012/05/17 11:20 ] [ 編集 ]

鍵コメひなままさんへ

ひなままさん、こんにちは~♪

あ~、そうなんですか~@@大変ですね@@;
あまり無理しないようにネ☆
コメントとかは全然気にしなくていいんですよ~^0^

うんうん^^ほんと♪
智くんにとって京都は特別な想いがいっぱい詰まった
場所なんでしょうね~☆
ほらっ!それに若冲でも行けたしね~(*^^*)
なんか素敵なご縁がたくさんある場所になったね~♪
京都の方が羨ましいです(#^ε^#)

うん。。京都ね~。。行ってみたいですね~☆
現実は無理ですけどネ☆
[ 2012/05/17 11:34 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

クローバーさんへ

クローバーさん、こんにちは~♪

原くんとのエピソードは本当に心に残るもので
今の智くんがいるのは素敵な先輩や仲間達との出逢いがあってこそだと
つくづく思いますね~☆

京都での経験をせずに東京にずーっといたら?と思うと
怖いくらいです。。
辛い思いはしたけれども
智くんのためにも嵐さんのためにも京都での経験・出会いがあって
良かったのかもですね☆
[ 2012/05/17 11:47 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

akoさんへ

akoさん、こんにちは~♪

私も原くんの存在は全然知りませんでした~☆
唯一、町田君の事を書かれていたブロガー様は
いらっしゃったんですけどね☆

最初の頃はそれこそ辛い事ばっかりで良く頑張ったね!っていう感情しか
思い浮かばなかったんですけれど
いろいろと知るようになるとこの京都で過ごした2年間は
人との関わりも含めて
嵐として大きくなる為の試練だったんじゃないかって思えてなりませんね♪
その、一番大事なときに模範となる先輩や仲間がいつも一緒にいてくれて
そして、今の智くんがいる。。

智くんと出逢う方は本当に素敵な方々ばかりです☆
智くんと関わる方、みんな好きになっちゃいますよ(笑
あっ、もちろん、智くんは今まで以上に大好きになって
この気持ちを抑えるのにホント困りますね~(笑
[ 2012/05/17 16:40 ] [ 編集 ]

sachiさん、こんばんは。
原くん懐かしいなぁ~。退所してしまった方なので、あまり語らないようにしますね(^^;)

ただ本当に智くんはべったり甘えてましたし、慕ってましたよw
“人たらし”はこの頃からすでに健在であちこちで発揮してました(笑)
ふたりで番組のロケとかもしてましたよ~智くんは終始甘えん坊で、優しい原くんは、まったく怒ることなく突き放すことなくすべて受け入れてくれてました♪今のほわほわな器の大きな智くんはまさに原くんのようです。
いい人の周りには自然といい人が集まるものですよね(o^∀^o)
[ 2012/05/18 22:40 ] [ 編集 ]

涼香さんへ

涼香さん、こんばんは~♪

原くんとのロケ番組は、幾つか観た事があって
殺陣を習ったものとか、ゾウさんの世話かな?
良くは分からないんだけど^^;
それを観ただけでも良い関係っていうのが分かりましたよ~☆

今のほわんほわんな智くんが原くんのようだなんて
当時から知っていたらファンになっていたかな?^^
こういった話を聞くと“もっと早くに知りたかった”って
思ってしまいますね(#^ε^#)

ほんとほんと、引き寄せられるんでしょうね~☆
[ 2012/05/18 23:43 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

きのこさんへ

きのこさん、おはようございま~す♪はじめまして♪
コメントありがとうございます☆
見つけてくださってありがとうございます☆

画面からは、のほほん可愛い智くんしか観ることは出来ないけれど
その裏には途轍もない努力があって辛い日々があって
知れば知るほど応援したくなる人ですね~♪

またどうぞいつでも遊びにいらして下さいね~♪
お待ちいたしておりま~す☆
[ 2012/05/21 05:19 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

iluskaさんへ

iluskaさん、おはようございま~す♪はじめまして♪
お声をかけて下さり、ありがとうございます☆

私もそんな感じですよ~(´▽`
私と智くんの出逢いは、嵐とかそういうの全然関係なく
2002年前後にテレビで観かけた智くんを可愛いなぁと思ったことが最初で
2010年に再び出逢うまでは忘れてしまっていたんですけどね^^;

ジャニーズってチャラチャラしてて
単なる華やかな世界の人って感じだったんですけど
智くんの事を知るようになって
ジャニーズの裏みたいなものが分かってきたときは
本当にびっくりしました☆
表には出ないところでの努力がハンパないことを知って
そういう目で見ていた自分が恥ずかしくなりました(´ー`

えっ!?@@10cmって
もうほとんどくっ付いてるようなもんじゃないですか~@@;
やぁ~勿体無い^^;
握手できなかったとしても、ペタっと触れたかも知れないですよね(´▽`
うわぁ~それ、後悔しちゃいますね@@
元気出してくださ~い☆

またいつでも遊びにいらして下さいね~♪
これからもよろしくお願いしま~す☆
[ 2013/05/06 09:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する