嵐デビューから1年(11)5人で選んだ10周年First曲は感謝カンゲキ雨嵐☆




おはようございま~す

ずーっと智くん・嵐さんのリアル番組が続いていたので
そちらを優先してきましたが、やっと一段落してきましたので
エピソードに戻りたいと思いま~す
智くんエピソードはまだまだ続きますが
取り合えず、Sさんが纏めて下さった
【嵐デビューから1年~】エピソードはこのエントリーにて終了です
が、後日、私もエントリー致しますので
それをもって完結とさせて頂きます

では、エピソードを読む前に、こちらの“メッセージ”をご覧下さい

エピソードを読む前に☆

大丈夫だと思われる方のみ、お読みになってください








Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

※他ジャニーズファンの方の想いは
 当時の想いということで、今現在の事ではありませんので
 どうぞ、その点をご理解しながらお読みいただけると助かります

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのご厚意により掲載させて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
他担、他グループファンの方には
ご理解頂けない文面もあるかと思いますが、ここは
“サトシック”が集う場所ですので
そのまま静かにお帰り下さいますようお願いします m(u_u)m
話の内容は履歴で追っておりますので
これまで書いた内容と重複するものがありますことをご承知願います。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章はニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いします。



●2000年11月 8日 
シングル「感謝カンゲキ雨嵐」 オリコン最高順位:2位

この曲は、2009年
“ARASHI Anniversary Tour 5×10“のFirst曲ともなってます。
デビューから応援し続けて下さったファンの方が
昨今の“嵐フィーバー”でプラチナチケットとなり、コンにも参戦できず

「遠くなってしまった・・・」と感じていたとき
デビュー10周年
“ARASHI Anniversary Tour 5×10“in国立で最初にこの曲が流れ
コンに参戦できた方も、参戦出来ずTVのWSで観た方も

「忘れずにいてくれた。」と涙したと聞きました。

打ち合わせで
「First曲を何にするか?」と決めるとき
嵐5人が全員一致してこの曲を選んだと聞きます。
デビューから10年
応援し、支えてくれたファンやスタッフへの感謝の想いだけでなく

「安心させてあげたいな。今までと変わらないよ、って」
そんな想いが詰まった選曲だったように思えます。

嵐のお誕生日★

◆2000年11月 9日 『うたばん』出演 「感謝カンゲキ雨嵐」

●2000年11月10日 
『ミュージックステーション』出演 「感謝カンゲキ雨嵐


●2000年11月10日 『錦織&嵐!はじめてのN.Y.豪華夢の秘ツアー』
少年隊の錦織さんに、嵐ちゃん4人(二宮くんはドラマ撮影のため欠席)が
ニューヨークをご案内してもらう企画。
大先輩と一緒で緊張しまくりの嵐ちゃんです。
確かに・・・喋れてないですね~。
この撮影の後に、マネージャーから

「貴方達は、何一つ満足に喋れてない!!」
大・大叱責を受けたとのこと。

どうしても前に前にと相手の話を遮ってまで話す事のできない嵐ちゃん達。
ときには黙り込んでしまって・・・
トークに関しては悩むことの多かった嵐ちゃん達です。
考えれば考えるほど、話が出来なくて纏まらなくて。
でも、5人でワチャワチャと話すのはOK!なんですよね。
緊張どころか延々と話込んで止まらなくて。
そして出した答えが
「普通でいいよ!!」
今では、嵐のMCは面白いと言われるまでになりました。

●2000年12月24日 
『史上最悪のデート ~4th DATE・悪魔のクリスマス・キス~』
  
大野主演(工藤達也 役)

●2000年12月29日 
『ミュージックステーション』出演「感謝カンゲキ雨嵐/ほかSPメドレー」


Mステ(6)感謝カンゲキ雨嵐・デビュー1周年☆

↑先日の5月4日(金)
Mステ・嵐の最強ソング第8位=感謝カンゲキ雨嵐
選ばれた時のレポです。
お家にいらっしゃる方はこの時の映像とレポを照らし合わせながら観ると
更に雰囲気がつかめると思います

デビューから1年。
自分の居場所を見つけることができた大野くんの姿があります。
でも、大野くんの苦悩、苦難はまだまだ続きます。
2003年発売シングルCD『とまどいながら』

自分の気持ちを唄ってる曲だと思った。
自分が何に悩んでいるのかも分からずに・・・それでも悩んでいる。

どんな時も、どんな事も、言葉にせず自分の内におさめてしまう大野くん。
それを全て消化するには相当の時間が掛っただろうと思います。
でも、それが大野智の遣り方。
時間がかかろうと、遠回りしようとも、例え足踏み状態になっても・・・
大野智と言う人間が生きて行くには
芸能界は生きづらい世界なのではないかと思います。

“自由人”と言われる大野くんですが
彼の自由は“自由奔放“なものではなくて
こだわりの中に存在する“自由“
その“自由”は、危さや儚さも持ち合わせ
若さゆえに誤解されやすいことも・・・
そんな大野くんの自由に満ち溢れた才能を10代から目の当たりにし
認め、尊敬していたのは・・・一番近くにいた嵐メン達。
大野くんが『嵐 FIRST CONCERT 2000』
どれだけのトラウマを抱えていたか!!
そのことを他のメンバーがどこまで知っていたのかはわかりません。
知っていたとしも、大野くん自身がそうだったように
デビュー当初は自分のことで精一杯。
それに、10代の男の子に何の手だても思いつくはずもなく・・・
それでも

嵐の5人でいるときが本当に楽しくて。
最初から本当に居心地がよかったの。
いろいろ不安なことはあったけど、5人でいるときの空気感に救われてた。

という大野くん。

デビュー1周年を迎えた“嵐”にあって
大野くんの前途はまだまだ険しいものがあります。
しかし、それは大野くんだけに起こり得るものではなく
誰にでも起こり得るもの。
なによりもアイドルグループ“嵐”こそが
このあと苦難の道のりを進むことになります。
大野くんの苦悩は、嵐の苦悩へと移り変わって行きます。

周りからどんなことを言われようともメンバーを一番に信頼し
ソロ活動にも背中を押して送り出し
協力を惜しまない、留守を守る嵐のリーダー。
それは

「5人でいるときの空気感に救われてた。」ことへの
感謝だったのかもしれません。
リーダーとしてではなく、嵐の1人のメンバーとして
皆が帰れる場所を守る。
その結果、目立たない出遅れてると言われることになっても
観客のいない舞台に立ち続けた京都での2年間
トラウマを抱えたデビューを乗り越えた彼には
どこか確信とも思えるものがあったのかもしれません。
この、今の苦労は必ず継ぎへの力になる。
だからこそ今は苦労をするとき
いや、これは苦労ではなくて明日への糧なのだと。

『Kyo to kyo』 の千秋楽から1年。
そしてデビューからの1年と大野くんを追ってきました。
時系列で、大まかな事柄を追ってきただけですので
Jr.時代やデビュー当時からのファンの方達には
そういう面でも、物足りないものがあったかと思いますが
細かなことを書きますと、私心が多くなり
あまり感傷的に感情的になるのも・・・と思い
ここまでとしましたことお許しください。

唯、改めて想うのは
デビュー直後の大野くんとファンをも巻き込んだ怒涛の出来ごとの数々。
同じようにJr.の応援をしてたはずの友達も
大野くんのデビューが元となり離れて行く・・・
そんな心折れる中でも
変わらずに大野くんのファンでいて下さった先輩達。
応援し続けて下さった先輩達がいて下さったこと。
しっかりと守られた最初の小さな輪。少しずつ広がって行く輪。
そして繋がっていく絆が、また大きく輪を広げて行く。。。

大野くんに出会い、こうして“サトシック”として
繋がって広がって行く輪の中にいられることに感謝しております。
ありがとうございます。
そして、sachiさんのブログを通じて
私の至らぬ話にお付き合い下さった皆様、ありがとうございました。
最後に、何よりも私の至らぬ話を 
ご自分のプログにも関わらず掲載して下さったsachiさんに
感謝申し上げあげます。ありがとうございました。


******************************************************

私自身の感想は後日まとめさせていただきたいと思います

智くん&嵐さんのファンになってまだたったの2年
智くんへの想いを日々の糧にして
毎日その想いに支えられながら過ごし
それだけでは足りず、ブログにも想いを綴り始めて数ヵ月後
Sさんに出逢いました
それから少しずつ智くんの知らなかった部分
色々な事教えて下さるようになり
今回、このような特別なエピソードを作って頂けるまでになりました

私も含め、みなさんがたぶんずーっと知りたかったであろう出来事が
たくさん詰まっていたのではないかと思います。
10年以上も前の出来事を
当時のライブ映像、TV、コンレポ、ラジオ、雑誌
当時を知る方からの情報等、全て引っ張り出して
映像を探し文章を探し、それも時系列で分かりやすく纏めて下さり
途轍もない労力だった事は言うまでもありません。

私たち新米サトシックの為に
そして、先輩ファンのみなさんの想いも汲んで下さった
【嵐デビューから1年】エピソードを作ってくださった事
本当に感謝しております
ありがとうございます

宜しければ今回の拍手を含むコメントは
私にではなく、Sさんに頂けたらなぁと思っております
拍手コメと鍵コメについてはメールにてSさんに責任を持って
送らせて頂きます。
どうぞ、宜しくお願い致します

ではではまた~

鍵のかかった部屋・第4話感想~☆のエントリーに
拍手コメントを下さったmisaさん、はるさん、三紀子さん
さとっちょさん、まいどんさん、踏ん張ろうちゃんさん

お返事を書きましたのでお時間がある時にでもお読みになって下さいネ


FC2 Blog Ranking

いつもたくさんの応援ポチ&拍手
過去エントリーにも毎日たくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/05/10 09:56 ] 智くん素敵エピソード | TB(-) | CM(25)

Sさん、Sachiさんへ

おはようございます<m(__)m>

一連の嵐のデビュー前後・京都でのこと詳しく知ることができ大変嬉しく思う傍ら、「智くんのファンに早くなっていれば」と切なくなりました。

サトシック先輩方がいたおかげで今の嵐&智くんがスーパーアイドルになれたのだと思います。

まだ、ファン歴浅い身ですが、これからもサトシックで頑張ります。

これからもお邪魔させてください<m(__)m>
                      fromカステラ娘
[ 2012/05/10 10:43 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/05/10 11:43 ] [ 編集 ]

sachiさん & Sさん

お二人のおかげで、大野くんの過去を知ることが
できて、感謝の気持ちでいっぱいです。
Jr.時代~デビューに関して いろいろあったことはそれなりに知っているつもりだったのですが、実際は私の想像を遥かに超えるもので・・・ホント大野くんよく頑張ってきたよね(涙、涙)
大野くんの過去をより詳しく知ることができて
私のSATOSHIC熱はますます重症化しましたv-10

大野くんよりひと回りほど年上の私ですが、大野くんの生き方からは学ぶことが多々あります。
これからも先輩SATOSHICの方々と共に
今まで以上に大野くんを応援していきたいと
思います。
[ 2012/05/10 11:53 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/05/10 14:28 ] [ 編集 ]

ありがとうございます^^

sachiさん、Sさん、こんにちは^^

Sさん。
Jr時代、デビューへのいきさつ、そしてデビューしてから…
苦労して調べられたことを、惜しげもなく私たち新米ファンに教えてくださって、本当にありがとうございます。
おかげさまで、これまで、断片的にしか知らなかったことが、しっかりと一つに繋がって、より智くんのことを深く理解することができました。そして、より智くんのことが大好きになりました。

なんでもっと早く、智くんのこと知ってファンにならなかったんだろう… 辛い時の智くんの力になれなかったんだろう… と思うと、切なくてたまりません。
でも、確かに今、私は智くんのファンでいます。
過ぎた時間は取り戻せないけど、これから先は、たくさんのステキなサトシックのみなさんと一緒に、精一杯智くんのことを応援していきたいです。
これからも、どうかよろしくお願いします^^

sachiさん。
長い間のエントリー、とりあえず、お疲れ様でした^^
昔の智くんエピソードは、ほのぼの嬉しいこともあったけれど、辛く切ないことも多かったです。
でも、これまでの痛みや苦しみの全てが、今の智くんの広くて深くて暖かい人間性を作り上げる肥やしになったんだと…思いたいです。

素敵エピソードのエントリーも、もちろんだけど、sachiさんとこのブログは、もう私にとって、なくてはならないものになっているので…
これからも、グダグダなコメントでお邪魔すると思いますけど、見捨てずによろしくお願いしますね^^
[ 2012/05/10 15:17 ] [ 編集 ]

ありがとうございました♪

Sさん、sachiさん一連のエントリーありがとうございました♪

断片的にしか知らなかったjr.時代からの智くんの事を一連の流れで知る事が出来ました。Sさんの文章はとても情報が細やかで分かり易くて、本当に読むのが楽しみでした。最近ではテレビや雑誌で智くんを見ていると、あんなに辛い経験をして来たのになんで『自分は幸せ過ぎる!』なんて言えちゃうんだろう!?って、本当に大きな大きな器を持った人なんだな~( ̄∀ ̄)この人を好きになって本当に良かったな~♪っていつも思っています。Sさんも文章にするのも辛い時もあったと思いますが、本当にありがとうございました♪これからも色々教えて頂けたら嬉しいです♪♪

sachiさんも今回の一連のエントリーお疲れ様でした♪あっ、まだ1回あるんですよね(o^∀^o)Sさんとの智くんについてのお話を私達にも公表して下さってありがとうございました♪sachiさんも今回の一連のエントリーの中で辛い思いをされたりして、大変だったと思います(>_<)でも、私達に色んな智くんを知る機会を下って本当に感謝カンゲキ雨嵐です!なんて打っていたら、外は本当に嵐のような天気です(ToT)

これからもsachiさんの素敵な智愛に溢れたblog楽しみにしていま~す♪♪♪
[ 2012/05/10 15:26 ] [ 編集 ]

sachiさん、Sさん、貴重なお話を本当に詳しく、ありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。


Jrから京都、嵐としてのデビューと知らなかった事、知ってはいても断片的だった事を教えて頂けて感謝です。
sachiさん、こういう場所を作って下さってありがとうございます。
Sさん、書いて下さってありがとうございます。
何より、ずっ~と変わらずに大野くんを応援して来て下さった事に、感謝の気持ち以上なのですが表現する言葉が見付かりません。
ありがとう、本当にありがとうございます。


Jr時代や京都での苦労は、新米ファンの私が言うのも生意気かもしれませんが、今の大野くんの糧になっているのだろうなと思います。
この後、嵐さんがなかなかブレイクしなかった(という表現が正しいのかは分かりませんが)時の苦労も、きっと糧になっているのだと思います。
どちらも、一緒に悩んだり、協力したり出来る人達がそばにいてくれたとも思いますし。
でも嵐デビュー前後のあれこれは…しないで済むなら、させないで欲しかったなというのが正直な気持ちです。
この時期に応援出来なかった事が、本当に悔やまれます。
辛い時も、応援されて来たSさん始め先輩方には頭が下がります。


気持ちのままに書いていたら、まとまらない文章になってしまいました。
ごめんなさい。
ただただ感謝を伝えたい、それだけです。
ありがとうございました。
[ 2012/05/10 16:06 ] [ 編集 ]

sさん、sachiさんに

こんにちわ!

私の知りたかった大野智

ここには全てありました。

大野君の苦労・苦悩の数々…。
10代から20代前半の若い時に
何故こんなにも辛い思いを、試練を、
彼に与えたのか・・・?
読んでいく上で、本当に切なくなりました。
でも、そんな彼をこれまで以上に応援したい。
大野君に出会えてよかったと
心から思えます。

数々のエピソードを伝授してくださった
Sさん、sachiさん、
本当にありがとうございました!!
[ 2012/05/10 16:07 ] [ 編集 ]

感謝です!

sachiさん、Sさん本当にありがとうございます。

魔王で大野くんを好きになり、それまで、どちらかというとジャニーズ自体興味のなかった私がこれほどファンになってしまうなんて。

これも、Jr時代からデビュー当初、そして今に至る大野くんの苦悩、努力、TVで見る笑顔の裏側で本当に色んな出来事があって、それを大野くんファンの先輩方のブログなどで知りえたからだと思います。今の大野くんがあるのは、先輩ファンの皆さんが変わらず応援してきてくださったおかげだと本当に感謝してもしきれません!
これからも微力ながら頑張って大野君を応援し続けたいと思います!
たくさんの素敵なエピソードを教えてくださって本当にありがとうございました!!
[ 2012/05/10 18:40 ] [ 編集 ]

ありがとうございます

本当に貴重なエピソードありがとうございます


私も
過去の資料や情報を
探して
大野くんの素晴らしさを更に深めていますが
やはら
なかなかこんなに深いエピソードは
ないので
本当に感謝しています

Sさん
本当にありがとうございます

そういえば最近
デビューから大野くんを好きな人と
お知り合いになり
こんな事おっしゃってました

おおちゃんは
嵐デビューと聞いてやはり驚きを隠せなかった

一人キャラがちがくて正直浮いていたと…
やはりエピソード通り
おおちゃんは
辛い状況に置かれていたが表情には出さず
ファンの方にはもちろん他のファンにも

とてもやさしく対応してくれたそうです

その方は
今やもう遠い存在になり
直接応援出来ない事に
辛くて
とうつ向いてしまいました

以前から応援してる方は
葛藤のなか応援しているんですね

私なんて
Sさんやその方々の思いには及びませんが
ずーとファンでいてくださり
ありがとうございます


先ほどは
途中で、失礼しました

そして毎日ありがとうございます

それでは失礼いたします


[ 2012/05/10 18:44 ] [ 編集 ]

感謝カンゲキ sashiさん!Sさん!

sachiさん こんばんは。そしてありがとうございます。
Sさん 【嵐デビューから1年~】をこちらのブログに載せて頂いて 本当にありがとうございました。
ファン歴2年の私には 全く知らないことばかりで、読ませていただく度に 涙涙! 
よくここまで続けてきてくれたと思います。きっと大ちゃんが辞めずにこれたのは、京都からのファンの人達の為でもあるのでしょうね。
皆様のおかげで遅ればせながら大ちゃんに巡り合えて 幸せな日々を送れることに感謝しています。
もう一度 本当にありがとうございました。

これからもsachiさんのブログを楽しみに 共に大ちゃんを応援できることを楽しみにしていますので 宜しくお願いします。
[ 2012/05/10 20:48 ] [ 編集 ]

ありがとうございました

sachiさん、sさんへ

たくさんの貴重なエピソードを教えてくださり本当にありがとうございました。
今まで以上に智君を深く知ることができ、もっともっと大好きになりました。
智君に出会えたことに感謝!
sachiさんとsさんに出会えたことに感謝!です。

これからもよろしくお願いします!
[ 2012/05/10 21:55 ] [ 編集 ]

感謝しています

sachiさんやSさんのおかげで、“辛く苦しい日々があったからこそ輝きを増したのだ”という風に前向きに捉えられるようになりました。

皆さんが“あの日々”に目を向けてくださったからこそ、私もあの頃、目を背けずに応援してきて良かったなと心から思えます。

sachiさん、ありがとうございます。

Sさん、ありがとうございます。

皆さん、ありがとうございます。

智くんを追いかけ続けた日々は宝物です☆
[ 2012/05/10 23:00 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/05/10 23:58 ] [ 編集 ]

Sさん、sachiさん、ありがとうございます(泣)

 本当に感謝です。デビュー前後の智くんの複雑な状況・・・19歳の青年にしてはかなり過酷な状況ですよね(泣) 悩みの中にいながらも自分の道に突き進み、優しさを忘れずファンをとても大切に思う智くん・・・京都時代からのファンの方々を大切に思う気持ち・・・涼香さんが、智くんを追いかけた日々は宝物・・と。智くんもきっと忘れることなど出来ないファンの方々との日々だったんですね。智くんの言葉からよく感じます。私は、サトシック5年目にはいりますが、皆さんが長い間見守ってきた大野智という男性を、これからも応援して生きたい、皆さんと一緒に・・・
[ 2012/05/11 08:56 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/05/11 10:01 ] [ 編集 ]

曇りのち快晴♪

ずっと引っかかっていた心のモヤモヤが晴れたような気がします。

京都時代やデビュー当時のことはタブー視されてきました。。なのでその時輝いていた智くんまで否定されてしまっているようですごくツラかったです。。
Sさんがまとめてくださったから、sachiさんが話してくださったから…あの頃智くんに恋していた私たちの気持ちが救われました。嬉しいです。本当に感謝しております。

晴れ晴れとした気持ちでこれからも智くんを応援していきます(^^)
[ 2012/05/11 18:52 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/05/11 22:34 ] [ 編集 ]

Sさん、Sachiさん ありがとうございます♪

サトシックになってもうすぐ4年になります。いろいろな情報を一生懸命手探りで集めていきました。こんなこと、そしてこんなに長く誰かに嵌るということを初めて経験しました。

あるときステキなブログを見つけてそこで大野さんの過去をたくさん知ることができてうれしかった。でもそのブロガーさんは辞めてしまわれたんです。そんなことになると思わなくていつまでも読めると思って少しだけしかプリントアウトしていなくてすごく残念でした。でもブロガーさんの気持ちもわかるので 諦めてました。けれどSachiさんのおかげで同じような内容を読めることが出来ました。そして偶然かもしれないけれどその辞められた方もSさんでした。
というよりも文を読んでいるときっとあのSさんなんじゃないかなと思うぐらい同じ優しい表現で・・ちがうかもしれないけれどあのSさんに出会えたって勝手に思ってます。きっと同じ時間を共有された先輩ファン、大野さんの影響、そしてわたしの出会う多くのサトシックはすごく優しいステキな人ばかりなので同じニュアンスになるのも無理も無いのかもしれません。
本当にありがとうございました。点と点が線になり、もうわたしなんかが応援しなくっても彼は大丈夫なんだろうと離れてしまいそうでしたが、これからも大野さんを応援していきたいと改めて思いました。感謝です☆
そして最近の大きくなった嵐を見ていると順風満帆に勘違いしそうですが、こうやって辿ってこられた大野さんの貴重な軌跡の話がたくさんのサトシックの目に入っていかれることを願ってます。いつまでも存在していてくださいね。

[ 2012/05/11 23:39 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/05/12 09:52 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/05/12 12:39 ] [ 編集 ]

m1kawaya01さんへ

はじめまして。

コメントありがとうございます☆

申し訳ありませんが
この場所は、私が個人的に気持ちを綴る場所であって
情報交換の場ではありません。

その点をどうぞ、ご理解くださいませ☆
[ 2012/05/12 14:10 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/05/13 11:52 ] [ 編集 ]

こばんは sachiさん
コメントが今頃になってすいません。

Sさんへ
はじめまして。rirayukiといいます。嵐ちゃん、特に智さんのファンになってまだ6か月もたっていない、超ビギナーファンです。
でも、この年まで(40才overです(^_^;))、ジャニーズどころか芸能界の人にこんなにはまったことがなく、それが智さんをこんなにもはまってしまい、何をどうしたらいいのかわからず、いろいろな情報を探してネットをさまよっているときに、sachiさんのこのブログにたどり着きました。
本当にここにたどり着けたのは、ラッキーでした(^^)/
智さんのこと、膨大な情報をまとめるだけでも大変だったと思います。それを文章にするのは、労力だけでなく、もっと気を使う作業だったと思います。
智さんを愛するファンみんなのためにと、大変な作業をやり遂げてくださり、本当にありがとうございました。感謝しても足りません。
デビュー前のこと、デビュー前後のこと、10代の少年ともいえる頃にとてもつらい状況から逃げずにそれでも嵐を続けてくれた智さんを、尊敬せずにはいられません。
そしてそんな智さんと歩んできた嵐のメンバー、智さんを支えてきたスタッフ、ご家族、そして、デビュー前からファンを続けてこられた先輩方に感謝せずにいられません。
そんな風に思えたのもSさんのおかげです。
遅ればせながら、これから私も本当に微風だけど風を送っていきたいと思います。
Sさん 貴重な情報をありがとうございました。

Sachiさんへ
Sachiさんのブログにたどり着けたのは、本当にラッキーでした。
毎日の更新本当にありがとうございます。いつも読み逃げですいません。
SachiさんがSさんから知った情報を智さんファンみんなのためにと思ってくださったおかげで、貴重な情報を知ることができました。ありがとうございました。
第三者が目にすると思うとコメントを書くのですら、私はとても難しく感じています。
なので、ブログをするというのは、もっと気を使うと思います。途中しんどいこともあったと思います。でも、最後まで続けてくださり、ありがとうございます。
sachiさんもSさんも智愛に溢れています。
私も微力ながら遅ればせながら、智さんを応援していきたいと思います。
Sachiさん これからもブログがんばってくださいね(無理がない程度に…)。Sachiさんのブログも応援しています。
長々とすいませんでした。
[ 2012/05/13 21:43 ] [ 編集 ]

感謝です!

こんばんは!sachiさん、Sさん、ありがとうございました。
思えば怪物くん興行成績からこちらにお邪魔して間もなくデビュー前後のエピソードは始まり
本当に知りたかったことがそこにあり、時には読んでいて辛い時もあり、
でも、それも今の智さんにつながっている。

いつも不思議だったんです。
その実力を持ちながら常に控えめで、決して誰かを下にすることがないその言動が素晴らしいと。
「五人でいる空気感に助けられた]とよく目にしましたが、その本当の意味もこちらでわかりました。
すでに4年たちますが、これからもっと応援していきたいです!
[ 2012/05/13 22:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する