京都時代はサトシックにとっても大切な想い出の日々☆



おはようございま~す

小さなサトシゴトがちょこっとだけ動いたけど・・・
黒髪さとし、超かっこよかったですね~
あの髪色はもしかして、新たなサトシゴトの兆候ですか~

キャァ~~~どうしましょ!どうしましょっ!

ドドドドォーーー!モチツケ!モチツケ! ← 落ち着けです(笑

朝っぱらから一人、アホになってますが
なんか、あるのかな?あるのかなぁ~?

早く生で観たいよ~~~

と、現実に戻り、CMを張り切って捕獲するにはまだまだ先なので
今回も1つだけエピソードをご紹介したいと思います

昨日の『Kyo to Kyo』を観た感想を書いたエントリーを読まれたSさんが
私の感想に対して、いろいろと細かく教えて下さいました
Sさん、いつも素敵なお話をありがとうございます感謝

今回は頂いたメール、ほぼ全文載せています。
省略するには勿体無い、Sさんも最後に書いておりますが
智くんにとっての今に繋がる大切なJr.時代
それは同時に私たちサトシックにとっても
大切な想い出になる事と思います
長いですが、時間がある時にでも読んで下さったら嬉しく思います

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

本文を読む前に、こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章はニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



先日の『しやがれ』のコメント欄で、HIDEBOHさんの話題が出た時の
Sさんにあてた私のお返事から

>あ~ やっぱり『Kyo to Kyo』に出演していたのは
HIDEBOHさんでしたか^^
顔がそっくりだったから、そうかなぁと思ったんですけど^^
あれをゲタップっていうんですか?


ゲタップ=下駄ップのことです。
映像では、Jr.の子達が浴衣姿に下駄を履いて
タップのように音を鳴らしているのがそうです。
振り付けはHIDEBOHさんです。
HIDEBOHさんのように
ジャニーズ以外の方も多数出演したのが『kyo to kyo』です。

まずは『kyo to kyo』について


1997年に京都のシアター1200で行われた舞台。
公演は夏から半年ほどの期間で1日5回公演。
この半年の間に数回、デビュー組や東京のJr.が出演した公演を
『ジャニーズ ファンタジー Kyo to kyo'97』としてビデオ化しました。
つまり、コンのDVDのように1公演を撮影したものではなく
多数の公演を1本にまとめたものです。

公演当初は、デビュー組が日替わりで出演し大盛況となります。
その後は、Jr.の原くんを座長とし
大野くん、田中くんの数人が京都に残り
長きにわたり舞台をつくりあげていきました。

下駄ップは、田中くんが中心となり披露したそうですが
特別公演などには、大野くんも下駄ップを披露したとのことです。
観劇した方が
「綺麗にタップしてて感動でした。」と言ってます。
他の嵐メンが下駄ップに出演したのは夏休みの時期です。
この前の『しやがれ』で
ニノちゃんが
「リーダーできます。」と言ったのは
京都での下駄ップを思い出したのかな!?と思いました


↑これはアニキゲストが岸谷吾郎さんの時のタップお披露目した時ですね
↓昨日の、私が書いていた事について

>声は智くんなんだけど映像が他の先輩方が順番に口パクで映るんです。

私も、初めて映像を観たときはビックリしました!!
多数の公演を1本にまとめてあるので
日替わりの出演者をスライドショーのように映像化したのだと思いますが
デビュー組の多数の諸先輩が出演しているなかで
まだ名も無いJr.の大野くんの歌声を起用。
なんとなくなのですが・・・・
『kyo to kyo』は単なるアイドルの舞台ではなく
ショービジネス的を意識した舞台。
人気だけではなく、実力本物志向になっているのではないかと思いました。

でも、この映像は東京のJr.達に衝撃を与えたと思います。
当時『kyo to kyo』「島流し」と、一部では言われていました。
東京を離れることは、TV番組に出演できないことであり
$誌に載る回数も激減します。
なので、1年目の『kyo to kyo』の舞台に立った東京のJr.は
大野くんや原くん等の数人です。
(田中くんは関西Jr.のメンバーです。)
それが、無名のJr.の大野くんが映像だけでなく
歌まで唄ってるのですから!
翌年は、数多くの東京のJr.が京都へ
『kyo to kyo』の舞台に立ちました。
その理由が
 「大野くんのようになりたい!」
(パンフレットのコメントに掲載)

TOKIOの城島さんが
「歌にしてもダンスにしても、ほかよりも一歩秀でている大野は、
その実力でみんなを説得する力がある。」
といった言葉。
もう既に、この頃から発揮されてたのだと思います。


GQ2011年6月号・後ろから見守るスタンスでいたい☆

『kyo to kyo』の舞台については大野くんも
「大変だった。」と言ってますが
平日のガラ空き状態だけではなく、こんなこともありました。

観客が20、30人ほどの日々が続いても
舞台の演出にアイデアを出し合い1日5回のハードな公演を行う日々。
それなのに、夏休みには
“kyo to kyo タッキー座長公演”と銘打ち紙面を飾り
自分達は脇に追いやられる。。。
ところが、滝沢くんが1日5回のハードな座長公演を行えず
急きょ大野くんが借り出され出演。


ファンの子はタッキーを観に来たのに・・・僕が出演してて申し訳ない。

と言う大野くん。

>弁慶役の子の方が人気があったと思うけど(歓声が凄い)

この時の弁慶役は、滝沢くんをも、しのぐ人気だった小原裕貴くんです。
現在は営業マン。
仕事柄、嵐ちゃんをはじめとしてタレントさんと交流があるとのこと。

余談ですが、v6さんに続き
1999年W杯で新たなグループがデビューすると噂があったときに
そのメンバーの筆頭にあったのが小原くんと滝沢くん
そして滝沢くんとコンビを組んでた翼くんでした。
だから、その3人を押しのけてデビューしたのですから
大野くんへの風当たりは相当厳しいものだったと思います。


夏休みは東京のJr.達で楽屋もホテルもにぎやかで楽しい日々。
相葉ちゃんと初めて会話したのも、この京都での日。
相葉ちゃんの大野くんの印象は

「面白い変わった人だなぁ~。おもちゃの変装グッズ
(黒ブチの丸眼鏡に鼻がついてる)
をしたまま、コンビニに買い物へ行っちゃたりしてビックリした。」

このときに二人で撮った写真、大野くんは実家にあるそうですよ。
そんな楽しい日々もあっという間に過ぎ

「東京のJr.が帰ってしまうと、ガラ~ンとして寂しかった。」と。
その後も秋まで続いた公演。

「牛若丸で宙づりになりながら涙した・・・」
本当に、沢山の想いを抱え、交差した日々だったと思います。

努力は報われるもので、秋頃には平日の客席も観客で埋まり
1年目の『kyo to kyo』は終わります。
2年目は、それまで座長だった原くんが『MASK』に出演することになり
途中から大野くんが座長を務めます。
リーダーらしくない云々と言われてますが、本当は出来る方。
自己発信しない、求められなければやらない方なので。。。
この公演最終日も大泣きしてしまった大野くん。
でも本当は

「これで最後、もう二度と舞台に立つことはないんだと・・」
お別れの涙でした。

昨日に引き続き太一くんとの対談

嵐結成までの経緯☆
トラウマを乗り越えて☆

2年間『kyo to kyo』の舞台にメインで出演したJr.の中で
その後にデビューしたのは大野くんだけなんですよね。
Jr.の中には、過酷な舞台とデビュー云々、将来に不安を抱き
事務所を辞めた人も多かったと聞きます。
同じように、事務所を辞めて次の道を探し出そうとした大野くん。
時には、携帯電話の電源まで切り、事務所との連絡を絶ったのに
それでも引き戻された。。。
これは、運命というか宿命のような気がしてなりません。
そして結成されたアイドルグループ“嵐” 運命に導かれた5人です。


多分、私達が知ることができるのは、ほんの少しの事。
本当は、もっともっと肉体的にも精神的にも辛い過酷な日々で
16、17歳の少年が親元を離れて1人で抱え込むには
泣かずにはいられなかった・・・
一見、飄々とした可愛い男の子にしか見えない大野くん。
でも今では“嵐の精神的支柱”と誰もが認める存在。
それにはそんな過酷な日々を過ごし
それでも諦めず鍛錬した日々が糧となり
あの菩提樹のような大野くんが存在するのかと。。。
だからこそ、サトシックにとっも京都時代は
大切な想いでの日々になってるのかと思います。



完全完璧サトシックになったのがあまりにも遅かったから・・・・・
その、天と地のような過酷な日々を送ったJr.時代から
今に至っての智くんを知るにつれ、もっともっと大好きになったし
人としても本当に尊敬出来て・・・・・
もう、なんていっていいのか分からないけど・・・
もうね、この人から離れたくないです
やぁ~、今だって別に
くっ付いてイチャイチャしているわけじゃないけどさぁ~あ
どこまでも一緒に付いて行くよっていう想いで溢れそうなんです

みなさんだったら分かってくれますよね?この溢れる想い
今日は雨のバレンタイデーになっちゃったけど
智くんの素敵なお話をエントリー出来て
勝手に一人で感激しております
Sさん、本当にありがとう~

ではではまた~

しやがれ・さとしのプライベート再現☆のエントリーに
拍手コメントを下さったなおさん、Ryoukoさん
お返事を書きましたのでお時間がある時にでもお読みになって下さいネ



FC2 Blog Ranking

いつもたくさんの応援ポチ&拍手
過去エントリーにも毎日たくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝

関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/02/14 10:03 ] 智くん素敵エピソード | TB(-) | CM(19)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/02/14 15:02 ] [ 編集 ]

鍵コメMさんへ

Mさん、こんにちは~♪はじめまして♪
コメントありがとうございます☆

Mさんは魔王からのサトシックさんなんですね(*^^*)
私はあの、美しくて儚い智くん、完全スルーでした(涙
もう本当に大バカモノです(泣

その後、よりによって成瀬さんとは真逆の太郎ちゃんで
まともにドラマを拝見する事となり
悲しんでいいのやら喜んでいいのやら(苦笑
でもサトシックになったのは遅かったけど
これからも全力で応援して行きたいと思っています☆

京都時代の智くんの情報は本当に貴重なものですね♪
あの経験があったからこそ
そしてその経験を積んだ智くんがリーダーになったからこそ
今の嵐さんがいるんではないかなぁ~と思います(#^^#)

はい!またどうぞいつでも遊びにいらして下さいネ~♪
お待ちいたしておりま~す☆
[ 2012/02/14 17:37 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

美凪さんへ

美凪さん、こんにちは~♪はじめまして♪
コメントありがとうございます☆

Jr.時代から嵐さんの低迷期時代のお話を聞くと
本当に涙が溢れて溢れて・・・
舞台が終わった後も智くんをなんだかんだと引き止めてくれた
ジャニーさんには感謝ですね☆

私も智くんに出逢えて幸せです(#^^#)
またどうぞいつでも遊びにいらして下さいネ~♪
お待ちいたしておりま~す☆
[ 2012/02/14 17:56 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

凪っ子さんへ

凪っ子さん、こんにちは~♪はじめまして♪
コメントありがとうございます☆

もうみなさん、智くんのこと大好きですね(#^^#)
語っているだけで幸せな気持ちになります♪

ありがとうございます^^
ありふれているけれどやっぱり青は、さとしカラーだから
青に染まりたいと思って選んじゃいました(笑
優しいお部屋と言ってもらえて嬉しいです☆

またどうぞいつでも遊びにいらして下さいね~♪
お待ちいたしておりま~す☆
[ 2012/02/14 18:09 ] [ 編集 ]

こんにちは^^

最近の大野くんのことしか知らないので(それもざっくりですが・・・^^;)、若いときの大野くんを知ることができて、とても嬉しいです。
ありがとうございます。


少しずつブログも遡って読ませていただいてます^^

それで、今回のエントリーとは関係ないことをここに書いて申し訳ないのですが・・・
生歌か口パクか・・・
5×10の福岡コン一日目、どの曲かは覚えてないのですが、ニノが歌詞を間違えました。
モニターに歌詞が出るから、間違えたらわかるんですね。
そして潤くんが『One Love』で、「百年先も~」の「ひゃくねん~」の声がひっくり返って出ませんでした。
ダンスナンバーとか歌によって、色々なやり方があるんでしょうが、すべて口パクだというのではないと思いますよ。
すべて口パクだと思われるのは悲しいですね。
[ 2012/02/14 18:22 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

キーさんへ

キーさん、こんにちは~♪
以前に怪物くん興行成績のエントリーに
拍手コメントいただいていましたね♪
あの時はまだ、お返事をしていなかった頃だったので
申し訳ありませんm(_ _)m
ありがとうございます☆

智くんのJr.時代のお話は本当に貴重ですね~☆
こんなに過酷な日々を送ってきたJr.時代だから
余計に今の智くんが愛おしく感じます☆
これからも応援していきましょうね☆
[ 2012/02/14 18:25 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

トヨチャンさんへ

トヨチャンさん、こんにちは~♪はじめまして♪
コメントありがとうございます☆

あはっ(笑)大丈夫ですよ~^0^
拍手コメントはちょっと打ち込み辛いですよね^^;
気にしないで下さい☆
どこからともなく見つけて下さってありがとうございます(*^^*)

勇気が要ったでしょう~♪
でも、コメントくださってとっても嬉しいですよ~♪
智くんの事を毎日語るだけで私自身が幸せいっぱいになります^^
なので読んで下さる方もHAPPYになってくれたらなぁなんて思いながら
毎日更新しています♪

またどうぞいつでも遊びにいらして下さいネ~♪
お待ちいたしておりま~す☆
[ 2012/02/14 18:40 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

なおさんへ

なおさん、こんばんは~♪
私も同じですよ~^0^
なんで今まで気づかなかったのかと思うと
本当に情けないですよね(苦笑
だからもう、それまでの期間を取り戻す勢いで智熱
語っちゃってますよ(笑

本当ですよね~
それに本人は才能だとは思っていないし
思われたくもないでしょうね。。
なんて言うんでしょうか~
自分が歩んできた道は途轍もなく険しい道だったのに
他人にはハードルを下げてくれるじゃないですか^^
いつもいつも大丈夫って☆
心も身体もこの人になら預けたくなりますね(#^^#)

もう私、本当に大好きだわ♪
この先も嫌いになる事は絶対にないでしょうね♪
[ 2012/02/14 20:22 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

きょんぷーさんへ

きょんぷーさん、こんばんは~♪はじめまして♪
コメントありがとうございます☆

ううふっ(笑
ひょんな事から飛んできて下さりありがとうございます(*^^*)
大丈夫ですよ~^0^
拍手コメントはちょっと打ち込みにくいですよね^^;
気にしないでください^^

私もきょんぷーさんと同じ^^
まだまだ智情報、吸収中です♪
私が得た情報で少しでもHAPPYになってくれたら嬉しいです♪

はい!またどうぞいつでも遊びにいらして下さいネ~♪
お待ちいたしておりま~す☆
[ 2012/02/14 20:35 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

はじめましてさんへ

こんばんは~♪はじめまして♪
コメントありがとうございます☆

千年メドレーは本当に素敵でしたね~☆
あんな真後ろのポジションで
その当時から小柄な智くんだけれど
その一つ一つのフリがとっても綺麗だから
オーラがバッチリ出てるし
無の顔で一生懸命に踊る姿は
やっぱり他の子たちとは全然違うんですよね☆

私も生で見たかったですぅ~(*^^*)
またどうぞいつでも遊びにいらして下さいネ~♪
お待ちいたしておりま~す☆
[ 2012/02/14 20:48 ] [ 編集 ]

おダンゴさんへ

おダンゴさん、こんばんは~♪

私もなんだかんだ言っても
ブレイクし始めてから知ったようなもので
智くんがこんな過酷なJr.時代を送っていたなんて
全然知らなかったので初めて知った時は
何ともいえない気持ちでいっぱいになりました。。
過去の智くんを知るにつれ、もっともっと好きになって
困っちゃいます♪

口パクか生歌か
ダンスナンバー以外は生だと思います^^
意外と音楽番組でも音をはずしていること良くありますし
一昨年のFNS歌謡祭の『果てない空』とか
にのちゃん&翔ちゃんが初っ端からはずしましたし
昨年の『妹よ』は生歌でもとっても上手でした♪
ライブDVDを観ても生歌だって分かる証拠がいくつもあるのに
なぜ口パクだと決め付けるのかさっぱり分かりません。
それがアラシックさんのブログのコメ欄でお話されていたので
とてもショックでした。。

悔しいけれど・・・
でも、言いたい人には言わせておけばいいんです☆
私たちには嵐さんの魅力を思う存分味わえる耳が
ちゃんとあるんですから(#^^#)
[ 2012/02/14 21:12 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

けんさくちゃんさんへ

けんさくちゃんさん、こんばんは~♪

本当に凄いですよね~♪
教えてくださる情報を私だけ独り占めするには勿体無さ過ぎて
もっともっと大勢のサトシックさんに
智くんの魅力を伝えていきたいし
一緒に感動したいと思って毎回エントリーしてますが・・・

智くんを知るにつれ
もう溢れる想いが大変な事になっちゃってますよ!私(笑
みなさんも同じでしょうか?(#^^#)
いつまでも応援して行きましょうね~☆
[ 2012/02/14 21:52 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

さぼままさんへ

さぼままさん、こんばんは~♪はじめまして♪
コメントありがとうございます☆
そんなに前から遊びに来てくださっていたんですか~
嬉しいです♪ありがとうございます☆

ライブDVDを観ちゃったら智くんのこと
好きになって当然ですって(笑
だって、TVでは観れない智くんが
たくさん詰まってるんですもの(#^^#)
サトシックになったのは遅かったけど
出逢えたことに感謝して
これからも応援して行きましょうね~♪

またどうぞいつでも遊びにいらして下さいネ~♪
お待ちいたしておりま~す☆
[ 2012/02/14 22:07 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/02/15 23:59 ] [ 編集 ]

鍵コメKさんへ

Kさん、こんばんは~♪はじめまして♪
コメントありがとうございます☆

怪物くんの興行成績はやっぱり気になりますよね^^
でも太郎ちゃんはやってくれました~♪
30億円突破の大成功~良かったです(*^^*)

京都時代の智くんのお話はみなさん、知りたいですよね^^
パッシングetc・・・
また時間がある時にでも書いていきたいと思います☆
デビューが決まった事で何もかもが
自分の本意ではないところでいろいろと・・・
そういう面でも肉体的だけでなく
精神的にも辛かったと思います☆
でも、それを乗り越えたからこそ今の智くんがいて
5人仲睦まじい嵐さんの存在が国民的アイドルグループにまで
上りつめたんだと思います☆

これからも応援して行きましょうね~☆
[ 2012/02/16 00:32 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

たかみいさんへ

たかみいさん、こんにちは~♪はじめまして♪
コメントありがとうございます☆

拍手コメントはちょっと書き辛いようで
お気になさらないで下さいネ☆

たかみいさんは智くんが若い頃から、応援されているんですね♪
ありがとうございます☆
あ~特に昨年の露出度は凄かったですものね~^^
新米で、これから頑張るぞぉ~なんて思っていても
息切れ寸前で大変でしたもの~(苦笑
休みたくなりますよね(*^^*)

そんな時に、楽しいって言ってもらえて嬉しいです♪
これからもまたどうぞいつでも遊びにいらして下さいね~♪
お待ちいたしておりま~す☆
[ 2012/02/19 16:33 ] [ 編集 ]

はじめまして

だいぶ時間がたってからのコメントすみません。
懐かしいkyotokyoの話につられて、つい書かせていただいてしまってます。(普段は読ませていただく専門なのですが…)

私は97年、98年と、東京から新幹線で京都に通いつめたクチです。しばらくの間は封印されたように存在を無視されていたあの舞台が、このところの嵐(とくに大野くん)のブレイクで、話題に上ることが増えて嬉しく思っています。

ただ、言葉の少ない大野くんの「つられたまま泣いていた」発言で、京都時代がただただつらく悲しい印象だけで、一人歩きしているのが、通っていたファンの一人としては、少し寂しい感があるのも事実です。

97年の平日公演はたしかに、舞台の最前数列のみで、観客と出演者の数があまり変わらないような日もたまにありましたが、98年は、土日はチケットをとるのも大変でした。
もちろん、舞台のうらではつらいことも大変なことも、幼い大野くんにはたくさんあったと思いますが、舞台の上の大野くんは、ひたむきに踊り、歌い、天井知らずの成長ぶりを見せて、たまに見せる笑顔で、観客はもちろん、共演者たちまでも、ひたすら惹きこんでいくようでした。

当時の出演者たちの合言葉は「大野くんのように踊れるようになりたい」。当時の、繊細なガラスを思わせるような手指の先まで神経の行き届いた踊りは、10数年後の今も、さらに研ぎ澄まされていますね。

ここで力説することではないのかもしれませんが、当時の大野くんにも、笑顔も大切な仲間もいたことを、少しでもお伝えしたくなりました。。
長々と、大変失礼いたしました。
[ 2012/03/10 18:09 ] [ 編集 ]

ふみおさんへ

ふみおさん、こんばんは~♪はじめまして♪
当時の智くんを知る方からのコメント
とっても嬉しいです☆
そして、ありがとうございます☆

大丈夫ですよ。。ご安心ください。
今は、話の流れとかもあって別のエピソードを書いていますが
Kyo to Kyoのエピソードは、まだまだもう少し続きます♪
そのエントリーに楽しかった思い出や仲間達の事も書いていく予定です。

とは言え、当時を知らない私たちがいろいろな情報をかき集めて
或いは購入したりと当時の智くんの様子が分かるように
そして、それを読んだ私が感想を書いているだけですので
ふみおさんのような当時を知っていらっしゃる方にとっては
もの足りない部分だったりニュアンスの違いだったり
があるかも知れません。
その点については、嘘の情報はないのを前提に
ご了承いただければと思います。

良かったらまたどうぞ、いつでも遊びにいらして下さいね~♪
お待ちいたしておりま~す☆
[ 2012/03/10 21:55 ] [ 編集 ]

拍手コメントへのお返事です☆

chagall-mayuさんへ

chagall-mayuさん、アドレスでしょうか?
こんばんは~♪はじめまして♪
コメントありがとうございます☆

私もまだ2年弱の新米サトシックです(*^^*)
私ね、とっても恵まれているんです^^

お友達になった方が昔の映像を焼いてくださったり
こうしてエピソードを教えてくださったり
普通だったら考えられませんよね^^
だから私ももったいぶらずにみなさんにもお伝えしたくて(*^^*)
Sさんからも了解を得ているので
これからもチマチマとUPしていきますので
またどうぞいつでも遊びにいらして下さいね~♪
お待ちいたしておりま~す☆
[ 2012/03/12 23:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する