-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-10-08 08:33 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



【Mステ6】の続きになります

嵐さんがデビュー1周年を迎えたという事で
ここで少々『Mステ』レポ感想をお休みさせてもらって
Jr.時代やデビュー当時の事、それから数年経っての思い出話などを
智くんが太一くんとの対談でお話されているので
こちらを先にUPしたいと思います
某所で拝見された方も多いと思いますが
この対談はトークも含め、たくさん書きたい事があるので
数回に分けてUPしていきます

この対談の智くんはライブDVD『AAA in DOME』のままのお顔ですね(笑
ちょっとパンパン(笑
最初観た時は、あれっ!?浮腫んでる?と思っちゃったほど(苦笑
体は引き締まってるんだけどお顔だけがパンパン(笑
同年に行った、後のライブ『Time』と比べたら一目瞭然
顔、違うぞっ!ってなもんです(爆

でもね『Time』も大好きだけど
『in DOME』、こちらも負けてないですよ~ 結構好き
初めてのドームコンだったからか衣装もかなり素敵でしたし
私が思うに、セトリもその当時ではバッチリだったんではないかなぁ~♪
私にとって大好きな曲がたくさん入っています
みなさんも同じとは限りませんけれどネ
『Love so sweet』を2回も歌ったのはびっくりしたけど
アンコールの2回目は2番も歌ってくれてて智くんのソロパート
いいよね~

MCも何度リピした事か(笑
未だに爆笑してしまいます♪

と、話が逸れてしまいましたが
その、パンパンなお顔で
ケタケタ笑いながら太一くんとのトークが始まりです

《太一くん=茶》

太一:僕と大野の初めて会ったこととかって覚えてる? 
智:太一くんが話しかけてきたのは
  宝塚の新しくなる建てかえる時のエレベーターの中で
  2人になった

太一:おぉ~~~ ←太一くんとっても嬉しそうです(笑

智:その時に太一くんが
  「きみ、名前なんていうの?」みたいに言われて
  「大野です」・・・ 

  「大野くん、踊りうまいね~」って
  言ってくれたんです

太一:ほぉ~
智:あっ、見ててくれたんだ~ 
  リハーサルとかたぶん、見ててくれたのかなぁと思って

太一:はあ~ぁあ~あ~(笑
智:それが初めての
  「ありがとうございま~す」
太一:みたいな?(笑
  ごめん・・・全然覚えてない(爆

智:あっはははは(笑 あれ、嬉しかったんだけどな~・・・(笑
太一:ははは(笑 お前、最後まで力強く喋ろよな~ 
  嬉しかったんだけどなぁって(笑
  な~ 疲れきってるじゃない(笑


太一:俺ね、喋った事とかってあんま覚えてないんだけど
  大野がJr.にいた時に
  kinkiの光一に似てんなってずーっと思ってた事はある

智:あ~~~ぁ
太一:それ、言われなかった?一時期
智:いやっもう、すっごい言われた
太一:言われたでしょ! 
智:だからJr.の時、街歩いてても
  kinkiだ~っみたいな
  うっすら通りがかりで言われて
  違うんだけどなぁと(笑
  地元のチャリンコで駅まで行く時に
  姉ちゃんとすれ違ったみたいで、僕は覚えていないんだけど

  「あんた、光一君かと思ったよ」って
太一:姉ちゃんが間違えるくらいでしょ!
  本当に似てたその当時
  ただ、地元のチャリンコって言っちゃったよね(笑

智:言っちゃった(苦笑
太一:地元のチャリンコって何かな?って
  思っちゃったんだけど(笑

智:え~え~、ちょっとミスです(苦笑
太一:ミスった!?(笑
智:ミスった(笑
太一:ふはははははは(爆)何この世界観 
  斬新な世界観と空気をお送りしております(笑


太一:事務所に入ったのはいつですか?
智:事務所に入ったのは14歳で
太一:誰が送ったの?
智:うちの母ちゃんが送って~ ほんですごい嫌だったんだけど
  まったく興味なかったから。
  んで~、行きたくない!行きたくない!って言ったら

  「あんたが受かるわけないでしょ!」みたいな事言われて
  あぁ~確かにな~ じゃぁ別にいいよ。送って!みたいな

太一:芸能界に興味が無いって言ってたじゃない?
  俺も元々は芸能界、全然興味なかったんだけど
  俺はサッカーとか野球とか凄い好きで
  そっちに行きたいなぁって気持ちあったんだけど
  その当時、何やってたの?

智:興味あるもの・・・
  小学校の時から絵を描いてたから
  まぁなんかイラストレーター的な事が
  出来ればいいかなぁと思ってたんだけど

太一:それもあれだよね。inだもんね。
  外に出てなんかこうね、前に出てって感じじゃないもんね

智:ない!そう~、ほんでやっぱ踊り興味持ったから
  じゃぁ踊り極めたいなぁと思って
  だから部活感覚だったんですよね

太一:あ~ぁ 戸惑いとかはなかったの?
智:後輩が入ってきてあんまり踊れないのにこう
  マイク持ったりするじゃないですか?前で
  ほんで後ろで踊っている自分とか訳分からなくなりますよね

太一:あ~~~なるほど~後輩がマイクを持って歌い始めて
  そのバックをやっていたんだ

智:バックを引き立て役でやってた時期とかは
  認めてくれてないのかな?とか

太一:上の人たちが・・・
  事務所の人たちが大野と言う存在を?・・・

智:そういう時期もありましたよね
太一:はぁ~ そうなのかな~?と・・・
  もしかしたらそのぐらい悩んでいる時の映像かもしれませんけれど
  ちょっと昔の映像、観てみます?

智:はい

長くなってしまったので今日はここまでで

智くん×太一くん対談(2)に続きます



FC2 Blog Ranking

いつも応援ありがとうございます


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。