FC2ブログ

HAPPYDAYS☆智☆

嵐が好き。なかでも特別な人は大野智さん。 その時々に感じた想いを思うがままに綴っていこうと思います。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2003年 大野智主演 舞台『センゴクプー』(3)あらすじ




こんばんは~(* ´ ▽ ` *)


今夜の『VS嵐』楽しかったですね~ヽ(´∀`)ノ

書きたいことはたくさんありますけど、その気持ちはちょっと静めておいてとp(*^-^*)q

今日はエピの続き、いきますよ~☆


ではでは(2)の続きです☆


Sさん、貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソード(豆知識)を
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソード(豆知識)はTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



◆『センゴクプー』 (2003年4月11日~27日 東京グローブ座、5月4日~11日 近鉄劇場) 


◆出演者◆

風助 (大野 智)
元伊賀忍者。どこにも仕官せず自由に生き
刀の代わりに大きな“しゃもじ”を持ち、話術で敵の心を刺す。
プータローからセンゴクプーと呼ばれる。

雷蔵(西ノ園達大)
最初は、風助の命を狙うが、風助の話術に影響を受け行動を共にする。
(劇中で嵐の曲を率先して歌ってます)

嵐山 (山本 亨)
戦国武将の1人。乱世の世の中を生き延びるために、常に模索している。

雪那(吉野きみか)
元は甲賀の姫。嵐山の軍師であるが、嵐山を討ち落として一族を再興し
自分が支配者になろうと目論む。

竜巻 (工藤順矢)
嵐山配下の侍の1人。風助に手玉に取られ、目の敵にする。

ヌゥベン(武田義晴)
嵐山に鉄砲を売りつけに来ていた宣教師。
風助の生き方に興味を持ち、日記をつける。

**********************************************************

◆あらすじ◆

時は戦国。

戦国武士達が、この世を手に入れようと常にどこかで戦いが起こっていた。

そんな時代に、決して刀を抜かずに

自分の言葉だけで世の中を渡っていく風助という名の男がいた。

眠そうな顔をしているが敵の攻撃を身軽に避け

いかさままがいの軽口を叩いたと思えば、敵の心中にすっーと忍び込むような言葉を話す。

風助のモットーは
“弁は剣よりも強し!”

真の強い人間は剣などには頼らない。

自分の言葉が相手の心に伝わったとき、何かが変わる。

そう信じて1人暮らしていた。


『センゴクプー』1☆


百姓出の雷蔵は、武士を志して刀を腰に差していたが

風助に出会い、その人柄にすっかり惚れ込み行動を共にし

2人で“戦国風(せんごくぷー)”を名乗り、困っている村人達を助けていた。


『センゴクプー』3(雷蔵役:西ノ園達大)☆


風助の噂を聞きつけた武将:嵐山は

風助を自分の配下の者として召抱えて利用しようとする。

その誘いに風助は


「人を力で抑えようとする人間に抗う人間もまた、絶対にいなくならないぜ!」

と、嵐山を否定する。


『センゴクプー』5(嵐山役:山本亨)☆


嵐山に仕える女軍師:雪那は、実は滅ぼされた忍者一族の姫で、一族再興を狙っていた。

雪那は風助が“抜け忍”であることを見破り

(↑この風助の秘話が、プーシリーズEpisode1『アマツカゼ~天つ風』に繋がります)

男が女を力で押さえ込む世の中を変えるためには

風助のような武力を必要としない者の力が欲しいと考えるが


「それじゃ、今と変わらない!」と全く興味のない風助。


そして、宣教師ヌゥベンは、神の教えを広める資金を稼ぐため

鉄砲を売る武器商人という仕事もしていたが、風助に


「血で汚れた金で建てた教会で、お前は何を人々に伝えるんだ?」

と尋ねられ、返す言葉もないヌゥベン。


武士に虐げられていた村人達は、自分達を救ってくれる存在として風助を頼りとする。

その知恵と言葉は村人を助け、その歌声は人々の心を明るく前向きにしてくれる。

しかし、風助は


「民衆をあてにするな。あいつら、都合のいい時だけ人を神輿に担ぐんだから・・・」

と冷静だった。


ある時、百姓になりすました雪那が、村人達に一揆を起こすように扇動する。

一揆を起こすには、“戦国風”の力が必要であると考えた村人達は

雷蔵を頼り、雷蔵は一揆の先頭に立つことを決心する。

風助は雷蔵を必死で止めるが一揆が勃発し

やがて一揆は制圧され、雷蔵は捕らえられる。

そして、雷蔵を助けようとした風助もまた捕らえられる。


一揆の先導者である雷蔵、自分を裏切った雪那、自分を否定する風助

これら全ての反対勢力を
「殺してしまえ!」と命じる嵐山だが

ヌゥベンの機転により、雷蔵と雪那は無事に逃げ切ることができる。


嵐山の元に、1人残った風助。

決して刀を抜くことなく、天城嵐山の刀を受け続け

ついには嵐山を自分の足元にひれ伏させた風助。

降りしきる雪の中、静かに立ち去る風助・・・

その背後には、風助を追う嵐山の家来である足軽兵の影。


『センゴクプー』4(竜巻役:工藤順矢)☆


1人残った風助の身を案じていた雷蔵達のもとに、竜巻に担ぎ運ばれて来る風助。

幹に寄りかかり座ったままの、いつもと違う風助の異変に気づいた雪那が


「その首の襟巻きの色・・・それを取って見せて!」と言って

赤い襟巻きを外すと首には大きな傷が!!


嵐山は、風助を殺しはしなかったが

風助が持つ最大の武器である“声”を奪ったのだった。


「これでは、風助は殺されたのと同じだ!」


怒りに震える雷蔵達。

すると突然立ち上がり、脇差を拭いた風助が巨木の幹に大きく



マダマダ☆


“マダマダ”


と文字を刻む。


両手をじっと見つめ



『センゴクプー』2☆


皆に手を広げて見せ


『まだ負けない、この両手があるんだ!』


と訴える風助の首筋からは、真っ赤な鮮血が流れ落ちる。

固く握りしめた拳を高く掲げ、こぼれんばかりの笑顔をみせる風助

その頬には一筋の涙。。。




風助と智くんが重なって見えてならない。。

あらすじを読んでるだけで涙が・・・

何度読んでも堪えきれなくて溢れてきちゃうんです☆


うぅっ、映像化してほしい・・・(つω-`。)




(4)へ続きます☆



良かったらポチッと応援よろしくお願いします☆


にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます
感謝


関連記事
スポンサーサイト

| 智くん素敵エピソード | 20:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT