映画【ピカ☆☆ンチLIFE IS HARD だから HAPPY】今回はハルが主役!(後編)☆



おはようございま~す


ではでは中編の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



思いがけず『ピンカチ』シリーズ第二弾で、主役の座を射止めた
“八塩イチ悪運の持ち主”貴田春彦(通称ハル:大野智)。

確かに、ハルは5人組みのメンバーの中で一番ひ弱な印象があるので智くんが

「どう考えてもワキ役だろう」と話すのも納得なのですが

『ピカンチ』シリーズの脚本は河原雅彦氏が担当してます。
言わずもがな、河原氏はドラマ版『青木さん家の奥さん』で智くんと共演し
舞台版では演出をされてます。
智くんの演技の振り巾の広さと瞬発力の早さ、芝居の技量については
太鼓判を押しているので、河原氏からすれば
何の不思議もない大野智の主役起用だったのかと思います。



マンモス団地で、何の巡り合わせか中学以来のクサレ縁。
何をするにも、どこへ行くにも一緒で、明るく元気に不器用に
時には大人のルールに反発してきた5人組も、今や一端の社会人。

そこには、3年という月日の中で思いもよらなかったシガラミを抱え
いつまでも一緒に“おバカ”なことをやっていられないとう
厳しい社会人としての現実。

変わって行く仲間に

“勝手に先行かないでよ。オレ、ついていけないいよ”
と訴えるハル。

そのセリフを

「ハルだけはなんも変わってなくて、置いていかれそうな気持なんだよね。
 わかるなぁって思った」

と話す智くん。

当時、嵐ちゃん達もドラマ、映画、バラエティーと
ソロ仕事で、少しずつ忙しくなり始めた頃。
唯1人、年1舞台を仕事としていた智くんにとって焦りはなかったものの
“嵐”5人での仕事現場から、一足早くソロ仕事へ向かうメンバーを見送ることは
寂しかったのかもしれません。。。

当時、既に一部では
“何もしないリーダー”などと揶揄されていた智くん。
それは、自分自身のことよりも
“嵐”というホームを守るための選択の結果、誤解された言葉だと思います。

暗く長いトンネルに入り込んでいた“嵐”、その中で葛藤し
メンバーに変わり“嵐”の冠番組で奮闘する智くんの姿が

“勝手に先行かないでよ。オレ、ついていけないよ”
と訴えるハルの言葉と重なります。。。

しかし、この2004年は
“何もしないリーダー”の言葉を覆す
目覚ましい活躍と躍進を見せてくれます。

5月には舞台『TRUE WEST』で松兄とW主演し
“嵐!いざッNow Tour!!”ではソロ曲『TOPSECRET』で初の振り付けをし
『24時間テレビ』では、チャリTシャツのデザインを手掛け
そして12月からの舞台『WEST SIDE STORY』ではリフ役に大抜擢されます。

このリフ役に関しては、最初から智くんに決定していた!というか
智くんでなければ!の決定だったと思います。
(その辺りの詳細については、後々『WSS』エピの中で・・・)

この他にも、ドラマ『四分の一の絆』出演
『劇団演技者。勝手にノスタルジー』に主演してます。


確かに、それまでの華奢なイメージから、ちょっぴり逞しくなって行く・・・
そんな変化が見られる2004年だと思います。

それにしても、大野智という人間は、時には“預言者”のような言葉を語ります。


「また続編があったら、今度は井ノ原くんの“かごめ兄ちゃん”が主役がいいな」
と話す智くん。
その話に

「やるとしたら・・・思い切って10年後くらいにして
 みんな実際にオッサンになってるの(笑)」
と答える井ノ原くん。

まさに10年後の2014年、30代の大人となった5人が
“かごめ兄ちゃん”のために再会を果たす姿が描かれる
『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY』となって
帰って来たのでした。。。




“勝手に先行かないでよ。オレ、ついていけないいよ”
と訴えるハル。

>そのセリフを

「ハルだけはなんも変わってなくて、置いていかれそうな気持なんだよね。
 わかるなぁって思った」


この当時の智くんの言葉、智くん自身も言ってるけれど
ほんと、切ない・・・

こういう想いを知ると、大野智としては何を思ったの?と・・・考えてしまう。
智くんは自分の胸の内をペラペラと喋るような人ではないけれど
だからこそ、その短い言葉の中に込められた意味を想うと
生身の智くんを感じてしまって
“大丈夫だよ”と寄り添ってあげたくなります
智くんの放つ言葉はどんな言葉もいつだってストレートに胸に響く・・・


“何もしないリーダー”。。

この言葉、ブログを開設して間もない頃にも私が智ファンだと知ったうえで
智くんを侮辱したコメントを(一人だけお仕事がない等)頂いたことがあってね・・・
思い出しちゃった。。

舞台はお仕事のうちに入らないの?
表に出て見えるお仕事だけがお仕事なの?

確かにファンとしては姿が見えないのは寂しい部分ではあるけれど
Jr.の頃から頑張ってきた舞台
智くんの原点の場ともなる舞台、その場所で確実に着実に力を身につけ
地道に頑張ってきたからこそ、今の智くんが存在しているのだと思います

TVのようにすぐさま顔を憶えてもらえるような利点はないけれど
智くんにとってとても貴重な大切な時間であったことは明確で
そんな智くんは、“嵐”というホームで
ソロ仕事で疲れて戻ってきた翔ちゃんや相葉ちゃん
ニノちゃんや潤くんの心をも癒し、守ってきたのでしょうね

今年の智ソロ曲『暁』は、“Kyo to Kyo”を彷彿させるような
マスクマジックなど振り付け演出があったようで
智くんならではの“原点回帰”になったようですね
ほんとこの人は、どこまで惚れさせるんだか・・・罪な人
早く観たい

最後に、智くんとイノッチの何気な~く放った言葉が
第三弾『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY』となって実現したこと
この『ピカンチ』シリーズに携わった全てのスタッフさんに感謝します

そして、イノッチ(V6兄さんたち)これからも嵐さんの事、よろしくお願いします

***************

本日から札幌ジャポコンが始まりますね
参戦される皆さま、思いっきり楽しんできてくださいね~
気を付けていってらっしゃい
札幌も、誰も怪我をすることなく無事に終わりますように


ではではまた~

いつもたくさんのコメントにメール、拍手を
ありがとうございます
感謝


関連記事
スポンサーサイト
[ 2015/11/13 08:40 ] 智くん素敵エピソード | TB(-) | CM(12)

sachiさんSさん、又々素敵なエピありがとうございます。こういうエピ読ませていただくといつも智くんは変わらないなぁと思い、そして次に切なさがきます。本当にブレない強くて優しい智くんの姿がありますね。
sachiさん時間の取れない中エピを載せていただき本当にありがとうございます。
又楽しみに、ゆっくりと更新待ってますので無理なさらないでくださいませ〜
[ 2015/11/13 09:08 ] [ 編集 ]

sadhiさんこんにちは~☆

今回も貴重なエピをsachiさん、Sさんありがとうございますm(__)m

大野くんのこの時の気持ちを考えたら切ないね・・・
自分を出さない大野くんだから余計にそう思うよ・・・
きっと1人でいろいろ思い悩んでたんだろうね・・・
葛藤や焦りもあっただろうね・・・

でも、そこを乗り越えてくれたから今の大野くんがいるんだもんね・・・

一言で表せないほどのいろんな思いを知ってるからこそあの
心穏やかで、癒しの空気感が自然と出るんだと思うよ・・・
何一つ無駄じゃなっかった今までの道のり・・・
遠回りして良かった・・・って言える人だもんね・・・

これからも大野くんが大野くんらしくそこに居てくれれば・・・
そう思う私です・・・

sachiさん・・・日に日に大野くんを想う気持ちは
更新されてくね・・・
やっぱり彼から離れるなんてことなんて私にはできない・・・
最近つくづくそう感じてます!

今日から札幌だね~!
何事もなく無事終えられますように・・・☆

あと、2週間で大阪です!
早く大野くんに逢いたい!
そして、私の気持ちをリセットしたい!
あの日の前の私に・・・☆
大野くんが大好きでどうしようもない私に戻ってきますね!

じゃあ、またまた・・・☆


[ 2015/11/13 12:14 ] [ 編集 ]

sachiさん、こんにちは。
ピカンチのエピ、この頃まったく嵐自体を知らなかったので、そうだったんだーと昔の彼らを想像しました。若い智くんが色々思うことあっても、今やることをやらなきゃと頑張っていたんだと、胸が痛くなりました。この頃の努力があってこその今の智くんなんですね。
私事で、低浮上でしたが、明日札幌に参戦します!
智友達が当ててくれて、遠征してきます。
冬の札幌、初めてで少し不安ですが、
思いっきり愛を叫んできますね。
[ 2015/11/13 15:57 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/11/13 18:48 ] [ 編集 ]

ハルくん大好きです。

お早うございます。土曜出勤、小雨で寒くって辛いですね。
久々のSさんからのエピなんだか懐かしい感じがしますね。去年のハーフを初めてスクリーンで見ました。アリーナ2列目、コンサートなら神席ですよね。等身大以上のハルくんを見つめていました。智くんはいません。すごいね。妹と大笑いしながら、見ていました。
今までの分はレンタルで見ました。情報なく、2作目から入ったのですが、やっぱり主役だったのですね。見終わった後、心配になっていたら、ピカダブの屋上で踊って普通の智くんを見てビックリしたことがありました。
それから、1作目、黄色い涙など見ましたね。
このころから、憑依型といわれている姿があったんですね。
そして、他の4人が仕事がソロで表だってTVなどに出ていた姿は見ていた記憶があります。でも、舞台数は結構多いですよね。自分はリアルタイムで見れなかったことがすごい残念です。本当に、すごいジレンマも感じながらホームを守っていたんですよね。あの松本クンが忙しくってもリーダーの顔を見るとホッとするといったましよね。
今の嵐の屋台骨はリーダーとしての智くんがしっかり支えている事をやっと世間にも知られてきてのかなと思います。
のんびり、コメントでごめんなさい。
[ 2015/11/14 10:26 ] [ 編集 ]

sachiさんこんにちは(^^)
Sさん、エピソードありがとうございます。

智くんのことを思うと切なくなります。
辞めないで続けていてくれてありがとうって思います。

ジャニーさんがジャニーズを作った理由がWSSだと聞きました。
だとすると、智くんは、ジャニーズの申し子ともいえる存在ですね。
踊って良し、歌って良し、演技して良し。

暁のマスクマジックが楽しみです。
DVDでは、あまり切り替えなく映像を見せてほしいですね。
[ 2015/11/14 10:47 ] [ 編集 ]

sachiさんこんにちは
Sさん貴重なおなはしをありがとうございます。
読んでいてとても切ない気持になりました。



ほんとうにsachiさんのおっしゃるとおりです。
とても切ない思いもしてきた大野君
本当に続けてきてくれて嬉しいです。どこまでも応援していきたいという気持ちでいっぱいです。
[ 2015/11/14 13:32 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/11/15 07:53 ] [ 編集 ]

ピカンチ。

sachiさん、Sさん、
貴重なエピソードをいつもありがとうございます。

ピカンチ⭐︎と⭐︎⭐︎、はDVDで観ました。初めて見た時は、智くんと松潤の普段とのキャラの違いにびっくりしましたが、今でも時々何度も見るほど楽しい映画です。 

その頃の智くんの置かれた状況を今回教えて頂き、考えると、自分に出来る事、やれる事を人と比べたりせずに我が道を行く智くんが目に浮かびます。 もしかしたら切ない気持ちもあったかもしれないけど、みんな忙しそうだけど身体に気をつけて頑張って。って笑顔で送り出し、笑顔で迎える智くんだったんだろうなって。
きっと今でもそんな智くんの何でも全部受け止めるという姿はその頃と変わらず、そんな智がいる嵐さんだから、5人でいる姿を見ているとささくれ立っている心を落ち着かせてもらえるんだなって思います。

sachiさん、色々と落ち着かない日々かとも思いますが、お身体ご自愛下さいね。
[ 2015/11/15 09:42 ] [ 編集 ]

Sachiさん、こんにちは。

Sさんもありがとうございます。
PIKA☆☆NCHIは、より一層ハルのキャラが濃かったですね(笑)

私は嵐のいわゆるブレイク前は、首都圏に住んでいなかったので、関東ローカルアイドルなんて呼ばれていたらしい嵐の番組は見た事も無く、さとしくんが舞台をやっている事も知らず、たまにうたばんだったかな?で、仕事が無い的に弄られているのを見た記憶はあるんですが、全く焦っているようにも見えず、不思議な人だな~と。
本当は知らなかっただけで、舞台もやっていたし嵐としての番組もあったし、コンサートもあり、あまりガツガツ仕事をしたいタイプではなさそうなさとしくんには丁度良かったのかもしれませんね。
どんどん活躍していく仲間達の事は
凄いな~と見ていながら、違う世界に行ってしまいそうで寂しくもあったかもしれませんが。

前に、来たオファーは一旦断るとか
言ってませんでしっけ?
番宣とかの雑誌とか、全部やりますって言ってた相葉ちゃんとは真反対みたいな(笑)
さとしくんには自分のペースがあるんだろうし、自分の時間を確保して
アートに向き合ったりする時間が絶対に必要な人だし、ファンはあれこれ望んでしまうけど待つしか出来ないですね。

それにしても10年後に・・・っていう話をしていてそれが実現したって凄いですよね。
ハルくん、浮気されてて可哀想だった!その後があったらどうなっているんだろう(笑)
[ 2015/11/15 17:56 ] [ 編集 ]

sachiさん忙しいのに早速続きをあげて頂きありがとうございます。中編で智くんとイノッチが言った事が10年後本当に実現するなんて奇跡に近いです。5年後にハーフの続きが見たいですね。インタビューでの智くんの切ない本音、でも私の想像ではSachiさんが監督、脚本など周りの人が智くんの才能を分かっている。なら当時から智くんには本当は沢山のオファーがあったけど仕事をイッパイ入れると若い智くんは逃げてしまうから彼がもっと大人になって仕事にも自信が付いてから沢山仕事を入れようとスタッフは智くんのオファーをセーブしていたのでは?と今回のエピで想像しましたがSachiさん当たってますか(^^ゞ
[ 2015/11/16 02:04 ] [ 編集 ]

フクザツ‥

sachiさん、Sサマ!
ピカンチエピをありがと~ございます♪

やっぱ‥切ないなぁ
歯がゆいというか‥
なんで見た目で判断されたり、逆に見ないから存在感ナシの結論になっちゃうのかな~
悲しい世間の声‥かな。
しか~し!
今現在をご覧なさい!
(誰に訴えてんだか笑)

華々しさやアイドルっぽさ、はじける笑顔やアピール爆発!な、お姿なんて到底観ないけど(^。^;)
そんなものは他メンがやるからいいんだよ~

居てくれるだけでいい、智君の温かさや人柄、誰よりも壮大な歌声と誰もその域に近寄れない踊り、振り幅が無限大のお芝居が存在を大きくしてるんだもん!
安心安定の大野智です♪
話が逸れたな~

成瀬の智に堕ちてゾッコンになった私は‥正直、ピカンチシリーズは観たい気持ちが無いの‥
役柄に入り込んでその人物そのものになりきってしまう智だから、ああいう役の智は私自身‥受け付けないの。
魔王後の矢野健太さえ受け付けなかったからね~
あ、でもちゃんとドラマは最後まで観たよ。
DVDも買った!

大好きな智君だけど同じサトシックでも好みは色々でもいいよね‥

ぶへへ!
でも今回のエピ教えて頂いてちょっとは観てみたい感じは出たかな‥^_^;
まだ先かも知れないけど智君の挑んだ作品だもん!いずれは観てみたいと思いま~す♪
[ 2015/11/16 15:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する