-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-02-24 10:07 | カテゴリ:智くん素敵エピソード


こんにちは~

智くんと町田くんのことを考えていたら、コメントやメールへのお返事も進まず
次に更新する予定のエピを確認したら
ちょうどM.Aのことが書かれた内容(後編)で・・・

取り敢えず、追記も書いてあるんだけど
自分の想いはちゃんと残しておきたいので、これは早々にUPしなくっちゃね
私の感想は、町田くんのことも含めて後編に書かせて頂きます


ではでは、前のエピの続きです

Sさん、貴重なお話を教えて下さってありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのご厚意により掲載させて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
他グループファンの方には、ご理解頂けない文面もあるかと思いますが
ここは“サトシック”が集う場所ですので
そのまま静かにお帰り下さいますようお願いします m(u_u)m

エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMCなど
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章はニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いします。



V6やKinKi Kidsのバックで踊ることが多かった智くんのJr.時代ですが
音楽番組だけでなく、ツアーに同体し、同じ舞台に立つなど
V6の皆さんとご一緒した仕事の方が多いように思います。

1997年4月からNHK・BSで放送された
『Music Jump』は、放送開始当初はV6が司会進行を担当しました。

歌のコーナーだけでなく色々な企画があり
“Jr.文化センター”のコーナーに、智くんが出演した回です。

************************

◆『Music Jump』(1997年5月11日放送) “Jr.文化センター ~書道編~”


トニセン2名+カミセン1名で担当するコーナーです。
本日は坂本くん・井ノ原くん・剛くんの3名が担当。

まずは、テンション高めな剛くん

「ジュニアァァァ---文化センタ---ッ!」と、声が裏がえってしまい
全員大爆笑ヾ(≧▽≦)ノギャハハ

剛くんの隣に座る井ノ原くんが、思わず”( ,,>з<)ブプッと吹き出して・・・
剛くんのセーターにかかったのか!?慌てて腕でこする剛くんです。
そんな2人に目もくれず、淡々と書道を教わる先生を紹介する坂本くんです。

坂本くんに
「自己紹介を」と振られて、書道を教わるJr.3名が自己紹介をします。

3番手は智くんなのですが・・・

「坂本昌行です!」と言って、坂本くんを指さす智くん!!
↑オイオイヾ(-_-;) 、先輩を指してはいけませんよぉ~



智くん3☆


坂本くんは、突然後輩Jr.に名前を呼ばれて、訳分からず
( ゜Д゜)ハァ? な顔になりますが、笑いを堪えながら司会進行します。

先生からのお題『心』を書くJr.達。



智くん4☆


書きあげると、後ろのボードーに張り付け、先生に添削して頂きます。

先生が、智くんが書いた『心』を見て



智くん5☆


「とても爽やかだと思います。
 そしてね、線が澄んでいる!とくにココ
(赤丸で印を付けながら)
 ラクに書いていて、ここの線は素晴らしいと思う!
 これは、プロの先生が見ても、どなたが見ても褒めると思うね!」


と褒めると、坂本くんも「ほっ~」と感心。

智くんも身を乗り出して、ちょっと嬉しそうです。

『Music Jump』は、2000年3月26日をもって番組終了となり
『ザ少年倶楽部』に引き継がれて行くのですが
この『ザ少年倶楽部』のタイトル題字を智くんが書いたことは
既に御存じと思います。

天下の国営放送のBS番組とは云え、デビューしたばかりのアイドルが
番組の顔ともいえるタイトルを書いちゃうなんて
凄いことなんですけど・・・

そんな凄いことを、サラッとやっちゃうのが智くんなんですよね (★≧▽^))★☆

ここで、またまたお話しが脱線してしまうのですが・・・


『ザ少年倶楽部』初回放送では、“嵐”のNEWシングル
『SUNRISE日本』の振り付けレッスンに、Jr.が潜入取材!してます。

名物振付師サンチェさんが、振り写し担当と思われるJr.と2人で
嵐ちゃんの目の前で踊ってみせます。

すると次には、その振り写し担当と思われるJr.と智くんが
他メンの前に並んで立って、他メンたちと一緒に踊ってます。
そうなんですよ!!他メン達の振り付けの手本は、智くんなんですよね。

この後、サンチェさんと嵐ちゃん達のピリピリした雰囲気に呑まれて
早々にハンディーカメラを持ってレッスン室を退室するJr.です。



後編へ続きます

いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきます
感謝


関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。