FC2ブログ

HAPPYDAYS☆智☆

嵐が好き。なかでも特別な人は大野智さん。 その時々に感じた想いを思うがままに綴っていこうと思います。

2018年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

智くん with 滝沢くん(12)強い絆で結ばれた5人☆





こんにちは~(* ´ ▽ ` *)


ではでは(11)の続きです☆


Sさん、貴重なお話を
ありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を
 固くお断り致します。


こちらの内容は“S”こと
私個人が書いたエピソード(豆知識)を
sachiさんのブログにご厚意により
載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。

智担です。
大野くん贔屓目線にて
超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エピソード(豆知識)はTV番組
ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を
集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が
違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。
宜しくお願いしますm(u_u)m




対する“嵐”
ようやく暗く長いトンネルを抜け出します。

暗闇の中で、もがき苦しんだ5人の手は
固く繋がれていました。
(智くんも、この手は外せなかった^^;)


「1人の仕事を終えて来たとき
 メンバーの顔を見ると落ち着く。
 “嵐”は俺らにとっての家!!」


と公言する嵐ちゃん達。

シングルCDが2枚しか発表できなくても
毎年必ずアルバムを発表し

地方の狭い会場に
公演場所を移されてもツアーを続け
1人1人のソロ仕事が少しづつ
忙しくなっていっても
“嵐”5人での活動を
中心に据え置く姿勢は変わらず

5人で“嵐”として
一所懸命に頑張り続けてきた努力が実を結び

“嵐”というグループの個性が輝き始めると
結果的にグループと個人の両方の存在が
世間一般にも広く
知れ渡ることとなったように思います。


今にして思えばこの当時
他グループの活動も
休眠状態になっていたことが
多かったように思います。

SMAPは、ソロの仕事が増え
忙しくなったこともありますが
完全にグループよりもソロの仕事に
舵を切ったように見えました。

年齢的にも将来を見据えて
アイドル以外に自分がやりたいことに
本腰を入れ始めていたように思います。

結果的に、シングルCDは年1~2枚
アルバムも隔年発表になり
ツアーも同様でした。

V6、KinKi KidsもSMAPと同様で
コンーサートではなく
イベントだけで終わることもありました。

NEWS、KAT-TUNは
脱退騒動でファンが分裂。

他グループのファン達は
コンサートもなく待ちの状態が続き
グループの解散説で不安にさらされる。

そんな中で、いつも5人一緒で仲が良く
地方の小さな会場でもコンサートを公演し
ファンの期待と想いに応えてくれる“嵐”
楽しそうに“嵐”とメンバーを応援している
ファンの姿は、羨ましく思えたかもしれません。


“嵐”が国民的アイドルと言われるまで
人気となった理由の一番に挙げられるのが
「メンバーの仲の良さ」です。

“山”“大宮”などグループ内でのコンビ名が
これほど多いグループはないと思います。

それまで

「事務所で7・8番目のグループ!!
 事務所のお荷物」


とまで言われた“嵐”
デビュー10周年で人気を爆発させたことで
グループ活動の重要性が
再確認されたように思います。


私は、智くんを熱烈溺愛するサトシックです。

智くんがいるから“嵐”も好きで応援してますが
智くんにはソロアルバムを発表し
2度目のソロコンも開催して欲しいと
思ってます。

だけど山下智久くんのように
グループを脱退してのソロ活動とか

KinKi Kidsの光一くんや剛くんのように
ソロ活動重視というのは望んでいません。

やはり智くんには、“嵐”が一番似合うし
潤くん、ニノちゃん、相葉ちゃん、翔くんがいて
今の大野智があるように思います。

だから・・・“嵐”のリーダーとして
“嵐”という大きく重い看板を背負い
本気の大野智のソロが観たいと思うのです。



(13)へ続きます☆


良かったら
ポチッと応援よろしくお願いします☆


にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます
感謝


スポンサーサイト

| 智くん素敵エピソード | 11:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |