FC2ブログ

HAPPYDAYS☆智☆

嵐が好き。なかでも特別な人は大野智さん。 その時々に感じた想いを思うがままに綴っていこうと思います。

2018年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

智くん with 滝沢くん(6)~Jr.時代の嵐メンバーと滝沢くんとの関係~潤くん&ニノちゃん編☆



こんにちは~(* ´ ▽ ` *)


ではでは(5)の続きですが・・・

一番最初に書いてもよかったのですが
1件1件公開するにあたり、期間が長引くことで
“特定の文章”がエピを読み進めていく上で
“いつのこと?”となる可能性もあったため
ここで補足しておきますm(_ _)m

これらのエピは
2017年3月23日放送『VS嵐』
タッキーが初めてプラスワンに登場したことで
少しずつまとめてくださっていたエピで
私が復活した2018年2月に頂いたものですが
この2月15日にもタッキーはプラスワンとして
再びゲスト出演してくださっています☆

が、その放送に触れたものではなく
これらのエピで使われる
“先日”他、“特定の文章”
2017年3月23日放送の『VS嵐』でのことを
示しています☆
その点をご理解のほど
よろしくお願い致しますm(_ _)m


Sさん、貴重なお話を
ありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を
 固くお断り致します。


こちらの内容は“S”こと
私個人が書いたエピソード(豆知識)を
sachiさんのブログにご厚意により
載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。

智担です。
大野くん贔屓目線にて
超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エピソード(豆知識)はTV番組
ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を
集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が
違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。
宜しくお願いしますm(u_u)m



先日、『VS嵐』のプラスワンゲストとして
滝沢くんが初登場!!

嵐ちゃん達の驚いた顔がすぐに破顔し
互いに嬉しくもチョッピリ照れくさい
顔になったのが印象的でした。

テロップでも


“Jr.黄金期”のシックスショット

と紹介されましたが
“Jr.黄金期”と呼ばれるのは
この世代のみです。

少しお話は逸れますが
Jr.時代の嵐メンバーと滝沢くんについて
触れたいと思います。


【潤くん編】

滝沢くんに


「いろんなJr.がいる中で一番ヤンチャ」

と言われた潤くん。

アイドルに憧れて自分で履歴書を書いて
ジャニーズ事務所に入所したときは
中学一年生の12歳。

この年頃は誰しも
お莫迦な悪戯をしては大笑いし
些細なことでケンカしたかと思えば
ケロッとしてるヤンチャ盛り。

ましてアイドルを目指す男の子達ですから
目立ちたがりで、自己主張も強いわけで・・・

潤くんの


「一番ヤンチャ」

とは、悪戯っ子の意味ではなく
一番自己主張が強かったと云うことだと
思います。


「将来はアイドルになりたい!
もしくはステージの演出などに
携わる仕事をしたい!」


と明確な将来像を持っていた潤くんは
ジャニーさんから、音楽番組や
コンサートの演出をスタッフと一緒に
任せられていた滝沢くんの傍で
勉強をさせてもらい、ときには助手として
仕事の手伝いをさせてもらっていました。

唯、そのなかで


「アレがやりたい!コレがやりたい!
ソレもやりたい!」


と目先の華やかさに惹かれて言い出すも
考えが纏まらず、やれるだけの能力もなく
そして何も出来ず早々に諦める。

そんなことが幾度も繰り返され
滝沢くんも手をこまねいていました。

潤くんが、“嵐”のコンサート演出を
デビュー当初から担っていたのも
他メン達は演出について
全くの未経験なこともあり、Jr.時代に経験を持つ
一番年下の彼が主軸となり
演出を考えて行くこととなります。

智くんも『Kyo to kyo』
演出の経験はありましたが
基本となる土台があっての演出で
一から作ることはありませんでした。

一番ヤンチャな潤くんが
反抗期を迎えた頃のコンサートの演出は
更に面倒で無鉄砲でやりたい放題なこともあり
潤くんとスタッフの間で険悪になることも度々。

そんなときも、頭ごなしに


「ダメだ!やれない!出来ない!」

と言わず、潤くんの想い描く演出に寄り添い
出来うる限りの努力をしてくれたのが
智くんです。
リーダーのその姿に他メン達も追随しました。

潤くんが


「大野智が“嵐”のリーダーで良かった・・・
でなければ、自分は辞めていたと思う」


と話すのには
デビューが決まったとき
“嵐”メンバーに滝沢くんの名前がなく
一番ショックを受け、大野智の名前に
一番戸惑っていたのは潤くんだと思います。

そんな一番年下の自分の演出を
誰よりも経験と実力と才能があるリーダーが
自分を信じて受け止めてくれた。

もし、智くんの替わりに滝沢くんが
“嵐”のメンバーで加入していたら・・・

“嵐”のリーダーは、滝沢くんであり
演出も彼が担い、“嵐”ではなく
“滝沢くんwith他4名”
なってしまっていたのでは!?

潤くん、ニノちゃん、相葉ちゃん
翔くんの才能が開花するチャンスもなく
分裂してしまった!?

智くんの存在なくして
今日の“嵐”が存在しないことだけでなく
今の自分も存在しなかったことを
感じているから
感謝の言葉が出てくるのだと思います。



【ニノちゃん編】

「とにかくニノは可愛かった」

と言われたニノちゃん。

従妹が無断で履歴書を出したことで
突如この世界に足を踏み入れましたが
最初はその華やかさに戸惑い顔です。

でも、何事も器用にこなすニノちゃんは
滝沢くんにも何かと頼りにされた後輩Jr.の
一人だったと思います。

この年代の1学年違いは
凄~い年上と感じるものです。

まして3学年も違えば
中1のニノちゃんが憧れる大好きな先輩は
高校1年生になる智くん。

当然相手にしてもらえず
かまってもらいたくて纏わりついてると
智くんにプロレス技をかけられて(^_^;)
それが嬉しいニノちゃん。

Jr.の仕事が忙しいときは
滝沢くん、相葉ちゃん、潤くん達と一緒に
合宿所で仲良く過ごしましたが

ニノちゃんが仲良くしたのは
年上の先輩Jr.達で
“Johnny's Senior”の面々です。

2005年8月28日に“MA”単独による初舞台
『Musical Academy 1st LIVE』
公演されたとき
観客席に智くんや翔くんに交じって
ニノちゃんの姿もありました。

番組内でニノちゃんが


「俺とリーダーの共通の友達で・・・」

と話すのは
退所したこの面々のことなのかな!?
と思っています。

ところが

“Johnny's Senior”の面々と滝沢くんは
あまり折り合いがよくありませんでした。

Jr.のリーダーとなった滝沢くんが
コンサートの演出などを手掛けることで
色々と問題!?があったのかと思います。

滝沢くんの1歳年下になる屋良朝幸くん
(智くん脱退後の“MA”メンバー)は
滝沢くんと入所日が一緒ですが
後々“Johnny's Senior”に振り分けされます。

“Johnny's Senior”
ダンスが上手い的な意味で
年上のお兄さんグループ扱いと
なりますが・・・


同じJr.のはずなのに
“Senior”に振り分けられて
昔は実力主義だったのが、いつの間にか
人気先行となり、ときには入所直後で
満足に踊れないJr.のバックで踊ることも!!

演出は滝沢くん一人だけでなく
スタッフと一緒に考えて
決定していることは分かってはいるけど

ダンスが上手くてアクロバットも出来る実力の
“Johnny's Senior”にとって
滝沢くんは人気先行の代表格に思え
不満を口に出すことはなかったけど
何かと尖って
扱いずらい存在になったんでしょうね。

実家が総武沿線沿いにあるニノちゃん
相葉ちゃん、風間くんは
一緒にレッスンに通う仲で
テレビ画面では滝沢くんと仲が良かったけど

“タッキー派”と云われた潤くんとは違い
ニノちゃんは、智くんがいる
“Johnny's Senior”よりだったと思います。



(7)へ続きます☆


良かったら
ポチッと応援よろしくお願いします☆


にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます
感謝


スポンサーサイト

| 智くん素敵エピソード | 11:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

智くん with 滝沢くん(5)苦く辛い思い出の曲=Cool☆




こんにちは~(* ´ ▽ ` *)


ではでは(4)の続きです☆


Sさん、貴重なお話を
ありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を
 固くお断り致します。


こちらの内容は“S”こと
私個人が書いたエピソード(豆知識)を
sachiさんのブログにご厚意により
載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。

智担です。
大野くん贔屓目線にて
超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エピソード(豆知識)はTV番組
ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を
集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が
違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。
宜しくお願いしますm(u_u)m



この舞台には
『Kyo to kyo』を終えたばかりの
原くんや町田くんも出演していたため
大勢のファンが駆けつけます。

そこに智くんが唄う『Cool』が流れ


「『Cool』を唄ってるのって・・・クスクス」

と忍び笑いが起こり

「キャー、大野くんの歌声!!」

と叫んだ人もいて
物議を醸す事態となりましたが

圧倒的な人気を誇る滝沢くんの大勢のファンに
その観覧行為だけが


「マナーを知らない」

と非難され、大野智が唄う
『Cool』の存在は、無視されたのです。

この事実について
当時の滝沢くんファン達のブログには
一切書かれることはありませんでした。
それどころか


「タッキー、唄が上手くなった!?」

などと書いてる人もいるくらいで・・・
声が全然違うと思うんですけどね^^;

でも、座長として舞台主演を果し
『Cool』をお披露目したことで
“『Cool』= タッキー” が定着してしまい

後々“嵐”のファーストコンで
ファンの要望から智くんがソロ曲に
『Cool』を選択すると
『Kyo to kyo』を知らない嵐ファンからも


「えっ、これタッキーの曲だよ!」

と非難されることとなり。

『Cool』は、サトシツクさんにとって
辛い思い出の曲となったのかもしれませんが

真実を知る滝沢くんファンにとっても
苦い思い出の曲になったのかもしれませんね。


“実力の大野智”“人気の滝沢秀明”

と言われる。

人とは不思議なもので
分かっていることを他者から指摘されるのは
嫌なものです。

滝沢くんファンも
滝沢くんのことは分かっていながらも
「実力はイマイチ」「人気先行」
と言われるのは嫌なこと。

更に、いつも智くんが滝沢くんの
“影武者”となることで
“実力の大野”“人気の滝沢”
比べられれる。

しかし、そのことを口に出しては言えない。
喉に痞えるジレンマがあったと思います。


でも、当時はデモテープが使い回されることは
特別なことではなく通常使用。

使われる智くんも
使っている滝沢くんにとっても
考える必要もない日常の出来事でした。

元来2人とも穏やかでおとなしい性格。

先輩であり、ダンスと唄の両面で
誰よりも頭ひとつ突き出ていた智くんを
滝沢くんも一目置き
ときには頼りにしていたように見受けるのですが

当の本人は
ダンスに夢中で、周りの事は眼中になく
芸能界にも全く興味がなかったから

アイドルになることを夢見て入所して来た
滝沢くんからすると、やはり
不思議な存在だったかもしれません。

だけど観る側のファンからすれば
違和感ありあり。

互いのファン同士の胸の内には
ジレンマと不満が蓄積されて行ったように
思います。

それが爆発したのが・・・
あの日、1999年9月16日でした。


余談ですが・・・

“Jr.黄金期”において
唄とダンスの両面で才能を開花させていたのは
智くん一人です。

渋谷すばるくん(関ジャニ∞)は
唄が上手い関西Jr.として注目を浴びましたが
残念ながらダンスは・・・

後に、“MA”のメンバーとなる
原くん、町田くん、屋良くん、米花くんは
“少年隊”の専属バックダンサー
となるくらいですから
ダンスやアクロバットもずば抜けていましたが

智くんが“嵐”でデビューし脱退したときには


「誰が唄うの?」

と言われ
“MA”の存続を危ぶむファンもいました。

結果的に、それが「裏切り行為」と言われ
“MA”ファンからも避難を浴びることとなります。

確かにそれなりに上手いJr.も沢山いましたが
飛びぬけて、更に唄もダンスも、となると・・・
大野智しかいなかった。

コレは贔屓目でもなく事実のことです。

その才能を、ジャニーさんも東山さんも
デビューさせたかったんでしょうね。



(6)へ続きます☆



良かったらポチッと応援よろしくお願いします☆


にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます
感謝


| 智くん素敵エピソード | 14:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

智くん with 滝沢くん(4)京都でさらなる実力を身につけた大野智☆




こんにちは~(* ´ ▽ ` *)


ではでは(3)の続きです☆


Sさん、貴重なお話を
ありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を
 固くお断り致します。


こちらの内容は“S”こと
私個人が書いたエピソード(豆知識)を
sachiさんのブログにご厚意により
載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。

智担です。
大野くん贔屓目線にて
超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エピソード(豆知識)はTV番組
ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を
集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が
違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。
宜しくお願いしますm(u_u)m



生田くんが
『嵐にしやがれ』(2012年3月10日放送)に
ゲスト出演したとき


「大野智は、“つちのこ”的な存在で・・・
 京都へ行き“アレが、大野智かぁ~!”
 ・・・云々」


こんな話をしてましたが

京都へ行く直前の智くんは
東京でも舞台のための稽古があり
他のJr.達とレッスンは別メニューでした。

音楽番組で先輩のバックで踊る曲も
アクロバットも出来る選抜メンバーJr.による
光一くんのソロナンバーなど。

その他大勢のJr.達と一緒にならないことが
既にあったので、京都で初めて


「アレが、大野智かぁ~!」

となったのだと思います。


更に、“実力の大野智”を実感したのは


『kyo to kyo タッキー座長公演』を急遽
大野智代役による公演だったと思います。

関連エピ
京都時代はサトシックにとっても大切な想い出の日々☆


既に智くんは
1ヶ月ほど舞台出演はしていましたが
座長が変われば内容も変更になります。

急遽呼ばれ
リハ無しで座長の代役を務める大野智に
噂でしかその存在を知らなかったJr.達は
驚いたと思います。

しかし、その実力は“Jr.黄金期”にあって
上手く利用されてしまっているように
サトシックさん達は感じていたのでは
ないでしようか!?

でも、滝沢くんのファンからすれば
京都にまで足を運んだのに
座長が大野智に変更している。

いつもいつも代役は大野智で

そして・・・事件が起こります。


当時
智くんはJr.達の“ゴーストシンガー”となり
滝沢くんの“影武者”と言われていました。

“ゴーストシンガー”という言い方が
正しいかは分かりませんが

智くんは、CDのレコーディングだけでなく
舞台やコンなどで使われる楽曲の
デモテープの作成の手伝いをし

そのデモテープの“仮歌”
Jr.出演の舞台やコンサートなどで
そのまま使用されることがありました。

癖のない唄い方と素直な声は
使いやすかったとも言われてますが

智くん本人が出演してる・していないに関わらず
数多くの色んな場所で
智くんデモテープは使用され
Jr.の顔でもあった滝沢くんにも
使用されたのです。


『MASK '98』
(1998年12月4日~26日 大阪松竹座))公演。

原くん、町田くん、秋山くん、など
『Kyo to kyo』出演者の名前がありましたが

智くんは


「事務所を辞めます!」

とジャニーさんに電話し
帰京したため出演していません。

滝沢くんは、この『MASK '98』
主演での初舞台となります。

Jr.で絶大な人気があると云っても
公演会場が大阪なので
チケットの売れ行きが心配されましたが

『kyo to kyo』が終わった直後だったこともあり
『Kyo to kyo』ファンも多く観劇したそうです。


『MASK』はミュージカル劇です。

初演の『PLAYZONE'90 MASK』では
少年隊の3人が本人役で
演じたことからも分かるように
ダンスシーンも盛沢山。

滝沢くんはJr.の顔ではありましたが
それは人気が支えたもので
唄・ダンス共にお世辞にも上手いとは言えず
本人も


「ダンスは苦手で、唄はまだまだ・・・」

と吐露しています。

それを知るファンも初舞台にドキドキと云うより
ヒヤヒヤして初日を迎えたようです。


『MASK』を代表するダンスと云えば
『千年メドレー』です。

数日前まで『Kyo to kyo』を観て熟知し
目の肥えたお客さん達が大勢いる中で
一番の見せ場である
『マスクマジック』『千年メドレー』
『Cool』を踊る滝沢くん。

滝沢バージョンに一部手直ししてます。

ここで、滝沢くんファンと智くんファンの間に
“鬱屈”した想いが長年横たわる事となる事件が
発生します。

『Cool』を唄い踊る滝沢くんですが

その歌声は間違いなく明らかに
『Kyo to kyo』のショータイムで唄い踊った
大野智の『Cool』だったのです。。。



(5)へ続きます☆



良かったらポチッと応援よろしくお願いします☆


にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます
感謝


| 智くん素敵エピソード | 11:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

しやがれ:お子ちゃまサトシにカンパ~イ☆




こんにちは~(* ´ ▽ ` *)


今日もエピではないですよ(ノ)’∀`(ヾ)
観ちゃうと
書きたくなっちゃうので・・・m(_ _)m

今回の『しやがれ』は智くんに爆笑させられたり
目が合ってウットリさせられたり・・・
美しいダンスに魅せられたり

前半後半
まったく別人な智に
大野智の魅力を感じずにはいられない
そんな素敵な時間でした☆


今週のゲストさん
中村倫也さん、江口のりこさん
結構好きだな、この二人p(*^-^*)q

江口さんとは『LIFE』で共演しててねp(*^-^*)q

相葉ちゃんに

盛り上がる会話なんかあったんですか?

と訊かれたところに

ないね

なんて即答されちゃったもんだから
笑うしかない(笑


しやがれ16☆


肩まで笑っちゃってるし(爆
かわええね~(〃▽〃)


智くんは、江口さんとは同い年だけど

20代で基礎的なものをつけたから
20代よりも30代の方が調子が良いようで

ロッキーのテーマを聴く

このチンプンカンプンな智くんの言葉に
たぶん翔ちゃん、妄想しちゃったでしょ(爆
もう、やらせたくなっちゃったんだろうね(笑

それにこたえる智が
おもしろくてしょうがない(爆

ロッキーのテーマで
力が沸いてきたと思ったら


歯磨き☆


力強い歯磨きヽ(≧∀≦)ノ


しやがれ13☆


自分でも笑っちゃってるし(笑

この瞬発力
あ~たの頭の中はいったい
どうなっとるんじゃ(ノ∇≦*)


スイーツデスマッチも可愛かったね~(ノ)’∀`(ヾ)

クイズに当たって珍しく真面目にコメしてたら


智潤☆


あとで食べようと残しておいた
一番上の大事なシャインマスカットを
潤くんに食べられて(笑


しやがれ8☆


マジに泣きそうな智(ノ´▽`*)b☆

モンブランをもらっても


しやがれ6☆


一番上のシャインマスカットが
忘れられない(爆


しやがれ7☆


江口さんが当たって横に座ったら
これまた弟感ハンパない
ちょこんと智がお目見えだ。゚(゚^∀^゚)σ。゚

シャインマスカットが食べたかった江口さんに
“新しいものを”と気配り上手な嵐ちゃん☆


でもね

可愛いお子ちゃまが、狙っておりますよ(爆


GET☆

しやがれ5☆


そっぽ向いて食べてるところが
子供かっ(爆

目を合わせられないサトシが
超かわええ(ノ)’∀`(ヾ)

GET出来て良かったねサトシ(^_-)-☆
江口さん、ごめんね~(´∀`*)

潤くんも、ありがとね~

あ~たも可愛かったけど
もっと可愛いものを
見せてもらえました(ノ´▽`*)b☆


長くなっちゃったので翔ちゃんコーナーは割愛で
ごめんね翔ちゃん


《しやがれver:君のうた》


君のうた☆

君のうた8☆

君のうた6☆

君のうた2☆

君のうた5☆

君のうた4☆

君のうた3☆


本当はもっともっと載せたいけど・・・

一番リピ率高くなる
そんなカメラワークで

言葉にならないほど

嬉しかったです+゚。*(*´∀`*)*。゚+

ありがとう☆


ではではまた~☆


良かったらポチッと応援よろしくお願いします☆


にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます
感謝


| 嵐にしやがれ | 14:51 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

VS嵐:懐かしいふたり☆




こんにちは~(* ´ ▽ ` *)


すみませんm(_ _)m

今回も素敵エピはお休みさせてもらって
『VS嵐』の感想いっちゃいま~すヾ(o´∀`o)ノ

最近の智くんのビジュが凄く素敵で
肌の色もちょっと落ち着いてきたのかな?

まぁ・・・真っ白の衣装だと
まだ黒いのが映えちゃうけど(ノ∇≦*)


今回のプラスワンは波瑠ちゃん(´∀`σ)σ

思い出しますね~

社長・・・零治社長と美咲ちゃん(* ´ ▽ ` *)


波留ちゃん

その後、一緒に何かをやるっていう
共演ではないけれど
結構嵐ちゃんの番組には
遊びに来てくれてるんですよねp(*^-^*)q


そのたびに蘇る


【世界一難しい恋】


零さんの傲慢過ぎる社長ぶりが
美咲に出逢うことによって
少しずつ人としての心も成長していってね♪

あんなに傲慢な人なのに
美咲の言葉、一つ一つに翻弄させられて(´∀`*)

オリジナルドラマだったけど・・・

零さんと美咲のその後
気になるなぁ(^ω^ ≡ ^ω^)デヘデヘ

どうなってるんすかね~?(゚∀゚≡゚∀゚)?

ここらで一発


【続・世界一難しい恋】


なんぞ、どうでっしゃろ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪


オリジナルだし、100%有り得ないと思うけど
続編決まったらメッチャ嬉しい~\(^o^)/


※ドラマの感想は残念ながら全て
 ♡なし画像がたくさん貼ってあったので
 凍結されて閲覧不能になっていますm(_ _)m


それはそうと
智くんの衣装、目に入りましたよね(笑

なんだろ?
白いトレーナーの上に
ビニールのようなペランとしたヤツ(´・_・`)

零さんと美咲のその後も気になるけど
これもメチャクチャ気になったわ(笑

ベリッて剥がしたくなっちゃったけど

智くんが・・・


衣装☆

衣装2☆

衣装3☆


気に入ったご様子なんで
良しとしましょう~(ノ´▽`*)b☆


ほんでね、思った

智くんと波瑠ちゃん、ニノちゃんもかな
根本的な性格は違うんだろうけど
似てるのかもね(* ´ ▽ ` *)
前もって、先の約束をするのが苦手っていうの

でもある意味、そういうタイプの人の方が
付き合い良いのかも知れませんねp(*^-^*)q
智くんは誘われたら断らないタイプだし・・・

“今からちょっと行っていいか~”

なんて訊かれて、すんなり

“いいよっ”

なんて言いそうp(*^-^*)q

ほんで

“飯作ったから喰って”←メイキングから

なんて言っちゃって、自分の食べる分
無くなっちゃってるんじゃないの(ノ∇≦*)

一度でいいから言われてみたい(/∀\*)キャッ

“食べるより作る方が好きみたい”

って言ってたけれど
ちゃんと、食べてくださいね(* ´ ▽ ` *)
まぁ、変な痩せ方はしてないから
その辺は安心してるけど(´∀`*)


と、今日はどんどんお話が逸れていくなぁ^^;

最後に

《VS嵐ver:君のうた》


『Mステ』の方、こういうのも
ある意味新鮮で~とは思ったけれど
同じような撮り方でも
『VS』の方が断然観易かったなぁ~

衣装もね、ちょっと肩のモコモコが気になるけど
こっちの方がやっぱり好き

とは言え、ちょいと一言(´・_・`)

最初のパートは天然ちゃんのパートなんだよ~
智くんを映すの、忘れとりますよコラッ(`・o・´)۶

次からはヨロシクですヾ(o´∀`o)ノ

それにしてもそんな気持ちも和らいじゃうほど

智くんが美し過ぎて・・・♥(*゚ェ゚*)♥ぽぉ~♥


美しい智☆


ほらっやっぱり・・・

こんなに美しい人、他に観たことない(ノω`*)ノ

観てるだけで心が和らぐよ~(。-_-。)

こんな智くんに出逢えて
ほんと私は幸せだなぁと
つくづく思ったsachiでした(* ´ ▽ ` *)


ではではまた~☆


良かったらポチッと応援よろしくお願いします☆


にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます
感謝


| VS嵐 | 16:12 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

智くん with 滝沢くん(3)Jr.黄金期のジャニーズjr.達☆




こんにちは~(* ´ ▽ ` *)


ではでは(2)の続きです☆


Sさん、貴重なお話を
ありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を
 固くお断り致します。


こちらの内容は“S”こと
私個人が書いたエピソード(豆知識)を
sachiさんのブログにご厚意により
載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。

智担です。
大野くん贔屓目線にて
超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エピソード(豆知識)はTV番組
ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を
集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が
違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。
宜しくお願いしますm(u_u)m



お話は更に遡りますが・・・

以前から“ジャニーズJr.”の存在は
知れ渡っていましたが

あくまでも事務所所属タレントの研修生で
デビューした先輩達のバックで踊れるのは
実力をつけてからであり
そこにもしっかりと優劣がありました。

入所直後のJr.が
音楽番組で踊れるようになったのは
『アイドルオンステージ』という
音楽バラエティ番組が誕生し

“Kinki Kids”“剛健コンビ”が登場して
Jr.の存在がフィーチャーされたことが
切っ掛けだったと思います。

当時のジャニーズ事務所は
大人気の“光ゲンジ”から脱退者が出て
解散説が流れ
デビューさせた“SMAP”
オリコン7位8位を行き来するなど
'80年代のアイドル全盛期の勢いが
失われつつあったことから
それまで研修生扱いだった“ジャニーズJr.”
テコ入れしたと言われています。

元々はアイドルの音楽バラエティ番組だった
『アイドルオンステージ』にJr.達が出演し
他事務所のデビューしたアイドル達と
同じステージに立つ。

デビュー前でCDのリリースがない
ジャニーズの持ち歌だけを唄い踊るJr.達の顔は
毎週全国津々浦々に流れ
知る人ぞ知る存在になります。

特にこの番組は公開放送だったこともあり
いわゆる“出待ち”により“Jr.熱”
一気に帯び広がって行ったように思います。

結果的に『アイドルオンステージ』
放送終了近くには
ジャニーズの音楽番組と化していき
『ミュージックジャンプ』『ザ少年倶楽部』
引き継がれ、今現在も
ジャニーズ単独主演の音楽番組として
放送されています。

フューチャーされ始めたJr.達の中から
“Kinki Kids”の2人が
ありきたりな学園ドラマではなく
人気脚本家:・野島伸司が手掛けた
社会的問題作『人間失格』に出演。

Jr.初の単独コンサートが森田くんと三宅くんの
“剛健コンビ”主軸で開催され
それまでとは違った“ジャニーズJr.”として
存在を見せ始めた頃(1995年前後)から
オーディションに応募が殺到します。

年に数回だけだった2次審査
(現在は3次まであるとか) の回数も増え
会場には長い行列ができました。

1クラスほどの人数だったJr.が
新入生Jr.を迎えて増え続けることで
まとめ役が必要となり、早くに入所し
一番の知名度と人気を誇った滝沢くんは
必然的にJr.の顔として
リーダーになっていったのだと思います。

そしてあの“Jr.黄金期”を迎えます。

“Jr.黄金期”において
“タッキー派”という言葉を耳にしますが
滝沢くんと一緒に『Mステ』
“ジャニーズJr.”単独で出演したり
$誌で一緒に写ったり
バラエティー番組やコンサートで
一緒にいる姿を見たファンが

「○○くんは、“タッキー派”」
と言っていただけで
Jr.内に“○○派”という派閥が
あったわけではありません。

滝沢くんは、Jr.のリーダーで
まとめ役でもありましたから
新入生Jr.達は必然的に
滝沢くんの元に集まるようになります。

それに滝沢くんの傍にいれば
少しでもテレビや$誌に映り込むことができる訳です ^^;


滝沢くんと人気を二分した小原くんの元には
翔くん、翼くん、智くんといった
“Jr.黄金期”の初期入所メンバーが
集まっていました。

小原くんと智くんは同い年ですが
小原くんは、小学4年生で入所したので
Jr.の中では誰よりも大先輩になります。
少し大人っぽい雰囲気もあったので
新入生Jr.達は近づきがたかったかな!?

翼くんの名前があり驚いたかと思いますが
入所直後の滝沢くんと翼くんは
そんな近い存在ではなかったように思います。

他にも、原くん(1993年5月入所)
秋山くん(1992年10月入所)
屋良くん、米花くんなど。

この顔ぶれを見て分かると思いますが
後々の
“Johnny's Senior”“MA”だったりします。

他にも同学年だったり
同じ沿線でレッスンに通うなど
そのグループも入り混じり
数多くの仲間同士のグループが
出来ていたようです。

大半がアイドルに憧れ
芸能界にデビューすることを夢見て
入所した男の子達。

デビューを考えずとも
ある日を境に毎週のようにテレビに映り
自分の名前を持った団扇が振られ歓声を浴び
自尊心がくすぐられ
切磋琢磨して行ったと思います。

当時の映像を観るとギラギラして
少しでも前にと推しの強いJr.達で
いっぱいです。

しかし以前なら、研修生の流れをくんだJr.は
あくまでも実力主義だったのですが
“Jr.黄金期”を迎えて
Jr.の冠番組まで持つようになると
実力・経験よりも人気が重要視されて行きます。
視聴率重視のテレビ局としては
それは当然のことだと思います。

更に、Jr.の冠番組は
次々と入所してくる新人Jr.の
顔見せ的な場になっていたよう見受けられます。

以前は大半が
中学生になってからの入所でしたが
小学生が大勢入所してくるようになったのも
この頃からです。

さすがに、デビュー組のバックを
小学生Jr.が踊ることはありませんでしたが
Jr.の冠番組やコンサートでは
小学生Jr.達も唄い踊るも
変声期にある中学生と
ボーイソプラノで唄う小学生とでは
一緒に唄えるはずもなく
入所したばかりの“ちびっ子Jr.”が唄うバックで
中学生・高校生のお兄さんJr.達が踊り
華を添えるなんてこともありました。

“Jr.黄金期”にあって入所の早かったJr.達は
実力主義の先輩達を見て知っていますし
自分達も多少なり実力主義を経験しているので
その流れが変わって行くことに不満や葛藤があり
智くん、原くん、翔くん、屋良くん・・・も
それぞれに何かを抱えていたと思います。


関連エピ
潤くんの反抗期を見守る嵐さん☆

唯、智くんの性格からすると

“ちびっ子Jr.”のバックでは
歌に合わせてゆる~いダンスしか
踊れないことだったり
Jr.の人数が増えたことで
踊る場も時間も減ったり
(↑それでも、他のJr.達に比べれば多いのですが)

ダンスの主流がジャズダンスからヒップホップへ
移って行ったこと等々
納得がいかなかったのでは!?と想像します。

他のJr.達のように
Jr.同士で競い合うというより
自分のダンスをレベルアツプして磨き上げる。

勝ち負けは

「昨日の自分より、今日の自分に勝つこと!」
と考えるのが智くん。

だから、思いっきりジャズダンスが踊れる
京都の舞台へ行くことを決意したように思えます。

『Kyo to kyo』での智くんの活躍は
既に“エピ”でご存じの通りです。



(4)へ続きます☆



良かったらポチッと応援よろしくお願いします☆


にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます
感謝


| 智くん素敵エピソード | 15:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

君のうた:初回盤MV&メイキング~惚れた弱み☆




こんにちは~(* ´ ▽ ` *)


智くんの素敵エピを待っていてくださる皆さまには申し訳ありませんが
昨日、フラゲ出来たので感想を書きたいのですが
まだネタバレしてほしくないという方は
また、改めて
遊びに来て下さると嬉しいですm(_ _)m



ではでは『君のうた』MV&メイキング
感想いっちゃいましょう~\(^o^)/


【君のうた:MV&メイキング】


一言でいうと・・・良かったですよp(*^-^*)q

もちろんダンスシーンなんてないんですけど
智verに変わった途端
無意識に顏が綻ぶ(* ´ ▽ ` *)

特別智くんがニコニコ笑いながら
登場するわけではないのにね( ^ω^ )

これは贔屓目だからかな(*ノェノ)
監督さんって言うんですか?
智くんに指示してる時の監督さんの顔まで緩んじゃってて(笑

これね、何か分かる(´∀`σ)σ
口数少ない智くんに気を遣っての表情ではなくて
智くん相手だと何か気を許しちゃうっていうか
ホワンって力が抜けるというか、気張らずに済む
指示してるだけなのに、温かい空気が流れてる

周囲まで温かい優しい空間にしてしまう
智くん独特の雰囲気ね+゚。*(*´∀`*)*。゚+


橋の上で、最初は普通の表情だったのが
何やら見つけて
ちょっと悪そうなお顔で微笑む智(ノ∇≦*)
(予告映像でも流れたかな)

それが少しずつ柔らかな見守る表情に変わって
これは何を見てたんだろう~
智くんが見つめていたその先も見たかったな

監督さんの指示を受けて・・・
ドラマでも映画でもこんななんだろうね~
監督の指示に100%答える人だもの(。-_-。)

釣り、羨ましいよね(*´v`)
本当はカメラがないところで自由に釣りがしたいだろうに・・・

でも、そこはしょうがない(`∀´)
今の現状
大野丸でも何でも智くんの姿に飢えてる智担に
潤いを~~~(ノω`*)ノ

でもほんと、穏やかな人(。-_-。)


なんだろね・・・

智くんを観てると
いろんな感情が湧き出てきて毎回葛藤してる。。

智くんにとったらこのペースが一番なんかな?

特に朝ね~
大きなお仕事がある時は朝ご飯なんて
ゆっくり食べる時間もないだろうから・・・

自分で用意して
普通に朝ご飯を食べることが贅沢
平和だと言う智くん

それが一番だよ
智くんが幸せなら、私も幸せだ(*´v`)


と思う傍ら
他メンのお仕事情報が流れてくるたびに

智くんは~~~(´;ω;`)

ってなってしまう自分もいる|ω・`)

でも結局
穏やかな微笑みを浮かべながら話す智くんに
ニヘラ~な顔で

いいよいいよ
ストレスなく過ごせるのが一番だもんね♥


なんてもう
感情のドンパチが大変(ノ´▽`*)b☆

笑っちゃいますよね(ノ∇≦*)

ほんと、惚れた弱みだな(-∀-)


ソロカット撮影の部分でね
スタッフさんに

“お地蔵さんみたい”なんて言われて

んふふふっ

って目を細めながら微笑む智くんが好き(/∀\*)

でね、何て言ったって
ヘッドホーンを付けて歌っているお顔が
凄く綺麗(*゚ェ゚*)♥

智くんで言う

いつまでも見ていられる

うん、大満足ですp(*^-^*)q

2番のサビ前、少し長めの智ソロは
たぶん、今後の歌番組や
ツアーでも歌われないかな?と思うと
とても残念(っω・`。)

だから、この美しい智くんの表情と共に
ぜひぜひ聴いて欲しいですね(* ´ ▽ ` *)


あとカップリングの『White On White』
通常盤の3曲も聴きましたよp(*^-^*)q

まだ一度しか聴いてないですけど
この一度だけで気に入った曲は

Fake it

凄いセクシーでカッコいい(/∀\*)
こういう曲を歌うときの智ボイスが大好き

1番でも分かるけど
2番の頭が智くんで、分かり易いと思います☆

曲によって歌い方も声も自由自在
大好きな声です(〃▽〃)

他の曲ももっと聴き込めば
いろんな感想、出てくるかな?(* ´ ▽ ` *)

どれも勢いがあって
カッコ良かったけどネ(ノ´▽`*)b☆



ではではまた~☆


良かったらポチッと応援よろしくお願いします☆


にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます
感謝

| シングル・アルバム他感想 | 14:35 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

智くん with 滝沢くん(2)~別れた二つの道~☆




こんにちは~(* ´ ▽ ` *)


昨日更新した記事

二人のことを書くにあたって

まだお読みになられていない方は
こちらを先に読まれてから、ご理解のうえ
読んでいただければと思いますm(_ _)m



Sさん、貴重なお話を
ありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を
 固くお断り致します。


こちらの内容は“S”こと
私個人が書いたエピソード(豆知識)を
sachiさんのブログにご厚意により
載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。

智担です。
大野くん贔屓目線にて
超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エピソード(豆知識)はTV番組
ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を
集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が
違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。
宜しくお願いしますm(u_u)m



まずは、Jr.時代に遡り入所日を確認すると

大野智(14歳)・町田慎吾(13歳)
↑1994年10月16日

滝沢秀明(13歳)・今井翼(13歳)
屋良朝幸(12歳)
↑1995年4月25日

櫻井翔(13歳)・米花剛史(13歳)
↑1995年10月22日

翌'96年には、生田斗真(12歳)
松本潤(13歳)・二宮和也(13歳)
相葉雅紀(14歳)の順で入所します。 


智くんが入所した半年後に
滝沢くんが入所しますが
すでに智くんは、森田くん三宅くん
“剛健コンビ”のバックを最前列で
踊っていました。

洋楽一家の大野家。
母ちゃんはマイケル・ジャクソンが大好きで
智くんもビデオを観て真似していたとのこと。

ダンスへの入口は出来あがっていたんですね。

事務所に入所し
“生”のダンスを観たことで刺激を受け
その才能を開花させて行ったのだと思います。


更に、唄でも頭角を現します。

入所1年後には
元・光ゲンジの山本淳一との企画ユニット
“Junichi&JJr”のメンバーとして
アニメ『忍たま乱太郎』のエンディングテーマ
『0点チャンピオン』でCDデビューします。

他に『こうしちゃいられない』
CD発売されます。

その後、唄とダンスではJr.達だけでなく
先輩達からも一目置かれる存在になり
2年間京都へ身を置くこととなります。


対して、滝沢くんも入所半年後に
ドラマ『木曜の怪談・奇怪倶楽部』
初主演します。

翌'97年にドラマは放送終了となりますが
翌月には『新 木曜の怪談』と番組名を変え
再開。

その後『木曜の怪談 ファイナル』と変わりますが
その、どれもに主演を果たします。

ジャニーズファンが観ることの多い
ジャニーズの“冠”番組ではなく

不特定多数が観る地上波の全国放送
(地方によっては放送なし) の連ドラに
主演を果したことで、滝沢くんの顔と名前は
広く知られることになりました。

その後、1998年に鈴木保奈美さん主演
『ニュースの女』
夫の前妻との間にできた息子役を演じ。

翌'99年には大ヒットドラマ『魔女の条件』
松嶋菜々子演じる高校教師と
禁断の恋に落ちる生徒役をW主演で演じ
最高視聴率29.5%を叩きだします。


智くんも滝沢くんも、一見すると
ジャニーズJr.の王道を
歩いているように見えますが
その歩む道は、全く違っていたように思えます。

簡単に分けてしまえば
ダンスとお芝居であり、舞台とテレビです。

真逆の存在だったJr.時代の2人は
“実力の大野”“人気の滝沢”とも
言われるようになります。


こんな二人ですが入所時は
新入生Jr.の数が少なく
上下関係がきちんとしていた頃。
(かなり年上のイケイケなお兄さんJr.が大勢いました)
新入生Jr.達は、自然と集り
仲良くなったと思います。

智くんと滝沢くんは年齢も近く
自宅も同じ中央線沿線なのでレッスンが終わると
一緒に帰る仲でもあります。

帰りの電車に乗るとき、智くんは必ず

「チョコレート買っていい!?」
滝沢くんに尋ねてからチョコレートを買い

電車の中で一人
滝沢くんにお裾分けすることなく
黙ってモグモグと食べていたそうです
(⌒~⌒)モグモグ

滝沢くんからすれば

「なぜいつも、自分に許しを得てから
 チョコレートを買うんだろう!?」

「そして、なぜチョコレーを
 一欠けらも貰えないんだろう!?」

と思ってたそうですよ。

でも、美味しそうに食べてる智くんを見ると
滝沢くんも何も言えなかったんでしょうね。

智くんらしいです^^;



5人のロケ☆

左から
滝沢くん、大坂くん、智くん、原くん、小原くん

5人のJr.だけでのロケ写真です。



(3)へ続きます☆



良かったらポチッと応援よろしくお願いします☆


にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます
感謝

| 智くん素敵エピソード | 12:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

智くん with 滝沢くん(1)プロローグ☆二人のことを書くにあたって☆




こんにちは~(* ´ ▽ ` *)


今回は先日の
『VS嵐』の過去映像の感想を
書くことになったエピを書かせて頂きます☆



今日は、本文に入る前に
伝えておきたいことがありますので
読んでいただければと思いますm(_ _)m


Sさん、貴重なお話を
ありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を
 固くお断り致します。


こちらの内容は“S”こと
私個人が書いたエピソード(豆知識)を
sachiさんのブログにご厚意により
載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。

智担です。
大野くん贔屓目線にて
超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エピソード(豆知識)はTV番組、ラジオ
雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を
集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が
違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。
宜しくお願いしますm(u_u)m



2016年8月4日放送『VS嵐』
対戦チームは
生田くん率いる映画『秘密』チーム。

天の声さんが


「今回の映画、秘密というタイトルなんですが
 “嵐”チームの秘密なんて
 何かご存じですか?」


と生田くんに訊ねると
昨年11月1日代々木体育館で公演された
『V6デビュー20周年』後に
“V6”のバックで踊った
当時のJr.達が緊急集結し
“同窓会”が開かれ、“V6”縛りで
カラオケをした話がありました。


生田:滝沢くんと大野くんが歌ってる感じとかも
 あんま見れないし・・・


智:・・・(大きく何度もうなずく)

生田:それを翔くんが

 「うわぁ、やべぇぇぇ~!」

 つってずっと・・・


翔くんが

「うわぁ、やべぇぇぇ~!」


何枚も写メしたくなった気持ちが分かります。

Jr.時代に、この二人は
ユニットを組んで同メンバーとなることは
ありませんでした。

音楽番組やコンサートで、滝沢くんと智くんは
単独でマイクを持ち
ソロで唄うことを許された数少ないJr.で
最前列に一列に並んで唄うこともありましたが
滝沢くんの隣は翼くんや小原くんが
定位置だったように記憶してます。

なので、滝沢くんと智くんの並びは
翔くんにとっても新鮮であり貴重なこと。

興奮して写メを撮りまくった気持ちが
分かります。

何よりも、この2人が並んでマイクを持ち
歌を唄う姿が見れる日が来るとは・・・
そこにいた全員が思ったことかもしれません。

これまで数多くの“エピ”を掲載しましたが
特に反響が大きかったのは
Jr.時代に関する“エピ”
だったように記憶してます。

唯、訳あって「滝沢秀明くん」絡みは
当たり障りのないように
心がけて書いていました。

滝沢くんと智くんの関係は難しく
双方のファンが相手の名前に
敏感になっているので
誹謗中傷を避けるための手段でしたが
sachiさんの強い希望で
滝沢くんの名前を傷つけない文章にしつつ
当時の智くんが置かれた状況を
簡潔に書きました。

なのでこれからお話する内容は
滝沢くんのファン達にとって
耳の痛い話でもあり
智くんをJr.時代から応援し続けて来た
サトシックさんにとっても辛いお話となります。


*******

“sachiさんの強い希望で”

と書かれてあるように
私がこの類のお話を初めて教えてもらって
エピにて公開したのが2012年なので
かれこれ6年前になりますね

“Kyo to Kyo時代”“嵐デビューから1年”
エピの中に所どころ
齧る程度に当たり障りのない文章にて
書かれてあります☆

当時、それこそ何も知らなかった私は
何で智くんがそんな辛い状況に
置かれていたのか
エピと個人的にSさんから
いろいろ教えてもらっていたので
そうだったんだ~と理解はしましたが・・・

そこはやっぱり大好きな智くんのこと
実のところ、この二人は・・・どうなの?

智くんだけでなく嵐ちゃんからも
他のジャニーズとの親しい話題はあがっても
タッキーとの話題は
あまり出ていなかったと思うし

でも、嵐ちゃんの冠で
共演してる姿を観る限りは・・・
確かに他の同世代ジャニーズを迎えた時のような
慣れ親しんだ空気間はないけれど
変な雰囲気も感じない
でもやっぱり共演してること自体が
“特別”みたいな雰囲気は多少感じる

どちらにしてもこの二人
智くんとタッキーを観ると
辛かった過去を思い出すという方々が
いらっしゃるのも事実なようで・・・

今更ではありますが
所どころ、当たり障りのない文章にて
中途半端に一人歩きさせておくよりは
なぜこうなったのか!ということを
ハッキリ書いてもらった方が良いのではないかと
思いました☆

当の本人二人は、こうなった経緯に対して
相手を恨むわけでもなく
ただただ引かれたレールに乗っていただけ
そして、その状況を知りながらも
何もできないことに
戸惑いを感じていたのだと思います☆

この二人に関するエピを
最後まで読んでもらえたなら
智くんはもちろん、タッキーに対してもきっと
愛おしさを感じてもらえるかな?

そして智くんのことも
今以上に愛してやまない存在になるのではと
思います☆

どうぞ、ご理解頂いたうえで
読んでもらえたらと思いますm(_ _)m


(2)へ続きます☆


良かったら
ポチッと応援よろしくお願いします☆


にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます
感謝


| 智くん素敵エピソード | 11:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Mステ:主張せずとも美しく品のある静かなる極上のダンス☆



こんばんは~(* ´ ▽ ` *)


Mステ観ましたか~p(*^-^*)q

生智くん、変わらず素敵でしたね(〃▽〃)


出演アーティストの皆さんが通れるように

翔ちゃん、智くん、ニノちゃんの並びで

ちょこんと後ろに並んで・・・

当たり前なことなのかもしれないけれど

そういう気遣いが出来る嵐さん

ステキです(* ´ ▽ ` *)


それはそうとタモさん

またたくさん、お話振って下さってありがとうございます☆

とっても嬉しかった~+゚。*(*´∀`*)*。゚+

タモさんから離れて座っていたから

今日はお話聞けないなぁって思ってて(´∀`*)


ハムスターのお話、素敵エピにもあります☆

優しさが溢れ出ている智くんに逢えるので

お時間がある方はどうぞ、読んでみてくださいね☆

ハムスターに癒される智くん(前編)ハムスター先輩☆
ハムスターに癒される智くん(後編)智くんの真髄、ここにあり☆



【嵐:君のうた】


360°演出って、こういうことか~(ノ)’∀`(ヾ)

これは嵐さん側からの意向よね

あれかなぁ~

5人にとってそんな難しいダンスではなさそうだし

前向いて軽く踊ってるだけでは・・・・・

なんて思っちゃったのかしらね?(´・_・`)


まぁこういうのもある意味新鮮で

智くんがグワァ~~~ンと寄ってきた時は

うひょっ♥(*゚Q゚*)♥てなっちゃったけど

でもほとんどが背中っていうのは

寂しかったなぁ(っω・`。)


そんな中でも

やっぱり残しておきたい

大野智を感じられるダンス



その位置は

カメラさんから一番遠い

そして視聴者からも一番観え難い場所ではあったけれど


君のうた☆

君のうた2☆


軸となった左足は真っ直ぐに伸び

振り子のように曲げた右足は90度になる美しさ

そこからの

品のある静かなる極上のターン

勢いをつけるでもなくバランスをとるわけでもなく

主張せずとも目で追ってしまう美しさ


君のうた3☆


優しいお顔してるなぁ~(ノω`*)ノ

髪の毛、伸びたね(。-_-。)


君のうた4☆


教えに忠実な振り

どんな振り付けでも手を抜かない

そんな智くんのダンスが好き(〃▽〃)



それにしても・・・


♪いつか巡り逢える虹の橋で♪

♪同じ夢を見よう♪
 


今の私には一直線で胸に響いたこの歌詞


智くん大好きブログで『虹の橋』と書いても

なんのこっちゃ~?ってことになるから

ラッキーが旅立った時の記事

一度だけしか書かなかったんだけどね。。



余談ですが

本日10月20日はナナちゃんの一周忌です☆

あれからもう1年が経っちゃったんだなぁ。。


ナナちゃんの一周忌☆


特別な仏壇はないけれど


ナナちゃんの一周忌2☆


オヤツだけは特別だ(笑

生前のナナちゃんはアレルギーが酷くて

いろんなもの、食べさせてあげることが出来なかったからな

たくさん食べなさい(* ´ ▽ ` *)

ふふっ、ほんでもって

甘えん坊のラッキーもきっと一緒だねp(*^-^*)q


相葉ちゃんドラマで共演中のダイキチくんが

スタジオに応援に来てくれたとき・・・

思い出しちゃった。。

1話で、ちょっと大柄な柴犬と

(ミックスではないと思うんだけど)

可愛いパピヨンが出てきて・・・

なんで2匹とも出てんの~~~Σ(´Д`lll)エエ!!

2話は2話で・・・

当然のように涙が出てきて止まらなかった☆


ナナちゃんもラッキーも、たくさん食べて

虹の橋のたもとに戻ったらまた

仲間たちと楽しく過ごすんだよ☆

母ちゃんも、あなたたちに再び逢える時まで

頑張るからねp(*^-^*)q



お線香☆


私がいつもお線香を焚くときに使っているものです☆



《虹の橋》


天国のほんの少し手前に『虹の橋』
呼ばれている場所があります。

そこはとても暖かく食べ物も水も豊富にあり
お子様たちは元気いっぱいの体で
満ち足りた生活をしています。

ただ、大事なあの人がいない寂しさを抱え・・・

お子様は虹の橋のたもとで
飼い主様を待っています。

いつか飼い主様とお子様は虹の橋のたもとで再会し
しっかりと抱き合います。

もう離れることはありません。
そして二人一緒に虹の橋を渡っていくのです。





ではではまた~☆


良かったらポチッと応援よろしくお願いします☆


にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます
感謝

| 歌番組 | 21:47 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT