2004年 大野智・松岡昌宏W主演 舞台『TRUE WEST』(4)ディスカッション稽古で鍛えられた嘘のない演技




こんばんは~(* ´ ▽ ` *)


本日の『しやがれ』智くんも、相も変わらずイケメンさんでしたね~(´∀`σ)σ

と、チャチャっと感想を終わらせて

ではでは早速(3)の続きです☆


Sさん、貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソード(豆知識)を
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソード(豆知識)はTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



【大野智のお芝居における重要な転機2004年の舞台『TRUE WEST』】


中村監督が話す

「大野君って、カットとカットの間は本当にやる気がなさそ~な風情でいるんですよ(笑)。
でも「本番!」とカメラをまわした途端、とにかくスゴイ!! 

実は誰よりも準備をしているのに
その真剣なさまを人に見せないのが大野君の美学なのだと思います。」

「嘘のない演技についてはもう本当にピカイチですよ。
彼の場合は気負いもないし
自然体でセリフだけ覚えて現場に来て相手のお芝居に対してトンと返せる人。」



業界内で口にされる“大野智天才論”
確かに凄い原石だったのだと思いますが、それがダイヤモンドであっても元々は単なる石。
磨かなければダイヤモンドとしての輝きは得られない。

智くんの演技の修行の場は、舞台だったことが分かります。
ジャニーズにおいて、ドラマや映画やコンサートに比べて地味な舞台。

ドラマや映画で人気と知名度を広めていく周りに対して焦りを感じるだろうに
自分の目の前にあることに全ての力を注ぐことだけが出来る人。

嫉妬心や虚栄心など微塵もなく、スポンジが水を吸うように
あらゆるものを吸収し自分の糧とし、そして努力し続けることを怠らない。
天才とは9分の汗と1分の才能。今も人知れず、影で努力し続ける人です。

ディスカッションから始まった舞台稽古。
演出家から次々と質問され、初めてのことに面食らい戸惑うだけではなく
そもそも意見交換なんて苦手な智くん。
たまにはカチンと来ることもあったようですよ。

◆ラジオ『ARASHI DISCOVERY』2017年1月19日放送より


昔ね、よく外国の演出家の方とかって「これ、どう、思う?」ってよく質問された。
日本人特有の「わかりません、わからない」って。

そしたら、外国の演出家の方は
「いや、何でもいいから言ってみて」って。
で、言うじゃん。別にそれに対して不正解とは言わない。


「なるほどそういう考え方もあるのね、でもこれってのはこういう事でこういう事でもあるんだよ」
それを聞いた上でね、色んな解釈をしてくれた事はありますね。

(中略)

一回ねぇ~、腹立ってねぇ~、すんごい聞いてくっから。へへへ…


「じゃあ、このオースティンって役はこのあと家に帰って何をしたと思う?」って言われて。
もうそんな質問ばっかだったわけよ。今だから言うよ…イライラして来るわけ。

「何回聞かせんだ!!」って。「わかりません」

「うん、何か言ってみて」って言った瞬間、もうっ~、喉のここまで来たぁぁぁ!!

「うん、家で寿司でも食ってんじゃないですかぁ?」って。アハハハノヽ

外人だから寿司なんか食わねぇ~だろっていうところをね(笑)
「家帰って握りでも食べたんじゃないですか!?」って一回ね、喉の方のここまで来た。

若いから許して、あのとき24歳だから。
言わなくて良かったけどね、そういう時ありました。えぇ。。。

でも言ったよ俺。
演出家が日本離れる時、食事会したんだ、みんなでスタッフさん交えてね。


「オースティンは、アイスに例えたら何だと思う?」
「わかりません」「いや何か言って」で言おうと思ったら
「バニラだよね」って言われたの。

「何だよ、俺の中ではチョコミントだったよ!」と思いながら。アハハハノヽ

それをね……食事会の時に思いっきり言ってやりましたよ。
そしたら笑ってましたよ。へへへへ…

でも面白かったけどね。
タメになったこと山程ありますしね。
何でもいいから言うのも大事だなと思いましたよ。



十数年以上前のことなのに、「バニラアイス」「チョコミント」を間違えなく覚えているのも凄いけど
お酒の席とはいえ、演出家に対して自分の考えを言えちゃうのも凄いです。

私も、オースティンは甘いだけのバニラではなく
隠れたところに刺激があるチョコミントのように思うのですが…




24歳かぁ~。。

24歳という年齢が、まだまだ子供なのか、もう立派な大人なのか?
同世代の娘を持つ私としては、まだまだ子供のような気がするけれど・・・

イライラすると、自分の気持ちをコントロールするのって結構大変ですよね。。
相手が家族ならまだ許されることも、他人やお世話になっている人であっても
セーブが利かなくなるというか、感情の赴くままに後先考えずに口走ってしまったり
それで、後悔したり失敗したりって結構あるんでないのかな?

このとき智くんは、喉まで出かかった言葉を封印したんだね☆

頑張ってイライラしてるのを隠しながらも発する言葉は隠せない。。
“家で握りでも・・・”って冗談っぽく言ってしまう人もいるんでない(´∀`σ)σ

言ってはいけないタイミング、言っていいタイミング
言ってはいけない内容、言ってもいい内容

もうその頃から智くんはちゃんと弁えて行動してたのね(´∀`σ)σ
今の智くんを観ればそれも一目瞭然で
それでももう少し我を出しても良いと思うよと複雑な想いになったりもするけれど
そんな智くんだからこそ、ここまで大好きになれたんだよなぁ~(´∀`*)

智くんに出逢えて、良かった


(5)に続きます☆



スポンサーサイト
[ 2018/03/03 23:57 ] 智くん素敵エピソード | TB(-) | CM(-)