-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-11-15 21:22 | カテゴリ:智くん素敵エピソード




こんばんは~


ではでは、(1)の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソード(豆知識)を
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソード(豆知識)はTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



映画『ウェスト サイドストーリー』に感銘を受け
エンターテインメント事業を興そうと決意し、のちに
“ジャニーズ事務所”を設立したジャニー喜多川氏。

数多くの人気アイドルを輩出し、ヒット曲を飛ばすと
テレビドラマやバラエティー、映画界にまで進出。
そして、舞台にも進出しました。

なかでも“少年隊”さんは、ジャニー喜多川氏が念願していたであろう
本格的なオリジナルのミュージカル舞台。
のちに “少年隊ミュージカル PLAYZONE シリーズ ” と呼ばれる
通称“プレゾン”を、デビュー翌年の'86年夏から挑戦し
23年間上演し続け、通算957公演にて幕を閉じました。

“プレゾン”初演から数年間は

“アイドルがミュージカルをやってる!?”
的なキワモノ扱いで、ファン以外に評価されず。

そもそも、観客がコンサート状態で
「キャーキャー」絶叫し
ペンライトを振るなど、舞台マナーが守られず
ファン以外の観客が、舞台を静かに観劇することが儘ならなかったようです。

“PLAYZONE シリーズ” の5作目『PLAYZONE'90 SHOW劇 MASK』
構成・演出をジャニー喜多川氏
劇中劇『ハムレット』演出を蜷川幸雄氏により、1990年7月7日から公演されました。
この作品は、初めて“少年隊”が本人名で役を演じた作品です。

そしてこの『MASK』で、あの伝説の『千年メドレー』が誕生しました!!
劇中、思い悩みながら臨む仕事の中で、東山さんが踊るダンスナンバーです。

『千年メドレー』は正式名称ではなく『千年の季節』『Ever Dream』
『She's a Woman (歌詞違いの『The World Is a Stage』変更あり)』

3曲から構成されたメドレー曲を指します。

『千年メドレー』と聞くと大半の方達は
『Kyo to kyo '97夏公演 [VHS]』の映像に残る、東山さんのバックで
Jr.時代の智くんと原くんが
♪クヨクヨするのはよせよ♪
踊る部分だけを、思い起こされるかと思いますが・・・

『MASK』では、オリエンタルな曲が流れる中、東山さんが仮面をつけ
煌びやかな和の衣装を身にまとい登場すると
次から次へと仮面を外し変えるマジック(通称マスク・マジック)を披露します。

マスク・マジックを終えると、早着替えをしながらバラード調の『千年の季節』を唄い
一転して強く激しいビートの曲調へ変わり
バックで踊る黒人ダンサーと競うようなダンス
『Ever Dream』『She's a Woman 』と連続して踊りあげる
総じて10分以上に渡る大作です。
この一連の流れを総じて『千年メドレー』と呼びます。

『Kyo to kyo』では
『千年の季節』を外したショートバージョンの『千年メドレー』
披露されました。

内容も、平安遷都1200年を記念した舞台に相応しく
マスク・マジックは撚り日本風にアレンジされ
歌舞伎のような早替えをしながら、次々と仮面を外し変え
更に次々と和傘を出すイリュージョンへと変貌し
そこから、ダンスナンバーへと移り、フルで踊り続ける形となっています。

『千年メドレー』は、東山さんも『MASK』だけでなく
『Kyo to Kyo』など 他の舞台やコンサートでも幾度となく踊り続けられ
また、大勢の後輩達がカバーしたことからも分かるように
ジャニーズ史に残るメドレー曲だと思います。



(3)へ続きます


いつもたくさんのコメントにメール、拍手を
ありがとうございます
感謝


スポンサーサイト
2015-11-15 21:15 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



こんばんは~

我が家の老犬ワンちゃんのことでは日々、奮闘していますが
(ただいま体調を崩し、新しい治療も一時中断中
アトピー体質とは言え、今まで嘔吐や下痢も
ほとんどしなかった丈夫なコが・・・

若かった頃は、出来て当たり前のことも
“老犬”と言われる歳になってくると
僅かな月日の経過の中で、一つずつ出来なくなっていく
当たり前に大丈夫だったことが当たり前じゃなくなることが増えてくる。
避けることが出来ない老い・・・人間と同じだね

それでも私なりにホッとする瞬間もあり・・・
まだこれは出来る、まだあれも出来ると
えらいね~~すごい!すごい!なんて
当たり前に出来ていることにも一人、感動しまくって
目頭を熱くしていることもたびたび
老犬と暮らすって、こういうことだよね。。

上がったり下がったりの毎日だけど
ちょっとした時間を作っては智くんに癒されたり
ブログも無性に書きたくなったり
今はそんな日々を過ごしています

アルバム【Japonism】の感想も仕上げたいところですが
ナゴヤ・ジャポコンも無事に終わり、札幌・ジャポコンが始まった日に
Sさんから早速メールを頂きまして

“今回はエピではなく、マメ知識的なものなので
無理して掲載しなくてもいいですよ”


との、私を気遣ってのお言葉を頂いたんですが
数件ではありますが、参戦された方のレポや頂いたコメントを読む限り
智ソロ曲『暁』には、“原点回帰”という特別な想いが感じられて・・・
そんな時にSさんから送られてきたメール
独り占めしてたら罰が当たりますってんで日中、娘二人はいませんでしたが
旦那さんがいてくれたので、気持ち的にちょっと楽(笑

ではでは、今回の豆知識は構成上4件分ほどにまとまりましたが
まだすべての校正が終わっていないので
終わった2件からご紹介させて頂きますね


Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソード(豆知識)を
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソード(豆知識)はTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



昨年『デジコン』を終えた直後から、次は
“原点回帰”と嵐ちゃん達が口を揃えて言っておりましたが・・・

アルバムタイトルが『Japonism』と発表されたときは
失礼ながら「何のこっちゃぁ~ (・_・?) 」と思い
リード曲『心の空』を発売前に一足早く聴いたときも正直
心配と不安の方か“大”でありました。。。

でも嵐ちゃん達は、私の単純な発想の
更にその上を行く発想と考えを持っていたんですね。

翔くんが


「我々の事務所であるジャニーズらしい
 引いては日本らしいというところから辿り着いたのが
 このアルバムのタイトルでもある『Japonism』ということだったんですね」


との話を聞き、納得しました。

ジャニーさんは、オリジナルの“日本的な”演出や構成に拘り
数多くのステージや舞台を手掛け、今ではジャニーズならではの
ジャニーズ色とも云うべき世界観を創り出しました。

ジャニーズ事務所に入所し、Jr.となり、“嵐”としてデビューしてかれこれ20年。
“嵐”として、5人個々としての芸能界における原点は・・・ジャニーズ!!
ジャニーズのアイドルらしい、そして“嵐”らしい『Japonism』が完成しました。

その中でも、大野智のソロ『暁』
まさに日本趣味『Japonism』を奏でるような一曲。
この曲を聴いたとき誰もが、着物姿でセンターステージに登場した智くんが
華麗なる殺陣を魅せ、唄い終えた後
朧月夜に花の香りとともに去って行く。。。
そんなシチュエーションを、想像されたと思います。

待ちに待った“ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism”の初日公演が無事に終り
伝え漏れ聞くのは

「大野智のソロ『暁』の世界に抹殺された!」との絶賛の声の数々。
そして誰もが、『Kyo to kyo』を想い起こしたはず、なのに・・・
智くんが挨拶で語ったのは


「個人的なことですが、『MASK』というだいぶ前にやったものをやらせてもらって
 懐かしかったです!」


なぜ『Kyo to kyo』ではなくて『MASK』!?
てなことで、今回は『MASK』について深く掘り下げてみました。



(2)に続きます


いつもたくさんのコメントにメール、拍手を
ありがとうございます
感謝



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。