-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-11-13 08:40 | カテゴリ:智くん素敵エピソード


おはようございま~す


ではでは中編の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



思いがけず『ピンカチ』シリーズ第二弾で、主役の座を射止めた
“八塩イチ悪運の持ち主”貴田春彦(通称ハル:大野智)。

確かに、ハルは5人組みのメンバーの中で一番ひ弱な印象があるので智くんが

「どう考えてもワキ役だろう」と話すのも納得なのですが

『ピカンチ』シリーズの脚本は河原雅彦氏が担当してます。
言わずもがな、河原氏はドラマ版『青木さん家の奥さん』で智くんと共演し
舞台版では演出をされてます。
智くんの演技の振り巾の広さと瞬発力の早さ、芝居の技量については
太鼓判を押しているので、河原氏からすれば
何の不思議もない大野智の主役起用だったのかと思います。



マンモス団地で、何の巡り合わせか中学以来のクサレ縁。
何をするにも、どこへ行くにも一緒で、明るく元気に不器用に
時には大人のルールに反発してきた5人組も、今や一端の社会人。

そこには、3年という月日の中で思いもよらなかったシガラミを抱え
いつまでも一緒に“おバカ”なことをやっていられないとう
厳しい社会人としての現実。

変わって行く仲間に

“勝手に先行かないでよ。オレ、ついていけないいよ”
と訴えるハル。

そのセリフを

「ハルだけはなんも変わってなくて、置いていかれそうな気持なんだよね。
 わかるなぁって思った」

と話す智くん。

当時、嵐ちゃん達もドラマ、映画、バラエティーと
ソロ仕事で、少しずつ忙しくなり始めた頃。
唯1人、年1舞台を仕事としていた智くんにとって焦りはなかったものの
“嵐”5人での仕事現場から、一足早くソロ仕事へ向かうメンバーを見送ることは
寂しかったのかもしれません。。。

当時、既に一部では
“何もしないリーダー”などと揶揄されていた智くん。
それは、自分自身のことよりも
“嵐”というホームを守るための選択の結果、誤解された言葉だと思います。

暗く長いトンネルに入り込んでいた“嵐”、その中で葛藤し
メンバーに変わり“嵐”の冠番組で奮闘する智くんの姿が

“勝手に先行かないでよ。オレ、ついていけないよ”
と訴えるハルの言葉と重なります。。。

しかし、この2004年は
“何もしないリーダー”の言葉を覆す
目覚ましい活躍と躍進を見せてくれます。

5月には舞台『TRUE WEST』で松兄とW主演し
“嵐!いざッNow Tour!!”ではソロ曲『TOPSECRET』で初の振り付けをし
『24時間テレビ』では、チャリTシャツのデザインを手掛け
そして12月からの舞台『WEST SIDE STORY』ではリフ役に大抜擢されます。

このリフ役に関しては、最初から智くんに決定していた!というか
智くんでなければ!の決定だったと思います。
(その辺りの詳細については、後々『WSS』エピの中で・・・)

この他にも、ドラマ『四分の一の絆』出演
『劇団演技者。勝手にノスタルジー』に主演してます。


確かに、それまでの華奢なイメージから、ちょっぴり逞しくなって行く・・・
そんな変化が見られる2004年だと思います。

それにしても、大野智という人間は、時には“預言者”のような言葉を語ります。


「また続編があったら、今度は井ノ原くんの“かごめ兄ちゃん”が主役がいいな」
と話す智くん。
その話に

「やるとしたら・・・思い切って10年後くらいにして
 みんな実際にオッサンになってるの(笑)」
と答える井ノ原くん。

まさに10年後の2014年、30代の大人となった5人が
“かごめ兄ちゃん”のために再会を果たす姿が描かれる
『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY』となって
帰って来たのでした。。。




“勝手に先行かないでよ。オレ、ついていけないいよ”
と訴えるハル。

>そのセリフを

「ハルだけはなんも変わってなくて、置いていかれそうな気持なんだよね。
 わかるなぁって思った」


この当時の智くんの言葉、智くん自身も言ってるけれど
ほんと、切ない・・・

こういう想いを知ると、大野智としては何を思ったの?と・・・考えてしまう。
智くんは自分の胸の内をペラペラと喋るような人ではないけれど
だからこそ、その短い言葉の中に込められた意味を想うと
生身の智くんを感じてしまって
“大丈夫だよ”と寄り添ってあげたくなります
智くんの放つ言葉はどんな言葉もいつだってストレートに胸に響く・・・


“何もしないリーダー”。。

この言葉、ブログを開設して間もない頃にも私が智ファンだと知ったうえで
智くんを侮辱したコメントを(一人だけお仕事がない等)頂いたことがあってね・・・
思い出しちゃった。。

舞台はお仕事のうちに入らないの?
表に出て見えるお仕事だけがお仕事なの?

確かにファンとしては姿が見えないのは寂しい部分ではあるけれど
Jr.の頃から頑張ってきた舞台
智くんの原点の場ともなる舞台、その場所で確実に着実に力を身につけ
地道に頑張ってきたからこそ、今の智くんが存在しているのだと思います

TVのようにすぐさま顔を憶えてもらえるような利点はないけれど
智くんにとってとても貴重な大切な時間であったことは明確で
そんな智くんは、“嵐”というホームで
ソロ仕事で疲れて戻ってきた翔ちゃんや相葉ちゃん
ニノちゃんや潤くんの心をも癒し、守ってきたのでしょうね

今年の智ソロ曲『暁』は、“Kyo to Kyo”を彷彿させるような
マスクマジックなど振り付け演出があったようで
智くんならではの“原点回帰”になったようですね
ほんとこの人は、どこまで惚れさせるんだか・・・罪な人
早く観たい

最後に、智くんとイノッチの何気な~く放った言葉が
第三弾『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶん HAPPY』となって実現したこと
この『ピカンチ』シリーズに携わった全てのスタッフさんに感謝します

そして、イノッチ(V6兄さんたち)これからも嵐さんの事、よろしくお願いします

***************

本日から札幌ジャポコンが始まりますね
参戦される皆さま、思いっきり楽しんできてくださいね~
気を付けていってらっしゃい
札幌も、誰も怪我をすることなく無事に終わりますように


ではではまた~

いつもたくさんのコメントにメール、拍手を
ありがとうございます
感謝


スポンサーサイト
2015-11-13 08:31 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



おはようございま~す


前編にて最後に一言、書いた部分があるんですが
中編を仕上げていた最中に、これは後編も同時にUPした方が良さそうだ!
ということに気付いて・・・あははははっ
今回は2件まとめてのご紹介になります

ではでは、前編の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



◆映画『ピカ☆☆ンチ』の原作者イノッチを迎えての熱~い対談❤ 
 嵐×イノッチ『ピカ☆☆ンチ』な青春!



ピカ☆☆ンチ4☆


潤:あらためて思うけど、井ノ原くんって、本当にいっぱいエピソード持ってるよね。
  まだまだ映画作れるぞってくらい。


翔:しかも友達の名前とか時期とか
  すっごい細かいことまでしっかり覚えてるのがスゴイと思う。


井:そう?でも、みんなだってあるだろう、青春のエピソードくらい。
  男ってバカだからさ
  思い返すと笑っちゃうようなことを真剣にやってるんだよな。


二:でも、井ノ原くんのは全部、みごとにオチがあるんだもん。
  “ネズミが異常発生して、その対策にネコを放したら
  今度はネコが異常繁殖しちゃった”とか(笑)。
  “作ってる!?”ってツッコみたくなるくらい。


井:いや、事実だから、すべて。

智:撮影のとき、運河を走ってた警視庁のボートに
   “乗ったことある!”って井ノ原くんいってたけど、なんで?

井:ああ、それはね、あの運河に注ぐ下水道があるんだけど
  そこに入りこんで仲間と基地を作ったのよ。
  それを水上警察に見つかって。
  あのボートに乗せられて、保護されちゃってねえ・・・


翔:それって、話していいの!?

井:基地は男のロマンだろ~!自分たちだけの秘密の部屋っていうかさ。

・・・・(中略)・・・

智:ボクも材木置き場みたいなところに基地を作ったことがあったよ。

二:そこで何していたの?

智:『少年ジャンプ』読んでた。

井:『ジャンプ』なら家でも読めるだろう!親の前でもOKだろう!?
  (前の件で、相葉ちゃんがエ○本を基地に隠していた話をしたため)

智:『コロコロコミック』も読んだ。

二:『コロコロ』!なつかし~!

井:オイ!(笑)。


ピカ☆☆ンチ5☆

ピカ☆☆ンチ6☆


↑井ノ原くんに散々な目に合わされて、お返しする智くん。

あの~、そろそろ『ピカ☆☆ンチ』の話をしませんか~?
 “青春とはなんだ!?”ってテーマもあるんで、一応・・・


井:そうだよ!『コロコロ』とか、いってる場合じゃないんだよ。

潤:(笑)。でも『ピカ☆ンチ』の続編ができるとは思わなかったよ。オレは。

二:オレも。だって、すごくキレイに終わったじゃん、第1作の『ピカ☆ンチ』

井:オレも思ってもみなかったよ。
  もう“原案者”なんていわれちゃうと申しわけないくらいでさ。
  それぞれのキャラクターをよくあそこまで作りあげて、成長させてくれたよね
  嵐はすばらしいよ。


翔:いやいやいや。
  井ノ原くんも前作に引き続き、タバコを使った小ワザがサクレツで、最高でした!


井:おまえもカッコーよくバイクで去っていくシーンで、みごとにスッ転んでくれて
  最高だったよ!
  あのままOKにしてもいいくらいだったね。オレ的には(笑)。


相:でも今回のストーリーは、すごく切なくて大好き。絶対感動するよね!

翔:それぞれに葛藤があってね。

二:うん。いい話だな~って思ったよ。


そんな感動作で主役を務めた大ちゃん、感想は?
(↑ここまで、主役なのに一言もハルについて話さないためご指名が入ります^^;)

智:ウソだろ!?って思った(笑)。どう考えてもワキ役だろう、と。
  でも台本読んだら、すごく濃くて。
  前作では見れないハルがたくさんいたんだよね。
  好きなセリフもあったし。みんなに
   “勝手に先行かないでよ。オレ、ついていけないよ”っていうの。
  切ないなぁって。


相:前作から3年たって、それぞれ変わっているっていう設定だからね。

智:その中でも、ハルだけはなんも変わってなくて
  置いていかれそうな気持なんだよね。
  わかるなぁって思った。


潤:社会に出ても変われない部分、流されて変わっちゃう部分
  絶対変わっちゃいけない部分っていうのがあるんだよね。
  それがクサくなく描かれているところが好きだったな。


智:うん。話は変わるけどさ。
  また続編があったら今度は井ノ原くんの“かごめ兄ちゃん”が主役がいいな。


井:え!?ようやく兄ちゃんにスポット当てる?
  でもさ、やるとしたら、3年後とかよりも、もっと年がたってたほうがよくない?
  思い切って10年後くらいにして、みんな実際にオッサンになってるの(笑)。


二:いいね~!

翔:それでも大野くんのハルには、変わらずスーパーで働いていてほしいね。

智:うん。ハルは変わらないと思うよ。


ピカ☆☆ンチ7☆


・・・・(中略)・・・

井:このあいだ仕事で行ったほてるの支配人が
  偶然オレらの中で一番悪かったヤツでさ。
  久しぶりにあったんだけど、そいつがオレの顔見るなり

   “アハハハ、オレ、ピカンチ!”って言ってきた(笑)。

嵐:スゲ~!

井:そいつがザリガニを投げるのがウマくてさ~。

翔:ザリガニを投げる!?

井:そう。ザリガニを捕ってきては
  ベランダから向かいの棟の他人の家に向かって投げるんだよ。
  彼独特のかけ声で
“チョウミイッ!”っていいながら。

潤:それ、どういう意味!?

井:わかんないんだよ。でも、必ず言うの “チョウミイッ!”

智:でも今は支配人なんだ~(笑)。


・・・・(中略)・・・

翔:井ノ原くんの小学校と中学校は、今日はじめて見た。
  映画の撮影のときは、あのへんまで行かなかったから。


井:オレも久しぶりよ。Kくんが3階から落ちた思い出の母校。

智:ツバメのヒナを拾ったのって、あの近くの排水溝?

井:そう。連れて帰って、スポイトでエサやったりしたんだけど
  名前を付ける前に死んじゃった・・・



あっ、時間だそうなんで、そろそろ終わりに・・・
  “青春とはなんだ!?”の話も、まったくできませんでしたが(泣)。


井:え?ツバメが死んだ話で終わり!? マジで? いいの?

もう、十分です。ありがと❤

井:いや~、でも嵐は一緒にいて楽しいね。なんかすごくラク。
  あ、V6がラクじゃないってことじゃないよ。


二:そうだ、V6といえは今日まさに、坂本くんに怒られた。

翔:怒られたね(笑)。

井:なんでよ!?

二:ここに来る前に、嵐カーに乗ってたら、目の前にロケバスが停まったの。
  それに坂本くんが乗ってるて聞いたんで
  ドア開けて翔くんと
“ワ~イ”って手を振ってたら・・・

翔: “おまえら、公道でドア開けて振ってたら危ないだろう!”って
  坂本くんから電話がかかってきた。


二:しかも坂本くんが乗っている車は別で
  オレたちは全然関係ないロケバスに向かって手を振ってたらしい。


井:バカだろう、おまえら。オレ、やっぱV6でいいわ(笑)。


ピカ☆☆ンチ8☆


後編へ続きます


いつもたくさんのコメントにメール、拍手を
ありがとうございます
感謝


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。