-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-07-20 23:40 | カテゴリ:智くん素敵エピソード


こんばんは~


ではでは(11)の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



◆2006年 ~ラジオ『ARASHI DISCOVERY』(2006年9月6日放送)

横浜赤レンガ倉庫前の広場に
高さ6メートルの巨大な椅子が出現しました。
これはスウェーデンの大型家具店“イケア・ジャパン“が行っている
インテリア展『IKEA Room Box』の目印として設置した物で
このイベントが終了する9月9日まで展示されています。
インテリア展では、IKEA製の家具を用いて広場に六つの部屋が
作られております。

ほぉ~、ここにね。
今、椅子あるんですよ、写真が。めっちゃデカイなぁ~、この椅子(笑)
どっから作ったんだろうとかね、僕ね、そんなこと気になっちゃいます。
僕もね、今ね、椅子作ってるんですよ。
まぁ~、まだ作り始めなんですけどもね。
フィギュアは、もうとりあえず終わって、自分の中で(笑)
そんで今、なんか友達と「何か作りたいなぁ~」って。

「じゃあ、ちょっと椅子作ろうか!」って話になったんですけどね。
そんでね、まぁ~ちょっとシュールな椅子を作りたいなと思って
今、取りかかってます。
これはいずれどっかで見せます。できたら・・・ええ。。。

今年中には作りますから
今年の10月中には僕の中で完成される・・・予定です。ええ。。。
でも必ず、たぶん完成すると思いますけどね。
何かしら、どっかしらの形で見せたいと思うんで、乞うご期待!!
以上、大野智でした。



この時点では、事務所側に
「個展をやりたい!」との意志表明をしてはいませんが
智くんの心の中では、既に個展へ向けての想いがフツフツと
込み上げて行ったんですね。

そして、12月からの舞台『テンセイクンプー~転世薫風~』公演中に

「個展をやりたい!」旨を事務所に伝え
公演の休演日には、自宅に籠ってひたすらフィギュアを作り続けます。


「自分が一番頑張ってる時に、言おうと思っていた」と話す智くん。
個展の開催は、自分個人の我儘だからこそ
頑張っている時にしか話す事ができない!
そんな風に思ったのかなぁ~!?

今だから知ることができる・・・“嵐”というグループの中において
当時の智くんの揺れ動いてた想い。。。
次から次へとアイデアが湧きあがり、こぼれ落ちんばかりなのに

「しばらくは制作作業もおあずけになりそうな感じ」
中断し、諦めなければいけない、大好きなことが出来ないジレンマ。
“嵐”でいることの不自由さ!みたいなものを感じ
そんな気持ちを胸に抱いてる自分はリーダーとして
“嵐”とメンバーを裏切っているように思っていたのかもしれませんね。

でも、大勢の人達が関わる存在となった“嵐”
メンバーと一緒に作りあげた大切な宝物でもあり
どちらも選ぶことが出来ない状態の中で

「個展をやりたい!」という目標ができたこと。
それは何か、藁にもすがる想いでもあったのかもしれません。。。


(13)へ続きます


いつもたくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝



2015-07-20 23:37 | カテゴリ:智くん素敵エピソード


こんばんは~


ではでは(10)の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



◆2006年 ~$誌『Duet 2006年9月号』“嵐IZM”より 

《オイラが夢を描ける場所へ》


嵐IZM(1)☆


「やっとオイラの番になったよ」
自分の順番が回って来るのを楽しみにしていたという大野。
今回は
「ホームセンターに行きたいっ!」と希望。
さっそく、都内の大型ホームセンターへ。

到着するやいなや、小踊りしながら車から飛び出して来た。

「うひょ~、すげぇや~!」目の前に広がる光景に、すでに興奮状態。

もう待てないという感じで、店内に吸い込まれるように入って行きます。


☆嵐IZM(3)


まず、木材のコーナーへ。

先月、
“家を作りたい”と言ってたけど・・・。
「あ、あれはテキトーに言ってみたんだけど(笑)。
 でも、こうやって実際に木材とか材料を見ちゃうと
 テンション上がるよね-。うん、夢が広がる(笑)。
 この板は、カウンターとか作れそうじゃない?マジ、すっごいね~。
 いろんなのがあって、しかも安い!」


目を輝かせながら、いろんなタイプの木材やタイルなど手に取ってみる。
そのまま、ずんずん進んで行くと、今度は工具コーナーが。

思い出したかのように


「あ、ハサミ買わなきゃ!堅いものをムリして切ってるんで
 もう3本もハサミをダメにしちゃったんだよ。ちょうどよかった」


と、ハサミより強力なニッパーをゲット。さらに歩いて行くと、何かを発見。
「うわぁ~!チェーンソー

 (↓文中にが書いてあります。どんだけ、嬉しそうな顔をしてたの!?)


嵐IZM(2)☆


こんなにうれしそうにチェーンソーを眺める人、初めて見ました・・・。

「ホント、この店、魅力的(笑)。そういえば、接着剤もなかったんだよ。
 買おう!これは、いま作ってる黒人の人形に帽子をつけるためのもの。
 あと、黒の両面テープも欲しいんだよね。
 髪の毛をつけるときに白いのだと目立っちゃうから」


購入したものから推測するに、かなり本格的に制作活動をしているようす。

「そうなんだよね。でも、いまみたいに、粘土でカタチを作って
 樹脂で型取りして・・・って方法での作品の作りって
 ソロコンが終わってから始めたんだよ。
 もっと前からやってたように感じるけど。
 最近、人形だけでなく、モノ作り自体にハマってて
 自分でも、こういうことがするのが好きなんだなって、改めて気づいたよ。
 きのう、母ちゃんにも

“これから、ますますエスカレートしそうだね”って言われたし(笑)。
 さっき、“テキトーに言った”とか言っちゃたけど
 やっぱ、家も、将来的には作ってみたいなって思ったよ。
 今日、ここで材料を見て、なんか作れそうな気がしたの。
 まずは人形用の家からかな(笑)。
 あとは、ボートも作ってみたい。
 ほら、『まごまご嵐』でボートやってたじゃん?
 あーゆう感じで、けっこう大勢乗れるような・・・
 お尻の下にローラーみたいなのをつけて
 漕ぎやすくしたのを作ってみたい」


店内をひととおり見て回って、またタイル売り場に戻った大野。

「インスピレーションがわいてきた!タイル買おう~。
 オイラ、あとあと何かに使えそうだなって思ったものは
 買っておくタイプなんだよね」


と、タイル3枚と、作品の台にするための木製の板も購入。
まさに、夢の王国で王様気分わ満喫したのでした。



《今月の夢達成度・・・1000% いままでにない最上級の満足度です。》

「友達に大きい店があるって話しは聞いてたけど
 ここまで大きなホームセンターは初めて。
 ホント、この企画よかったよ~(笑)。
 また今度、ゆっくり買い物したい」


と、満面の笑み♪
このとき、チェーンソーは購入しなかったけど。


“チェーンソーが欲しい!”とずっーと思い続け
「チェーンソーって、幾らくらいするのかなぁ~」と相葉ちゃんに相談し
「うちのリーダー・・・やっぱり、変!?」
と困惑させてたのが、この時期でしたね^^;

翌月号のインタビューでは


最近のプライベートはね・・・
相変わらずだけど、友達としょっちゅう会ってるね。
一緒に作品を作ったりして、昨日はひっさびさに絵を描いた。

とりあえず、フィギュア系っていうか、立体を作るのは終わったから
次は絵をやろうと思って。題材は思いつきてで。
水彩画をあと2枚くらい描こうかなと考えているんだけど
これからは当分休みがないから、しばらくは
制作作業もおあずけになりそうな感じ。
今年はいっぱいいろんなものを作りたいんで、とりあえず
いまは妄想期間だな。
これから何を作ろうか?とか、いちばん効率いい作り方は?とか
ひたすら頭の中で妄想してる(笑)。

あ、先月の取材で行ったホームセンターにも
友達と行こうかって言ってるんだ。
あのとき買った両面テープとかもバリバリ使ってるよ(笑)。



ここで
「フィギュア系っていうか、立体を作るのは終わったから」と話してますが
後々判明する、フィギュア100体を作り上げたことではなく
いわゆる“○期生”と名づけることとなる、その内の一部のことと思われます。

早速、ホームセンターで購入した品々が大活躍していることを
話してくれましたが、その後にお友達と一緒に
チェーンソーを買いに行ったのかな!?
チェーンソーがないと作れないような作品を作り上げたことを
ラジオで紹介してくれてます。


(12)へ続きます


いつもたくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝



2015-07-19 13:49 | カテゴリ:限定記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2015-07-19 13:26 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



こんにちは~


ではでは(9)の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



◆2006年 ~『うたばん』(2006年8月3日放送)~ 

この頃になると、益々プライベートでの創作活動が
活発化して行っていることが、会話などの随所で知ることができます。
『うたばん』では恒例の“ジャニーズ下剋上”のコントへ向けての
“嵐 7年目の暴露!!”と題して智くんへの暴露合戦が始まります。
中居くんが、嵐メンが他メンについて投書した用紙を、箱から取り出して
読み上げます。


中居:“酔っぱらって知らない人の家で寝ているメンバーがいる”。。。
  まず、チクった人はね、やっぱり申し訳ないですけど・・・
  酔って知らない人の家で寝ている人?

 (↑挙手するように、中居くんが促します)

智:無言で挙手・・・・・・・・・・リーダーです。。。
 (↑なぜか、隣の貴さんと見つめ合う智くん)

ヾ(≧∇≦)アハハ八八ノヽ

中居:なにやってんの?

智:酔っぱらって記憶がなくなって・・・
  気がついたら、ひとんちで綺麗ぃ~に寝てて朝起きたの (^_^;)
  

石橋:誰んちなの!?

智:いゃぁ~、まったく知らないですよ!?┐(’~`;)┌  

石橋:その人、なんで寝かせてくれてたの!?

智:それが謎なんですよ、未だに。。。

ニ:起きたら、居なかったって言うんですよ。

智:誰も居ないんですよ。

石橋:へぇ-----えぇぇ ━(((;゜Д゜)))━ 

潤:誰も居ないんだけど、全然知らない人の家の布団に入って
  寝てたらしいんですよ。


中居:“お持ち帰り“されたんだよぉ

ヾ(≧∇≦)アハハ八八ノヽ

中居:女の人の家なの?男の人の家なの?1人暮らしっぽい感じ?

智:おじいちゃん、おばあちゃん系なんです f(´-`;)ポリポリ


うたばん(1)☆


石橋:えぇぇ-----ぇ ( ̄O ̄;)

中居:マンション?家?

智:一軒家!!

中居:実家、一軒家?なんか匂ったんじゃないのぉ~!?

智:でも、二階で寝てたんですよ。

石橋:えぇぇ-----ぇ (゜ロ゜屮)屮 

中居:階段登ってんの?

智:僕の部屋も二階なんですよ。

石橋:手紙か何か書いて行ったの・・・

智:後で、家帰ってから「おかしいぃ~なぁ!?」と思って
  もう一回、その家に行ったんですよ・・・居ないんですよね。


ニ:なんか、飲むのがテキーラとかなんですよね。

中居:あっ、強いの飲むんだぁ~

智:そんときも、バンバン飲んで・・・

中居:病んでるな!とにかく早く“現実から離れたい”ってことだ!!

ヾ(≧∇≦)アハハ八八ノヽ

石橋:中居くんみたいに、うす~いお酒をチビチビ飲まないとぉ~


中居:はい、つぎぃ~。
  “アイドルなのに趣味が粘土細工”・・・全部、大野です^^;



うたばん(2)☆


石橋:粘土細工・・・やってんのぉ~?

智:今、一番ハマってますね o(^O^*=*^O^)oワクワク

石橋:怪獣とか・・・作んの?

ヾ(≧∇≦)アハハ八八ノヽ

智:フィギアを作るんです =*^-^*=

石橋:粘土で!?

相:それが、ものすっごい上手いんですよ (*^ー゜)b

ニ:唯、いつも、こういうテンションじゃないですか!
  それが、粘土友達みたいなのがいるみたいで、電話で30分くらい
  凄いその時は楽しそ~に喋ったりするわけですよ ┐(’~`;)┌ 


石橋:粘土について?ちょっと今、乾燥気味だから・・・とか^^;

ニ:「マジでぇ~!」みたいなこと言ってるわけですよ。
  どっちかっていうと、テンションの上げ方間違えちゃってるわけですよ。
  こっちで(嵐)上げないで、粘土の会話の時に
  ガーンと上がっちゃってるみたいな・・・おかしいんですよ。やっぱり。
  7年目にして気づいたんですけど・・・僕らは (;-_-) =3


相:おかしいんです・・・ねぇ~ (^_^;)

ヾ(≧∇≦)アハハ八八ノヽ

中居:どぉ~すんの。こんな・・・ケチョンケチョンに皆に言われてさぁ~

智:粘土以外にも身に付けたものがあるんです・・・マジ、マジック f(´-`;)

ヾ(≧∇≦)アハハ八八ノヽ


と、ゲストのマジシャンをご紹介するにあたり
そのマジシャンの方から教わったマジックを披露する智くんです。

皆さん、お気づきでしょうか?翔くんが一言も話していないことを。

「智くんの作品は、俺が一番観ている!」と豪語するだけあって翔くんは常々
「今、なにを描いてるの?」「作ってたの出来た?完成したら観せて!」
智くんに写メで撮ってきてもらい
誰よりも智くんの作品を一番最初に観てきました。

Jr.時代から、智くんが描く様子を隣に座って観続けてきた翔くんにとって
どんどんすご味を増していく作品の数々に圧倒され
何も言えなかったのだと思います。

この頃は、映画『黄色い涙』の撮影も終わり
智くんがロケ先のホテルにフィギュアを持ち込んで創作している様子を
他メン達も観ていたので、その完成度の高さを知りながらも
睡眠時間を削ってまで創作活動に没頭する智くんを
心配していたと思います。

ちょっと話しは逸れますが・・・
いつも智くんとイチャコラしてぴったり隣に引っ付いてるニノちゃんではなく
もちろん、智くんLoveな翔くんですが、翔くんの方が
智くんの作品に興味深々で一番観ているのも不思議な気もするのですが
やはりコレは、翔くんとニノちゃんの性格の違いと
Jr.時代の上下関係の名残りなのかな!?と思ったりします。

1人が好きだけど寂しいのは嫌いなニノちゃん。
1人が好きで1人の時間がなければ息が詰まりそうになる智くん。
その気持ちに共感できるから、本当はプライベートでも
引っ付いていたいけど、智くんをそっとしておいてるんだろうし
ニノちゃんが入所したときには、既に智くんはセンターで踊るJr.の大先輩で
ドSな対応されて凹むときもありましたからね。
対して翔くんの場合、智くんは先輩には違いないのですが
入所も学年差も1年と近く、一緒に(幻の)バンドを組んだりと
友達感覚の方が近かったのかな!?と思ったりします。
ニノちゃんには、尊敬する先輩としてだけでなく、憧れもあったと思います。

『うたばん』に戻りますが・・・

当時は、酔っぱらって見ず知らずの家でお泊りしちゃた智くんに爆笑したり
ちょっと怖くない!?と思ったりしてましたが
今この映像を見返すと、中居くんの“現実から離れたい”との言葉が、
胸に突き刺さります。。。


(11)へ続きます


いつもたくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝



2015-07-19 13:23 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



こんにちは~


ではでは(8)の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



 ◆2005年 ~
『WEST SIDE STORY』(2004年12月4日~2005年1月9日)
終了後の$誌より


バーカウンターを作ってる。大きさは30cmくらい。
木で作って、本物のカウンターのようにお酒のビンを並べて・・・
そのビンを作るのが難しいの。
こないだは、ビールのディスペンサーを作った。
粘土で形を作って、アルミの素材をつけて・・・うまいぜ(笑)。
完成したのを見て、自分でビックリしたもん。

2005年の目標で
「絵を描く!」と言っときながら全然描いてなかったんだけど
ようやく描くことができました。
仕事も落ち着いて、ちょっと時間ができたから
「1週間で描く!」って期間を決めて描き始めたんだ。
期間決めちゃったから「早く描かないと」って追い込まれちやってさ。
そしたら、ライオンに追いかけられる夢見ちゃったよ。
コンサートに出るライオンが暴れちゃうっていう夢。
そんだけ追い込まれて描いたってこと(笑)。
描き終えたら、フラフラになるくらい疲れた。今年は、もう描かないよ(笑)


駄々っ子さとし☆アカペラ“DEEP SORROW~君のいない世界~”☆一部記載あり


4月から『まごまご嵐』が始まり、ロケでの撮影が多かったことから
必然的に忙しさも増したと思います。
智くんは、“嵐の一日孫になります”のコーナーで、毎回お別れのときに
おじいちゃんとおばあちゃんの似顔絵を描いてプレゼントしました。

ここからは余談になりますが・・・ 

2005年7月2日放送の回ではニノちゃんと智くんが
群馬県の川原湯温泉のお土産物店“お福”(旅館“丸木屋“の別館)に
お手伝いに行きます。
実は、この辺り一帯は(放送当時)平成22年完成予定の八ッ田ダム建設により
水没することが決定していたので

「お片づけのお手伝いをお願いしたい!」とお手紙を下さったのでした。

そんな哀しくも寂しい事情を知った智くんは、材木屋さんへ行き
大きな板を貰って、真ん中におじいちゃんとおばあちゃん
その両隣にニノちゃんと智くん。
4人が手を繋いだ、大きな大きな素敵な似顔絵の看板を描き上げました。



まごまご嵐☆


その後、八ッ田ダムは建設休止になるなど紆余曲折を経て建設が再開され
2013年7月に“新温泉街”(現在地より30m高台)にお店は移転しました。
新店舗にも、智くんが描いた看板を飾って下さったそうです。

別のコーナー“嵐の城下街”で千葉県館山市を訪れたときは
ロケ中に出会った銭湯“梅乃湯”のおじいちゃんに気に入られ
なんと、“嵐の一日孫になります”のコーナーにお手紙を下さり再会しました。

このときは、創業115年を迎えた“梅乃湯”を今年限りで閉店するため
智くんに最後の“梅乃湯”を描いてもらうのが
おじいちゃんのお願い事だったんですよね。

“嵐の一日孫になります”では
おじいちゃんとおばあちゃんの似顔絵を沢山描いてきましたが
今となっては“家宝”ですね。

この年の後半は、舞台『バクマツバンプー 〜幕末蛮風〜』があり
舞台稽古中に『まごまご嵐』“ボート部”が結成され、
年末にはソロコンも決定してと、また忙しくなって行きました。


(10)へ続きます


いつもたくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝




2015-07-19 13:18 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



こんにちは~


ではでは(7)の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



◆2004年 ~『24時間テレビ27・愛は地球を救う』』(2004年8月21日 ~22日)

 『24時間テレビ』の象徴、黄色いTシャツ
今年は僕がデザインさせてもらいました。
Tシャツには、僕の思いがたくさん詰まってます。

子供がバーベルを挙げてる・・・
これはもう有り得ない不可能が可能になった瞬間ですよ。
実は30分くらいで描き上げたんだけど(笑)
描き始めるまでの1週間くらい悩んで、それでガッーとイメージが湧いて
一気に描きました。

本当に可愛く仕上がったと思うよ。
夕日を浴びて影が伸びてるのもいい感じでしょう?
しかも名前まで入ってるんだから・・・これはもう宝物ですよ。
メンバーも
「いいね!」って褒めてくれたし、この夏、僕は大満足です。


24時間テレビ☆


このチャリTシャツのデザインについては
チャリTシャツ製作をライフワークとしてる久米繊維の社長:久米信行 氏が
当時、下記のコメントを残してます。


大野智さんのデザインイラストには驚き、深く感銘を受けました。
このバーベルには、よく見ると、なんと「可能性」と書いてあるのです。
プロのデザイナーなら、そんなベタな日本語を書くことは
しないかもしれません。
インディーズのデザイナーならば、笑えるTシャツの素材に
使うかもしれません。
だからこそ、ガツンと頭を叩かれた気がいたしました。
おそらくは、聾学校の生徒たちと一緒にダンスを踊るという体験で得た
「驚き」と「歓喜」が、この「可能性」という一言に結びついたのでしょう。
この、自分よりも重そうなバーベルを持ち上げる子供というイメージを
素直に産みだしたのでしょう。

そして、そこにオーラのような黄金の輝きを見たのかもしれません。
それから、今回の24時間テレビのテーマでもある
「YOUR DREAM IS OUR DREAM」というロゴも新鮮です。
いわゆる活字のタイポグラフィーを使わず、手書きのイラストロゴ。

縦長の長体の文字で、外を黒い縁取り
中を白塗りしているため、絵のようにも見えます。
なぜか懐かしい感じがするのは
古き良き時代のロックのレコードジャケットを思い出すからでしょうか?
24時間テレビのロゴや、その日付までもが、かわいらしく見えるデザインに
またまた魅せられました。

もはや英語コンプレックスのない世代のデザイン力。
さらに驚いたのは、さりげなくイラストやロゴの下に添えられたメッセージです。
これは、嵐の5人が、それぞれのチャレンジド応援体験を通じて
感じた言葉でしょう。
それが、日本語の手書き文字で、4行にわたって添えられていたのです。

この熱く真っ直ぐな言葉がわきあがる源は?
なぜ、日本語で堂々と書きたかったのか?
それを着て、何を訴えたかったのか?
その答えを、24時間テレビで、嵐の5人を見て知りたいと思いました。



2004年は、映画『ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY』に始まり
SPドラマ『四分の一の絆』、舞台『TRUE WEST』
劇団演技者『勝手にノスタルジー』、舞台『WEST SIDE STORY』
お芝居の仕事が続き、その間に
冬コン“WINTER CONCERT 2003-2004”
夏コン“いざッ、Now Tour!!”そして『24時間テレビ』があり
アート制作は一時休止に成らざるえなかったようです。


今更・・・かもしれませんが、4月に発売された元側近による暴露本なるもの。
そこに、24時間テレビのチャリTシャツに関して


“日テレサイドから「メンバーの中で絵が描ける方はいますか?」
 という依頼が来て、大ちゃんがバーベルを持ち上げている
 小さい子供の絵を描いてきたんです。”


と書かれているようですが、私的には「???」です。
2004年の24時間テレビのパーソナリティーは
『Dの嵐!』のロケを装い、そこへ東山さんがドッキリ出演し

「今渡したTシャツは、まだまっさらです。
 ここに5人で力を合わせて何かを書き込んでほしいと思います!」

何も描かれていない黄色いTシャツを、嵐ちゃん達に手渡すという演出で
サプライズ決定しました。

そうです!!依頼もなにも、最初に

「何かを書き込んでほしいと思います」と言ったのは東山さんです。
たとえコレが“言葉のあや”だったとしても
その後直ぐに、5人でアイデアを出し合い
智くんがデザインを考えて描き上げてます。
この頃すでに、大野智の趣味は絵を描くことであり
その玄人はだしのアート作品は周知の事実となりつつありました。
日テレの1年に1度の大イベントである24時間テレビのバーソナリティーを
“嵐”に任せる。
グループだけでなく、その1人1人についての詳細も把握してなければ
プロデュースできない、それが仕事だと思います。

「メンバーの中で絵が描ける方はいますか?」って・・・
決定してから聞くことなんですかね!?
私的には「???」が多い暴露本。もちろん、私はこの本は購入してません。


(9)へ続きます


いつもたくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝




2015-07-17 00:29 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



こんばんは~


ではでは(6)の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



◆2004年~ 『Dの嵐!』“Oの嵐!”(2004年8月18日放送)~

前番組『Cの嵐!』のコーナー企画
“D(ドキュメント)の嵐!”を番組として独立させ
嵐ちゃん達が記者に扮して取材を行ったのが『Dの嵐!』です。

他に、個人のメインコーナーも企画されました。
番組開始当初から視聴者の投稿を紹介していた翔くんは“T(投稿)の嵐!”
おバカな実験に挑戦する相葉ちゃんは“A(相葉)の嵐!”
嵐ちゃんにドッキリを仕掛けるニノちゃんは“ニノ嵐!”
めんどくさいことに挑む潤くんは“M(松本)の嵐!”
他メン達のコーナーが次々と決るなか
1人だけコーナーを持たなかった智くん。
大トリは、本人の才能で挑む“O(大野)の嵐!”となりました。

“Oの嵐!”とは、裏返しにされた100枚の写真の中から
無作為に選んだ2枚(途中から3枚に変更)を組み合わせ
智くんのイマジネーションで、1枚の絵を描きあげるコーナーです。

ここでは、 『西郷隆盛像』『打たせてよ!』『二宮』『あと42秒』
『え?赤なの?』『考えても考えてもどうにもな、ライオン』

全8枚の絵を描き上げてます。

その中でも、私個人が「凄い!」と感じた作品2点をご紹介します。 
付いてるお値段は、他メン達が相談した結果出した、買い取り価格です。



Oの嵐!(1)☆

Oの嵐!(2)☆


ちなみに『ライオン』の8,900円は、智くんが
「このくらいは欲しいよなぁ!」と希望したお値段でした。


後に、編成局プロデューサーの松崎聡男 氏が


「大ちゃんは、いつも一歩下がっているところがあるので
 自信のある絵でしっかり前に出てほしかったんです。
 あの完成度の高さには、毎回ビックリしますね」


と話してます。

『Dの嵐!』の後続番組『Gの嵐!』では、個人のメインコーナーはなくなり
智くんが絵を描く機会はありませんでしたが
“お絵描き神経衰弱”では、翔くんと智くんが同じお題で絵を描き
その絵を1~16番までのパネル裏に貼り付けて
ペアとなる2枚の絵を神経衰弱で当てるゲームで
数枚の絵を翔くんと一緒に描いてます。

しかし・・・翔くんが描いた絵のパネルが開かれると
なぜか、嵐ちゃんもスタッフも大爆笑 ((ヾ(≧∇≦)〃))
翔くんは自信満々なんですけどね ^^;

そして、智くんが描いた絵のバネルが開かれると全員が
「上手い!」の一言。

お題“ルパン三世”では、翔くんが知恵を絞って
関係のない峰不二子ちゃんも描くのですが
誰も女性!?なのかも分からず。。。

嵐ちゃんもスタッフも大爆笑するばかりで
何を描いた絵なのか結局は分からずじまい。
智くんさえも、ペアとなるもう1枚の絵を描いてるのですから
分かるはずなのに・・・困惑気味です。

その後、智くんが描いた“ルパン三世”の絵を観て
翔くんが描いた“謎の人物画”の上着が赤で
ネクタイが青色だったことに気づく嵐ちゃん Σ( ̄ロ ̄lll)



Dの嵐!☆


絵ではなく、赤と青の色で何の絵を描いたのが分かり
ようやく神経衰弱ゲームになる事態!!
終始、嵐ちゃんもスタッフも大爆笑です ((ヾ(≧∇≦)〃))

全てのパネルを開けてゲームが終わると、最後に翔くんの絵について

「あのね・・・翔くんの絵って、なんでも眉毛がないんだよ!」
と、誰も気づかなかった的確なコメントをポツリと話す智くん。

その言葉に

「おっ、おぉぉぉ~」と納得の嵐ちゃんとスタッフでした。 

(8)へ続きます


いつもたくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝


2015-07-17 00:26 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



こんばんは~


ではでは(5)の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



悪戦苦闘しながらも
最後は満足のいく“初めての粘土細工”を完成させた智くん。
この後は、絵を描くことよりも、粘土細工にハマってしまったようで・・・
そんなプライベートでの智くんの姿を
ご家族はいつも優しく見守っていた“エピ”を次に↓ご紹介します。



◆2003年 ラジオ『ARASHI DISCOVERY』(2003年3月11日放送)
 
Q:去年12月、女優の鶴田真由さんが結婚しました。
 お相手の中山ダイスケさんの職業は何でしょうか?

  A)手芸家、 B)芸術家、 C)芸人

A:B)の芸術家です。


あのぉ~・・・僕ね、鶴田真由さんは大好きです。
(↑“鶴田真由さん大好き❤”って告ってますね^^;)

そんなこと言っても遅いんですけど (* ´艸`)フフフ
おっ~、お相手は芸術家ですか。
僕もですね、粘土をやってましてね。
この前です。なんと新しい作品が1つできました。
それはなんと・・・“ET”
まぁ~、結構前に作ったんですけどね。
2日間休みがあったんですね。
何しようかなぁ~と思って、まずとりあえず朝8時に起きたんです。
ほんでねぇ、うちの母ちゃんと姉ちゃんがいたんですね。
「じゃ、今日何すればいい、俺は!?」(* ̄m ̄)プププ
そしたら、うちの姉ちゃんが

「粘土でもやれば?“ET”作ってよ!」って
「あぁぁ、いいよぉ~」で作ったんですよ。
ほんで1日目に形ができちゃって、そんで2日目は色塗ってね
2日でできちゃったんですねぇ~・・・“ET”。
サイズがですね、大体、手のひらサイズですね。
結構ちっちゃいんですけどもね。
凄いリアルに仕上がってね。うちのお姉ちゃん大喜びです v(^-^)v 
そしてなんと、昨日がうちの姉ちゃんの誕生日でしたぁ~。
なのでね、“ET”が凄い良いプレゼントになりました。
姉思いの大野智君でした❤


お休みの日、弟に粘土細工で“ET”を作らせる姉ちゃんって
ある意味凄いですよ!!
でも、大野家において、智くんは物づくり担当のようで・・・
家族で家具店へ出掛けたときは
母ちゃんがある電気スタンドを気に入るのですが
3万円!のお値段に諦めるも

「智、作ってよ!」と母ちゃんにお願いされ
その足でホームセンターへ行き、材料を購入。
和風チックな電気スタンドを3千円で作る智くんです。


◆2003年 生放送番組『なまあらし』(2003年5月10日放送)

20歳の誕生日に智くんから
似ても似つかない“翔”の名入りキャップをかぶったマッチョマンの水彩画を
プレゼントされた翔くん。
でも、ちゃんと可愛い翔くんのイラストも、智くんに描いてもらってます。
唯、ちょっと痛い思いもしたけどね。。。

嵐ちゃんの冠番組『なまあらし』
毎週土曜のお昼に放送された生放送番組。

しかし、この日は翔くんが歯痛の為に欠席!!
なんでも、親知らずを4本一気に抜いたら
頬がパンパンに腫れあがってしまったとのこと。
腫れあがってしまった顔をポラロイドで撮影し、事務所にFAXで送り

「『なまあらし』に出れる!?」
と確認したら・・・回答は
「NG!」って、どんだけ腫れあがったのぉ~翔くん Σ( ̄ロ ̄lll)

で、番組冒頭にニノちゃんが

「そんな櫻井くんと電話が繋がってます。櫻井く~ん」
と電話出演し、欠席のお詫びをする翔くんです。

そして、エンディングトークでまたまた翔くんが電話出演し
話しをするも電話が混線してるのか上手く聞き取れず。
最後に、ニノちゃんが

「あのね、うちのリーダーがね、絵を書いてくれてるみたいなんで
 ちょっと見てください!」

と紹介すると、会場が大爆笑 ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆


なまあらし☆


そこには、右手を水平に伸ばし
左手で、ちょっぴり腫れた頬を押さえ、吹き出しで

「痛いぜ!」と呟く可愛らしい翔くんの姿❤

(7)へ続きます


いつもたくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝




2015-07-16 00:53 | カテゴリ:智くん素敵エピソード


こんばんは~


ではでは(4)の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



◆2003年 ~
『センゴクプー』(2003年4月11日 ~5月11日)
終了後の$誌より~


たくさんの人達と作る作業も好きだけど、ひとりでコツコツと絵を描いたり
粘土細工とかも好きだから、基本的に物作りが好きなんだろうね。
「よし、絵を描こう!」って思うと、イメージはどんどん湧いてくる。
たとえば、雑誌やチラシとかを見てて
おもしろい形の靴があったとするよね。
で、これを描きたいって思うと、靴を履いてる人物像が見えてくるんだ。
靴から上半身、顔までちゃんと見える(笑)。
それはあくまでも頭の中のことだけど、ガッツリ入ってて
何日か後に描くときでも絶対に忘れていない。
描き出してからはイメージが変わって
だんだんと変化したり・・・湧き出てくる感じ。
ここまでちゃんと絵を描くようになったのは、嵐になってからだけど
最高によくできたのは粘土の人形。
ブラックっぽいイメージの。
あれが仕上がったときは「オレってすごい!天才(笑)」って思ったね。
もちろんギャクだけど、今でもあれは傑作だと思う。
まして初めての粘土細工だったからさ。



時系列にするとお話が前後してしまいますが
このときに作った“初めての粘土細工”
翌年、『はなまるカフェ』に出演した際にお披露目してくれましたので
先にこちらのお話↓をご紹介します。


◆2004年 ~『はなまるカフェ』(2004年3月3日放送)

映画『ピカ★★ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY』告知PRのため出演。
このときは、『ピカ★★ンチ』の役柄に扮した嵐ちゃん5人を
CDジャケット風に描いた絵と
“ 2002 HERE WE GO!”で初お披露目した“黒人をモデル”にした水彩画。

そして、その水彩画をモデルに創作した“初めての粘土細工”の3点を
スタジオに持ち込みお披露目してくれました。

『ピカ★★ンチ』のCDジャケット風に描いた絵は
Johnny's webに掲載するため
時間がなかったので、撮影の合間に描いたとのこと。



はなまるカフェ2004(1)☆


「前回1回描いた事があるんですね、メンバー。
 だから、相葉ちゃんとか3分くらいで出来ましたよ!」


と話してますが、完成度が凄いです。
“黒人をモデル”にした水彩画では、岡江さんが

「ウソみたい!すっ、凄いですよ!」の言葉を繰り返すばかりです。
薬丸さんも

「ビックリしますよ!どうやったら描けるのぉ~?」と驚くばかりですが
「一番気になるのは・・・誰?」と、誰もが疑問に思っていた質問もして下さり
「雑誌を読んでて、ラップの、ミュージシャンの方の写真があって
 コレをちょっとアレンジして描きたいなぁ~って・・・」


と、モデルの存在も話してくれました。
こちらの作品は、仕事の合間に描き続け
制作期間は3ヶ月ほどかかったそうです。

最後に、薬丸さんが

「粘土で作ったミュージシャン。これ凄いですよ!」
“初めての粘土細工”を、ゆっくりと廻しながら見せると


はなまるカフェ2004(2)☆


岡江さんも傍で
「凄い才能、ほんとに!」と魅入ってしまい
スタジオ内がシ-----ンと静まり返ってしまいます。


「スタジオ内、固唾をのんでます」と話す薬丸さんです。
そんな静まり返ってしまったスタジオで
“初めての粘土細工”の制作工程を饒舌に話す智くん。


「焼いて初めて固まる粘土で、焼き過ぎて首が折れたんです。
 1回。アーッヽ(ill゜д゜)ノ と思って・・・
 それから当分手を付けなかったんですけど
 でも、ちょっとやりたいなぁ~って思って」


と、苦労話も笑いに変える智くんでした。

(6)へ続きます


いつもたくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝



2015-07-16 00:47 | カテゴリ:智くん素敵エピソード


こんばんは~


ではでは(3)の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



◆2002年 ~
『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』(2002年4月15日~5月15日)

撮影終了後の$誌より~


中一ぐらいまでマンガは描いてたけど
ジュニアに入ってから一切絵を描かない時期が続いてね。
京都に行った2年目かな、ジュニアで絵がうまい子がいて
ボクも描いてみたらまた面白くなってきたんだ。
その絵をスタッフの人が

「うまいね!ロビーに飾ろう」って言ってくれたり、メイクさんが
「こんなのもあるよ」って使ったことのないペンとか教えてくれたりして
「おもしれ~」ってどんどんハマって行った。

しばらくずっと白黒で描いてたけど
昨年くらいから色をつけはじめて・・・今に至るって感じ。

最近はね、粘土に興味がある!
中一のときやってたことがあるんだけど
そのころはプラモデルとかもすごい好きだった。
粘土は立体だし難しいと思うけど
真正面と後ろと斜めとかからの下書きしてやれば、うまくできるんじゃない?
今、描いてる絵があるんだけど、それが完成したら
その絵を粘土で作りたいんだよね~。


・・・中略・・・

オレは思いつくとすぐやっちゃう人だから、もう粘土も買ってあるの(笑)。
なんかさぁ、次から次へとやりたいことが出てきて
希望が湧いてくるって感じなんだよね~(笑)。



「しばらくずっと白黒で描いてたけど、昨年くらいから色をつけはじめて」
と話す智くん。
2000年に、翔くんが

「(色をつけた絵を描く)切っ掛けになってもらえたら・・・」
水彩画の道具をプレゼントしてます。

智くんは

「翔くんから貰った水彩の道具で・・・」と明言していませんが、
『Duet 2001年7月号』のリレー対談“5つの風景”

「できたよ、エアロスミスの、完成したよ!」と絵の完成を報告し
相葉ちゃんも

「大野くんのは水彩だし、本格的でホント、うまいからなぁ~」
と話してることから、切っ掛けになったことは間違いないように思います。

相葉ちゃんの絵&智くんへの愛はデンジャラス☆
 対談内容が記載されてます。



ここで、つい先日の『ARASHI DISCOVERY』(2015年5月21日放送)にて
初めての水彩画が判明。


『アルマゲドン』あるじゃないすかぁ~?
あれの、宇宙服着たオレンジので“これから宇宙へ行くぞ!”っていう
みんな集合をして歩いてる絵とか描いてるんです。
しかも色付きで・・・そん時思い出した!!
初めて色付きで絵描いたのそれだったんですよ。
あと、あのエアロスミスのスティーヴン・タイラーの絵とかも描いてんです。


と話してくれました。
エアロスミスは2枚目の絵だったんですね。
ちなみに『アルマゲドン』の絵は
初個展でも作品集でも発表されていない未発表作品。
実家に保管されているそうですが
今度の個展で初お披露目となるのでしょうか!?

そう云えば、翔くんへの20歳の誕生日ブレゼントも
“翔”の名前入りキャップをかぶった謎のマッチョマンの水彩画でしたね。
似ても似つかない人物画を誕生日ブレゼントに貰った翔くんですが
額装して大切に部屋に飾り、智くんの初個展への貸出も
実物は出さずにコピーを提出する翔くんでした❤

$誌の企画で北海道小樽へ小旅行した翔くんと智くん。



北海道小樽旅行☆


「絵が完成したら、次は粘土をやりたい。
 実はね、スベイン製のいい粘土を買ってあるんだよ。
 すごく使いやすいの!」


と、既に“スペイン製のお高い粘土”を購入したことを告白してます。

舞台版・青木さん家の奥さん(完)花となり、身となり☆の最後に
 小樽旅行に少しだけ記載あり



◆2002年 ~
“ARASHI SUMMER 2002 HERE WE GO!”(2002年8月6日~9月8日)

終了後の$誌より~



HERE WE GO!☆


大野のソロは、唄と自作の絵の完成までのプロセスを映像で見せ
大野ワールドで勝負。
美しい歌声と満天の星空のセットの融合は見事。


今年の夏コンで、自分で描いた絵を発表したじゃない?
あれを立体で表現してみたい!と思って、粘土を始めたの。
手のひらを使って形を作ってくの、楽しいよぉ~。
あの絵を基にしてるんだけど
立体だと角度によって見え方が違うじゃない。
指先の動きとか、洋服のシワとか、細かいところって、なかなか難しいんだ。
だけど、おもしろい!けっこうハマってるね。
で、完成したら色づけたりしたいなあって思ってさ。
映画の撮影中に相葉ちゃんが作ってんの見て
いいなーって思ってたんだけどさ、平面から立体に変わったことで
仕事だけでなく趣味も、幅が広がった気がするんだよね。


(5)へ続きます


いつもたくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。