-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-02-28 05:39 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



おはようございま~す

この↓に限定記事も更新してありますので
お時間があるときにでもお読みになってくださいね

***************

ではでは(1)の続きです
順番に読んでね

Sさん、楽しいお話を教えて下さってありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのご厚意により掲載させて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
他担、他グループファンの方にはご理解頂けない文面もあるかと思いますが
ここは“サトシック”が集う場所ですので
そのまま静かにお帰り下さいますようお願いします m(u_u)m
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章はニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いします



MCも終盤となり、最後にTOKIOさんたちの広報。
松兄は舞台『TRUE WEST』について。
早速
「ドリカム!?」とか言って茶化すアニキ達。
そして、W主演の智くんのお話が・・・
先日、お仕事で智くんと一緒になった松兄。


仕事を終えて
「この後、仕事は?」「ない!」「メシでも食いに行くか?」「行く!」
話が成立して2人で出掛けようとしたところに
相葉ちゃんから電話があり(どちらの電話かは不明)
相葉ちゃんも合流することに。

3人で食事をし、その後は定番のカラオケへ。
松兄がノリノリで“PIKA☆NCHI”を唄うと
これまたノリノリで上半身裸で“花唄”を唄う相葉ちゃん♪
そんな後輩の姿に


「感動してたのに・・・このバカ!( →_→)ジロ」」
おもむろに智くんを指さす松兄。


「相葉が花唄を歌ってる横で
 “松兄ぃ、松兄ぃ!これ誰の曲?誰の曲? ( ̄¬ ̄*)ポワーン”
 間奏中に聞きに来たぁ!!」


と大暴露する松兄。
アニキ達とTOKIOファンを敵に回して絶体絶命の大ピンチな智くん 。

「だって・・・相葉ちゃんが歌ってるのが訳分からないんだもん!
 怒鳴ってるだけだったんだもん!Σ(°Д°;」


と慌てて言い訳する智くん。


「“ちゃんと教えておけ!”と相葉に蹴りを入れた(>_<☆θ=(`-´#)o」

と告白する松兄でした。チャンチャン。

余談ですが、2004年はTOKIOデビュー10周年です。
2004年9月の“TOKIO 10th anniversary LIVE 2004” には
嵐ちゃんも駆けつけ
そして、デビュー20周年も嵐ちゃん達5人揃ってお祝に駆けつけました。

こんな2004年頃の“エピ”を数年後も話して下さる松兄です。
 

◆“TOKIO LIVE TOUR 2011 +PLUS+” 2011年3月7日

血液型の話しになり

「オレ以外は、O型だからね」と松兄(A型)。

「TOKIOは偏ってる!確か、嵐もそんな感じだよね?
 相葉だけ違うんだよ」
と話し始め
「長瀬と大野は似ている!」と言い
相葉ちゃんと智くんと3人でカラオケに行った“エピ”を紹介する松兄。


「相葉が“花唄”を唄ったら大野がオレに
 “この曲、誰の曲ですか?”って純粋な目をして
 長瀬みたいに聞くんだよぉ~。ホントに知らないみたいでさぁ。
 俺どうしようもなくって・・・相葉に蹴り入れに行ったもん!」


この“エピ”を知ったニノちゃんの感想は
「松兄って・・・ホントに好きな子には絶対に手を出さないんだぁ~」とのこと。

見た目は“オラオラ”だけど面倒見の良いTOKIOアニキ達。
可愛くて素直で正直で・・・ホントは人見知りな4人+無口1人の嵐ちゃん。
バラエティー番組で一緒になれば
ひな壇に座る嵐ちゃんに必ず振ってくれて盛り上げてくれる。
ドラマでは度々共演してますが、バーター的な意味合いが強かった共演でも
ドラマ撮影のノウハウを教えてくれる。
個々の交流は、グループ間の交流となり
プライベートで一緒になることも多い先輩と後輩。

“嵐の不遇の時期”と言われる長い間、一緒に仕事をしたTOKIOアニキ達は
後輩の悩みも優しく聞いていてくれたのかもしれません。

そんな兄弟関係のTOKIOさんと嵐ちゃんですが
TOKIOさんはバンドグループのため
ライブでも、あまりバックで踊るJr.を必要としません。
そのため、嵐ちゃん達がJr.時代にTOKIOさんのバックで踊ることはなく
一緒にお仕事することもなかったかと思います。
唯一、智くんは事務所入所直後の1994年11月2日
武道館でのデビューライブ
“TOKIOと楽しい時代を”でバックで踊りました。
コレがJr.時代、唯一のTOKIOさんとのお仕事です。
そして、その時のことを克明に覚えている智くん。


智:松兄に最初に話し掛けられた時のこと覚えてるよ。
 僕がJr.として、TOKIOのライブに出た時だった

松:マジで!?∑(゚ロ゚屮)屮
智:これから踊りのコーナーって時に、ステージ袖で松兄
 “ここがシンドイんだよ~!”って言ってた
松:愚痴じゃねぇかよ ( ̄Д ̄lll)・・・・
智:でも、すごい気軽に話し掛けてくれるんだなって
 うれしくなったよ (*^▽^*)

($誌『TURE WEST』インタビューより)


TOKIO兄さんとのエピはやっぱり、面白いですね(笑
それにしても好奇心トリオの3人
嵐さんのファンではない、先輩グループのファンが大勢いる中
ラップに歌にドラムにと、みんな、心臓に毛が生えてますね(笑
毛が生えてるのは良いんだけど智くん、ドラムって
いくら松兄ぃを慕ってるからって可愛い過ぎるでしょ~
こんなんだもんね~(笑
TOKIO兄さんの大事な“花唄”、知らなくても怒れないよね、ぷぷっ

相葉ちゃん、とんだトバッチリで、ごめんよ~
智くんってほんと、愛されキャラですね(笑
またドラマ等、ご一緒出来る機会があれば良いんですけどね~
その時がくるのを楽しみに待ちたいと思います
下ろして~の困ったちゃん顏、観てみたかったなぁ~

Mステはね、ちょうど旦那さんが帰って来てトークの部分、観れてないんだ~
曲だけは、リアルで1回だけ観れたんだけどね
だけどフルだったし、桜も吹雪いてなくて前回よりも数倍見応えがあって
智くん、超素敵だった~
今からちょっと寝れるかな?後でたくさんリピしよう~

(3)へ続きます


いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきます
感謝


スポンサーサイト
2015-02-28 05:31 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



おはようございま~す

今日は、またまたタイミングを逃して
今更ながらになってしまったエピがありまして
現在更新中の、今年に入ってから頂いたエピの一部に
TOKIO兄さんのエピも含まれていることから、このタイミングで
TOKIO兄さんとのほんわかエピソードをご紹介させていただこうと思います

Sさん、楽しいお話を教えて下さってありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。


2013年4月4日放送の『VS嵐 3時間SP』には、ついにTOKIOアニキ達が登場。
そして、『TOKIOカケル SP』には嵐ちゃん達がゲスト登場。

ジャニーズ事務所内でも
兄弟グループとしての関係が色濃いTOKIOさんと嵐ちゃん。
これまでも、一部のメンバーがゲスト出演することはありましたが
グループでの出演は数回。
今回の交換会のように出演するのは初めて!?
特に、フジテレビでのTOKIOさんと嵐ちゃん
そしてKinkiさん(新堂本兄弟は2014年9月末終了)は
番組収録日が同じこともあり、ゲスト出演というのは難しかったのかと思います。
2011年12月『VS嵐』に怪物くんチームの一員として松兄が出演したときに
ニノちゃんが

「絶対、出てくれないと俺は思ってた!」と言ったのも
そんな理由だと思われます。

春の番組改正に伴うSP番組ということで
収録時間又は日にちに余裕があったのかな!?
今回は、そんな数少ないTOKIOさんと嵐ちゃんのご一緒お仕事エピです。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのご厚意により掲載させて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
他担、他グループファンの方にはご理解頂けない文面もあるかと思いますが
ここは“サトシック”が集う場所ですので
そのまま静かにお帰り下さいますようお願いします m(u_u)m
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章はニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いします



その前に・・・『VS嵐 3時間SP』では
相葉ちゃんの
“松兄に蹴られた!”エピが紹介されましたが
このお話は相葉ちゃんも色んな所で話してるので
既に御存じの方も多かったのでは!?
このお話は実は2004年当時の出来事。

話を振られて最初は

「えっ?」な顔をしてた松兄が、相葉ちゃんに
「カラオケ!」と言われて直ぐに思い出す。
なぜなら・・・松兄自身も、このお話をコンのMCで
何度となく話してるんですよねぇ~
だから直ぐに思い出せたかと思いますが
何度も話してるって、松兄どんだけ智くんが可愛いんだぁ~❤


◆“TOKIO LIVE TOUR 2004~AMBITIOUS JAPAN!~ in 日本武道館”
 2004年3月27日


この日は、ゲストとして
相葉ちゃん、翔くん、智くんの3人がステージに登場!!
翔くんは、ドラマ『ナースマンSP』(松兄と共演)
智くんは舞台『TRUE WEST 』(松兄とW主演)のPRだったのかな?
相葉ちゃんも4月から『天才!志村どうぶつ園』単独レギュラー出演決定。

まずは、翔くんがご挨拶。
アニキ達に

「ラップで紹介してくれるんじゃないの?」と言われて
ラップを始める翔くん。花道まで出て

「Say TOKIO!」と盛り上げて
「いきなり出来て凄い!」
アニキ達からお褒めのお言葉 (^-^)//""パチパチ

2番手の相葉ちゃんは、いつもの相葉トークをしたら、太一くんに

「ホントに楽しいと思ってるのかよ!」と言われ
「あ~花が咲く~♪」と唄ったら、アニキ達から
「今の唄い方はバカにしてる!」と避難轟々 ヽ(`д´;)/

そして
「大野智です。今日はよろしくお願いします!」と挨拶する智くんに
“待ってましたヽ(ヽ>ω<)ヤェイ!!”とばかりに
ムチャ振りを始め出すアニキ達。


「なにをよろしくお願いしますなの?( →_→)ジロ!」と長瀬くんが言えば
「何かやるのか? ( ̄∀ ̄)ニヤリ」と詰め寄る松兄。
思わず
「ドラム・・・を (・・。)ゞ テヘ」と言ってしまう智くん。
その言葉を逃さず、ニッと笑って智くんのマイクを取り上げ

「言っちゃったね!ここで言ったらやらされるに決まってんじゃん!
 щ( ̄∀ ̄)Ψケケケ」
と松兄が言い
アニキ達にドラムのある場所へと追いやられる智くん。
相葉ちゃんも翔くんも、ここは

“触らぬ神に祟りなし”とばかりに無言です。。。(@_@;)

その間にも

「ドラム(前に)出してー」とスタッフに指示する長瀬くん。
「スティック、その辺にあるから使って」と親切に!?
自分のスティックを使うように言う松兄。

アニキ達のムチャ振りに会場も大爆笑 ヾ(≧∇≦)アハハ八八ノヽ

長瀬くんが「前へ出して」と言ったのに、なぜかスタッフさんがリフトアップし
「前に出してって言ったのに!」と笑う長瀬くんの言葉に
子猫状態の智くんを乗せたドラムセットが限界ギリギリまで上がります!!
意を決してドラムを数秒“♪ダカダカダカダカ♪”と叩く智くん。

「そこまで上げてもらって、それだけだったらスタッフ怒るよ!」
と松兄に言われ
ちょっとリズムをとって“♪ダカダカダカダカダカダカチ~ン♪”
ある意味天才的なスティックさばきを披露した智くん。


「それだけかよッ ヾ(-_-;) オイオイ」と松兄。
「折角上げてくれたのに! ギャハハ(*≧д)ノ彡☆
 アレだけの為に動かしたのか・・・ε=( ̄。 ̄;)フゥ
 なんかアイツ捨て犬みたいな表情になってる (*≧m≦*)プッ」


と、腹を抱えて大爆笑のアニキ達。
“♪チ~ン♪”が気に入った太一くんは何度も

「ダカダカダカダカチ~ン♪だって」と言ってます。
そんなアニキ達に、必死に


「下ろしてぇ~ (≧д≦)」とジェスチャーで哀願する智くん、そして

「もういいのか?」

と言われて何度も頷く智くん。
やっとリフトを下ろしてもらい、半分ほど下がったところで
脱兎のごとく飛び降りて逃げました C= C= C= ┌(;・_・)┘ダッシュ



(2)へ続きます

いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきます
感謝




2015-02-28 01:35 | カテゴリ:限定記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2015-02-26 09:19 | カテゴリ:限定記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2015-02-24 10:18 | カテゴリ:智くん素敵エピソード


こんにちは~


ではでは、前編の続きです

Sさん、貴重なお話を教えて下さってありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのご厚意により掲載させて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
他グループファンの方には、ご理解頂けない文面もあるかと思いますが
ここは“サトシック”が集う場所ですので
そのまま静かにお帰り下さいますようお願いします m(u_u)m
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMCなど
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章はニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いします。



京都から戻った智くんは、MAの一員となりますが
“嵐”デビュー直前まで一緒に仕事をしていたのも、V6の皆さんでした。

1999年7月11日からの1ヶ月間は
PLAYZONE'99Goodbye&Helloでトニセンの3人と共演し、公演終了後は
『V6 Summer Concert '99』(1999年8月25日・26日)で
バックダンサーを務めてます。

コレが事実上、Jr.としての最後の仕事であり
見納めだったのではないかと思います。

コンサートのMC中に、数ヶ月前に結成されたばかりのMAは
ステージに登場してV6さんに紹介されてます。
そのときの様子です。

************************


◆『V6 Summer Concert '99』(1999年8月26日1部)

町田:皆さん、こんにちは (*^▽^*) 町田慎悟です。
  僕らはミュージカルアカデミーと言うらしいんですけど・・・

井ノ:ちょっと待てよ。
  らしいんですけどって!!もっと胸を張れよヽ(*`ε´*)ノ
 

町田: f(´-`;) ミュージカルアカデミーと言うん、んん・・・ですけど。
  コンサートに出れてとっても嬉しいです。
  また、トニセンの皆さんのコンサートに出してもらいたいなぁ~って
  思っているんですけど。今日は最後まで踊るんで宜しくお願いします。

大野:どぉ~も。大野智です。
  ↑坂本くんが身振りで
  「前に行け!」と示して、腰を押されて前に出る智くんデス

  V6のコンサートは出てなくて
  久しぶりに今日、V6のコンサートに出ています。

三宅:ヨオッ~(*ノ´□`)ノ 期待の大型新人!!
大野:ありがとうございます ( ̄ー ̄) 
  
 ↑先輩である三宅くんを無視して、挨拶する智くん

三宅:会話するんだったら、こっち見て喋ってよぉ~(*ノ´□`)ノ
大野:どぉ~も、皆さんこんにちわ・・・・大野智です <(Φ-Φ)>

  ↑ご挨拶をやり直すも、真正面を向いたまま、ご挨拶を続ける智くんに
  V6もMAも客席も大爆笑ヾ(≧∇≦)アハハ八八ノヽ


大野:皆さんに会えて本当にうれしいです。
  これからも頑張っていきますので、よろしくお願いします m(__)m

原 :皆さん、こんにちわ。原知宏です。
  ミュージカルアカデミーと言うことで、通称“エム・エー“と呼んで下さい。
  MAは・・・“まだ、諦めない”っていう意味 (*^ー゜)b
 

客席大爆笑ヾ(≧∇≦)アハハ八八ノヽ   

井ノ:深いねぇ~
原 :このあと僕達は、ステージとか
  『夜もヒッパレ』とかで、踊りますので見て下さい!!
  今日は最後までよろしくお願いします (・_・ゞ
 
井ノ:きましたぁ~ (*゜▽゜ノノ゛
三宅:きたねぇ~

秋山:皆さん、こんにちわ。秋山純です。
  まぁ~、マイケル富岡に似ていると評判なんですが・・・f(´-`;)
  これからも一生懸命 ミュージカルアカデミーとして頑張って行きますので
  今日は最後まで盛り上がっていって下さい。応援してください!!


コレが、1999年8月26日の出来事です。

まさか3週間後には、ハワイの船上でデビュー記者会見をすることになるとは・・・
この会場にいる全ての人が、予想だにしなかったと思います。

日にちで遡ると、智くんが

「レコーディングの仕事を手伝って!」と声を掛けられたのは
この後かと思います。

MC中に坂本くんは、一言も喋ってませんが
智くんにチョッカイを出してますねぇ~❤

以前、『VS嵐』にプラスワンゲストとして出演されたときは
随分と礼儀正しく大人しそうにしてましたが
“大の間”では、驚く智くんの顔を見て
「なんだぁ~と破顔になり
お刺身の切り方を教えてあげたりとリラックスして見えました。

“嵐”としては、デビュー直後の初仕事となったバレーボールW杯番組で
トニセンの3人がオフィシャルサポーターとなり、ご一緒にお仕事をしてます。


智くん6☆

坂本くんは、地方の試合会場で日本チームを応援する嵐ちゃん達に同体し
スタジオから放送している長野くん・井ノ原くん
フジテレビ女子アナとの生中継を上手く盛り上げてくれました。


智くん7☆


右も左も分からなかった嵐ちゃん達にとって、心強い先輩だったと思います。
その後、V6の皆さんとはあまりご一緒にお仕事をする機会はなく
長いブランク(『鍵部屋』では共演してます) がありましたが

(↑V6自体が、ヤンチャなカミセンを抱えていたので
 他のグループの面倒をみるまでの余裕はなかったと思います)

Jr.時代に、1ヶ月にも及ぶ舞台稽古で汗水流し
長い公演をやり遂げた達成感を一緒に味わってきた者同士には
年月を超えた結びつきがあるのだと感じました。
他メン達も、智くんの“大の間”を羨ましそうに観てましたもんね❤




22日の町田くんの件は正直
嬉しさの絶頂から奈落の底へ突き落されたくらい動揺して
あんな追記しか書けなかったけど、二人の絆はしっかりと結ばれていることだけは
町田くんの文章から伝わってきました。
それゆえ、今後どういう状況になろうとも応援していく気持ちに
変わりはありませんでした

メールを下さったお友達も同じようなニュアンスのことを仰っていたんだけど
あの記事は、一先ず区切りをつけるための
そして、私たちに余計な心配をさせないための・・・
ジュニアは退所してもそれを表立って公表することはないと
Sさんがこれまで書いて下さったエピから教わりました。

町田くんなりの最低限の心配り
私たちへの、お別れのご挨拶だったんじゃないかって思ったりもします
突然サイトが消えたらそれこそ、大騒動になりますもんね。。
前例がありますし・・・

それはいつ来るのか分かりませんが
ハッキリとその時がきたら、新たな旅立ちを応援してあげたいですね
タイトルも『また会う日まで』だもの
いつかきっと、また逢えるよね
今度こそ、智くんと共演する姿を観たいと願ってやみません

智くんの大切な“心友”として
これからの町田くんの人生が幸せなものでありますよう、心から願っています

町田くん、これからも智くんの事、よろしくお願いしますね
そして、ありがとう~ 20年間、お疲れ様でした


先輩相手に物怖じしない智くんが何だか、エライ笑えて(笑
この頃から肝っ玉の大きい、人とは違う魅力を発揮していたんですね

M.Aとして活動し始めた直後に嵐として、デビューが決まった智くん。。
どれだけ騒動になったのか、今回の町田くんの件だけでも
少し、分かったような気がします

当時、嵐メンの振り付けのお手本となっていたってことは
Jr.時代に学んだことが功を成し、それは今現在も智くんにとって
振付師としてのお仕事をするうえで、大切な基盤になっているということが
とっても嬉しいです

若い頃の智くんの努力を知っている先輩方の存在は本当に大きいですね
智くんが嵐のリーダーだったからこその
大の間の企画だったんだろうなと改めて思いました

今日は、『Sakura』のフラゲですね


ではではまた~

Mステ:強さと弱さを兼ね備えたダンス・Sakura☆の記事に
コメントを下さった皆さま、ありがとうございます
お返事が書けましたので、お時間がある時にでもお読みになって下さいね

いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきます
感謝


2015-02-24 10:07 | カテゴリ:智くん素敵エピソード


こんにちは~

智くんと町田くんのことを考えていたら、コメントやメールへのお返事も進まず
次に更新する予定のエピを確認したら
ちょうどM.Aのことが書かれた内容(後編)で・・・

取り敢えず、追記も書いてあるんだけど
自分の想いはちゃんと残しておきたいので、これは早々にUPしなくっちゃね
私の感想は、町田くんのことも含めて後編に書かせて頂きます


ではでは、前のエピの続きです

Sさん、貴重なお話を教えて下さってありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのご厚意により掲載させて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
他グループファンの方には、ご理解頂けない文面もあるかと思いますが
ここは“サトシック”が集う場所ですので
そのまま静かにお帰り下さいますようお願いします m(u_u)m

エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMCなど
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章はニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いします。



V6やKinKi Kidsのバックで踊ることが多かった智くんのJr.時代ですが
音楽番組だけでなく、ツアーに同体し、同じ舞台に立つなど
V6の皆さんとご一緒した仕事の方が多いように思います。

1997年4月からNHK・BSで放送された
『Music Jump』は、放送開始当初はV6が司会進行を担当しました。

歌のコーナーだけでなく色々な企画があり
“Jr.文化センター”のコーナーに、智くんが出演した回です。

************************

◆『Music Jump』(1997年5月11日放送) “Jr.文化センター ~書道編~”


トニセン2名+カミセン1名で担当するコーナーです。
本日は坂本くん・井ノ原くん・剛くんの3名が担当。

まずは、テンション高めな剛くん

「ジュニアァァァ---文化センタ---ッ!」と、声が裏がえってしまい
全員大爆笑ヾ(≧▽≦)ノギャハハ

剛くんの隣に座る井ノ原くんが、思わず”( ,,>з<)ブプッと吹き出して・・・
剛くんのセーターにかかったのか!?慌てて腕でこする剛くんです。
そんな2人に目もくれず、淡々と書道を教わる先生を紹介する坂本くんです。

坂本くんに
「自己紹介を」と振られて、書道を教わるJr.3名が自己紹介をします。

3番手は智くんなのですが・・・

「坂本昌行です!」と言って、坂本くんを指さす智くん!!
↑オイオイヾ(-_-;) 、先輩を指してはいけませんよぉ~



智くん3☆


坂本くんは、突然後輩Jr.に名前を呼ばれて、訳分からず
( ゜Д゜)ハァ? な顔になりますが、笑いを堪えながら司会進行します。

先生からのお題『心』を書くJr.達。



智くん4☆


書きあげると、後ろのボードーに張り付け、先生に添削して頂きます。

先生が、智くんが書いた『心』を見て



智くん5☆


「とても爽やかだと思います。
 そしてね、線が澄んでいる!とくにココ
(赤丸で印を付けながら)
 ラクに書いていて、ここの線は素晴らしいと思う!
 これは、プロの先生が見ても、どなたが見ても褒めると思うね!」


と褒めると、坂本くんも「ほっ~」と感心。

智くんも身を乗り出して、ちょっと嬉しそうです。

『Music Jump』は、2000年3月26日をもって番組終了となり
『ザ少年倶楽部』に引き継がれて行くのですが
この『ザ少年倶楽部』のタイトル題字を智くんが書いたことは
既に御存じと思います。

天下の国営放送のBS番組とは云え、デビューしたばかりのアイドルが
番組の顔ともいえるタイトルを書いちゃうなんて
凄いことなんですけど・・・

そんな凄いことを、サラッとやっちゃうのが智くんなんですよね (★≧▽^))★☆

ここで、またまたお話しが脱線してしまうのですが・・・


『ザ少年倶楽部』初回放送では、“嵐”のNEWシングル
『SUNRISE日本』の振り付けレッスンに、Jr.が潜入取材!してます。

名物振付師サンチェさんが、振り写し担当と思われるJr.と2人で
嵐ちゃんの目の前で踊ってみせます。

すると次には、その振り写し担当と思われるJr.と智くんが
他メンの前に並んで立って、他メンたちと一緒に踊ってます。
そうなんですよ!!他メン達の振り付けの手本は、智くんなんですよね。

この後、サンチェさんと嵐ちゃん達のピリピリした雰囲気に呑まれて
早々にハンディーカメラを持ってレッスン室を退室するJr.です。



後編へ続きます

いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきます
感謝



2015-02-22 19:51 | カテゴリ:智くん


本日、2度目の更新です

こんばんは~


先ほどいつもお世話になっていますNさんから
とっても嬉しいメールを頂きました
教えてくれてありがとう~感謝


『J-web』ジャニーズJr.の“shingo→”のところをチェックしてみてね

涙が出るほど嬉しくて、お礼もそこそこに皆さんにも教えてあげたくて
早々にUPしちゃいました~

町田くんに、心からのありがとうを伝えたいです


【追記】 2/23 00:10

『J-web』町田くんのサイト、見てみましたか?

最初ね、読んだとき、とっても嬉しくて
その後、夕飯になってしまって携帯もパソコンも閉じたまま
いろいろ家事をやってお風呂に入ったり・・・ほんで今、再びパソコンを開いたら
数人のお友達からメールとコメントが入ってて・・・・・
その中に、先ほど教えてくれたNさんからも・・・・・
皆さん、教えてくれて・・・ありがとね

町田くん、ジャニーズを辞めてしまうってこと?
最後の5行が縦読みで“さようなら”になってるの。。

いつか智くんと共演している姿をずーっと観たいと思っていたけれど・・・

自分の進むべき道を見つけたのかも知れないね。。

でもやっぱり私は、心からのありがとうを伝えたいです

智くんもきっと、町田くんがいたから頑張ってこれたのだと思う。。
ハワイでの各番組も観てくれたのかも知れないね

そして、ホッとしてくれたのかも。。

もしもジャニーズを辞めてしまっても
智くんとの絆がなくなるわけではないから

智くんには町田くんという大切な心友がいるということ
忘れないで、どこに行ったとしても応援しています

************

智くんの事、これからもよろしくお願いしますね

今までも、これからも

ありがとう~



二人の事、これからもずーっと応援していきます


ではではまた~


いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきますね
感謝



2015-02-22 05:45 | カテゴリ:歌番組



おはようございま~す

待ちに待った『Mステ:Sakura』はもう、観れましたか~?

嵐さん、“踊ってやるぜ~”の時の黒衣装がやっぱり素敵
これは、期待出来るかな?


Sakura9☆

キャッホ~イチカチカしてないし、いいんでない


だけど夢の中 いつも触れたくて

Sakura8☆


智くん、多めの膝をつく振り付けは、想像でしかないけれど
思うところがあるので最後に書かせて頂きますね


Open your heart

Sakura2☆

ここのね、智くんの流れる様なステップが観たかったなぁ~
そして、力みのない手が美しい~


いつか僕らが世界を変えていくなら またどこかで生まれてく

Sakura3☆

ここのテンポよく踊る振り付け、好きだなぁ~
逆V字は、背が高い相葉ちゃんがセンターでも
上手く遠近法が使われているので観ていて凄くバランスが良いですよね


なぜだろう? この世界は光と影が寄り添って

Sakura6☆


どの曲でもそうだけど、智くんの手は本当に表情豊か
力むことなく軽く合わせているだけなのに強さが感じられる


Sakura5☆


願い夢 孤独まで 巡り会わせ

Sakura7☆

智くんメインの声に、ニノちゃんのハモリがとても綺麗


最後のサビ、ここから先は残念無念
桜吹雪もいいところ、ダンスは観えないし、滑りそうで危なっかしくて
実際、相葉ちゃんが滑りそうになってたよ 
ハワイでの『A・RA・SHI』を思い出しちゃった
智くんの唇にも花びらがくっ付いちゃったようで2回ほど、取ってたし

集中してターンも多いのにMステスタッフさん
ダンスナンバーの曲にこんなに降らせて危険だってこと
この部分、桜吹雪が舞うリハをしなくても分かりそうなもんだけど?
智くんの超高速ターンも観れなかった

お~~~い さとしはどこじゃぁーーー!!

Sakura4☆


桜の猛吹雪の中、カメラ目線は変わりなくやってくれました
いつもだとね、こっちが照れちゃってずーっと観てられないんだけど
この時だけは過剰な桜が効果を発揮してくれて(苦笑

こんな時まで口元に花びらを近づけるサービス精神、ステキ、さとし
ありがとう~


カメラ目線☆


頭の上に舞い降りた花びらを一気に落そうとした?


智花びら

嵐☆

その動きを見て嵐メンが、めちゃんこ爆笑してて
残念だった気持ちが少し、和みました~


今回のダンス、凄くカッコ良かったですね~
珍しく膝をつく振り付けが所どころに組み込まれていて
その振付が必ずと言っていいほど智くんに宛がわれていたけれど
これはドラマの世界観、影を表しているのかなぁ~?

膝をつく振り付けだけでなく智くんに振り付けられたダンス自体がサビ前まで
他メンに比べてとてもソフト

でも、ソフトなんだけれども、深いところに見える芯の強さが感じられて
影の部分をダンスで表現するのは難しそうだけど
智くんなら出来るだろうとの振付師さんの判断だったのかなぁ~~~?
きっと、そうだよね
なんて、思わずにはいられなかったダンスなのでした~

『Sakura』がお披露目されるたびに、智くんの膝も心配になるけれど
こういう風にでも思わないとやってられない。。
マイナスマイナスへと向かっていきそうでマズイマズイ

来週は、カメラ割りや顔アップなどは相変わらず期待できないと思うけど
花びらの演出に関しては学んでもらえたと思うので
少しはダンスを堪能出来るかな?

『しやがれ』の予告で流れていた花びらは妥当な量だったので
今回の桜吹雪のような過剰演出で余計な心配をすることはなさそうですね


ではではまた~

VS嵐:カッコ可愛いお茶目なサトシ☆の記事に
コメントを下さった皆さま、ありがとうございます
お返事が書けましたので、お時間がある時にでもお読みになって下さいね

いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきます
感謝


2015-02-20 17:17 | カテゴリ:VS嵐



こんにちは~

VS嵐、リアタイでは落ち着いて観れなかったので
先ほど、じっくり観ましたよ~
カッコ可愛いお茶目な智くんがたっぷり観れましたね~

・対戦チーム:ジャニーズWEST
・プラスワン:田中さん&澤部さん


後輩くんたちを紹介するのに、2番目に並んでいた桐山くんを先に紹介したり(笑
後輩くんの中で唯一共演してるのが桐山くんなので、ごめんよ~
他の子たちのことは

あと皆 桐山くんでしょ

桐山くん☆

んもう~ バラエティ力、抜群だし(爆
後輩くんたちも、えらいウケちゃってるし(笑

ええじゃないか ええじゃないか?=?ズンズンドコ ズンズンドコ

ここのフレーズは、娘二人と3人で以前
“これ、同じだよね?(笑”って言ってたことがあったので
(ファンの方、ごめんなさいね)
そのままネタにされてて、爆笑してしまいました(笑

“憧れの先輩は?”というのは、想定内だったかな
同じ関西ジャニーズからのデビューで関ジャニちゃんが多いと思ってたし
こういった質問、“誰がお好みですか?”も同じで
選ばれたこと無いとは言わないけれど、ほとんどないもんね、ぶぅーーー

でも、いいのだ わたしゃは訊かれなくても毎回

さとし!さとしぃ~~~

両手を振って選び倒してるからね(笑

《ジャンピングシューター》

「ジャニーズWESTの天然みたいなコはいるの?」
「断トツで藤井です」
「うちで言う、相葉くんみたいな感じ?」
「相葉くん以上だと思います。ぜんぜん」
「ちょっと待って!俺をどの辺に設定してるの?」

なんで潤くんが天然みたいなコは?って切り出したのかは分からないし
お水含んだまま喋っちゃうとか(笑
えらい楽しいお話が聴けてめちゃんこ爆笑だったんだけど・・・

「藤井くんはちょっとバカなんで・・・」
「バカでも球技は出来ますよ」

これは・・・・・。。
《GoGoスイーパー》でも、翔ちゃんが同じ後輩くんにアホな子って言ってたけど
翔ちゃんも言うの?って、ちょっとドキッとしたよ。。
でも後輩くんたちもこの言葉は普通に口にしていたから
“アホ”って関西の方では、普通に愛ある弄りで、有りなんかな?
「アホでも運転は出来るんで大丈夫です」

ただね、“バカ”って、どうなの?って思う
わざわざ天然キャラの例えに相葉ちゃんの名前を出した後に
いう言葉ではないと思うよ。。
せっかく後輩くんたちも先輩、嵐の番組に呼んでもらえて
緊張しながらも楽しく盛り上げてるのに。。。
潤くんのこういう一言余分なところ、いつも残念に思います
こういうのがなかったらほんと、可愛い人なのに。。

でも、良くぞ言ったよ、後輩くん(笑
先輩でもね、こういう事は言い返して良いんだよ
先輩だからと臆することなく、拍手もんです


智潤は、ロスから帰ってきたその日にこの『VS』の収録があったって聞いてたけど
智くんはクリフだけでなく、シューターもやってたの?
普段だったらメチャンコ、イヤッホォ~~~イな気分なんだけど
よりによって一番キツそうな二つって・・・マジかっ・・・・・
ほんと、お疲れ様だったね

でもね、嬉しかったこともあったんだよ
桐山くんが、“ニノちゃんと智くんとは繋がりがあるか”って訊かれて
鍵部屋での、迷子になっちゃった可愛いエピを話してくれて(嬉泣

どんなエピだろうが、話してくれただけ超嬉しいよ
こんな事で感動って大袈裟かも知れないけれど
それだけ以前に共演された方が出演されてても毎回楽しみにしてたのに
スルーされてきたからマジに嬉しかった~
桐山くん、大丈夫だよ、智くんは振られて不機嫌な顔をしただけで

智くんの笑顔☆

↑この笑顔だかんね(笑


ほんでもって、この時の智くんがメチャメチャかわええの
近くにいるスタッフさんに“入った?”とかなんか訊いてて(笑

ジャンピングシューター☆

はははははぁ~~~んスタッフさんになりた~~~い

《クリフクライム》

智潤の立ち位置を観て、あれっ?と思ったけど
“アゴ”の智くんが一番に行く設定になったのね。。

だからか、あっという間に終わっちゃってエライ物足りなかったなぁ~
それでもいつも変わらずな智くんの軽~く登っていくさまは圧巻で
こんな姿なのに美しいってどういうことだ?

クリフ2☆

どんな体勢であっても画になるのよね

クリフ☆

腕の筋までも、ガブリンチョしたくなるほどカッコいい~



潤くんの34秒残しもエライ頑張ったね~
最初こそ、強めのコーヒーが必要なのかい?と思っちゃったけど(笑
二人とも疲れてるところ、頑張ったよ~

でも、過去最速33秒残しって確かこれも智くん絡みだったよね、イェイ
そしたら今度は嵐一、最速コンビの天然で超最速を更新するのを
観てみたいなぁ

《キッキングスナイパー》

後輩くんたちが挽回してきたなか、余裕な智くん(笑

智:(勝利が決まっても)止めないで続けてほしいね
  ウチらの最高新記録をね

潤:どうしたんですか、そんなやる気出して、最後
智:ここまで来たらね、やりましょうよ

結果は、先輩の意地ともいえるニノちゃんのパーフェクトで、ギリギリ勝利(笑
ニノちゃん、よく頑張ってくれました~
澤部さんに、やる気の発言を突っ込まれて

照れる智

恥ずかしがっちゃって・・・・・
ま~ったく、かわええったらないね、優勝カップ授与

後輩くんたち、みんな凄く可愛くて楽しくて
また、リベンジしに来てほしいですね
澤部さんも田中さんも良い具合に盛り上げてくれてとっても楽しかったです

智潤のお二人、帰ってきた早々、『VS』の収録、お疲れ様でした~
特に智くんは、↑の写真を撮った時に眼が疲れているのが分かったよ。。
本当に、お疲れさま。。
忙しくなるとまた睡眠不足になるから、今はゆっくり休んでね~


そしてそして今夜は『Mステ:Sakura』
『パズドラスペシャルCM』がありますね
どんな感じに仕上がっているのかなぁ~楽しみで~す

ではではまた~

智くんと坂本くんの切ない共通点:先輩としてのプライド☆の記事に
コメントを下さった皆さま、ありがとうございます
お返事が書けましたので、お時間がある時にでもお読みになって下さいね

いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきますね
感謝


2015-02-18 21:27 | カテゴリ:智くん素敵エピソード


こんばんは~

この↓に、限定記事も書いていますので
パスワードをお持ちの方は、こちらも時間がある時にでも
お読みになって下さいね

***************

ではでは、前の記事の続きです

Sさん、貴重なお話を教えて下さってありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのご厚意により掲載させて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
他グループファンの方には、ご理解頂けない文面もあるかと思いますが
ここは“サトシック”が集う場所ですので
そのまま静かにお帰り下さいますようお願いします m(u_u)m
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMCなど
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章はニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いします。



V6は、1995年8月発売の$誌(10月号)に
秋に開催されるバレーボールW杯のイメージキャラクターとして
新しいグループが作られることが発表されますが
そのときのグループ名表記は“Vsix”

メンバーもまだ候補段階であり、坂本くん・井ノ原くん・原くん3名の写真と
長野くんと他2名のシルエットが掲載されてます。
残り3名は、次号で発表となっていたのですが、最終決定されたメンバーは
“20th Century”(トニセン)の坂本くん・長野くん・井ノ原くん。
“Coming Century”(カミセン)の森田くん・三宅くん・岡田くんの計6名でした。


新年早々の『大の間』
デビューシングル『MUSIC FOR THE PEOPLE』ジャケ写の話しがありましたが
カミセンは、V6デビュー前に結成され
後にデビューシングルのカップリン曲となる『Theme of Coming Century 』
NKH・BS放送『アイドルオンステージ』で毎週唄っていました。

その間奏部分にだけ、トニセンが登場してアクロバットなダンスを披露し
またサッーと退却するという演出ですが
トニセンは、完全にカミセンのバックダンサーにしか見えません。

そもそも、デビューシングルのカップリング曲が
カミセンの3人しか唄っていないって^^;


坂本くんが、一度は退所してサラリーマンを経験したお話も出ましたね。
事務所を退所していた時期は、1991年前後のようです。

なんでも辞める際に、社長に直談判したそうで、直談判直後の歌番組収録では

「バックで踊りたくない!」と帰ってしまったエピがあります。

既に、20歳になっていた坂本くん。
先輩のバックで踊っていたはずが、気づけば後輩のバックで踊り続ける日々。
将来が見出せす鬱屈した気持ちを抱えて過ごしていたのかな!?
それにしても、コチラも誰かさんに似たエピのようですねぇ~ (* ̄m ̄)

智くん×太一くん対談(1)~踊りを極めたい☆

一旦は退所するものの、芸能界に対する想いは消えず
自主退所していた(←休業という言葉の方が合ってる!?) 長野くん(V6)と
ずっーと連絡を取り合っていました。

そんな時、電車の中でバッタリ出会った後輩は、眩しく見えたんでしょうね。
同期入所の太一くん(TOKIO)を頼って、再入所を果します。

復帰した坂本くんにチャンスを与えたのは、東山さんでした。
坂本くんを、自分の付き人とバックダンサーに指名し、その間のお給料は
なんと東山さんが自腹を切って支払っていたそうです (゜ロ゜屮)屮
面倒見が良いだけでなく、太っ腹な東山さんです!!

そう云えば、ミュージカルアカデミー(MA)も
グループ結成当初は少年隊の専属バックダンサー的な位置でした。
少年隊が出演する歌番組では必ずMAがバックで踊り
少年隊主演の『PLAYZONE』にも必ず出演する。


(夜もヒッパレ出演時)

智くん2☆☆

もしかしたら、MAも
少年隊さんのご指名で結成されたグループだっのかなぁ~!?。想像ですけどね。

そして智くんは、坂本くんの再入所した過去を知っていたから
一度は退所した町田くんも復帰することが出来ると確信したのだと思います。
だから、町田くんの気持ちを確認し、再入所を手伝ったんでしょうね。
風の便りでは、智くんが頼ったのは、東山さんだと聞きます。。。

一度は退所しながらも再入所した坂本くん。
V6でデビューすることは宿命だったのだと思います。

電車の中で出会ったのが、Kinki Kids以外のJr.だったら
恥を忍んで・・・までの思いにならなかったかもしれません。

同期入所の太一くんも辞めずにいてくれた。
遠回りでしたが、その道は芸能界に続いてたんですね。

余談ですが、長野くんの入所は1986年4月です。
数ヶ月ですが城島くんよりも早く、なんとSMAPの全員より早い入所ですよ!!



そう言えば長野くんは、金八先生第3シリーズに出演してましたね
リアルでは観ていなかったけど、何度となく流れていたVTRで知った次第です

それにしても、坂本くんが退所した理由が智くんと同じように
後輩のバックで踊り続ける自分の将来に不安を感じたからなのかも、と思うと
Jr.の頃の智くんの想いも理解できるし
デビューしても尚、辛い立ち位置に晒されながらも
嵐というグループの中に収まっていてくれたこと
そして、東山さんという素敵な頼れる先輩が近くにいてくださったことに
感謝せずにはいられない今日この頃です

次のエピへ続きます


しやがれ:内に秘めた努力が魅せるもの☆の記事に
コメントを下さった皆さま、ありがとうございます
お返事が書けましたので、お時間がある時にでもお読みになって下さいね

いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきますね
感謝



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。