-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-02-06 09:33 | カテゴリ:智くん素敵エピソード


おはようございま~す

今朝の智くんラジオで作詞したというお話、してたね
私の想像では翔ちゃんと一緒に作った
『俺たちのソング』かと思ったんだけど、チッ残念(笑

ショーの始まりさ~みたいなやつだって(笑
恥ずかしいからやめようとも言ってたよ

そんなに恥ずかしいんか~~~ かわええね~

*************

ではでは前の記事からの続きです

※私の感想は省略させていただきます
  

Sさん、貴重なお話を教えて下さってありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのご厚意により掲載させて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
他グループファンの方には、ご理解頂けない文面もあるかと思いますが
ここは“サトシック”が集う場所ですので
そのまま静かにお帰り下さいますようお願いします m(u_u)m
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMCなど
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章はニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いします。



『嵐にしやがれ』は、新企画“嵐旅館”でのおもてなし。

どんな風になるか心配しましたが、蓋を開けてみれば“大の間”では
リーダーが集結しての新年会ならぬ慰労会!?が開催。

Jr.時代の話しまで繰り出て、話は尽きなかったようですね。
スタッフも編集に困ったのではないでしょうか?

カメラが有る無しに関わらず、あんな風に気兼ねなく過去の話しができるのも
5年間という長いJr.時代を経験し
実は“嵐”の中では一番、ジャニーズに幅広い人脈を持つ智くんだからこそであり
相手を敬いながらも、決して媚びることなく
飄々として悠々と泰然とした智くんが持つ雰囲気が
ついつい語らせてしまうんでしょうね。

“大の間”にお越しのお客様は
TOKIOの城島くんとV6の坂本くん、NEWSの小山くん。(そして千原ジュニアさん)
まさに、“大の間”にふさわしい、グループのリーダー3名でした。

業界屈指ジャニーズ事務所のオーディションに無事合格し
晴れてJr.の一員となっても、デビュー出来るのは、ほんの一握りのJr.だけ。
デビューするまでには、1人1人に波乱の物語があります。

そして、華々しくデビュー後も、何の問題もなく
順風満帆に歩んでこれたグループは1つとしてないと思います。
グループそれぞれに悩みや問題を抱えて、それを乗り越えての今日です。

************************************************
************************************************


TOKIOは、デビュー4年前の1990年に
太一くん・松岡くん・城島くんの3名で結成されました。
数カ月後、山口くんと他1名が加入し、5人態勢となります。

1992年頃から、長瀬くんがライブのときだけ
サポート的に加わるという変則的な態勢となりましたが
デビュー直後に、1名が脱退したことで長瀬くんがTOKIOの正式メンバーとなり
1994年9月にCDデビューを果します。

しかし、パンドの花形とも言えるボーカルを“補欠要員”の存在でしかなかった
グループ最年少の(当時)若干15歳の長瀬くんが担当することに
TOKIOファン内でも色々と荒れたようです。。。

その矛先は、当然の如く長瀬くんに向かい
悩み苦しんだ長瀬くんは、メンバーに相談していたと後年、告白してます。

コレって、誰かと似たような境遇だと思いませんか!?
デビュー直前まで、メンバー候補の名前にすら挙がらなかったのに
数日前に突然レコーディングに呼ばれ
グループのメインボーカルとしてデビューする。

ハワイでの船上記者会見という華々しいデビューを果すも
その後に待ち受けた謂われなき言葉の数々。

奇しくも、東山さんが
「天才!」と呼んだ2人は
その才能ゆえに困難な道を歩むことになったように思えます。

城島くんが坂本くんに


「年齢差離れていると大変だと思う。
 彼(坂本くん)が、一番大変だったと思う!」


と話してましたが
TOKIOもデビュー当時は、グループ最年少の長瀬くんが15歳。
最年長の城島くんが23歳と年齢幅の広いグループです。
そして、ジャニーズに珍しいバンドグループでもあります。

そんなこともあってか、シングルCDが“初”のオリコン1位を獲得したのは
デビューから7年目のことでした。

グループ内の年少組が、長瀬くんと松岡くんという
ヤンチャで熱血な2人だったこともあり
デビュー当初の数年は若さゆえもあって、ケンカもたえなかったと聞きます。

ある時、些細なことでケンカになり、それを見た少年隊の植草さんに


「リーダーがいないからケンカになる。リーダーを決めろ!」

と言われ、ジャンケンで、城島くんに決定したそうです。

一見、リーダーに見えずとも
メンバーに愛され、グループの精神的な拠り所となる人は
ジャンケンで、リーダーになる運命のようです。



※コメント欄は開けておきますが、お返事は致しかねますので
  それでもよろしければ、お気持ちを置いていって下さいね


いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきますね
感謝


2015-02-03 22:38 | カテゴリ:智くん


こんばんは~


【追記】

パスワード申請は受付終了とさせていただきました
たくさんのご連絡をありがとうございました



今日はちょっと、お知らせがあります


今回、初の会員限定記事というものにお世話になってみようかなと思いまして


会員限定記事をお読みになりたい方は、右サイドバーにあるメールフォームから
携帯の方は、コメント欄のメールアドレスを書き込む場所ではなく
コメントを書くところに直にメールアドレスを明記のうえ、ご連絡下さい。
閲覧に必要なパスワードをメールアドレスのほうへ送らせていただきます。



コメント欄からご連絡いただく方は
【管理者のみに表示する=非公開】という部分にチェックを入れるのをお忘れなく
万が一、忘れてしまった時でも承認致しませんので、ご安心ください

ご連絡を頂ける方で、はじめましての方は
ブログの感想や、ご自分の自己紹介など
簡単にでも添えていただけると嬉しいです


ではではまた~


いつも励みになる拍手をありがとうございます
感謝


2015-02-03 22:33 | カテゴリ:限定記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。