-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-01-14 11:01 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



こんにちは~

ではでは(1)の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



◆『Cの嵐』-演奏家派遣のクレーム処理 -(2002年8月21日放送)

今回は、人材派遣会社のクレーム処理。
潤くんと相葉ちゃんと智くんの3人で会社に赴き説明を受けます。

この会社は、音楽教室への講師派遣
イベントやパーティー等への演奏家を派遣するなど
主に音楽関係の人材派遣を専門としています。

そのクレーム内容は

「結婚記念日の演奏に別れの曲とはどういうことだ!」

人材派遣会社の対応は
“曲タイトルのみで選曲してしまったことを謝罪するのみ!”とのこと。

それを聞いて

「この、クレームはキツイっすねぇ~!」と嘆く相葉ちゃん。
「コレ~はね。だって、言ってみたらミスですよね」とダメ出しする潤くん。

ひたすらメモを取る智くん φ(.. )



Cの嵐2☆


この他にもクレームがあり、今回は潤くん&相葉コンビと
智くんの二班に分かれて対応することとなります。

智くんが対応するのは・・・

「結婚記念日の演奏に別れの曲とはどういうことだ!」

苦情主のマンションへ向かう智くん。

緊張気味にインターホンを押すと玄関先に現われたのは
苦情主であるこの家のご主人。
智くんが、ご挨拶をするものの


「お宅はねぇ・・・お宅の会社に辞書があると思うんだよ。
 そん中に“常識”って言葉があると思うんだよ!」


と、早速クレームを始めるご主人。
そんなご主人に対して、会社側から
「謝罪するのみ!」と言い渡されたように

「今回は、ウチらの手違いで・・・m(__)m」

と謝罪する智くん。
すると、その言葉を遮り


「ちょっと、待って」

と一言残して家の中に入ってしまったご主人。
玄関ドアを閉められて


「ヤベッ・・・(-_-;) 」と小声になる智くん。

しばらくすると人材派遣会社のパンフレットを持って現れたご主人。
今回、ご主人がパンフレットの中から選んだのは
“Aさんのお洒落なプレゼント”というモノ。



Cの嵐3☆


パンフレットを見せられて

「こちらの手違いで、ちょっと間違えてしまって・・・
 本当に申し訳なく思ってます」


と謝罪する智くん。
でも、十代にしか見えない智くんを見て


「“星影のワルツ”って知ってんの?歌詞知ってる?」と聞くご主人。

「はい、ちょっと先ほど・・・」と智くんが応えると
「ほら、これだよ。読んでみな・・・ちょっと声出して読んでみな!」
と紙を渡すご主人。

「別れることはつらいけど 仕方がないんだ君のため
 別れに星影のワルツを歌おう f(´ 。`;)」


言われるままに最後まで読む智くん。

「これが結婚記念日に、かける曲か? ゛(`ヘ´#) 」

「はい、本当に思っております。すみません。。。」頭を下げる智くん。

「すまない、すまないじゃ、本当に済まないよ。コレ ヽ(`д´;)/ 」
と突っ込むご主人。

「本当、申し訳なかったです。すみませんでした (_ _ ;; 」

と再度頭を下げるも硬直してしまう智くん。 
そんな智くんを見て

「で、どうすんの?」と次の対応を求めるご主人。
「・・・もうどうにもならない事なんで、ちょっと本当に・・・
 謝るしかないと言うか・・・」


と言って恐る恐るご主人の顔を見る智くん。

「謝られても困っちゃうんだよね・・・」

「どうしたら納得してもらえますか?」

「そんなのは、あんた自分で考えるこったろよ!子供の使いじゃないんだから!」

と智くんに活を入れるご主人。

「はい (_ _ ;; 」

「だったらコレが出来ます。こうさせて頂きます。
 と言って持ってくるのが、あんたの仕事じゃないの?」 


と、それとなく解決方法を導いてくれるご主人。

「はい。じゃ一回ちょっと、社長と話し合ってですね・・・電話で・・・」

と、代替え策を考えることにした智くん。
行動を起こし始めた智くんを見て


「今から?・・・とにかく電話して!」と催促するご主人。

「すぐ戻ります (。・_・。)ゞ」

と言って、一旦マンションの外へ出て人材派遣会社へ電話する智くんです。
ここで、智くんがある秘策を思いつき


「もう一度、演奏を無料で出来ないか!」と人材派遣会社に提案します。


Cの嵐5☆


人材派遣会社も、この提案を受け入れ、再度ご主人の元に伺う智くん。

「今、社長と電話したんですけども。
 前回の事は本当に謝る以外にないと思っているんですけども
 もし良かったらまた、あの・・・曲をブレゼントという形で
 今度はサービスとで、無料で・・・ヾ( ' - '*)」


と提案する智くん。その案に

「うん・・・いつ?」と答えるご主人。

「今日です!」

と、こちらも即答する智くん。
すると今度は


「大丈夫かそれ?あんた・・・コンビニで、おでん買うんじゃないんだよ?」

と、逆に心配そうなご主人。

「それは、やっぱ早めに・・・」

「演奏出来んの?そんなの・・・また、いい加減なやつだったら
 困っちゃうんだよな?」


と確認するご主人に対して

「それは、もうちゃんと言いましたので (=゜-゜)(=。_。)!!」と断言する智くん。


Cの嵐6☆


その言葉を聞いて

「あっ、そう・・・ちょっと待っててね」

と家の中に入り、奥さんと相談するご主人。
奥様のOK!も出て、人材派遣会社に急いで電話をして
演奏家を手配してもらいます。

1時間後、バイオリニスト1名とチェリスト1名がマンションに到着。
そこで、恐る恐る


「・・・カメラ(ご自宅の中へ)入ってもよろしいでしようか?」

と、ご主人に尋ねる智くん。
意外とあっさり


「いいよ!うん」

と快諾して下さるご主人。
ご自宅内は固定の三脚カメラでは無理なので、カメラマンが撮影します。
リビングのソファにご主人と奥様が座ったところで、演奏会が始まります。



Cの嵐7☆


クラッシック音楽が演奏され
ソファの後方で直立していた智くんも思わず聞惚れてしまっていると
ご主人と奥様も時折会話をしながら満足そうに、和やかな表情を見せます。

演奏会は1時間にもなりましたが
演奏が終わると奥様が直ぐに立ち上がり拍手をしてお礼を言うと
ご主人も


「よく段取り出来たね。短時間に (゜∀゜ノノ"☆パチパチパチ」

と、智くんの対応を褒めてくれます。


Cの嵐8☆


「ありがとうございます。えぇ、良かったです。
 感動しましたよ。なんか (感´∀`動)゜+..。*゜+☆」


と笑顔になる智くん。
そんな智くんの笑顔を見て


「どうもありがとうございました」と一礼するご主人と奥様。

「本当に申し訳なかったです。ありがとうございました (〃_ _)) 」

と、こちらも再度謝罪する智くんです。

無事にクレーム処理を終えて、演奏家の2人とマンションを後にする智くん。
今回の智くんの献身的な対応は、ご主人のハートを動かしたようで
智くんはもちろんスタッフも予想しなかった結末が・・・

なんと、ご主人から演奏者への謝礼を智くんが預かっていたのです!!



Cの嵐9☆


この結果に、智くんも親指を立ててグッジョブ (*^ー゜)b


Cの嵐10☆


「いゃ~良かった・・・ちょっと涙が出そうになりました。危なかったです・・・
 ほんと良かったです。仕事したって感じです v(^-^)v」


と、この日の感想を述べる智くんです。

クレーム内容は千差万別。苦情主の個性もあり、対応には神経を遣います。
まして当時、若輩の嵐ちゃんにいたっては、依頼主である企業側の

「謝罪するのみ!」とのレクチャーもあったりして
ひたすら頭を下げて
「申し訳ございませんの言葉を繰り返すのみ。

そんなクレーム処理も回数を重ねることで、逆に苦情主であるお客様に
色々と教えてもらうことになったのも事実だと思います。
今回の-演奏家派遣のクレーム処理 -も、その1つだったように思います。

自分の親よりも年上の方からの苦情は
その言葉1つ1つが威圧的に感じずにはいられないと思いますが
このご主人は諭すように、対応への解決策へ
導いて行ってくれていたように思えます。

その教えに素直に応えて、ただ謝罪するだけでなく
苦情主であるお客様の気持ちになれば自然と行動することが出来るようになり・・・
真摯な対応に、最後は苦情主であったお客様に喜んでもらい
感謝されるまでに!!

クレーム処理の仕事のノウハウだけでなく
仕事をやり遂げた達成感と満足感をも知っていく事となります。



(3)へ続きます


※この『Cの嵐』関連のエピはもう少し続きますので
 私の感想はまだ書きませんし、お返事も致しませんが
 コメント欄は開けておきますので
 想うことがあれば、お気持ちを残してくださって構いませんので
 遠慮なく、お使いください

しやがれ:東山さんの言葉☆の記事に
コメントを下さった皆さま、ありがとうございます
お返事が書けましたのでお時間がある時にでもお読みに泣てくださいね


いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきます
感謝


スポンサーサイト
2015-01-14 10:52 | カテゴリ:智くん素敵エピソード


こんにちは~

前々記事、最後にちょこっと書いたにも関わらず、新成人となった二女へ
たくさんのお祝いのお言葉をありがとうございます
成人式も無事に終わり、後は2年後の卒業式まで大きなイベントはないかな?
ありがとう~

早速ですが、読者の皆様へ
Sさんから新年のご挨拶をお預かりしましたので、ここに掲載させて頂きます


《HAPPYDAYS☆智☆を愛し集う皆様へ》

2015年の1月も早いもので、半月を過ぎようとする日にちとなってしまいましたが
(↑片田舎の長男の嫁ゆえ、帰省すると色々とありまして^^;)
遅まきながら、今年も宜しくお願いします m(u_u)m

年末年始のSP番組も楽しみにしておりましたが
物の見事に全滅で・・・『紅白』すらも観れず。

新年第一弾のエピをどうしようか!?と悩んでいましたところ
sachiさんが手廻し良く、以前お渡ししていたエピを掲載して下さっていて
ホットひと安心。
いつもこのようにsachiさんとは、以心伝心のような出来事が沢山あって
嬉しく感謝しきれません。

今年も、sachiさんのお手をお借りして“HAPPYDAYS☆智☆”
智くん関連のエピを少しでもご紹介出来ればと思っております。
さてさて、今年はどんなエピを書くことになるのか!?私自身も楽しみです。


************

今回ご紹介するエピも、去年お預かりしていたにも関わらず
手元に置いたままになっていたエピです
感謝だなんて・・・私のほうが感謝ですよ~

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



嵐ちゃんの冠番組は
2001年10月から放送開始された『真夜中の嵐』から始まりました。
日テレ系の番組は、この後『Cの嵐!』『Dの嵐!』『Gの嵐!』『嵐の宿題くん』
『嵐にしやがれ』
と続きますが
放送期間の長かった『Dの嵐!』『嵐の宿題くん』
『驚きの嵐!世紀の実験 学者も予測不可能SP』の特別番組にまで発展した『Gの嵐!』

そして何かとデビュー直後のお宝映像として紹介される『真夜中の嵐』とは違い
『Cの嵐!』は、一般人を相手としたクレーム処理ということで
過去とはいえ、今更オープンにできない諸事象があるのかと思います。
なので、あまり紹介されることのない『Cの嵐!』
どんな内容の番組だったのかご存じない方も多いと思います。

番組終了から数年経った後も、スタッフが
「酷な事をした・・・」と話した回と
私個人の感想になりますが
「ほんとに良かったね、頑張ったね!」と思えた回をご紹介させて頂きます。

***************

『Cの嵐』(2002年7月~2003年6月)とは
日テレ系“初”冠番組『真夜中の嵐』の後続番組です。
通常、出演者が変わらず番組内容のみが変更となる番組改編の場合は
春(4月)又は秋(10月)となるのですが
夏休み時期に重なり一番視聴率が取りにくくなる夏(7月)に改変となった『Cの嵐』
番組スタッフも『真夜中の嵐』から一掃され、若手が集められます。
その後、このスタッフ達とは
『嵐の宿題くん』まで7年半もの長い付き合いとなりました。

『真夜中の嵐』同様に、深夜放送開始時間は夜24時過ぎ。
当時は野球中継が頻繁に放送され
30分や1時間延長はあたりまえのような頃でしたので
結果、『Cの嵐』の放送時間が遅れる事は常で
深夜2時過ぎの放送なども多々あり、放送時間が定まらない・・・
ということは視聴率にも多少なりとも影響があったと思います。
後続番組となる『Dの嵐』『Gの嵐』も同様でした。

『Cの嵐』“C”は、「claim」“C”です。

嵐ちゃんが“クレームエージェント嵐”の社員となり
依頼主である役所や企業、団体に代わってクレーム処理を行うというものです。


まずは、依頼主である役所や企業へ赴きレクチャーを受けてから
お客様のお宅へ足を運びクレームを処理します。

ガチです!!マジでガチです!!
この仕事は主に2人1組でのロケでしたが
依頼主からは個別にクレーム処理を与えられるので
結果1人でお客様の所へ伺うこととなります。

少数のスタッフとカメラマンが同行しますが、撮影現場では遠くから見ているか
又は、ロケ車の中で待機となりますので
ロケ車を降りた時点から、1人でのお仕事(クレーム処理)となります。

まずは、お客様へ事前に番組の主旨を説明し、カメラ撮影の許可を得ます。
カメラ撮影の許可を得ると、自ら三脚カメラを固定セットし
アングルを確認してカメラを廻しながら、お客様の苦情を聞きお詫びをし
納得のいく提案をしてクレーム処理をします。

お客様の中には若い方もいますが、大半は口も達者な年輩者の方達ばかりです。

「カメラ撮影OK!」の許可を得ても、「顔はNG!」と言うこともあり
その場合は顔にモザイク処理をし、音声も加工します。
もちろん
 「カメラ撮影NG!」というお客様もいらっしゃるので
その時は依頼を受けたクレーム処理のお仕事のみをします。
当然のことながら放送はありません。

カメラがあるとは云え、お客様にとって嵐メンは
“クレーム処理に来た代行の人”でしかないので、苦情内容に遠慮はありません。
アイドルグループ“嵐”のメンバーと気づくお客様もいますが
騒がれるほどでもなく、全く無反応で“嵐”を認知していないお客様もいます。
当時は、ファン以外はこんな反応だったと思います。


テレビ番組とは云え、依頼を受けて役所や企業の代わりにお客様に接するので
納得いくお返事を貰えるまでは帰るわけには行きません。
かと言って、依頼主の立場や一定の決められたマニアルもあるので
その場しのぎでお客様に納得のいく回答をするわけにも行かず
悪戦苦闘する嵐ちゃんです。

そして、放送開始から数ヶ月後には“業務拡大”と称して
開発中の新商品を消費者に試してもらい
その様子をマジックミラー越しにモニタリングする“ D(ドキュメント)の嵐!”
普段めったに見られないものや衝撃の事実を取り上げたりするコーナーも
ありました。


第1回目 (2002年7月3日放送)では、東京都北区役所の放置自転車問題に
潤くんとニノちゃん、そして智くんが担当します。

3人が、撤去された放置自転車の保管所で緊張気味に待機していると
男性が自転車を引き取りに来ます。
すると、撤去した際の移送手数料として
3,000円を支払わなければいけないことを知り、大激怒!!

大声で罵詈雑言を浴びせられて、お金を投げつけられて
茫然とするニノちゃんと智くん。ちょい潤くん逆ギレ気味。

それでも、3,000円を支払って頂き

「ありがとうございます m(__)m」と頭を下げる3人です。


Cの嵐☆


初っ端から、そんなキツイクレーム処理をすることになった嵐ちゃん達。
そこで第4回目(2002年7月31日放送)では、ビックカメラに赴き
店舗教育室長の佐々木さんに、挨拶の仕方などをご指導頂くのですが・・・


「その前にですね。身だしなみが乱れてる方が沢山いらっしゃいます!」

と注意されることに。

ここで、慌てて自分の身だしなみをチェックする智くん Σo(*・o・*)o!!


「ネクタイが緩んでいるのは困ります。だらしないです。
 しっかり締めて下さい・・・松本さん、一番出来てません!」


佐々木さんにネクタイを締められて
「むっちゃ苦しい~」と少々不貞腐れ気味の潤くん ( ̄^ ̄*))彡

そして厳しい挨拶の練習が始まります。


「気をつけ!礼・・・1・・2・・3」

この後、ビックカメラのクレーム処理もします。
クレーム処理の回数を重ねることで
手探りながら対応の仕方や手順等のコツを覚えていきます。

少しだけクレーム処理に慣れ始めたころに智くんが対応した
クレーム処理の1つをご紹介しますね。



(2)に続きます


いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきます
感謝



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。