-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-12-16 12:51 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



こんにちは~


ではでは前編の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

本文を読む前に、こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
他担、他グループファンの方にはご理解頂けない文面もあるかと思いますが
ここは“サトシック”が集う場所ですので
そのまま静かにお帰り下さいますようお願いします m(u_u)m
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



『しやがれ』で、智くんが回答したJr.時代に参加していたユニット
“ヤラえもんず”ですが
1996年夏、“KinKi Kids '96 夏だ! 全員集合!”にて
剛くんのソロ曲『ラップ版ドラえもん』のバックで
“ドラえもん”の格好をして踊る
このコンサート限定で結成されたユニットです。

智くんとの関係性、知っておきたい豆知識☆

“ヤラえもんず”のユニットは
現在は振付師としても活躍している屋良朝幸くん(通称:屋良っち)が
リーダーとなったために“ヤラえもんず”と命名されたと言われてます。
屋良くんの他に、町田くん、智くん
そして他数名のJr.がメンバーとなりました。

“ドラえもん”の格好と言いましても、本格的な被り物ではなく
着ぐるみパジャマみたいな可愛らしい物。
智くんなら、今でも充分似合うと思います❤

ニノちゃんに


「あなたぁ~、よく組むねぇ~、ユニット!!」

と、言われてましたが
ほんと、智くんはJr.時代に数多くのユニットを組んでます。
Jr.のユニットは、バラエティー番組が切っ掛けで結成されたり
出演したドラマや映画、舞台のメンバーに名づけられたり
そして、コンサート限定だったりと、短期のものが多いです。
稀に、メンバーチェンジしながら継続されていくユニットもありました。
智くんの場合は、その殆どがダンスユニットでの参加です。

特に『kyo to kyo』では、春・夏・秋公演ごとに
他のメンバーが入れ替わったので、ユニット名が新しくなったこともあり
自然と
「あなたぁ~、よく組むねぇ~、ユニット!!」 
と、なったのだと思います。

こんな風にJr.時代
KinKi Kidsの真後ろで、踊る機会が多かった智くんは
「踊れるJr.」と認知されていたと思います。
それは、嵐デビュー後に出演した
『LOVELOVE愛してる』でのやり取りからも垣間見えます。

KinKi Kidsがデビューした1997年夏
舞台『Kyo to kyo』出演のため京都へ行ってしまった智くんですが・・・
この人、一番の見せ場となる要所要所では、必ず姿を現します!!

舞台『Kyo to kyo』こけら落し数週間前
1997年7月29日の『うたばん』にKinKi Kidsが初登場します。
お馴染みの中居くんと貴さんを交えてのトークもあり
デビュー曲『硝子の少年』を披露します。

『Kyo to kyo』の宣伝も兼ねてだったのか!?
舞台で踊る“Kyo to kyo Girls”のお姉さん達が登場して
バックで踊ります。
そして、『Kyo to kyo』の舞台に立ち続けることとなる智くんと原くんは
KinKi Kidsの真後ろの位置です。
バックで踊るJr.は、智くんと原くんを含めて8名ですが
他数名も『Kyo to kyo』のメンバーです。
プロのタンザーも交えてということもあり
Jr.の中でもダンスの先鋭が集められたように思えます。

KinKi Kidsの2人は白のスーツ姿
バックのJr.は白シャツに黒いベスト&黒のパンツ。
お姉さん達は赤いシャツに黒のパンツ姿。
智くんは、当時「光一くんに似ている!」と言われた頃の髪型です。

放送が7月の末なので、収録はずっーと以前になり
この後に京都へと旅だったのかと思われます。


翌月9日には、テレ朝
『真夏の名曲リクエスト東京湾花火SP
という番組が放送されます。

当日、『Kyo to kyo』はKinKi Kids主演の公演で
森光子さんが特別出演されたこともあり生中継されました。
背景は、智くんが牛若丸を演じた五条大橋のセットです。
KinKi Kidsは、もちろん『硝子の少年』を披露します。
夏休み期間中で、後日に
オールジャニーズJr.公演が控えていることもあり
大勢の東京のJr.達がバックで踊ります。

そんなこともあってか、智くんの位置は端っこデス。
カメラに映り込むのは、東京Jr.達ばかりで
智くんはカメラが引きにならなければ映ることはありません。

これから、数ヶ月にも及ぶ舞台をけん引していく立場でありながら・・・
華やかな場所は東京のJr.達が占める。
幕が開いたばかりの『Kyo to kyo』でしたが
その後に待ち受ける過酷さを暗示しているようでもありました。。。

智くんが入所したのは1994年10月。
その前月にTOKIOがCDデビューを果し
11月にはデビュー後、初のライブを武道館で行い
『時代を(TOKIO)よろしく!』のバックで踊ったのが
智くんのJr.初仕事だったことは既に御存じのこと。

その後にデビューしたのは、V6とKinKi Kids
そして“嵐”となるわけですが・・・
V6のデビューのときは、デビュー曲のカップリング
『Theme of Coming Century』のレコーディングをしてたり
一枚目のミュージックビデオに出演してたり
果ては『ミュージックステーション』(1995年10月27日放送)に初登場し
デビュー曲『MUSIC FOR THE PEOPLE』お披露目のときにも
全身真っ白の衣装でバックで踊ってたりと
自身が入所し、デビューするまでの間に
デビューした3組(TOKIO・V6・kinki kids)
全てのグループのデビューに関わる!!

これって・・・“嵐”としてデビューするために用意された
必然的なものだったのか!?と思わずにはいられない
あまりにも不思議な偶然です。

やはり智くんは
数年後にはデビューする運命にあったように思えてなりませんね。



今までのお話を思い出してみても、本当にそう思いますよね

出逢うべくして出逢った智くん

辞めないでいてくれてありがとう~
何があってもこれからもずーっと応援しています

剛くんがゲスト出演してくれた先日の『しやがれ』ですけど
とても楽しみにしてたのに最近の『しやがれ』
ゲストが二人になっていることが多い為か
番組内容も雑な編集というか、もう少し観たい、聴きたいというところで
内容が変わってしまうので・・・
ムムムッ!勿体ない。。何とかならないもんですかね~

それはそうと剛くん、のほほんとマイペースでゆっくりな人だね
智くんとどことなく似てる気がします
こういうゲストの時は、特に思う。。
放送時間をたっぷりとりましょうよ~

フラワーアレンジメントも時間かけて、みんなで遣れば良かったよね
鶏飯作りとかも智くん
卵を流したところだけで観たいところが全てカットだったし、マジ?

どちらにしても、せっかく来てくれたのに勿体ない使い方をしますね。。

嵐デビューから1年(4)先輩ジャニーズの温かい激励☆

まだ読んでいない方は、良かったら読んでみてくださいね
智くんに優しいkinki兄さんです

今度は光一くんも一緒にゆっくり1時間
唄を歌ったり懐かしいお話もたくさん聞かせてくれたら嬉しいなぁ~


ではではまた~

いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきますね
感謝


スポンサーサイト
2014-12-16 12:45 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



こんにちは~

振り付けのエピを更新し終わってホッと一安心ふぅ~
ちょっくら休憩中だった私ですが
リアタイでSさんからメールが届きましたので
この内容もやっぱりエピとして残しておきたいなぁと思います
エピ続きになってしまいますが、ここに掲載させていただきますね

Sさんからは、ブログに掲載目的ではない、ちょっとしたお話
番組を観て想ったことや思い出したこと等、例えば
“あれは、こういった意味なんですよ~”的な
お喋り紛いに教えてくださったことなど
普段からちょこちょこ詳しく教えてもらっているのですが
掲載目的ではないお話がエピになることは多々あって
それは、私の都合がかなり関係していたりしますので
Sさんが知識をひけらかそうとして
教えてくださっているのではないという点と
Sさんの文章を読んで、お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが
“エピ”だからではなく、普段の私宛へのメールも長いんです
でもね、余計なことなど何一つ書かれていないんですよ
余談のような他愛のないお話でも結局は知って良かったってことが
多いです

記事タイトルは毎回、私が勝手に考えているのですが
今回も必然的に本来のエピのようなタイトルになり
当然のように冒頭に挨拶文なども載せています。
これからもこういうことは多々あると思いますが・・・・・
何か言われたわけではないんだけど、エピが続いているので念の為
どうぞ、誤解のないようにお願い致します

************

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

本文を読む前に、こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
他担、他グループファンの方にはご理解頂けない文面もあるかと思いますが
ここは“サトシック”が集う場所ですので
そのまま静かにお帰り下さいますようお願いします m(u_u)m
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



智くんが入所した翌'95年にV6がデビューすると
次のデビュー候補筆頭と言うより、決定間違いなし!と言われたのが
KinKi Kidsの、堂本光一くんと堂本剛くんでした。

'90年代、“Jr.黄金期”をけん引して行ったのが、滝沢くん達だとすれば
その“Jr.黄金期”の基礎となる土台を造り上げたのが
KinKi Kidsの2人だと思います。

1991年に入所し、デビューまでに6年程の長いJr.時代を経験しましたが
デビュー時の年齢が18歳ですから
妥当なデビュー時期だったかと思います。

そもそも、6年間のJr.時代における活躍が凄いと言いますか
人気があり実力もあるからこそ
他のJr.達とは破格の別格な扱いでした。

既に『アイドルオンステージ』(1993年10月~1997年3月放送)には
レギュラー出演し、Jr.として人気を得ていましたが
1994年、連ドラ『人間・失格』に2人が出演したことで
(主演は赤井英和さんです)、一般的に知名度も広げ
爆発的な人気を得ます。

まだJr.であり、CDデビューの発表もされないにも関わらず
コンサートやイベントを開催し、全国ツアーまで行います。
翌々'96年には、連ドラ『若葉のころ』で主演を果し
KinKi Kidsの“冠”番組(『それ行けKinKi大冒険』ほか)まで持つようになり
更に、『Toki-Kin急行 好きだよ!好きやねん』
(1996年10月16日~1997年3月放送)では
既にデビューしているTOKIOさん達と一緒に
名前を“冠”にしたバラエティー番組まで持つという
デビュー組とJr.が同じ土俵に立つという異例の番組まで作られました。
当然のごとく、デビューに当たっても破格の待遇でした。


1997年2月14日、ジャニーズ事務所は
レコード会社ジャニーズ・エンタテイメントを設立しますが
これは、KinKi Kidsが同年7月21日に
シングル『硝子の少年』、アルバム『A album』
同時CDデビューするために設立されたものでした。

嵐ちゃん達とKinKi Kidsの関係ですが
1996年夏に嵐メンの中で一番最後に相葉ちゃんが入所しているので
超短ではありますが、嵐メン全員KinKi Kidsと同時期に
Jr.時代を過ごしています。

しかし、智くんが入所した1994年には
既に人気も知名度も得ていたKinKi Kidsは
同じJr.の仲間・・・という感じではなかったと思います。
連ドラに主演し、冠番組まで持つKinKi Kidsの番組に
同じ事務所の後輩Jr.としてバーダー出演させて頂ける立場。

滝沢くんも連ドラ出演等で人気も知名度も得ますが
嵐メンにとっては同期だったり
ちょっと上の先輩の感覚だったと思います。
それに比べて、KinKi Kidsの2人は、声を掛けてもらえる大先輩であって
こちらから無暗に話しかけることは出来ない存在だったと思います。

が、智くん以外の嵐メン達は
KinKi KidsがCDデビュー後も音楽番組やコンサートにて
バックで踊るということが多かったと思います。
しかし、智くんはKinKi Kidsがデビューした1997年の夏から2年間
京都へ行ってしまったので、KinKi Kidsの曲でバックで踊る機会は
ほとんどありませんでした。

でも、デビュー前のKinKi Kidsの“冠”番組の歌のコーナー等では
数多くバックで踊ってます♪

『Toki-Kin急行 好きだよ!好きやねん』では
『ザ・ベストテン』をパロディ化したコーナーがあり
ジャニーズの先輩達の曲をKinKi KidsとTOKIOが歌い踊り
そのバックで花を添えたのがJr.達でした。

ある日の『ザ・ベストテン』では・・・司会者が


ジャニーズJr.をビシッと揃えてみました。
この中から、未来のスターがきっと生まれる事でしょう。
今週の第一位『哀愁でいと』
と曲紹介。

マイクを持って『哀愁でいと』を唄うのは、剛くんです。
そのバックで、青地に金の星がデザインされた幕を前にして
智くんを含むJr.4人が踊ります。

しばらくすると、その幕が上がり、階段で踊る十数名のJr.が現れます。
その後ろにもグリーンの幕があり、しばらくすると
そのグリーンの幕が上がり、また階段で踊る十数名のJr.が現れます。
つまり、最初からテレビカメラに映されるのは
最前列で踊っていた智くんを含むJr.4人だけと云うことです。

最後の最後に、カメラが切り替わり
階段の最上階に剛くんが登場しアップで映るのですが・・・
そのとき、チラット右側に見えたのはニノちゃんです。

最前列で踊る智くんと最後尾で踊るニノちゃん。
Jr.時代、こんなにも立ち位置といいますか
置かれる場所が違った2人が
その後、一緒のグループでデビューするなんて・・・
この時は誰しも想像しなかったですよね。

『デカメロン伝説』も踊ってますよぉ~♪
KinKi Kidsの2人とTOKIOの太一くんが少年隊に扮し
バックで踊るJr.は、町田くん、原くん、国分くん、そして智くん。
そうです。後に『Ky o to kyo』の舞台に立つ4名です。

でもこのときは、とにかく全員が踊りまくってるので
KinKi Kidsの2人と太一くんに重なってしまって
チョロッチョロッとしか智くんの踊りが観えないのが残念です。


後編に続きます


いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきますね
感謝



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。