-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-11-23 08:05 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



おはようございま~す

ではでは、(4)の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



話は逸れて過去に遡っての、私1個人の感想となりますが・・・
2004年は大野智にとって
大きな山を1つ登り終えようとした年だったように思えます。

舞台『TRUE WEST』での松兄とのW主演によるオースティン役。
それまでも毎年舞台を踏み続けましたが
今回はサム・シェパードの戯曲で
演出家もアリ・エデルソン氏による翻訳劇。

これまでのコメディー要素が多かった役柄とは全く違い
品行方正なエリートの理性的な脚本家でありながら
実は、常識とプライド、そして兄のリー(松兄)に対する劣等感に
がんじがらめになっている弟のオースティン。

出演者も少なく、ほとんどが松兄との長セリフによる掛け合いの2人芝居。
この舞台は、稽古の段階から、それまでとは全く違い
最初はかなり戸惑ったそうです。
(詳しい内容は後々、お仕事エピで書きます)

でも幕が開くと、それまでの大野智とは違った側面を魅せ
もう1つ役者としての可能性を開花させたと思います。

そして、初めて本格的に振り付けたソロ曲『TOP SECRET』
ファンはもちろん、嵐メンやJr.達からも驚嘆され、振付師からは


「全部カッコイイ!大野さんでなければできない
 独特の振り付けだと思います」


と、言われるほど。

『TOP SECRET』は、後々の振付師:大野智としての
新たな道を切り開いたと思います。
この年最後の仕事となった『ウエスト・サイドストーリー』
言わずと知れた超有名なミュージカル。

稽古に入る前から、初めてのボイストレーニングや
バレエレッスンなどを受けて、参戦した本格的な本場のミュージカル。
(こちらも詳しい内容は後々、お仕事エピで書きます)

千秋楽を終えた後に智くんが

「世界的に有名な『ウエスト・サイドストーリー』をやれたことは
自信になった!」
と話しているように
数々の初めてづくしで知り得て体感したモノの大きさを
物語っているように思えます。

2004年の大きな山を1つ登り終えた智くん。
大きな荒波をヒョイとかわす身軽さと
世間の雑音に惑わされず動じない、強く深い信念と意志を持ち続ける。
一見相反する関係ですが
“若竹”のように、どんなに強い風に吹かれても
その身を流れにまかせ・・・ているように見えて
その根っこは、地中深くに広く張り続け、決して倒れることがない。

“嵐”の大野智として、“嵐”のリーダーとして
大野智個人としての姿が形となって来た
二十代前半だったと思います。

そして、智くんが1つの山を登り終えた同時期
“嵐”も暗中模索のトンネルをようやく抜け出し
光に向かって駆け出して行くのですが
まさか今度は、自分が長く暗いトンネルに入りこんでしまうとは・・・
誰もが想像しなかったと思います。

しかし、誰に話す事もなく
例えどんなに時間が掛かろうとも自身の中で消化させる。
優しく穏やかでありながら
鋼の心を持つ大野智に成長させた二十代だったのだと思います。


【おまけ】

Sさんが書かれた2004年の大きな山を登りきるニュアンスとは
少々違うかもしれないけれど、私も2004年が智くんにとって
ダンスに対しての踏ん切りがついた年なのかなぁと想像していました
ほんの少しですが、触れていますので良かったらどうぞ

再び落ちたいならHow'sがお勧め☆後編☆

(6)に続きます


いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきますね
感謝


スポンサーサイト

2014-11-23 07:59 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



おはようございま~す

ではでは、(3)の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、CD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



話は前後するのですが
ツアー前に“大野智ダンス完全燃焼論”と題して$誌で話しています。

これまで紹介した内容と重複するものもありますが
当時の智くんの想いが垣間見えるのでご紹介します。写真も良いので❤



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆『 Myojo』2004年8月号 “大野智ダンス完全燃焼論”◆



智3☆


俺ね、音楽の授業って嫌いだったんだよね。
人前で歌うのも恥かしくて嫌いだった。


嵐のメインボーカル・大野から、いきなり意外な発言。

授業中、口パクで歌ってて、先生が近くを通ったときに怒られたの。
毎回のように立たされてたよ。


変わったのは、Jr.になってから。
仕事の帰りに仲間とカラオケで歌うようになり
自然に人前で歌うことに抵抗がなくなった。
そして15才で、初のレコーディング体験。


3人ぐらいで歌ったのね。
ヘッドホンで、自分の声が聞こえないから、大声で歌っても
恥かしくなかったんだ。
で、あとで聴いたら、ものすごーく下手だった(笑)。
初めて自分の声を聴いて、なんだか嫌だったね・・・


初レコーディングは衝撃だったのだ。
実は、洋楽好きの大野一家。
普段聴いてる音楽も、家族からの影響が大きい。
最近は、ブリトニー・スピアーズ聴いてる。


姉ちゃんが大好きで、よく部屋から聴こえてくるから
MDに入れてもらったの。
うちの家族、洋楽が大好きで、僕わり全然早いんだよね。
イン・シンクとか、ジャスティンのソロアルバムとか
ビヨンセとか、全部母ちゃんに勧められた。
流行りの音楽が好きみたいで、演歌とか一切聴かないの!


お母さん、カッコイイね。最近、カラオケは行ったの?

舞台の打ち上げで行った。
松岡くんに
“大野の歌、聴きたいなぁ”って言われて、『雪国』歌ったよ。


智4☆


ダンスを始めたのもJr.に入ってから。

Jr.のオーディションが、もう最初のレッスンだったの。
一番後ろで見えなかったから揺れてるだけで
母ちゃんに手振ったりしてたら
“何やってるんだ!一番前で踊れ”って
怒られて踊ったんだ。
そしたら、なぜか
“リズム感がいいね”ってほめられて
それから好きになったの。
町田と俺が“リズム感がいいね”って言われてたのを覚えてる。
その時は “リズム感って何だ?”って感じだったけどね。


それが、親友・町田との初めての出会いでもある。
ダンスを続けるうえで、ぶち当たった壁はあった?


最初のころは、しょっちゅうだったよ。
リハーサルで“もう、完璧だよ!”って思ってても、あとでテレビで見たら
“何コレ!?”って
自分のクセが嫌いでさ、見ててすごい疲れた。


そんな大野に大きな影響を与えたのが、少年隊の錦織さん。

最初はヒップホップが好きだったんだけど
『Oh!』って曲で少年隊が踊ってるのを初めて見て
“なんて綺麗に踊るんだろう。俺もああいうふうに踊りたい!回りたい!”
って思って、それからジャズダンスが好きになった。


ジャズダンスを踊るうえで気をつけていることは?

指先、つま先、そして姿勢!!

普段は猫背気味の大野が、背筋をシャンと伸ばして話す。

ジャズダンス踊ってるときだけは、姿勢いいんだよ(笑)。
動きを大きく見せたいから、意識的に姿勢をよくするんだよね。



智2☆


しかし、嵐結成後は、時間に追われる毎日が続き
大好きだったダンスへの熱も、やや冷めつつあった。
だが去年、再び熱い思いが復活。きっかけは『センゴクプー』。


機敏に動けてるってこと自分でも意外だつたの。
で、コンサートのソロでも踊りたくなったたんだよなぁ。
あれ、1年前かぁ。早いね。


としみじみ。
確かに、ステージに立つ大野は、まるで別人。
普段のほわんとした空気は一切なく、そのギャップに圧倒される。


そう?自分じゃ全然わかんない。
でも、何万人もお客さんが見てる中で踊るって、すごい気持ちいいよ。
ステージでは緊張しないもん。


コンサートで一番嬉しい瞬間は?

やっぱ、アンコールかな。
完全燃焼した後、お客さんへのサービスじゃん。あのとき一番幸せ。
僕ね、夏のコンサートって本当に楽しみなんだ。
『なまあらし』が終わって、ファンの人と会う機会も少なくなっちゃたし
舞台は一方的に見てもらうだけだから
コミニュケーションが取れないでしょう。
冬のコンサートはすぐ終わっちゃうけど、夏のツアーは長いから
楽しみなんだ。


ファンのみんなも、心待ちにしてるはず。
今年もキレのあるダンス披露してね。期待してるよ!



“なんて綺麗に踊るんだろう。
俺もああいうふうに踊りたい!回りたい!”


智くんのダンスの原点は、この言葉にありますね。

カッコイイ振り付けでダッナミックに踊っても
ポップな振り付けでヤンチャに可愛く踊っても
繊細な振り付けを流れるように踊っても
大野智のダンスは、その動きの1つ1つが綺麗で美しい。。。



(5)に続きます。


VS嵐:もこもこレタス智☆の記事に
コメントを下さった皆さま、ありがとうございます
お返事が書けましたのでお時間がある時にでもお読みになって下さいね

いつもたくさんの拍手をありがとうございます
更新の励みにさせていただきますね
感謝



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。