-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-08-11 19:39 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



こんばんは~

智くんや嵐さん表紙の雑誌(TVガイドPERSON・オリスタ・Hanako)やら
『しやがれ』等の感想も書きたいところですが
今日は、以前からSさんがまとめて下さっています
【智くん素敵エピソード】について
非公開のエピソード(ブロマガ)や
これから書いていく事になるであろうエピソード等
公開するにあたってのSさんと私の想いを書かせて頂きたいと思います

先ずは、先にUPしてあります、Sさんからの
エピソードを読む前に☆をお読みになってください

また、戻ってきてネ


嵐★


この時期になると去年・・・・・いろんなことがあったなぁと・・・
ファンになってから初めて意識して観ることになった
嵐さんの3回めの24時間テレビに向けてワクワクしていた想いと
それと同時にいろんな問題が次から次へと降りかかってきて
逃げるような形でブロマガになったんだよなぁと
一人、感慨に耽っていますが

先日、ブログで公開した3件の中傷コメントの内容は
智くんを侮辱するものの、今まで貰った中傷コメントの中では
比較的、そんなに酷いものではないと判断したので公開に踏み切りました。

以前から、何かあるたびにブログにもその都度書いていますが
5人の事が同じレベルで大好きだって言う方ももちろんいらっしゃると
思うんですが、その中でも贔屓にしているメンバーがいてっていう
私もその部類なんですが、そういう方々のほうが多いと思うんです。

当初、ファンではなかった私が
知ったかぶっていろいろ書くのは違うと思うので
以前、Sさんとメールでやり取りしていた時の言葉を
Sさんの想いも伝えられると思うので
その言葉を借りながら、書いていきたいと思います。


“嵐”というグループが大好きなファンもいると思いますが
嵐は他のグループと違いJr.時代に結成されたグループではないので
キスマイやKAT-TUNのように
グループデビューを願ったファンはいないわけで
結果、デビュー時からグループのファンというより
個々のメンバーのファンの方が圧倒的に数は多いと思います。

他のグループだって
「○○くんが好きというファンは多いと思いますし
嵐のいわゆる
“仲が良くて、癒される穏やかな” グループ色が色濃く出て来たのも
2006年頃からのように思えますが
まだその頃は“低迷期”を抜け切れていないので
“嵐”というグループのファンになった方はどれくらいいるのか?


それよりも『志村どうぶつ園』を観て
お馬鹿な事も頑張る相葉ちゃんが好きになった!
『ZERO』を観て、アイドルなのにキャスターをしてる翔くんが
カッコイイと思った!
『花男』を観て俺様なカッコイイ潤くんのファンになった!
『硫黄島』を観て、ハリウッド映画に出演するニノちゃんの芝居が
上手いと思った!
そして『魔王』を観て、智くんに落ちました


という方が多かったのではないかなぁと思うんです。
っていうのは、私自身がそういう感じだったので
私が智くんの存在を知って可愛い~と、一目惚れに近い気持ちを抱いたのは
2002年前後のバラエティですが
その後、日々の忙しさに感けて忘れてしまうも、年月を経て
2009年『Mステスーパーライブ』にて再び可愛いと想う気持ちを抱き始めて
2010年4月から始まった『しやがれ』&ドラマ『怪物くん』でファンになり
ライブDVDを観て完璧に落ちました

その後、レギュラーや某所で過去映像などを観たり
サトシックブロガー様のところで癒されるようになり
智くんへの想いが募り、嵐内コンビ愛にも目が行くようになり
5人のワチャワチャしている温かい雰囲気が大好きになって!という具合に
私も智くんを好きになって、それから
他メン4人の事も観るようになり、嵐さんが大好きになりました

そこに智くんがいるから嵐さんが好き☆

自分でブログを開設してからは、リアルな智くんばかりを追いかけて
画面が小さい事もあって観辛い、すぐに削除されることで
あまり某所にも行かなくなり
自分のブログの事で精一杯っていうこともあって
お気に入りブロガー様のところにもあまり行かなくなって
開設して間もない頃に書いたエントリーに、だいぶ経ってから
智くんを侮辱するコメントを頂いたんです。
もちろんこれは公開していませんし、出来ませんが
まだ開設して間もない頃だったので
中傷コメントが寄せられるなんてことも頭になく
なので中傷にはスルーで!なんてことも知らなくて(苦笑
当時は丁寧に返事を書いてた、初心だった私(激汗

でも

なんでよ!なんで、こんなこと書かれなきゃいけないのよ!
と思いながらもやっぱり私の頭の中は、リアル智くんの事でいっぱい
そういうこと書かれると逆に
落ち込むよりもどんどん智愛がパワーアップしちゃうってもんでない?
なにくそ!って思っちゃうもんネ

モヤモヤしながらも、私は私に出来る事
智くんはこんなに素敵な人なんだよ~
智くんの事が大好きだ~って想いを綴っていこうって
そんな想いを毎日ブログに綴っていた時に、Sさんと出逢いました
そして、いろんな事を語り合うようになって
Sさんが知っている智くんの事をいろいろと教えてもらえるようになり
それらを私の文章でエントリーすることは可能だったかもしれないけれど
当時を知らない私が伝えるにはどうしても限界があるだろうし
表面上はまとめられても、何か聞かれたときに何も答えられないと思うし
それで“教えてもらったことをブログにUPしてもいいですか?”
お願いしたところ、快く承諾してくださって・・・
ただその文章は、私あてに書いていたものをそのままUPしたもんだから
文章的にちょっと~っていうときもあったと思うのね

智くんの素晴らしさを大勢の方に知ってもらいたいと言う想いは
一緒だったので、改めて
【智くんの素敵エピソード】として
1つ1つ時系列でまとめてくださるようになって今現在に至るのですが

去年、問題になった時は、今がチャンスとばかりに
いろんな方にいろんな事を言われました。
当時のブログにも書いてありますが

エピソードについて&お願いです☆
いろいろと考えています☆
今後のエピソードについて☆

自分なりに考えて、少しずつ復活してきた矢先の今度は無断転載の問題
エピをまるまるコピーされていたので
私のブログの読者様がそれに気付いてくれて教えてくださったんですけど
これはいろいろアドバイスを頂いてすぐに解決できましたが
厄介なのは、部分的にちょこちょこと文章を持っていかれて
自分の言葉でブログにUPされている方がいるということです。

これだと、まるまるコピーではないので断定する事も強く言う事も出来ず
指摘しても認めようとしないので、こちら側としては
ブログ名を公表することも出来ずに泣き寝入りに終わることが多い
良心に任せるしかない問題でもあると思いますが

Sさんのエピは、雑誌や番組等では語られていないレアなものも多く
今では当時を知るサトシックブロガー様は閉鎖されている事も多い等
こちらのエピを参考にしているなって言うのはすぐに分かるんですけど
こういう理由で、強くは言えませんので
あとは読者様が、それらのブログを読んだ時に
“HAPPYDAYS☆智☆に書いてある内容と似てるよね!”
それなりに気付いてくれれば、無断転載は別として報告も要らないですし
それでいいかなと思っています
それくらい、Sさんのエピは大勢の方に読まれているので
大勢の目があるって言うのは心強い限りです

これから、未公開となっているエピや
低迷期と呼ばれているエピを公開するにあたって
再度、いろいろと考えました。
もう、ブロマガには戻る気はないので、鍵つきにしようか?とか
でも、それだとブログの管理人である私にパスワードを教えてもらう為に
いちいちコンタクトをとらなきゃいけなくなるじゃないですか!
ちょっとそれは、イヤだよね?
と言うか、私は嫌なんですよ(苦笑
私はそういうの苦手で
それだったらブロマガの方が自分で登録するだけだから楽チン
とか、思ってしまう
それが出来ないなら、読むのやめちゃおうかな?なんて思うくらい
どんな理由があっても、出来ればこれからも読み逃げ専門で
密かに読んでいきたい。。
と、私は思っちゃうほうなので鍵付きにはしません

なので、Sさんが書いてくださった
エピソードを読む前に☆の文章を毎回貼りつけることで
自分の意思で、自己責任と言う形にさせて頂こうと思います。
読みたくなければ読まなければいいし
読みたい方だけに読んでもらいたい。。
Sさんの文章にも書かれてありますが、これが全てではありません。
ほんの極々一部のエピソードなので
こういう事もあったんだね!くらいの気持ちで
読んで頂ければと思っています

SさんはSさんなりの想い
私は、このような想いでこの先も
Sさんから頂いたエピを公開していこうと思いますので
これからもどうぞ、よろしくお願いします

ではではまた~

ランキングに参加しています
良かったらポチッと応援よろしくお願いします


人気ブログランキングへ

VS嵐;目尻が垂れた可愛い智☆週刊朝日:翔ちゃんの言葉☆
エントリーにコメントを下さった皆さま、ありがとうございます
お返事が書けましたのでお時間がある時にでもお読みになって下さいネ

いつも励みになるたくさんの応援ポチ&拍手を
ありがとうございます
感謝




スポンサーサイト
2013-08-11 19:31 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



【HAPPYDAYS☆智☆】を愛する皆様、こんばんは。
sachiさんのブログに智くんのエピを掲載させて頂いてます
私こと“S”です。
これから先も読んでいただくにあたりまして
再びsachiさんの心が傷つき、悲しく辛い思いをしないように
私こと“S”が、エピソードを書くうえでの想いを
ここに載せさせていただきます。

【HAPPYDAYS☆智☆】を愛読して下さる皆様
sachiさんに負けず劣らず、智くんを溺愛する方達とお見受けします。
唯、智くんを想う気持ちは同じでも
考え方は皆さんそれぞれに違いがあると思います。
“十人十色”と言いますように、多少なりとも考え方とは違うものです。
それでも、智くんを想う気持ちは宇宙より大きい!!との想いは
一緒と思っております。
想いをご一緒する方達と、これからも【HAPPYDAYS☆智☆】
笑顔の絶えない場所にsachiさんと
そして皆様と一緒に作っていければと願っております。
至らぬところも多々ありますが、宜しくお願いします。


去年、いろいろな問題が起きる以前に何件かのコメントで
「“S”さんは、ブログをお持ちではないのですか?」
という内容をたまに見かけました。

私は今現在、自分のブログを持っていませんし
これからも家庭の事情等により
日々継続して書くブログを持つのは無理かと思います。
そもそもの始まりは、sachiさんとのメールでのやり取りでした。
いつもの長文メールの一部を

「ブログに載せて、皆さんに教えたいのですが?」
sachiさんから申し出があり
「そんな内容のものでよければ・・・」
ブログに載せることとなりました。

【HAPPYDAYS☆智☆】に載った自分の書いた文面を読むと
メールの一部分を載せたこともあり
sachiさんのブログなのに、中途半端な文章を載せてしまい
申し訳ない思いになりました。
その後も掲載の申し出があったことから、メールの一部ではなく
エピとして纏めたものを掲載させて頂くこととなった次第です。


そして今後、いつかは書くことになるであろう
いわゆる“嵐の低迷期”
こちらの内容に関しては
かなりナーバスなものになることは間違いないわけで
sachiさんも凄く心配しております。
唯、ご理解頂きたいのは“嵐の低迷期”とは、メディアが付けた言葉です。

デビュー10周年を迎えた2009年は、数多くの雑誌が嵐を取り上げましたが
必ずと言って良いほど“嵐の低迷期”という活字が載りました。
その事に対して、嵐ちゃん達は

「・・・そうだったんだぁ~」と人事のような発言をしてます。
突如召集された5人。
その中には新たな将来の道を考えていた数人もいてのデビュー!!
デビュー後の1・2年は個々が無我夢中だったと思います。

周りを見れる状況と個々の進学問題も落ちつき
改めてアイドルグループ“嵐”を考えることになったのは数年後のこと。
(2002年“HERE WE GO!”ツアー後のホテルでの毎晩の話しあい)
Jr.時代にグループ等として活動をしていた他のグループに比べると
デビュー時点が、マイナスからのスタートだったのでは!?と思うわけで
時間も労力も他よりも数倍かかったと思います。
その長くかかった時間の中で
「悔しい!」思いは沢山してきたと思いますが
悲観的になることなく、1つ1つの仕事を

「お馬鹿なことしてるぅ~」と笑いながら楽しく
次に繋げる一歩として歩んできたと思います。

そして、そんな時期を乗り越えられたのは

「リーダーのおかげ!」と他メン達が口を揃えて言いますが
それは、十代にして親元を離れ原くんと共に飛び込んだ京都の舞台
『Kyo to kyo』での心身共に過酷でハードな経験があったからだと
思います。
何千人収容の観客席に、わずか一桁の客。
そんな時代を経験し、事務所を去ろうとして引き戻されてのデビュー。
自分の意志とは全く関係のない事が勝手に動き出し
止めることも後戻りもできない状況。

年齢と経験値と巧さからリーダーを任され頼りにされ
Jr.時代とは違う大人の世界へ入ったことで生まれる責任感。
翔くんと智くんは、他3人がまだ高校生だったこともあり
ちょっぴり大人だったと思います。
翔くんが前に出てまとめる担当なら
智くんは後ろからシッカリと支え、押し上げる担当。


リードボーカルで、ダンスの巧さで一目置かれる存在であり
経験値も他メンよりありながら、いつも後ろで隅っこにいる智くん。
どうしても、オトボケで面白いイメージになりがちな智くんの唄やダンス
お芝居を過去に遡って知ってもらいたい!!との想いで書いてます。

その中には、色々と訳ありな過酷な状況もあるわけで・・・
その辺をカットすることも、もちろん可能なわけですが
それでは智くんの今日に至る姿が“真の姿”ではなくなります。
「あんな事があり、こんな事が起こり、結果それが今に結びついて・・」
という、智くんが歩んできた道は回り道であったかもしれませんが
着実に、確実に、誠実な一歩だったと私は想います。


だから、智くんの事に限らず、あんな事やそんな事も書いてるわけですが
“嵐の低迷期”と言われた時期の嵐ちゃん達は
五里霧中のなかで“暗中模索”し続けた時期だと思います。
辛い事も悔しい思いも沢山したと思いますが
それら全ては糧となり花開くことを信じ続けた。。。
そんな時期を経験し乗り越えたからこそ、今の嵐ちゃんが在る!!

残念ながら

「私には辛くて読めません!」と言う方もいらっしゃると思いますし
贔屓メンバーが他にいる方には
受け入れられない内容だったりするかもしれません。
私が書いてるエピは、もちろん如何しても“私心”が入りがちです。
1人の人間が、まして
“超・超・ド級の溺愛サトシック”が書いてるわけですから
偏らないわけがないと思います。
でも、書きあげる際に注意していることは
なるべく多くの情報元
(TVや雑誌、ラジオ、DVD、CD、当時を知る人たちの声等々) を参考に
書くということです。
昔のことに関しては、雑誌もなかったり
掲載されてもページが少なかったりしますが
幅広く集めることで新たな発見があったりします。


そういう想いで書いておりますが
ここに書いてあることが全てではなく、ごく一部だという事を
念頭に入れながら読んでもらえたらと思います。
それでも無理だという方は
その時は、スルーして頂きたくお願いします m(u_u)m
ここは【HAPPYDAYS☆智☆】を愛するサトシックさんが集う場所です。
そのサトシックさんの中にもこういうネガティブな部分を
受け入れられない方もいらっしゃるかと思いますが
その時にはどうぞ静かに通り過ぎていってください
よろしくお願いします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。