-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-04-29 20:03 | カテゴリ:智くん素敵エピソード


こんばんは~

土曜日の『しやがれ』は、久々ちょっと嫌な気持ちになってしまったので
こんな時は

さとしぃ~~~大好きだよ~~~

って、思いっきり叫びたくなっちゃうネ
本当はこんな時こそ、ポプコンさとしの感想で、元気に
盛り上がりたいところなんだけど、あれから全然リピが出来てなくて
夜中も何だかんだと時間を取られてて観ようと思う前に眠くなっちゃう
それでも皆さんと一緒に元気に気持ちを復活させたいので
今日は、Sさんから
岡田くんがアニキゲストだった回の放送を観ての感想メールを頂いたので
その辺のお話を少々UPしようと思います

その前に、エピソード公開しました~

↓最初の2件は、エピを頂くようになってまだ、間もない頃なので
まさかこれから先、リストになるほどの沢山のエピをいただけるとは
思っていなくて、私事などと一緒にUPしていたようで
読みづらい部分もありますが、そこら辺はご自由にスルーするなりして
読んでいっていただければと思います
3件目の『しやがれ』の感想は、エピではありませんが
関連ものとしてリンクしてあったので、取り敢えずの公開です

↓順番に読んで頂けると、いろんな部分の話が・・・
最初はね、何か関係あるの?って思うんだけどね(笑
まぁ~順番に読んでいくうちに
あ~、あれがこうなって、これがああなって!って
なんとな~く繋がってくるかなと思いますので
本日のエントリーを読む前に、ぜひぜひお読みになって下さ~い

リフ・振付師にダメだしされたドSなまでの努力家☆
天国と少々地獄(苦笑)&おまけ~☆
しやがれ:さとしの全てが詰まった1時間~☆
東京宝塚劇場:前編・智くんのお仕事への想いや取り組み方☆
東京宝塚劇場:後編・募る想い☆おまけ☆


↓こちらは、Sさんからのメールの文章を抜き取ったものなので
普段のエピを読むような感じとは少々違いますが
その辺りはどうぞ、ご了承ください

※メールを読んで、私が皆さんにも伝えたいと思った文章は
 エピとしてまとめて下さったものでなくても
 ブログにUPしてもいいと、以前から了承済みです


Sさん、詳しく説明してくださってありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

まず最初に、こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
他担、他グループファンの方にはご理解頂けない文面もあるかと思いますが
ここは“サトシック”が集う場所ですので
そのまま静かにお帰り下さいますようお願いします m(u_u)m
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



「大野ことを呼びづらくなった」と話す岡田くん。
確かに、嵐がデビューした1999年10月10日
“ジャニーズ&オールスタードリームマッチ1999 in 東京ドーム”での
“先輩の控室へご挨拶”のコーナーでは
V6の控室にも行き、嵐ちゃんがご挨拶してるのですが
トニセンの3人とカミセンの森田くんと三宅くんは

「大野!大野!」とちょっかいを出すものの、岡田くんは
「大野」とは一言も言わず喋らずでした。

岡田くんが

「あんま、話かけてこなくなって・・・不思議な関係に」
ずっーと戸惑っていたように智くんもずっーと戸惑っていたんですね。
それに智くんは、岡田くんがデビューした1年半後には
京都へ行ってしまったから、会う機会も少なくなってしまって
糸が絡んだまま、今に至ってしまった!?
でも、智くんとV6の関わりは深く
'97年『Kyo to kyo』終了後には、大坂松竹座で12月から
『SHOW劇'97 MASK』で坂本くん、井ノ原くん、岡田くんの
3人と共演してますし、年明けの'98年1月には
『V6 GENERATION GAP 宝塚劇場公演』にも出演。
そして、M.A.のメンバーとなり
M.A.としてもJr.としても、最後に出演したのは
『V6 Summer Concert '99』でした。


ちなみに、『SHOW劇'97 MASK』は岡田くんにとっては初舞台でしたので
こんなところでも智くんは経験値からも先輩なんですね。
『SHOW劇'97 MASK』のパンフレットには
坂本くん、井ノ原くん、岡田くん、特別出演1名、原くん
そして6番目に智くんの名前があります。

岡田くんが嬉しそうに懐かしく、お別れ会の話も話してくれたのに

「あんま覚えてねぇんだ」と苦笑いする智くん。
岡田くんも入所して直ぐにデビューが決まり慌ただしかったと思いますが
智くんも'95夏は、SMAPさんの
“Summer Minna Atsumare Party '95”ツアーに同行してるので
超~忙しかったと思います。
智くんって、寝ながら何かやってる事があるらしいので
記憶がぶっ飛んでるのかもしれませんね ^^;
でも、岡田くんは短いJr.時代の忘れられない思い出だったんですね。
V6のコンのMCでは、Jr.時代の話になると幾度となく

「タッキーや大野くんたちがお別れ会を開いてくれて
ベッドの上で$10を踊った覚えがある」
と話してくれてるんですよ!!

4/20付けのコメント欄を読んでくださり、教えて下さいました

>岡田君の合宿所お別れ会を主催したのって智君?
 岡田君がひみあら(マネキン)に出た後、何かの番組で
‘滝沢と今井って言ってたんだよ!


コレは、『しゃべくり007』でのことかな?と思うのですが
「滝沢、翼」と言ったあとに
「大野」と名前をあげて、お別れ会をしてくれた話をしてますよ。
「大野」と言ったとき、客席やレギュラー陣の歓声やヤジが大きくて
聞えずらかったのと、岡田くんが

「大野」と言うときに少し躊躇したように思えました。
呼び捨てで良いのか?くん付けが良いのか?悩んだような間が・・・
タキツバの2人は、年齢・入所日・デビューの全てが岡田くんは先輩ですし
Jr.時代の仲もあり

「滝沢、翼」と呼び捨てできても
「大野くん」と呼んでた友達を、手のひらを返したように
「大野」と呼び捨てにすることに対して
心の隅にずっーと引っ掛かっていたのではないかと思います。
この時

「同期は?」と聞かれて、いの一番に
「嵐の大野」と話してます。

「ゴメン!相葉の記憶がない」と忘れられてた相葉ちゃん。
でもね、コレって意外なことではないみたいです。
V6の坂本くんは、嵐ちゃんがイメージキャラクターとなった
“'99年W杯バレーボール”でDJを務めましたが、後日

「嵐のメンバーの名前と顔が一致しなくて、なかなか覚えられなかった」
と、コンのMCで話してます。
智くんは多少なりとも約1年間はJr.として一緒に過ごした時間がありますし
V6のバックで踊るだけでなく
数多くの舞台で一緒に仕事をしてるので、いつも

「大野!大野!」と呼ばれて
ムチャ振りされて可愛がられてましたけどね^^;



映画の番宣目的であったとしても
智くんと岡田くんが面と向かって1995年、Jr.時代の頃の気持ちに戻って
絡んでしまっただろう糸を
真っ直ぐな状態に戻す事が出来て本当に良かったです

相葉ちゃんの事も、もしかしたら翔ちゃんたちのように
ドラマや映画等で共演していたら
僕、V6のバックで踊ってたんすよ~なんて話も
出来ていたかも知れなかったですよね
その後、放送された『VS嵐』では
先輩相手に、すぐにバレる嘘をついたりして(笑
『しやがれ』の時よりは、距離が近づいたかなぁと
ちょっとホッとした瞬間でもありました
どちらが先の収録だったかは分からないけどネ(笑

公開した一部の過去エピに、ちょこっと通じるお話でした

ではではまた~

ランキングに参加しています
良かったらポチッと応援、よろしくお願いしま~す


FC2 Blog Ranking

いつも励みになる応援ポチ&拍手
過去エントリーにも毎日たくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝

しやがれ:“岡田っち”と、感動のほぼほぼ同期会☆
ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY(終)自身との戦い☆
しやがれ:智くんの命名に想うこと☆のエントリーに
拍手コメントを下さったtaeさん、ききさん
コメントを下さった皆さま、ありがとうございます
お返事を書きましたのでお時間がある時にでもお読みになって下さいネ

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。