-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-04-02 12:55 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



こんにちは~

ではでは早速、中編の続きです

Sさん、素敵なお話を教えて下さってありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

本文を読む前に、こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章はニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



唖然ボーゼンとして観た、智くんの素晴らしい身体能力です。

◆2007史上最大スポーツ大感謝フェスティバル
 超一流アスリート一挙大集合SP!

先日の『ひみあら-ラストミッション-』での“ぶらさがりサバイバル”では
他の皆が“順手”(鉄棒をやるときの基本の持ち方)で持つなか
智くん1人だけ“サル手”、さすが申年生まれです。
しかし、この持ち方は鉄棒が手から抜けやすいので普通はやりません。
なのに、抜けやすい持ち手で、あれだけ長時間ぶら下がっていられるって
どんだけ上腕2頭筋が強いんだぁ!!
そんな強靭な上腕2頭筋を見せてくれたのが、この番組でした。


MCは国分太一くん内村光良(ウッチャン)さん

嵐ちゃんはアスリートチームのサポーター役です。
ゴルフチームを潤くん、MLB&サッカーチームはニノちゃん
プロ野球チームは相葉ちゃん、女性アスリートチーム翔くん、
そして格闘技チームを智くんがサポート。
アスリートさん達がひな壇に座り
サポーター役の嵐ちゃんは、ぞれぞれのチームの前に控えているのですが
それを見て

太一)大野くんのとこ、凄いねぇ~!に言われて
智)はい、正直うしろ向けねぇ~すっ・・・(_ _|||) と俯く智くん。
智くんの真後ろには、チェ・ホンマンさんの姿が・・・

智)チェ・ホンマンさんと僕は同い年ですと言うと
会場からどよめきの声 (」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

この時、嵐ちゃんはロケにも行ってます。
智くんが行ったのはバドミントンの“オグ×シオ世紀の直接対決”
そうなんです。
『VS嵐』に女性アスリートチームで潮田玲子さんが出演
(2010年12月16日放送)したときのオープニングで

「“この人なら勝てそうだな”って人います?」と翔くんが訊ねると
「リーダー・・・って声が」と代表して潮田さんが答えられると
お口を尖らせ

「別にいいよ、意外とできますよ」と拗ねる智くん。
それを見た翔くんに

翔)まさに、中学の時の部活が・・・と振られて智くんが
智)バドミントン部ですと答えると「エッ~!!」と驚いた潮田さん。
潮田さんの驚きに逆に驚き

智)え~って、前に仕事したし!・・・一緒にロケしたし!
苦笑いしながら突っ込む智くんに、申し訳なさそうな潮田さんでした。

そのロケが、この“オグ×シオ世紀の直接対決”です。
智くん、すっかり忘れられちゃってて、チョット寂しかったのね。
“オグ×シオ直接対決”の前に
智くんがオグシオさんのスマッシュを体験します。


バドミントン★

「来い!!」とやる気マンマンの智くんなのですが
流石に時速300キロのスマッシュには反応できなくて
手も足も出ない状態で悔しそうな智くん。
でも、やっちゃうんですよねぇ~この人は・・・
見事な1本スマッシュを、見事にそれもバックハンドで
打ち返しました O(≧∇≦)O イエイ!!

バドミントン2★

このときの智くんは、頭にカメラ付きヘルメットを被り
腰にはカメラのバッテリーが入ったバックを付けているので
身体は重くなってるのにね。
ニノちゃんがよく言う

「ハンパない“動体視力”の良さ!」
そして“瞬発力”の速さを見ました
でね、“オグ×シオ世紀の直接対決”はクイズになってるんですよ。
VTRを見る前に
各アスリートチームがどちらが勝利したか答えを出すのですが
智くんが一所懸命説明してるのに
アスリートさんと他メンは答えを考えるのに夢中で全然話を聞いてなくて

太一)あのぉ~、大野くん喋ってますよぉ~、皆さん・・・
まぁ、大したこと言ってないんで大丈夫です!

なんて太一くんが言っちゃって
「良いこと言ってましたよ f(´-`;)ポリポリ」
ボソボソと反論する智くんです。

話を戻しますが、強靭な上腕2頭筋を見せてくれたのは、このロケではなく
突然振られてご指名を受けてのことです。
女性アスリートチームには吉田沙保里さんがいらっしゃいました。
吉田さんはトレーニングの1つに“綱登り”を取り入れてますが
コレが通常の“綱登り”ではなく(普通は手と足で“綱登り”します)、
スタート時の態勢は足を伸ばして座った状態です。
そこから手だけで綱を登って行くというもの。
そこで“スタジオに設置した5mの綱を10秒以内で登れるか?”
クイズとなりました。

「分かんないよねぇ~」とのアスリートさん達の声を受けて
太一)ヒント出しましょうか?どうでしょうか~、嵐やります?の無茶振り
その声に即反応し

「うちのリーダーが見せます!」と言ったのはやはりこの人、ニノちゃん。
「じゃぁ~、リーダー行こう!」太一くんに言われて
めっちゃ困り顔の智くんです。
そしてアスリートさん達は

「えっ、大丈夫?他のメンバーじゃないの?」って顔してます。
※↑失礼な!とは思うけど
金髪ツンツンにして可愛い顔して笑ってるのを見ると・・・
確かに知らない人は不安かもしれない^^;

でも、振られたら決して

「いや、出来ない!」とは言わない智くん
いつの間にか、お口をぽっかーんと開けて
スタンバってます Oo。。( ̄。 ̄)ポカーン

綱のぼり★

どこでも、どこまでも大野智スタイルです。
そして細身のスーツに革靴のスタイルのまま
ヒョイヒョイと登って行く姿に


オッオオオ━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━オッオオオ 

アスリートさん達もスタッフもビックリ!!
「おっ、おぉぉぉ~、さすが嵐!!」太一くん。
「行け!行け!・・・行け!行け!o(≧∇≦*)o」
しか言わない相葉ちやん。
「5m行っちゃえ~ ヽ(ヽ>ω<)イケー!!」
相変わらずムチャ振りなニノちゃん

「行けぇ~、頑張れ~、そっから、そっから ━━(`・д・´)ノ━━!!
とこらちもムチャ振りな潤くん。

綱のぼり2★

声援を受け登って行く智くん。
でも、4mほど登るとさすがにバテて

「もう、いいっすかぁ~ (*´Д`*)」と降りる許可を貰う智くん。

綱のぼり3★

この人
「もうチョイ」と言われたら登っちゃったと思います。
「降りるときに、タマに気をつけて」ウッチャンが話かけますが、
その傍では吉田さんとスタッフさんが

「摩擦で手を火傷するから気をつけて!」とあたふた (゚Д゚υ≡υ゚Д゚)
マットに降りると

「さすがリーダー、男前でしたよ!」ウッチャンに声をかけられるも
得意げな顔もせずに無言で頷きながら手を振る姿は
酔っぱらいのオヤジです ^_^;
でも、なぜか可愛いよ


綱のぼり4★

潤)下のスタッフ大慌てでしたよ!
太一)吉田選手、こんなにハーネス付けてるのに
大野くん何も付けないで登ったからね、コレはスタッフも慌てますよぉ~

と、潤くんと太一くんの話しからも
本当に突然のことだったのが分かります。
それにしても、いつでもどこでも何事も
ひょーひょーと遣ってのける智くん。
でも、ソレは普段の地道な努力の積み重ねがあって出来ること。
しかし、決してソノ姿を見せることはしない智くん。
それは孤高の王子大野智の“矜持”であり
おバカなことをしてヘタレな処を見せても
絶対に自分の手の内を見せないこの人は・・・
実は“最強のアイドル”なのかもしれません。


えらく長くなったので感想は簡単に

『VS嵐』でのひとコマ
オグシオさんと一緒にロケをやったことを忘れられていた話
覚えてますよ~
かなり、拗ねてましたね(笑
でね、中編の“うんてい”のお話もそうだけど
やっぱり智くんっていろんな事、ちゃんと覚えてるんだなって
改めて思いました
こういう内容ではないんだけど、普段から智くんは
自分がやってきた事への振り返り(想い)などを数年経ってから
“あの時は、ああだった!こうだった”と、雑誌のインタビューとか
智くんラジオで伝えてくれることが多いけど、それだけいつも
一つのお仕事に対して、それがバラエティであったとしても
真面目に向き合っているんだなって思いました

それにしても中編の小川直也さんとの逆回転も然り
ウルトラストロングゲームも然り、今回の綱登りも
随分前にDVDを見せてもらったんだけど、凄かったですよ
画像でも分かるかと思うけど、運動がしやすい運動着ではないのよ(笑
スーツですからね、そして革靴(苦笑
それも、手袋も命綱も何も着けていない
“何かあったらどうすんの!?”状態で登っていくという・・・・・

スタジオのスタッフさんたちも冷や冷やする前に
最低限の命綱くらい、他をカットしてもいいから
着けてあげる時間くらい設けてください!
想定外の流れとか、そんな理由はシャレになりませんよ
生身の人間なんだから
予期せぬ事故って結構ありますからね~
私たちの大切な智くんを危険なめにあわせないで~

だけど、素敵でした。。智くん
急遽振られて困りながらも、慌てず騒がず期待に応える智くん
何でもサラリとこなしてしまう智くん
んも~~~一生ついて行きます

***************
お話変わって以前、次女の大学合格をブログ上でお伝えしましたが
次女がにのちゃん担ということもあって
次女が喜ぶ素敵な贈り物をYさんが送って下さいました~

にのちゃん&嵐

私はもうご存知のとおり、専業主婦なんで購入する物は最低限の物
こういう雑誌1冊を買うにも表紙が智くんであっても全ては買いません
ましてや他メンだったら尚更で
次女は次女で、にのちゃんが好きな割にはまだ若いせいか
リアルのほうにお小遣いを遣うことが多くて我慢してる事もあったので
今回の贈り物、本当に嬉しかったようです
そして、私にまでノッテコニッサンの可愛い5人が写ってるパンフレット
本当にありがとう~Yさん
大切に保管させていただきますね~ ありがとう~

ではではまた~

嵐の明日に架ける旅:智くん編・希望の種☆
Mステ:智の色気がハンパないです☆のエントリーに
拍手コメントを下さったねこやなぎさん
コメントを下さった皆さま、ありがとうございます
お返事を書きましたのでお時間がある時にでもお読みになって下さいネ

いつも励みになる拍手
過去エントリーにも毎日たくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝

スポンサーサイト
2013-04-02 12:51 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



こんにちは~

ではでは、前編の続きです

Sさん、素敵なお話を教えて下さってありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

本文を読む前に、こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章はニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



◆『Dの嵐-うだうだスペシャル-』(2005年3月16日放送)

過去に
『オーストラリア大陸縦断!激闘3000キロ ウルトラストロングゲーム』
(2005年3月30日放送)というSP番組が放送されました。
内容は、嵐の5人がチームリーダーとなり
トップアスリートやタレントとチームを組み
オーストラリアを縦断しながら各名所に作られた
ステージのエリアごとのスポーツゲームに挑戦します。
ゲームをクリアするごとに鍵を入手でき
最も多くの鍵を手に入れたチームが優勝するという5組のチーム対抗戦番組。
トップアスリートの1人に小川直也さんの名前がありました。
ちなみに、小川さんは潤くんチームのメンバーです。


“エピ”の内容は、この番組ではなく・・・
この番組のロケに図々しくも同行した『Dの嵐』のスタッフ2名による
他の、それもSP番組にお邪魔して、ちゃっかり
「自分たちの番組も撮っちゃおう!」という
低予算番組のド根性によるSP番組。
但し“スペシャル”と銘打っていますが
特に時間拡大されることはありません。
海外ロケという意味らしいです。便乗ロケなのにね ( ̄□ ̄;)
裏を返せば“冠”番組と言っても深夜の、それも
プロ野球中継で1・2時間遅れることは当たり前の“超・超~低予算番組”
コレが、当時の嵐ちゃんの立ち位置でした。。。


蛇足ですが、同じ日テレ番組『進め!電波少年』の当初番組予算は
当時のお金で1本150万円。
うん千万円が当たり前の中にあって“超・超~低予算番組”でした。
そのため、番組開始の頃のロケは
東京23区から出ることが出来なかったとか!
『C・D・G×嵐』も、河原でのロケなんてしょっちゅうでしたし
素人さん相手で、タレントさんがゲストで出演してくれるようになったのは
『Dの嵐』放送開始から1年以上過ぎてのことです。


前置きが長くなりましたが
『Dの嵐』は嵐ちゃんの好奇心の赴くまま
取材やおバカな事に挑戦、実験したりする番組。
この頃、智くんとニノちゃんが嵌ってたのは“逆回転”
VTRを巻き戻しするときと同じ動きをして撮った映像が
逆再生すると普通に撮影したように見えるか!?というもの。
漫才、タクシーに乗る、喧嘩、寝坊、忍者など色々と挑戦してます。
このときの智くんの動きが凄いんですよ!!
最初に一度だけ普通の動きをし、直ぐに真逆の動きをしていくのですが
迷いが無いんですよね。
淡々と動くんですが
「智くんの頭の中には“絵”があって、それが動きだすんだろうなぁ~」
思ってしまう動きです。
そして、1度映像を確認すると

「あっ、こうするのか!」と言ってもう一度挑戦。
見てると「少し変わったかな?」ぐらいにしか思わないのですが
2度目の動きを逆再生するとスムーズでしっくりくるんです。
ほんの少しの僅かな動きの違いなんでしょうけど
それが一目で分かるって・・・凄すぎないかぁ~大野智!!


その“逆回転”を小川直也さんも加わり挑戦することに。
小川さんと一緒と言う事で、まずは
「ハッスル、ハッスル~」を全員でやり
そして次はプロレス技のパワーボムに挑戦することになりました。
パワーボムとは、かぶり(覆い被さった姿勢)の態勢から
両膝で相手の頭を挟み、そこから両腕を相手の胴周りに回し
相手の身体を反転させながら頭上まで跳ね上げ
そして相手を背面からマットに叩きつける技です。
コレを“逆回転”にして、智くんは技をかけられる方に挑戦します!!

真逆ですので、マットに叩きつけられてダウンした智くんの

「痛ぁぁぁ~(×o×;)」という顔のupから始まります。

パワーボム★

小川さんは、智くんの足を片足ずつ両脇に抱えて持ち上げます。
すると智くんは逆さに吊るしあげられた状態になります。
その状態から腹筋をつかい、小川さんの肩の位置まで跳ね上がります。

パワーボム2★

智くんは、背中からではなく正面から肩車の態勢になります。
そこから半回転してマットに落ち
互いに技をかける前の構えの態勢となります。
逆さに吊り下げられた状態から、腹筋だけで起き上がるって
「どんだけ、腹筋強いんだぁ~!」と驚きましたよぉ~。
技をかけられる智くんを見て他嵐メン達が

「おっ、おぉぉぉ~」というなか、ニノちゃんは
「怖ぇ~」と言ってますけど
智くんってば


パワーボム3★

「いやらしくない?」って・・・なに!?

番宣を兼ねた『Dの嵐』でしたが
もちろん本番の『ウルトラストロングゲーム』でも智くん
大活躍してますよ v(^-^)v
以前『VS嵐』(2012年7月12日放送)のオープニングトークで

「あれ一番速かった!」
“エア雲梯(うんてい)”をして見せてくれた智くん。
第1ステージでの最初のゲームは“アームレンジャー”です。

うんてい☆

13mのワイヤーを滑下した後、傾斜になった20mの雲梯を登って行きます。
落下すれば失格です。
智くんが“アームレンジャー”に挑戦すると知り、

「うちのリーダーだよぉ~!」 「大野くんだぁ~!」
「行け、行け、リーダー!」と掛け声をかける
潤くん、翔くん、相葉ちゃん。


うんてい2☆

まさに・・・猿です。チョコチョコと細かく腕を動かし
傾斜して作られた雲梯を登って行く様子を見て

「リーダー、サルっぽいからねぇ~」と相葉ちゃん。
「はっ、速っ!」 「速ぇなぁ-!」と驚く翔くんと潤くん。

うんてい3☆

息切れすることもなく、余裕でチャレンジを終えた智くんでした。
このゲームは、ステージごとに最下位になったチームには
“バツゲーム”が与えられます。
次のステージ(ロケ先)までの数百㌔の深夜の移動が
“おんぼろバス”だったり、スカイダイビングだったりとetc
そのため、皆がチームが勝つために必死です。
でもね、こんなとこが嵐ちゃんなんだよなぁ~と。。。
もちろん「自分のチームが勝ちたい!」と願っていても
他メンが挑戦してると
「ガンバレ!」って「あと少し!」
何とも言えない、切なそうな顔して応援してる嵐ちゃん達です。
ちなみに、智くんのチームは一度も最下位になることなく
“バツゲーム”なしで、全てのゲームをクリア。
最後は、翔くんチームと同点となり
“智と翔ちゃん”チームのW優勝で終えました ^ー^)人(^ー^


ところで、先日の『しやがれ』 (2013年2月2日放送)で
翔くんが

「4泊ぐらいのオーストラリア旅行にウエストポーチで来た・・・云々」
と話しをしましたが、その旅行とは、この番組ロケのことです。
それと、ゴン中山さんゲスト(2013年2月9日放送)にて、武田修宏さんが

「嵐と一緒にオーストラリアで1ヶ月の遠征をした」
※↑1ヶ月じゃねぇーし、遠征って選手じゃねぇーし
突っ込み処満載の武田さんは、翔くんのチームでした
と話したのも、このときのことです。

これも凄かったですが、コレはまだまだ序の口。
唖然ボーゼンとして観た、智くんの身体能力はこんなもんではありません


ではでは、後編に続きます

いつも励みになる拍手
過去エントリーにも毎日たくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝



2013-04-02 12:49 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



こんにちは~

今日は、ずーっとタイミングを逃していた
このままだといつになる事やらになっている
“さすが智くん”的なエピソードを教えていただいたので
そちらをご紹介致します
一つのエピソードになっていますが、長いので3回に分けてあります
なので、一挙に公開ということで前編&中編に関しては
私の感想&コメント欄は閉じさせて頂きますのでご了承ください
拍手の方へのお返事もお休みさせて頂きますのでよろしくお願いします

Sさん、素敵なお話を教えて下さってありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

本文を読む前に、こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章はニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m


普段、ほわ~んぽわ~んとしてる智くん。
“のんびり”した印象のせいか、運動神経が良いように思われないけど
でも、番組では凄-い“身体能力”を見せて周りをビックリさせますよね。
『ひみあら-ラストミッション-』でも
隠してる身体能力を見せてくれました。


“ぶらさがりサバイバル”では、ワッキーさんも驚き!
負けた
斗真くんも笑っちゃてましたよね。
と言うか
斗真くん
「やっぱり、大ちゃんには敵わないなぁ~」だったかな!?
斗真くん『5LDK』(2011年12月15日放送)に出演したとき
「運動神経が一番良いのは?」と聞かれ即答で
「大野くん!」と答えてますからね。
「見えないけどね」と言う太一くんの言葉に ←否定ではなく
“分かってるけど、そうは見えないんだよねぇ”と肯定する喋り方です。


松兄
「アイツ、ぽけっ~としてるけど凄いよぉ~
立回りから何から殺陣とかほんとに綺麗!」
と言うと
「踊りも上手いもんね!」と反応する太一くん。
斗真くん
「昔から、本当に巧かった!」と答えてましたもんね。
『ラストミッション』には小川直也さんがゲスト出演。
それで思い出した、智くんの凄-い身体能力を見た“エピ”です。


その前に、この『ひみあら-ラストミッション-』での
“ぶらさがりサバイバル”のとき、
松嶋姉さん
「大野くん強そう!」と言ってますが
“VIPルーム”のときも、ダンス云々の話しになり
嵐ちゃんにダンスなど他に色々と振られると、必ず

「大野くん!」と言っくれたのが松嶋姉さんでした。
コレって「↓このときの話しを聞いて印象に残ってたのかな!?」
思うことがあります。


◆『バニラ気分』(2008年10月11日放送)
司会:
中島知子さん、松嶋尚美さん、今田耕司さん、ゲスト:屋良朝幸くん

屋良くんが、嵐の振り付けをしたということで
『One Love』の映像が流れます。
細かな手の振り付けに

「あっ、コレコレ!」と皆で盛り上がってVTRを見ていると
松)自分が教えた以上に、カッコ良くする子と
“おいおいだせーよ、お前!”って思う人といるわけやん?

と答えづらい質問をします。
少し口ごもりながら

屋)・・・正直あります (_ _|||) と、うな垂れる屋良くん。

ヾ(≧∇≦)アハハ八八ノヽ

すると
屋)大野くんとか、すごい綺麗なんですよねぇ~ (*゜∀゜)=3!! 
ダメだしする“お前!”ではなく、ダンスの巧い人の名前を挙げ
智くんの名前を聞いて全員が
「へっえ-!!」と驚きます。

身振り手振りで

屋)やっぱ、ジュニア時代から彼はチョッと飛び抜けて凄いキレがあったし
踊りも・・
と話をする姿は、尊敬とJr.時代からの憧れが混じった感じ
Jr.時代からとの話を聞いて
「へっえ-!!」と更に驚き
今)今度、注目して見てみよう!
松)あたしも!・・・あの子、才能の塊やん!と言う
今田さん松嶋姉さん。
その言葉に
屋)そうなんです。結構なんか、おっとりそうに見えるんですけど・・・
今)見える!見える!
屋)踊ると凄いっす ○゜*:..最ヽ(▽`*)(*´▽)ノ高..:*゜○
“智くん推し”をする
屋良くん。
その話に
今)あっ、そうなんやぁ~今田さんが納得してるのに
松)3時間くらいロケやって
二言しか喋れへん時あるもんなぁ~ σ(´∀`●)

(↑確かにそうだと思うけど^^;)
なぜか真逆のエピを披露する
松嶋姉さん。

アハハ八八ノヽヾ(≧∇≦)アハハ八八ノヽ

中)残念ながらあります。。。 それを否定しない中島姉さん。
でもソレも「才能の塊や!」と言ってくれる今田さん。

アハハ八八ノヽヾ(≧∇≦)アハハ八八ノヽ

今)逆のエピソードやったような気がするんやけど?大丈夫?
松)なんか、あのオブジェをコチョコチョ家で一人でひたすら作って
発表会とかして、凄っごい評価高かった!」

(↑知っててくれてありがとう)
今)あの、すごいの作った!?

中)あと、“う---ん。。。”とか思う人います?
(↑さすが、中島姉さん。最初の質問を忘れてません)

屋)・・・相葉ちゃんですねと困ったように白状する屋良くん。
今)ほがらかな感じ!?とフォローになってない今田さん。
屋)“ここさっきも言ったでしょ?”みたいなところで
“あれ、ここなんだっけ?”みたいな、1人なんかフワフワしてんすよね。
“ちょ~頼みますよぉ~”・・・です (_ _|||)


アハハ八八ノヽヾ(≧∇≦)アハハ八八ノヽ

中)キャラが出るんですね。本当に・・・
ここでも否定しない中島姉さんでした。

このとき、北川景子さんもゲストで出演されてます。
のちに『ひみあら』“VIPルーム”
(2010年3月11日放送)に出演されたとき、智くんの印象を

「完璧なスーパーマン!」と言ったのも
この話が印象深かったのかな!?
いつもの事ながらお話が脱線してしまいましたが、お待たせいたしました
智くんの凄-い身体能力を見た“エピ”です。


中編に続きます

いつも励みになる拍手
過去エントリーにも毎日たくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。