-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-08-05 16:33 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



こんにちは~

ではでは前回の続きです

Sさん、貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



◆“初”主演舞台を終えて・・・
舞台『青木さん家の奥さん』は公演が終わった後も
演劇雑誌に載るなどし、後々も話題となった舞台でした。
公演終了半年ほども過ぎた頃、雑誌『Olive』(2002年7月号)にて
“大野智スペシャルインタビュー”と題し
河原雅彦さんとも対談してます。

(独占インタビューと対談より一部を抜粋)


ジャニーズに入ったのは、中2の時
親が僕に内緒で事務所に書類送ったことがきっかけ。
正直言って、初めは勝手なことして、ってちょっと腹が立った。
でもダンスのレッスンが面白くて
とにかく上手くなりたいってことだけ思ってた。
本当はね、ダンサーに憧れたこともあったし、絵が好きで
イラストレーター的な仕事をしたいなと思ったりもした。
だから「嵐」としていよいよデビューする時、少し戸惑いもした。
でも、これはすごいチャンスなんだって思ったね。


****************************

 「嵐」は、僕にとって大切な宝物のひとつ。
一度もケンカしたことのない、凄く息のあったメンバーだと思う。
いつも仕事で一緒だからプライベートで会うことはないけれど
最近、そういうこともしたいねって話してる。


****************************

休日は絵を描いたり、音楽聴いたり、本を読んだり。
僕ね、友達少ないんです。
1人でいても十分に楽しめるんで
あんまり自分から人に電話したりメールして遊びに誘ったりしない。
ただ、昔バンドやってて機材をたくさん持っている友達がいて
そこんちにはよく行くかな。
真面目に録音したりギャグで、くっだらない音や歌録ったり。
音楽は好きだから
コンピューター使って曲作りたいって思っているところです。
本はノンフィクションが好き。
その人の生き方がわかるような体験談は刺激になる。
最近だと『ロベルト・バッジョ自伝』サッカー選手で脚をすごく痛めた。
これ読んで思いましたね。自分はまだまだ甘えてんなって。
ちょうどコンサートで脚を酷使してる時期だったから励みになりました。
絵は、これまで全部モノクロだったけど
去年から絵具で色をつけています。
紙は破けるから、板を買ってきて表面をヤスリで削って
そこに描くんです。
木目がね、いい感じで浮きあがってくるんですよ。


****************************

自分で決めたことを貫ける、意思の強い人になりたいと思う。
だから、大きなことから小さなことまで、常に
「いつまでに、これを達成しよう」っていうゴールは持っていますよ。
えっ、どんな目標かって?世界征服・・・って、ウソ、ウソ(笑)。
例えば、10年後に自分の絵の個展を開きたいですねぇ。
それまで描きためていたものを一気にドバッと出してみたい・・・
もちろん仕事もずっとこのまま行けたらと思う。
それは守りに入ることじゃなく
今みたいに常に新しいことに挑戦し続けて行きたいってこと。
今は、自分1人で自分を磨きたい。もっといろんな苦労がしたい。
僕だって、これまでの人生すべてが順調だったわけじゃないけれど
本当に苦労した人に比べると、まだまだだから。
苦しい経験すると人間って成長するから、今はあえてそれがしたいですね。
今はもっと苦労したい。そのほうが高くジャンプできるから・・・


****************************

河原さんとの対談》

河原:『青木さん家の奥さん』は
  舞台に先がけて年始に深夜番組でやったんだよね。

智:そう。舞台に立つの不安だったけれど
  テレビで一緒だった河原さんが演出って聞いて安心できたんです。

河原:いいこと言うねえ。
  でも、取材で僕の印象聞かれると

  「僕よりデカイ」とか「ハデ」とか言うよね。
  もう少し褒め言葉使おうよ(笑)。

智:稽古の時、すごくわかりやすく教えてくれた・・・とか?
河原:ちゃんと言えるじゃん(笑)。
  僕の大野くんの印象は、最初の本読みでは
  台本の漢字の読みとか確認する程度だったこともあって
  おとなしい雰囲気。
  なのにリハーサルになると、いきなりキラキラするから驚いた!!

智:そうですか?
河原:この芝居はアドリブがたくさん入るから
  難しかったと思うよ。
  しかも主役だからブレッシャーも凄かったでしょう?

智:そうですね。
  アドリブで言うことを毎回変えないといけないのがキツかった。
  バーンとウケたことを別の日に言っても全然ウケなかったりして。

河原:同じことをいうとやっぱり反応が鈍いんだよね。
智:でも、思い切ったアドリブで外しても
  河原さんがフォローして笑いに変えてくれたから凄く助かりました。

河原:そう言ってくれると救われる。
  みんな、僕が陰でフォローしてんの分かってないんだよね(笑)。
  でも、大野くんはときどきフォローの言葉すら
  出てた事があったんだよね。

智:あっ、あの時とか・・・?
河原:好きな女の子のタレントを言うアドリブで
  昔の同級生の名前を言ったよね。
  誰だか分からなくて、舞台も客席も一瞬、みんな頭が真っ白(笑)。

智:僕、芸能人まったく知らないんですよ。
  だからタレント名鑑見て、面白そうな名前調べたりしてたのに
  それが出てこなくて何故か・・・

河原:それに若くて個性的な名前のタレントなんて
  いっぱい載ってるのに
  なんでそれなの?って名前選ぶよね。ペギー葉山とか(笑)。
  どう考えても大野くんのファン層には通じないでしょ。

智:それは、響きだけで選びました(笑)。
河原:まあ、僕もタレント名鑑はよく借りに行ったっけ。
智:あれ、嬉しかったっすよ。
  「あっ、河原さんもいっぱいいっぱいなのかな?」って。
  本当にいい経験でした。
  松澤一之さんも

  「20数年役者をやってきたけれど、この芝居は経験としてデカかった」
  と言ってましたよね。
河原:舞台俳優は本番でセリフじゃなくて
  自分の言葉で話すのに抵抗があるんです。
  だから、あの芝居は半分バラエティ。
  かといって、大野くん主役でキャラクター設定があるから
  好き勝手はできない。その微妙な加減をちゃんとやってくれた。

智:ほかの4人が盛り上がって
  僕1人が見ている場面は寂しかったですよ。

河原:そういえは、千秋楽のカーテンコールで
  どんな顔するんだろうと思って見てたら
  泣くでもなく、喜んでるふうでもなく・・・
  なんか安堵してた感じだったね。
  直ぐ、舞台から戻ってきたし。

智:あれ、お客さんの思いが舞台にガーッと向かってくる感じで
  怖くなったんです。
  僕、泣くと止まんなくなっちゃうし
  だから早く逃げたくなっちゃったんですよね。

河原:その後の打ち上げでもクタ~って脱力してたし。
智:力抜けてました。
  あと1公演やるって言われたら、絶対無理だったと思う。

河原:僕はこの先、またこの舞台をやれと言われても
  主役は大野くんでないと引き受けないよ!!

智:僕も、メンバーが1人でも変わったら凄く不安です。
河原:今回は本当にチームとして良かった。
智:また、みんなと集まりたいですね。
河原:いいね。嵐のコンサートで20分くらい時間もらって
  『青木さん家の奥さん』やりたいよね。

智:それ、いいかもしんない。
河原:全国まわって、各地の名産食べ歩いてさ。
智:盛り上がりそう!・・・でも、もう少し期間をおいてから。
  今はアドリブのネタを使い切った後なんで、キツイっす(笑)


河原さんは
「主役は大野くんでないと引き受けない」と仰って下さいましたが
『青木さん家の奥さん』は劇団“南河内万歳一座”の作品ですので
その後も数多くの方が主演し公演されてます。
でも河原さんは、その後『青木さん家の奥さん』の演出はされてませんので

「引き受けない」の言葉に嘘偽りはありません。

『青木さん家の奥さん』の演出ができなかったから!?
『ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY』(2004年)では
大野くん演じるハルを主役に大抜擢したのかな。
『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』(2002年)は
相葉ちゃん演じるシュンが主役。
でも内容的には二宮くんが演じるタクマに主役感あり。
その後の続編となれば、タクマや潤くんが演じるボンまたは
翔くん演じるチュウが主役感があるのに・・・
ヘタレキャラのハルが主役!!
嵐メンも
「まさか主役がハルとはね!」と言い
大野くん本人も

「僕が主役です。主演なんて、こんなこと2度とありませんからね!」
と言ってましたが
『ピカ☆ンチ』(2002年)も『ピカ☆☆ンチ』(2004年)も共に
脚本を書いたのは、河原さんでした。
大野くんを主役にしたかったのかなぁ!?



智くんと一緒にお仕事をされた方は、次もまた一緒にっていう
或いは主役が智くんと聞いて快く承諾してくれたり
とっても嬉しい選択をして下さっている事が多いと
過去に遡ってのエピソードを読んでみても感じますね~

どんなお仕事を頂いてもいつも前向きに素直に
気持ちを真っさらに取り組んでいる姿が人を惹き付けるのでしょうか
どんなに大変な事であってもさりげなく自分に厳しく
求められたもの以上にして応えてくれる智くん

苦労を苦労と思わない
まだまだ苦労したい!自分を磨きたいという智くん
あなたみたいな人をストイックって言うんだよね!きっと
それは今でも変わらない
自分にとって大変だと思うお仕事の時には飲みにも行かないものネ
この意志の強さ、素敵なんてもんじゃないよ~
こんな人、他にいるのかなぁ~
完璧スルメだね
もうスルメにやられまくってます(笑

それにしても、智くん
コンピューター使って曲を作りたいって・・・・・マジか!?
コンピューター、使えるの? だって、そんな感じしないジャン
絵を描くのに紙は破けるから・・・
板を買ってきて表面をヤスリで削ってそこに描く

どこからそういう発想が出てくるの?
本当に何につけても魅力的な人
みんな関わった人たちは、このスルメにやられるんだろうな!きっと(笑

うん智くんはやっぱり美味しいスルメだ


最後に・・・・・

名前が思い出せなくてつい出ちゃった同級生の名前って?

誰なんじゃ~~~

好きだった人?かな?シュン


そうそう、今、24時間テレビ先取りっていうので生智くん、出てるよ
超かっこいい~~~し、かわええ~~~
元気出た~~~


ではではまた~


ダンスが上手いJr.にだけ与えられる仕事・振り写し☆のエントリーに
拍手コメントを下さったまみさん
舞台版・青木さん家の奥さん(2)笑顔の裏☆のエントリーに
拍手コメントを下さった まみんさん、けいこさん、りっちゃんママさん
かりんさん、yuriaさん、junsanさん、美凪さん
bunnydollさん、佳織さん

コメントを下さったみなさま、ありがとうございます
お返事を書きましたのでお時間がある時にでもお読みになって下さいネ

いつもたくさんの拍手
過去エントリーにも毎日たくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。