-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-07-05 10:04 | カテゴリ:智くん素敵エピソード



こんにちは~

今日の智くんラジオは久々、ご家族の話題が出ましたね~
姉ちゃんが、えっと、なんて言ったっけっかな?名前忘れちゃった
『Mステ』に出演する海外アーティストの観覧応募に当選して
その時に気をつけること教えて!だったかな? 
突然姉ちゃんからメールが来て、教えてあげたって言う内容のお話
栗ちゃんも仰っていたけれど、本当に普通っぽくってね、ほっこりだなぁ
国民的アイドルグループのご家族だからって
裏でなんやかんやしてもらうんじゃなくて
一般のファンと同じようにしてる姿を気取る事無く話してくれる智くん
そういうとこ、ほんと大好きだよ
詳しい内容はレポを書いて下さっていますブロガー様のところで
ご確認くださいね~

ではではこちらも、ほっこりエピソードといきましょう~
タイミングを逃していて少ししか進んでいなかったエピですが
やっと仕上げることが出来ました~
毎度ながら長いのでお時間がある時にでもゆっくりどうぞ

Sさん、今回もほっこりエピソードありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
他担、他グループファンの方にはご理解頂けない文面もあるかと思いますが
ここは“サトシック”が集う場所ですので
そのまま静かにお帰り下さいますようお願いします m(u_u)m
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



大野くんの口から
ジャニーズのメンバーの話はあまり聞くことはないのですが
昨年“KAt-TUN”
亀梨くん
大野くんから“絵”をプレゼントされた話も
驚きを持って聞いた方も多かったと思いますので
亀梨和也くんと“KAt-TUN”の他のメンバーの話を掘り起こしてみました。

“KAt-TUN”は、Jr.時代の2001年にグループを結成し
2006年3月22日にメジャーデビューしてます。
亀梨くんは1998年11月8日入所。
なので、大野くんのJr.時代には絡みはありませんが、
“嵐”デビュー当初は
バックで踊る亀梨くん(中丸くんの姿もあり。)の姿が見られます。

“KAt-TUN”結成の2001年には
『嵐が春の嵐を呼ぶコンサート』にグループで同行し
嵐のバックを務めるだけでなく、毎回MCでもステージに登場。
新グループとして紹介を受け、MCでも嵐ちゃん達と絡んでます!!
以前『Music Lovers』(2011.7.31)で

「Jr.時代に大野くん担当になっていたツアー。」と話たのは
このときのことです。
但し、スケジュールの都合により
“KAt-TUN”のメンバー全員が同行できないこともありました。


◆『嵐が春の嵐を呼ぶコンサート』2001年4月3日
 
亀梨くん、上田くん、中丸くんがステージ上に呼ばれ紹介を受けます。
亀梨くんが、出演番組の宣伝をしますが
後ろの方で2人の世界を作り、傍観者と化す大野くんと二宮くん。
亀梨くんも、それに気づき

「どうして2人は僕にからんでくれないんですかぁ?」と言うと
「絡むと、絡まれるからぁ~」と、あっさり返す大野くん。
その後も、Jr.のコンサートの話などが続き
そして“KAT-TUN”が退場するのですが、なぜか大野くん
“KAT-TUN”のメンバーに混じって手を振りながらはけて行きます・・・

「お前、“KAT-TUN”じゃないだろ~!!」
みんなに突っ込まれてました。


◆『嵐が春の嵐を呼ぶコンサート』2001.3.31 名古屋レインボーホール

MC中に話をしながら
“KAT-TUN”と共にセンターステージに移動する嵐ちゃん達。
すると大野くんが亀梨くんを指さしながら

智:こいつさぁ、俺に
「大野くん、それ何パーマですか?」って聞くんだよ~

『まだ見ぬ世界へ』メイキングで、潤くんが言った
“プロッコリーヘア”俗に言う“オバちゃんパーマ”ですね。
当時、二宮くんに至っては

「おーちゃんのアタマはカツラだから!!」発言してます。
成人式前に、パーマをかけたけど直ぐにとれてしまって
強めにパーマをかけてもらったらクルックルッになっちゃたんですよね~
でも、この頃はパーマもとれかかってきてイイ感じ!!
お洒落な亀梨くん、マネしたかったのかなぁ?


◆『嵐が春の嵐を呼ぶコンサート』2001. 4.29

こちらは“プロッコリーヘア”の後日談です。

大野くん 翔くん 二宮くん 亀梨くん

翔:亀梨、髪形変えたなぁ~。どういう風にしたの?
  「こういう風に!」とか言って?
  それとも誰かを意識して?

亀:森田剛くんを意識してみました。
  あっ、でもてっぺんのとこが伸びちゃった んですよ~。
  だから顔が長くなっちゃって
  最初は、大野くんの髪型にしようと思ったんですけど・・・

智:ちょっとオバサンくさいからか!?
亀:違うっ~!だって大野くん
  どういうパーマかけてんのか教えてくれなかったんすよ!
  グリグリとかいうし・・・

智:だって、普通にやっただけだからわかんないじゃん。
  そしたらニノが勝手に

  “グリグリパーマ”とか言うんだもん!!
ニ:じゃあ~、次は大野くんの髪型、マネすればいいじゃん。
亀:そうします!!
智:でもそのときオレはこの髪型じゃないぞ~
翔:お前は何なんだよ!!

◆『ザ少年倶楽部 』
“トーマのスクープを狙え!(生田斗真)”2003年7月13日

Jr.から、嵐の皆へハガキで質問があり。
亀梨くんからのハガキは、大野くんへ!!


亀:いつになったら、僕の家に遊びに来てくれるんですか?
智:そんな約束したか!?オマエ~!!
(↑顎を出してイノキ顔で返答)
すると、生田くんから“家の地図”を書いたハガキを手渡されてます。

智:えっ!?、スゲ~
ニ:約束してないんですか?
智:してませんよ。こんな約束、勝手に~、家に来て欲しいのねぇ~。
  ありがとうねぇ~!!


ふふふっ、実はコレ、暗に“絵”の催促だったのでは!?と
後日談が分かると想像してしまう一幕でした。
余談ですが
この撮影場所がナントあの埃臭い地下倉庫のような
『Dの嵐』のスタジオとは思えない場所なんですよ・・・
それに衣装も『Dの嵐』のスーツの上着を脱いで
シャツの裾を出しただけ・・・
“嵐”の不遇の時期を象徴してます。


◆バラエティー番組『カートゥンKAT-TUN 』2009年2月18日

亀梨くんがウソ発見器にかけられます。
質問にはすべて「いいえ」で答えること
「いいえ」で答えて針がぶれればウソをついていることになります。
亀梨くんに、色々と質問がぶつけられ
その反応をメンバーが見て笑って冷やかします。
そして難題三連発!!


Q)本当はNEWSに入りたかった? ・・・無反応・・・
Q)本当は関ジャニ∞に入りたかった? ・・・無反応・・・
Q)本当は“嵐“に入りたかった? ・・・無反応のはずが・・・
大~~~きく針がゆれる!!
亀梨くん笑いながらも動揺!? メンバーも


「オイッ、なんだよ!!」と茶化してますけど・・・
本当は、ウソ発見器を操作していた先生が、動かしてましたぁ~(笑


◆『亀梨和也くんラジオ“ KスbyKス ”』2011年6月24日

リスナーより。
嵐の二宮さんがラジオで
「大野くんが亀梨くんから連絡がない。と騒いでいた」
言ってました。

(中略)
どんな成り行きで、絵を描いてもらうことになったんですか?
(ここからは、亀梨くんが話します。)
亀:ハイ。連絡を取りまして食事に行き、絵もいただきました。
  すごく立派な絵で、超感動しました!!
  この日、大野くんからメールが来てたんですよ。
  知らないアドレスで・・・チャリティー野球大会の日。
  仕事中は携帯を見ないので
  野球大会が終わってからも、別番組の収録があり
  夜中2時くらいまで携帯を見てなかったわけですよ。
  大野くんからは、昼にメールがあったんだけど・・・
  家に帰って「誰だ、知らないメール?」と見たら

  「今日の夜、空いてるかな?ご飯食べない?」
  大野くんからメールが来ていて。
  そん時が初メールだったわけですよ。
  どんな成り行きで絵を描いてもらうことになったのかというと。
  10年くらい前に、自分が嵐のバックについていて
  コンサートで大野くんがソロで出る場所で
  オレが一緒のときがあって
  「大野くんって、絵、上手ですよね。」みたいな話しになって

  「描いてあげるよ~、描いてあげよっか?」
  みたいな!?話になって。
  「めっちゃ描いてほしいです!大野くん、ぜひ描いて下さいね。」と
  お願いして10年経ったわけで。
  この間、一緒の仕事になった時に「大野くん、覚えてます?」って。
  嵐の皆さんとお話する機会も少ないですし。
  だけど大野くんは、当時の名残というか、仕事が一緒になると

  「おおー、カメー!」
  とか言ってくれる先輩。
  オレも「大野くん、元気ですか?久しぶりでーす」
  みたいに話す感じがずっと続いていて。
  この間、仕事になった時に
  「大野くん、絵、まだ届かないですけど?」って
  冗談半分に言ったら描いてくれたんです。
  すごい立派な、超~大きい絵!!めっちゃ似てんの。
  水彩画で似てる。まんま!!

  「じゃあ描きたいから、写真ちょうだい。」
  って言われて。
  写真を渡して。すっごい、まんま!!

  「カメちゃんは、右目がいい!」って。
  何ヶ月も毎日オレの写真を見ながら、絵を描いていてくれていたから
  大野くん的には

  「もうなんか、彼女になった気分だったぁ~」って
  言ってくれてたんだけど・・・
  普通に見て、
  「大野くんとオレって、絶対つながる感じしないでしょ!!」
  っていう話を2人でして。

  「あまりオープンに
  遊びに行ってもあまりオープンにしないでいこう。」

  みたいな!?
  でもね、すごく気が合うといいますか。
  後輩の僕が言うのもなんですけど。
  すごく楽しい時間を過ごさせてもらってますね、大野くんには。
  うん、めっちゃいい人ですよ。
  自分が言うのもなんだけど、ちょっと天然というか
  タレントぶらないし。
  すごくナチュラルな自然体な先輩ですし。芸歴も凄い先輩です。
  それこそニノも、番号変わったみたいで。
  超、電話かかってきてたんだよ。
  「これ誰だ?知らないぞ。」と留守電聞いたら

  「二宮で~す。カメ~、リーダーが超怒ってるんだけど~」って
  「えっ?!」みたいな。

  「メンバーにも、こんな大きいすごい絵は描いたことがない!」
  って言ってくれて。
  「やっぱり、10年間の約束があったから。
  こういう小さいポストカードでは・・・渡せない気持ちだった。」

  って言ってくれて。
  自分も後輩に、こういうふうに、ちゃんといなきゃと思いましたね。
  うん、いや、ホントに、ありがとうございます。


◆『月刊TVガイド創刊号』
“ジャニーズが選ぶジャニーズ内なんでもランキング!”


田口淳之介くん 

「インターネットで“大野智、神業”って検索しちゃった(笑)」
田中聖くん 
「もう超うまい!踊りうまいですよ!ってみせないのが逆にかっこいい!」

◆『TV fan』編集部twitterより。
KAT-TUNこぼれ話” 2011年5月26日


誕生日に田口くんから釣竿をプレゼントされた田中くんは
小型船舶の免許を持っているので
2人で釣りに行こうという話をしたとのこと。

「Mステで、大野くんとも“僕船舶免許持ってるんで行きましょうよ!”って
田口と3人で話しました」
とも。

掘り起こせば、色々と漏れ出る“ジャニーズと大野くんとの逸話”です。
“嵐”がツアーで地方へ行ったときも宿泊先のホテルでは
バックを務めるJr.達と一緒になって
嵐メンに悪戯を仕掛けたりとの話も聞きます。
Jr.達にとって、歌も踊りも凄く上手い偉大な先輩だけど
普段は極々普通で“お馬鹿な遊び”も一緒になって楽しんでくれる先輩。
亀梨くんの言う

「タレントぶらないし、すごくナチュラルな自然体な先輩ですし。
芸歴も凄い先輩。」

は、丸山くんが言うように
「誰に対しても接し方が変わらない。」 with 関ジャニ∞より
翔くんが、初めてツアーに同行し緊張したときも
お馬鹿なミニコントで緊張をほぐしてくれた。
昔も今も変わらない、大野くんの姿があります。


毎度ながら長いので、感想は省略しちゃおうかと思ったけど・・・
どうしても書きたいから

先輩後輩ジャニーズが絡む智くんエピソードってなんでこうも
何もかもが、ほっこり感に溢れてて癒されるんでしょうね~

10年前の約束を単に果たすのではなく
忙しいにも拘わらず、それ以上のものにして返してくれる智くん
先輩だから媚びたり、後輩だから邪険に扱ったり
そういった邪念な気持ちなど一切なく
誰に対しても自然体に振舞うことが出来る智くん
こういった智くんの内面的な人柄やジャニーズグループとの関係性などは
共演出来た番組があったとしても
智くん部分は大部分がカットされている事が多くて
TV画面からは、なかなか伝わってこないのでヤキモキもしますけれど
こういったエピソードを知る事が出来るとなんだか安心します

亀ちゃんが仕掛けられたウソ発見器の件(笑
うふふっって、思いませんでしたか?
智くんがいる嵐さんになりたかったんだ~って(笑
先生が裏で操作してしまうほど亀ちゃんは
普段から嵐さん(智くん)贔屓だったのね~
ありがとありがと~
可愛い後輩だね~


ではではまた~



FC2 Blog Ranking

いつもたくさんの応援ポチ&拍手
過去エントリーにも毎日たくさんの拍手を
ありがとうございま~す
感謝

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。