-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-06-16 08:11 | カテゴリ:智くん素敵エピソード


おはようございま~す

昨日は1周年のエントリーにたくさんのご訪問に加え
たくさんの拍手&応援をありがとうございます
そして、みなさんからのお祝いのコメントに本当に感謝感謝です
ありがとう~
はじめましての方もたくさんいらっしゃって
勇気を出してコメントくださってありがとうございます
あとで、お返事を書かせて頂きますのでもうしばらくお待ちくださいネ

ということで
本日は、エピソードの続きとさせていただきます

ではでは早速(2)の続きです

Sさん、いつも貴重なお話をありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



◆『PLAYZONE2001"新世紀"EMOTION 』(大阪フェスティバルホール) 
大野くんの大阪公演千秋楽 2001年8月16日


*****《ShowTime》*****

『PLAYZONE』16周年を記念して
それまでの『PLAYZONE』の代表的なナンバーを唄っていきます。
まずは、東山さんのShowTime前のMCから
すると・・・


東:今日は大野の千秋楽です。彼はとても頑張ってくれました。
  嵐の中でも歌も踊りも一番上手いでしょう。


と思いがけないお褒めの言葉。
そして錦織さんも


錦:1986年からずっと色々な数多くのミュージカルを公演してきました。
  その中の何本かは
  僕らの後輩グループに受け継がれたものもあります。
  今、聞いて頂いてるのは
  『MASK』というミュージカルのナンパーです。
  もしかしたら、新世紀の『MASK』は
  このグループが引き継いで行くかもしれません。
  ご紹介しましょう。大野智!!


と紹介してくれました。
錦織さんから紹介を受けた大野くんがMCをします。


智:ご紹介にあずかりました嵐の一応、リーダー大野智です。
  (深々とおじきをします。)
  今回、少年隊の『PLAYZONE』に僕が出演させて頂き
  心から少年隊の皆さんに感謝したいと思います。
  どうもありがとうございました。
  『PLAYZONE』東京公演も無事に終わりまして
  大阪公演も無事に終わろうとしています。
  本当にケガもなく、ほっとしたと言うか・・・
  不安も一気にさっーと消えた感じで
  イイ気分で終わりたいと思います。
  少年隊の皆さんは、数々の『PLAYZONE』をやってきましたけど
  中でも僕は特に90年の『MASK』の作品が1番好きでした。
  特に、東山さんの踊りのナンバーが印象に残ってます。
  あの踊り方、そしてターンの仕方、そしてあの汗の飛ばし具合・・・
  どれもステキです!!どれも最高です!!
  1度でいいんで「生で観たかった!」とずっと思ってたんです。
  とうとう、その時が来たようです。やった~~~~~
  それでは、皆さんも一緒にご覧になって下さい。
  1990年『MASK』より
  『どうなってもいい~It's BAD』です。どうぞ。


大野くん、光一くん主演の『MASK'99』
V6のメンバー主演の『MASK'97』に出演してますもんね。

・・・《ShowTime》・・・

再び、大野くんのMC。


智:1995年『KING&JOKER』から植草克秀さんで・・・
  (ステージ上にポーズをとったまま居残る錦織さん。)
智:あんた、もう終わりました!!
  (それでも居残ろうとする錦織さん。)
智:あんたが、そんなことばかりやると金輪際、僕もう出ませんよ!!
錦:はぁ~、出れないんだよ。もう、お前は今日までなんだよ!!

(大野くん、今日が千秋楽ですからね。)

智:改めまして、植草克秀さんで
  ほんとは僕はこの曲が1番好きなんです。
  心から1番好きなんです。皆さん、ほんと分かって下さい。
  ほんとに分かって下さい。
  ・・・そこまで言えって、本人に言われました・・・
  これで、僕の任務も全て終了いたしました。
  それでは、皆さんあたたかい拍手でお迎えください。
  植草克秀さんで『Super Star』です。どうぞ。


『Super Star』の後には、少年隊の3人で『bite the LOVE』を披露。  
大野くんもソロで『bite the LOVE』を唄ってますね。
「マダムキラー☆」の名を欲しいままにしてる!?な
色っぽい大野くんです。
DVD『ALL or NOTHING』に収録されてますが
残念ながら現在は廃番になってます。

・・・《ShowTime》・・・

少年隊さんのShowTimeが終わり、植草さんから


植:ほんとに千秋楽おめでとう。大野です。

と紹介されます。
『PLAYZONE』版振り付けの『時代』大野くんのソロです。
バックで踊るのは“Musical Academy”のメンバー達。
すぐ後ろには、町田くんの姿が!!
大野くんの最後のMCは、さよなら20世紀。グッバイ~大野智。

『プリマヴェラ~灼熱の女神~』出演者全員が舞台に登場。
『プリマヴェラ』は2幕の最後にも演奏されました。
このときは、M.A.のメンバーとハイタッチし、町田くんとは堅い握手。
そして、最後にロンダートから2連続のバクテンを披露してます。
衣装を着替えて再登場してきた大野くんは、嬉しそうな、楽しそうな
でも寂しそうにも見えます。
少年隊さんの唄を後ろで手拍子しながら聴いてると
植草さんと目があってしまって・・・笑顔が崩れそうになるのを堪えます。
そして客席に駆け寄り握手し
お客さんにStand upするように立ちあがらせます。
何度も、何度も、深々とおじきをする大野くん。
目にはキラリと光るものが見えます。
そして、幕は閉じます。

ちなみに『プリマヴェラ』の振り付けはトラヴィス氏。
これを聞いただけで、大野くんのキレキレなダンスが想像できますね。
※トラヴィス氏は、マイケル・ジャクソンの
『This Is It 』他の作品を振付した方です。



今回は千秋楽・前編なので、泣かずに感想書けるかな?と思ったけど
やっぱりダメだ
少年隊のみなさんが智くんの事を本当に可愛がって
温かく見守ってくださっている姿が想像出来ちゃって・・・

東山さんと錦織さん
こんなにも智くんの日々の頑張りや努力・実力をかって下さっていたなんて
本当に感激です

植草さん、2人とは違って
(PLAYZONE2001前エントリー等)茶化しながらのお褒めのお言葉
そして、錦織さんも
可愛い後輩の為に、自分が笑のネタになってしまうことも惜しまず
器の大きい方々、感謝です

もっともっといろいろ書きたいところですが
後編もあるので今日はここまでです

本日は、コメント欄を閉じさせていただきます
ごめんね。。みなさんもコメント残したいだろうけれども
本編部分のエントリーは、どうぞご理解くださいませ
拍手の方へもお返事は出来ませんが
それでも宜しければお喋りしていってくださ~い

(4)へ続きます


ではではまた~



FC2 Blog Ranking

いつもたくさんの応援ポチ&拍手
過去エントリーにも毎日たくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝


HAPPYDAYS☆智☆ブログ開設1周年☆ありがとう~☆
エントリーに拍手コメントを下さった三紀子さん、misaさん
まろんうささん、いっちゃんさん、ひさ♪さん、蒼さん
いくみかあちゃんさん、ピリママさん、けんさくちゃんさん、ラニさん
momoさん、ラナさん、まこりーーさん、かのじままさん、こまむさん

お返事を書きましたのでお時間がある時にでもお読みになって下さいネ
お名前はお返事が書き終わり次第、随時UPさせていただきますので
お待ちいただいているみなさま、もうしばらくお待ちくださいネ



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。