-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-07 08:32 | カテゴリ:智くん素敵エピソード


おはようございま~す

今日は、昨夜更新した2度めのエントリーで愚痴ったとおり
『ワイハ~』のフラゲが出来なかったので急遽、更新内容を変更して
Jr.時代の智くんのエピソードを書かせて頂きます
今週は、毎日さとしdayでエピソードは書けないかなぁと思っていたので
ラッキーでした

あっ、そうそう
お知らせした嵐が魔法で空を飛ぶは、JALの新CMのようですね
まだパパッとしか観ていないからだけど黒髪智くんが絨毯を持って来て
5人で、まぁ~風に吹かれながら乗ってる風なんですけど、かわええね~
台詞で智くんがさむいって
でね、にのちゃんがトイレ行きたいとか言ってたよ(笑

《JAL ARASHI LABO 空飛ぶじゅうたん編は3月10日より放映開始》
可愛い5人のCMがまた観られると思うと嬉しいですネ

ではでは早速
今日はJr.時代の、智くんの細々とした裏方のお仕事について
UPさせていただきます
Sさん、いつもありがとうございます感謝

※全ての文章の無断転載・無断引用を固くお断り致します。

こちらの内容は“S”こと私個人が書いたエピソードを
sachiさんのブログにご厚意により載せて頂いてます。
その点を充分にご承知願います。
智担です。大野くん贔屓目線にて超重度の“サトシック”が書いてます。
あくまでも智くんが主です。
エビソードはTV番組、ラジオ、雑誌、DVD、コンのMC
当時をご存じの方々等々の情報を集めて取りまとめたものです。
文章は、ニュアンス等が違う事もあるかと思いますが
なにぶん素人ですのでご理解下さい。 宜しくお願いしますm(u_u)m



ユニゾンとして他メンの声をまとめ挙げるも
決して自己主張せずに寄り添う・・・みたいな。
ちょっと素敵な記事があるのでご紹介。


『孤高のヴォーカル職人は笑いの秘密兵器?』
(文:榊ひろと/音楽解説者)より

この人を語るときのテーマは何と言っても声質の特異さに尽きるだろう。
顎の骨格や頬の形状によるところが大きいと思われるが
マシュマロのような声というか
天然ヴォコーダーとでも言うべき何とも不思議な響きをしているのだ。

歴代のグループの歌い手の中でも
際立ってソロパートが集中しているのも頷けるが
それでいてほかのメンバーとのユニゾンでは
接着剤のように溶け込みながらも存在感は失わないでいる。

ソウル風のこぶしや細かいヴィブラートなどの制御も申し分なく
とにかくなにか麻薬的な成分が含まれたクセになる歌声なのだ。
“ジュニアの声”として
レコーディングに駆り出されることも度々だったという。
決して派手に目立つ仕事ではなかったが着実に力を蓄えてきたプチ苦労人。
こういう人を決して埋もれさせないあたりが
ジャニーさんの慧眼たる所以だろう。

最近では演技や笑いの分野でも進境著しい大野だが

映画やバラエティにかまけていたら声が衰えた、腹筋から鍛え直すと発言。
ダンスに関しても似たような決意を読んだことがある。
ステージで見せる
普段の脱力系キャラとは別人のような凛々しい表情の裏には、
こうした自分の領域に対する頑迷なくらいの意識の高さがあったのだ。
(別冊宝島 2004年2月号より)


“ジュニアの声”として
レコーディングに駆り出されることも度々だったという。
・・・と、ありますが、Jr.時代の大野くんは
“振り写し”の他にも“レコーディング”のお仕事がありました。

『0点チャンピオン』でCDデビュー(1995年12月6日)
翌年には『こうしちゃいられない』と2枚のCDを出してますが
“レコーディング”のお仕事と、コレとは別です。
事前に、舞台やコンで歌う曲をレコーディングすることです。

本番では、この録音した歌声に被せ(または口パク)で使用するのですが
実は・・・大野くんがレコーディングした曲は
他のJr.達が使用することも多々ありました。
つまり、A君が唄ってるけど、声は大野くん!!ということです。
(今は、音声技術が凄いので、このような事はしていないと思います。)
ちょっと今では考えられない事ですけどね。。。
でも、コレは大野くんが全く出演予定のない舞台でも見受けられました。
大野くんが出演してなくても
大野くんの唄が聞こえるということなんですけどね!!

結果、つまり大野くんはそれだけ
細々としたお仕事が多かったと言うことになるわけで
Jr.時代、なぜか大野くんだけは
「あっ、いいよ。」と特別扱いだった・・・という話も納得できます。


前出の音楽解説者の方のお言葉に感涙
現在のような国民的アイドルグループになったからと
急激に焦点を浴びせ、記事にしているのではなく
2004年といったら嵐さんの不遇ともいえる時期ですよね。。
そんな時期に、こんなに素敵な記事を書いて下さっていた事に
もう涙が止まりません(泣

分かる人には分かる、そう思っていても
その分かってくれる人が少な過ぎて
声質の良さなど、表向きに表れる事は簡単に分かっても
内面的な人柄だったり意識の高さだったりなどは
私たちファンのように、智くんの事を知ろうとしない限り
なかなか分かることではないから本当に嬉しいお言葉です

智くん以外の、嵐さんを含む多くのJr.が表舞台のTV等に出演していた頃
智くんは細々と自分の為ではなく先輩や後輩の為に裏方のお仕事である
『振り写し』『レコーディング』に専念していたんですね

2011年4月1日(金)の【Mステ・あなたが選ぶ元気ソングBEST120】

“今日、大野どうする?”
今日はやめとくわ!とか、今日は行きます

なぜ、智くんだけが自由参加が認められる特別扱いをされたのかが
やっと分かったエピソードでもありました

ではではまた~

愚痴&お知らせ☆のエントリーに拍手コメントを下さったRyoukoさん
お返事を書きましたのでお時間がある時にでもお読みになって下さいネ



FC2 Blog Ranking

いつもたくさんの応援ポチ&拍手
過去エントリーにも毎日たくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。