-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-01-24 10:38 | カテゴリ:怪物くん


おはようございま~す

嵐さんの新曲
『ワイルド アット ハート』はみなさん、ご予約出来ましたか?
まだの方はサイドバーにもリンクを貼ってあるので
(Amazonはリンク下のBOXの中)チェックしてみて下さいね~
直接お店に行っての予約も良いかと思いま~す




ではでは本題です

これまでの経過情報はこちら⇒ 映画怪物くん 初週からの興行成績

昨日、映画興行成績ランキングが発表になりましたが
残念ながら『映画怪物くん』の名前は
TOP10からは姿を消してしまいました~(コメントもなし)
予想してはいたけどもやっぱり名前が見れなくなっちゃうと寂しい

映画館も私が良く行く所は既に2Dのみの上映となってしまいましたが
1月29日(日)が最終上映のようです。

なんだかんだと振り返ってみると
『映画怪物くん』本当に凄かったなぁってシミジミ思う今日この頃。

日々、新しい映画が公開されていく中で
正直その情報にも全然気づかないことも多く
あっこんな映画が公開されるんだ。
あの俳優(女優)さん、最近見ないけどこんな映画撮ってたんだ。とか
公開間近になってほんの少しWSでの番宣紹介があるくらいで
何か他に特別に宣伝してたっけ?なんて
そういった映画の多いこと多いこと(苦笑

なんだかそれだけでも『映画怪物くん』PRプロジェクトは
モンスター級だったんだなって驚くばかりです
そしてもちろんそこには
智くんの並々ならぬ超多忙なスケジュールが重る訳ですけれども

初登場首位の時のエントリーにも書いてあるんですが

本作製作の日本テレビを中心に100本以上のテレビ番組
そして100を超える紙媒体にも登場し、主演の大野が積極的にPR。


追いかけて行くのが大変になる訳ですよね
専業主婦じゃなかったら
当時のDVDレコーダーでは追いついていけなかったかも
毎日超必死で編集とDVD落としに励みましたからね

でも、これだけのPR場所を設けて下さった番組プロデューサーさま
『ドラマ怪物くん』『映画怪物くん』に携わった全てのスタッフ様には
本当に感謝の気持ちでいっぱいと共にお疲れ様でしたと伝えたいです

そして、我らがプリンス智くん
映画化決定からのこの1年、特に後半は本当に超多忙で
顔だけはぷっくりだけど、どんどん痩せてくるし
心配で心配でしかたなかったけれど・・・・・

本日の智くんラジオでは釣りに行ったお話をしてましたね
30cmのメバルを釣ったって
メバルにしたら大きい方だとか?なかなかいないって言ってたと思う(笑
仕事はやった方がいいね、とかも言ってたような(笑
仕事はやるもんですよって!智くん(爆

あ~ でも良かったね 久々長時間、釣りを満喫出来たようです

Sさんから情報をいただきました~(いつもありがとう~

今月発売された『ジャンプスクエア』で、藤子先生が
“PARマンの情熱的な日々”と題し
『映画怪物くん』について、語っていらっしゃるようです。

・土曜日
今日は大変な(!?)日だ!
今年1年間かけて製作した映画『怪物くん』が、いよいよ封切られるのだ!
ワシは朝早く起きて支度をし
六本木のTOHOシネマズ・六本木ヒルズ・スクリーン7・シアターへむかった。

「さあ、お客さんが入っているだろうか!?」と
ドキドキしてステージの袖からのぞくと
ナント!?怪物くんのキャップをかぶったお客さんで超々満員だった!
ヤッタ~!!
ステージには大野智クンをはじめ出演者の人達がズラーッとならんでいる!
大野クンはこの1年
撮影が終わったあともキャンペーンのために日本中をまわっている。
初日をむかえて感無量なことだろう!
偶然にも今日は大野クンのバースデイだ。
ワシはみんなの挨拶の終わったあと
ステージへとびだし大野クンにお祝いの花束をプレゼントした!

・日曜日
昨日のコーフンが、うそのように静かな朝をむかえた・・・。
姪が買ってきてくれたスポーツ新聞各紙に
<怪物くん、初日大ヒット!>と大きく出ている。
とりあえずホッとした。
仏壇にお参りし「この大ヒットがズ~ッとつづきますように・・・」と
お祈りをしたノダ!!


藤子先生の願い、通じましたね~
2010年のドラマ放送時から智くん演じる怪物くんがとってもお気に入りで

可愛くて、どこか憎めない。
そして漫画の怪物くんにない気品が、大野くんの怪物くんにはある!


その後のスペシャルにまで出演して下さったほど

他にもSさんからアニメ時代の先生の気難しい一面も教えて頂きました~

本来、藤子先生は自分の作品がアニメや映画化されたときは
隅々まで細かくチェックする方。
アニメ『怪物くん』では、最終回のシナリオに対してOKを出さず
最後のタイミングの早朝に
TV局のロビーで打ち合わせしOKが出たというエピソードがあるほど。
後日談で担当者が
「あれほど手ごわい原作者もいなかった。」と語ってます。
そんな先生が、『怪物くん』に対しては一言も口出しせず!!
そうですよね・・・『魔王』より先に企画が上がっていたのですから
どれだけスタッフが準備万端で熱意を持って
『怪物くん』の制作に挑んだか伝わって来ます。


『魔王』云々の件は今回たくさん購入した雑誌の中に
もうどれに書いてあったか分からなくなっちゃったけど
書いてありましたね~
智くんにとってはプレッシャーもかなりあったと思うけど
そのプレッシャーをも自らの力に替えて意を決して臨んだ『怪物くん』
智くんにしか出来ない『怪物くん』
子供から大人にまで愛される『怪物くん』になってとっても嬉しい

智くん、良く頑張りました~
そして、お疲れ様でした
また今年は冠番組のほかに24時間TVもあるから
大してゆっくりも出来ないと思うけど
時間がある時には真っ黒クロスケにならない程度に
釣りも楽しんでネ
おつかれさま

そして、サトシックの皆さまもお疲れ様でした~



FC2 Blog Ranking

いつもたくさんの応援ポチ&拍手
過去エントリーにも毎日たくさんの拍手を
ありがとうございます
感謝


関連記事
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。